Search Results 1-20 of 76

  • 1 / 4
  • Age-related but not longevity-related genes are found by weighted gene co-expression network analysis in the peripheral blood cells of humans

    Li Chunhong , Mo Dan , Li Meiqin , Zheng Yanyan , Li Qiao , Ou Shiyan , Zhang Zhiyong

    … and <i>CCR6</i> …

    Genes & Genetic Systems 93(6), 221-228, 2018

    J-STAGE

  • Age-related but not longevity-related genes are found by weighted gene co-expression network analysis in the peripheral blood cells of humans

    Li Chunhong , Mo Dan , Li Meiqin , Zheng Yanyan , Li Qiao , Ou Shiyan , Zhang Zhiyong

    … and <i>CCR6</i> …

    Genes & Genetic Systems, 2018

    J-STAGE

  • 〈第76回近畿大学医学会学術講演会〉ヘルペス性角膜炎発症におけるCCL20-CCR6 ケモカイン系の役割  [in Japanese]

    坂本 万寿夫

    近畿大学医学雑誌 = Medical Journal of Kindai University 42(3-4), 21A-21A, 2017-12-20

    IR Ichushi Web

  • P2-29 RA病態におけるRORγt+CCR6+Th17細胞の意義  [in Japanese]

    金子 駿太 , 近藤 裕也 , 横澤 将宏 , 瀬川 誠司 , 坪井 洋人 , 松本 功 , 住田 孝之

    … = 15)の末梢血や滑液より単核細胞を採取し,磁気細胞分離法を用いてCD4+T細胞を単離し,以下の検討を行った.1)フローサイトメトリーを用いて末梢血中のCD4+T細胞の細胞表面抗原(CD45RA,CXCR5,CXCR3,CCR6)の発現からTh細胞を分類し,転写因子(T-bet,GATA3,RORγt)の発現を解析した.2)RA患者の滑液中のTh細胞を用いて1)と同様の検討を行った.3)ケモカイン(CXCL9,CXCL10,CCL20)に対するTh細胞の遊走能をchemot …

    Japanese Journal of Clinical Immunology 40(4), 316a-316a, 2017

    J-STAGE Ichushi Web

  • O-4 乾癬性関節炎に対する生物学的製剤治療の最適化  [in Japanese]

    宮川 一平 , 中野 和久 , 中山田 真吾 , 久保 智史 , 岩田 慈 , 宮崎 佑介 , 好川 真以子 , 吉成 紘子 , 田中 良哉

    … 【方法】PsA26症例において8カラーフローサイトメトリー(FACS)を用いた末梢血リンパ球解析を行い生物学的製剤治療最適化の可能性を検討した.【結果】PsA26症例は,CXCR3+CCR6−CD38+HLA-DR+activated Th1 cell優位型(6例),CXCR3−CCR6+ CD38+HLA-DR+activated Th17 cell優位型(10例),両者亢進型(4例),両者正常型(6例)の4群に分類され,activated Th1 cell優位型にustekinumab,activated Th17 cell優位型にsecukinumab,両者亢 …

    Japanese Journal of Clinical Immunology 40(4), 296d-296d, 2017

    J-STAGE Ichushi Web

  • P1-17 Expansion of Tfh-Th1-like cells regulated by STAT1 and STAT4 in patients with SLE  [in Japanese]

    馬 暁雪 , 中山田 真吾 , 阪田 圭 , 久保 智史 , 宮崎 佑介 , 好川 真以子 , 田中 良哉

    … Expression of characteristic markers of cells and phosphorylation of STATs (pSTATs) were detected by flow cytometry and qPCR.【成績】The proportion of CD4<sup>+</sup>CXCR5<sup>+</sup>CXCR3<sup>+</sup>CCR6CD69<sup>+</sup> …

