Search Results 1-20 of 535

  • Application of Rivaroxaban for student's understanding of cross mixing test  [in Japanese]

    登尾 一平 , 山本 隆敏 , 平野 京介 , 佛淵 悠大 , 渡邊 一史 , 田邊 香野 , 川口 辰哉 , 上妻 行則

    CMT)がある。 … しかしながら,これまで学内実習においては CMT の意義や技術を含め十分には教育できていなかった。 … そこで我々は, 学内実習での CMT の実施を目指し基礎的検討を行い,direct oral anticoagulant(DOAC)である Rivaroxaban がCMT における凝固因子インヒビター疑似検体として有用である可能性を見出した。 …

    熊本保健科学大学研究誌 = Journal of Kumamoto Health Science University (17), 59-70, 2020-03

    IR 

  • A Study on Optimal Design of Optical Devices Utilizing Coupled Mode Theory and Machine Learning

    KUDO Koji , MORIMOTO Keita , IGUCHI Akito , TSUJI Yasuhide

    … <p>We propose a new design approach to improve the computational efficiency of an optimal design of optical waveguide devices utilizing coupled mode theory (CMT) and a neural network (NN). … In this paper, the eigenmode analysis required in the CMT is skipped by using the NN, and optimization with an evolutionary algorithm can be efficiently carried out. …

    IEICE Transactions on Electronics, 2020

    J-STAGE 

  • A patient with X-linked Charcot–Marie–Tooth disease type 1 who responded to intravenous immunoglobulin therapy  [in Japanese]

    Aoki Reika , Komagamine Tomoko , Kokubun Norito , Hashiguchi Akihiro , Takashima Hiroshi , Hirata Koichi

    <p>X-linked Charcot–Marie–Tooth disease type 1 (CMTX1) には亜急性増悪を示し免疫グロブリン大量静注療法 (intravenous immunoglobulin therapy; IVIg) が奏功する例の報告があり, 少なくとも一部において末梢神経の免疫学的脆弱性の存在が考えられている。症例は51歳男性, 46歳頃より躓きやすさが出 …

    Japanese Journal of Clinical Neurophysiology 48(1), 8-14, 2020

    J-STAGE 

  • 運動療法とインソールが有効的であったシャルコー・マリー・トゥース病の一症例  [in Japanese]

    緒方 雄介 , 藤田 吾郎 , 河合 はるか , 中村 高良 , 小林 一成

    … <p>【はじめに】シャルコー・マリー・トゥース病(以下,CMT)のリハビリテーションについては、総論的に拘縮予防、筋力維持、装具療法が推奨されているが、エビデンスレベルの高い報告はない。 … 今回、CMT由来の筋力低下により、立位バランスと歩行能力が低下した症例において、運動療法と装具療法による効果が得られたため報告する。 …

    関東甲信越ブロック理学療法士学会 38(0), P-064, 2020

    J-STAGE 

  • Comparison of Surgical Outcomes Between Two Types of Lamellar Macular Holes.

    OBATA Shumpei , ICHIYAMA Yusuke , KAKINOKI Masashi , SAWADA Osamu , SAISHIN Yoshitsugu , OHJI Masahito

    CMT decreased significantly from 419.4 µm at baseline to 364.2 µm at 12 months postoperatively in eyes with tractional LMH (p < …

    Clinical Ophthalmology (13), 2541-2546, 2019-12-19

    IR 

  • 乳腺原発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の一例  [in Japanese]

    池田 大輔 , 近藤 歌穂 , 松村 彰文 , 藤井 総一郎 , 竹内 誠 , 田村 麻衣子

    75歳女性,左乳房腫瘤を主訴に来院し腫瘤生検の結果びまん性大細胞型B細胞リンパ腫と診断された.CT 検査およびFDG-PET-CT 検査では左乳房以外に病変を認めず,骨髄検査で骨髄浸潤を認めなかったため乳腺原発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫と診断した.臨床病期はⅠEA 期.R-EPOCH 療法を6 コース施行し,両側乳房放射線照射を併用した.中枢神経再発予防としてR-HD-MTX 療法を2 コース …