    Japanese Journal of Clinical Immunology 40(4), 302a-302a, 2017

    J-STAGE

  • The dynamics of mucosal-associated invariant T cells in multiple sclerosis

    Sugimoto Chie , Hirotani Makoto , Yoshikiyo Kazunori , Koshimizu Uichi , Wakao Rika , Horinouchi Takahiro , Mazaki Yuichi , Higashi Tsunehiko , Fukazawa Toshiyuki , Fujita Hiroyoshi , Sasaki Hidenao , Wakao Hiroshi

    … While the expression of CCR5, CCR6, CD95, CD127, and CD150 has increased in untreated subjects compared with that in HDs, CD45RO has declined in untreated subjects in both DN MAITs and CD8hi MAITs. …

    Springerplus 5, 1259, 2016-08-05

    IR DOI

  • Significance of CCR6-positive cells on herpetic epithelial keratitis in mice  [in Japanese]

    坂本 万寿夫

    … 型免疫反応/Th1反応).また近年の研究により,ヘルペス性角膜炎病変部ではCCL20ケモカインおよびその受容体CCR6が高発現していることが明らかとなった.CCR6発現細胞としては未熟DCやIL-17サイトカイン高産生型ヘルパーT細胞(Th17)等があり,これらの細胞がCCL20-CCR6ケモカイン系を介して本病変に集積し病態形成に関与している可能性がある.特にTh17反応はTh1に対して抑制的 …

    近畿大学医学雑誌 = Medical Journal of Kindai University 41(1-2), 39-46, 2016-06-23

    IR Ichushi Web

  • P2-33 MTX関連リンパ増殖性疾患(MTX-LPD)の自然退縮に関与する免疫因子の検討  [in Japanese]

    齋藤 俊太郎 , 鈴木 勝也 , 山岡 邦宏 , 清水 隆之 , 森 毅彦 , 岡本 真一郎 , 天野 宏一 , 得平 道英 , 竹内 勤

    … 7)と自然退縮を認めなかったPersistent群(P群,n = 3)の2群に分類した.【結果】LPD診断時,R群において有意にリンパ球数低値を認め,Effector memory CD8+ T細胞(CD3+CD8+CD45RA-CCR7- cells, EM CD8+T)とTh1細胞(CD3+CD4+CXCR3+CCR6- cells)の割合はR群,P群の両群でコントロール群に比して低値だった.MTX中止後,R群でリンパ球数およびTh1,EM CD8+Tは増加したが,P群では増加を認めなかった.IFN-γ値はR群においてのみ有意に増加し,Th1,EM …

    Japanese Journal of Clinical Immunology 39(4), 420a-420a, 2016

    J-STAGE

  • P1-40 RA患者における末梢血,関節滑膜中のTh22細胞の分布と病態との関連  [in Japanese]

    宮崎 佑介 , 河邉 明男 , 齋藤 和義 , 田中 良哉 , 中山田 真吾 , 久保 智史 , 阪田 圭 , 山形 薫 , 中野 和久 , 岩田 慈 , 宮川 一平 , 好川 真以子

    … 関節症(OA)患者関節滑膜を用いてTh22細胞とTh22細胞が発現するケモカイン受容体のリガンド(CCL17,CCL20,CCL28)の局在を比較した.【結果】RA患者末梢血ではHCと比しTh1,Th17,Treg細胞は差が無かったが,CCR4+CCR6+CCR10+Th22細胞の割合は減少し,Th22細胞の割合のみ疾患活動性と負に相関した.bDMARDs導入24週後,RA患者の疾患活動性は改善したが,Th1,Th17,Tfh,Treg細胞の変化がなく,Th22細胞の割合のみ増加した.OA滑膜にTh2 …

    Japanese Journal of Clinical Immunology 39(4), 394b-394b, 2016

    J-STAGE

  • P1-12 コラーゲン誘導関節炎モデルマウスにおける自然リンパ球の検討  [in Japanese]

    高木 綾子 , 三苫 弘喜 , 赤星 光輝 , 新納 宏昭 , 塚本 浩 , 赤司 浩一 , 堀内 孝彦 , 有信 洋二郎 , 入野 健佑 , 猪口 翔一朗 , 押領司 大助 , 大田 友里 , 久本 仁美 , 綾野 雅宏 , 木本 泰孝

    … おいて,CCR6陽性ILC3やNKp44陽性ILC3が増加している.関節リウマチにおいても,これらのILCがTh17サイトカイン産生を介して,病態の形成に関与している可能性が考えられる.</p><p>  我々はコラーゲン誘導関節炎(CIA)モデルマウスにおいて骨髄,脾臓,末梢血,リンパ節,及び関節など局所におけるILCを同定し,その機能解析を行った.関節炎発症マウスの末梢血や関節液では,CCR6陽性ILC3 …

    Japanese Journal of Clinical Immunology 39(4), 380b-380b, 2016

    J-STAGE

  • CCR6<sup>+</sup> MCAM<sup>+</sup> Th17 Cell Numbers Increase in Patients with Psoriasis and Correlate with Disease Severity

    KOBAYASHI Kae , WATANABE Hideaki , KAMIYAMA Taisuke , SUEKI Hirohiko , SASAKI Yosuke , YAMOCHI Toshiko , KOKAZE Akatsuki , IWAMOTO Sanju , TAKIMOTO Masafumi

    … We recently reported that co-expression of CCR6 and melanoma cell adhesion molecule (MCAM) in effector memory CD4 T cells (TEM) of peripheral blood might be a useful marker for T helper (Th) 17 cells. … In this study, we monitored changes in TEM expressing CCR6 and MCAM using the Psoriasis Area and Severity Index (PASI) score during anti-tumor necrosis factor (TNF) therapy. … We also studied CCR6+ MCAM+ Th17 cells histologically in skin biopsy samples from psoriasis patients. …

    The Showa University Journal of Medical Sciences 28(2), 173-181, 2016

    IR J-STAGE Ichushi Web

  • P6-010 腸管特異的CD4+T細胞による中枢神経炎症疾患の制御  [in Japanese]

    門脇 淳 , 佐賀 亮子 , 佐藤 和貴郎 , 林 幼偉 , 三宅 幸子 , 山村 隆

    … グレセプターであるCCR9に着目した.健常人,MS/視神経脊髄炎(NMO)患者の末梢血・髄液をフローサイトメーターを用いて解析したところ,CCR9+細胞はメモリーCD4+T細胞の約5%を構成し,中枢神経炎症遊走性のCCR6を高発現していた.さらに,NMO患者において,CCR9-T細胞はLAG3の発現をほとんど認めなかったのに対し,CCR9+T細胞は髄液中でLAG3を高発現することがわかった.以上より腸管免疫系は,腸管特異的CD4+T細胞におけ …

    Japanese Journal of Clinical Immunology 38(4), 347b-347b, 2015

    J-STAGE Ichushi Web

  • P2-006 T濾胞ヘルパー2型細胞のIgG4関連疾患における病的意義  [in Japanese]

    秋山 光浩 , 吉村 昭彦 , 竹内 勤 , 鈴木 勝也 , 山岡 邦宏 , 安岡 秀剛 , 竹下 勝 , 金子 祐子 , 葛西 義明 , 宮崎 宇広 , 森田 林平

    … 法】未治療IgG4-RD15名,原発性シェーグレン症候群(pSS)24名,アレルギー性鼻炎(AR)12名,健常人(HC)23名の末梢血Tfh(CD3+CD4+CD45RA−CXCR5+)およびサブセット(Tfh1: CXCR3+CCR6−, Tfh2: CXCR3−CCR6−, Tfh17: CXCR3−CCR6+),形質芽細胞(CD19+CD20−CD27+CD38+cell)をflowcytometryにより同定,血清サイトカイン,Tfh活性化マーカーであるPD-1発現レベルと臨床パラメータとの相関解析を行った.【 …

    Japanese Journal of Clinical Immunology 38(4), 321b-321b, 2015

    J-STAGE Ichushi Web

  • P1-018 発症早期関節リウマチの末梢血におけるTh17細胞の解析  [in Japanese]

    小竹 茂 , 南家 由紀 , 川本 学 , 八子 徹 , 小橋川 剛 , 山中 寿

    … arthritis, RA)の患者の末梢血におけるヘルパーT細胞をTh17細胞分画およびこの分画細胞のサイトカインの発現を解析する.【対象と方法】当科受診の早期RA 5例(罹病期間6ヶ月以下),罹病期間24ヶ月の未治療RA 1例および変形性関節症(OA)8例の末梢血におけるヘルパーT細胞をMACS法によりCD4+CD45RO+に分離したのちフローサイトメトリー法によりCCR6, CXCR3, CD161, IL-17, IFNγの発現を解析した.Human Immunology Project(Maecker et …

    Japanese Journal of Clinical Immunology 38(4), 317b-317b, 2015

    J-STAGE Ichushi Web

  • Genetic studies of rheumatoid arthritis

    YAMAMOTO Kazuhiko , OKADA Yukinori , SUZUKI Akari , KOCHI Yuta

    … In addition, we discuss the pathologic mechanisms of RA as suggested by the findings of genetic and functional studies of individual RA-associated genes, including <i>HLA-DRB1</i>, <i>PADI4</i>, <i>PTPN22</i>, <i>CCR6</i> …

    Proceedings of the Japan Academy, Series B 91(8), 410-422, 2015

    J-STAGE

  • miRNA dysregulation in metastatic advanced T-cell lymphoma  [in Japanese]

    田川 博之

    血液内科 69(6), 789-794, 2014-12

    Ichushi Web

  • OP-028-7 成人小腸移植患者におけるCCR6high CD4+memory T cellsの意義に関する研究(OP-028 基礎 臓器移植・その他,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)  [in Japanese]

    萱島 寛人 , 橋元 宏司 , 調 憲 , 前原 喜彦

    Journal of Japan Surgical Society 115(臨時増刊号_2), 364, 2014-03-05

    Ichushi Web

  • Chemokine receptor expression of T cells in the cerebrospinal fluid of relapsing multiple sclerosis  [in Japanese]

    SATO Wakiro

    … h1細胞やTh17細胞などのヘルパーT細胞サブセットはそれぞれ特徴的なケモカイン受容体を発現する.Th1細胞はCXCR3やCCR5陽性,Th17細胞はCCR2陽性CCR5陰性およびCCR4陽性CCR6陽性を特徴とする.再発寛解型MS患者のCD4+T細胞におけるCCR2, CCR4, CCR5, CCR6の発現をフローサイトメトリーで調べたところ,末梢血CD4+ T細胞における各分画の頻度は健常者あるいは疾患コントロールと比較し有意な増加や減少を認めなか …

    Japanese Journal of Clinical Immunology 37(2), 83-89, 2014

    J-STAGE Ichushi Web

  • P2-001  関節リウマチ患者における包括的臨床免疫解析の試み  [in Japanese]

    永渕 泰雄 , 山口 健介 , 石垣 和慶 , 鈴木 亜香里 , 高地 雄太 , 藤尾 圭志 , 山本 一彦 , 庄田 宏文 , 住友 秀次 , 仲地 真一郎 , 加藤 里佳 , 土田 優美 , 駒井 俊彦 , 立石 晶子 , 神田 浩子

    … A-CXCR5-CXCR3-CCR6-(non-Th1/Th17)細胞比率に正の相関を認めた.リウマトイド因子とCD19+CD27highCD38high plasmablast(PB)比率,PB比率とCD4+CD45RA-CXCR5+CCR6+CXCR3-(Tfh-Th17)細胞比率に正の相関を認めた.(2)SE陽性者ではB細胞,単球上のHLA-DR発現量増加を認めた.(3)ABT治療によってHLA-DR陽性T細胞,B細胞,CD14brightCD16+単球比率が減少した.(4)CD4+T細胞亜分画のRNA-seqではCXCR5/CXCR3/CCR6による亜 …

    Japanese Journal of Clinical Immunology 37(4), 336a-336a, 2014

    J-STAGE Ichushi Web

  • 1 / 4
Page Top