    岡山赤十字病院医学雑誌 (30), 36-40, 2019-11

    IR  Ichushi Web 

  • クロスミキシング試験へのIndex of circulating anticoagulant(ICA)併用による有用性の検討  [in Japanese]

    荻原 紀子 , 佐々木 駿 , 高橋 綾香 , 小野 瑛朱香 , 平松 成奈美 , 赤木 直美 , 小川 明美 , 丹下 雅貴 , 岡﨑 守宏 , 藤井 総一郎 , 竹内 誠

    CMT)で検出した波形パターンの目視判定により,原因の精査を行っている.しかし,当院ではそのパターンが直線や逆S字を示した場合に非典型的や判定困難と診断されることがあった.そこで,近年報告されたIndex of circulating anticoagulant(ICA)を算出し,併用の有用性を検討した.11症例において,ICA が欠乏型とする感度は67%,特異度は80%,非欠乏型とする感度は80%,特異度は67%であり,CMT

    岡山赤十字病院医学雑誌 (30), 20-25, 2019-11

    IR  Ichushi Web 

  • Double local quenches in 2D CFTs and gravitational force

    Caputa Pawel , Numasawa Tokiro , Shimaji Teppei , Takayanagi Tadashi , Wei Zixia

    In this work we extensively study the dynamics of excited states created by instantaneous local quenches at two different points, i.e. double local quenches. We focus on setups in two dimensional holo …

    Journal of High Energy Physics 2019(9), 2019-09

    IR 

  • Hereditary neuropathy  [in Japanese]

    橋口 昭大

    日本内科学会雑誌 108(8), 1545-1551, 2019-08-10

    Ichushi Web 

  • スマホ起点に生まれ変わって1年、ハイコネが商用化へジワリ  [in Japanese]

    CMT2019で講演したテレビ朝日によると、バージョン1は、テレビ起点でのサービスユースケースに基づく。 …

    日経ニューメディア = Nikkei new media (1662), 2-3, 2019-06-24

    Nikkei BP 

  • Rivaroxaban can be used as a coagulation inhibitor of cross mixing test during the practrium  [in Japanese]

    登尾 一平 , 山本 隆敏 , 上妻 行則

    … 交差混合試験(cross mixing test;CMT)は活性化部分トロンボプラスチン時間(activated partial thromboplastin time;APTT)が延長した際に凝固因子欠損や凝固因子インヒビター,またはループスアンチコアグラントなどのインヒビターを鑑別するスクリーニングとして有用な検査である。 … 本研究では,dabigatran,apixaban,rivaroxaban がCMT における凝固因子インヒビター疑似検体として使用可能か否か検討した。 …

    熊本保健科学大学研究誌 = Journal of Kumamoto Health Science University (16), 131-140, 2019-03

    IR  Ichushi Web 

  • 交差混合試験の新規実習教材の開発 : 直接経口抗凝固薬を用いたインヒビター疑似検体の可能性  [in Japanese]

    登尾 一平 , 山本 隆敏 , 坂本 亜里紗 , 田邊 香野 , 川口 辰哉 , 楢原 真二 , 杉内 博幸 , 上妻 行則

    臨床検査学教育 : 日本臨床検査学教育学会機関誌 11(2), 175-181, 2019

    Ichushi Web 

  • Smart Control Module for Wet–End Process  [in Japanese]

    Shimizu Ryozo

    … 強度以外にも透気度・カール等で実績があり,強度は破裂強度(バースト)・層間強度(プライボンド)・曲げ剛性(ベンディング)・SCT・CMTなど様々な紙種に必要な管理値に対応している。 …

    JAPAN TAPPI JOURNAL 73(10), 939-943, 2019

    J-STAGE 

  • Stress Tensor Inversion Using Seismological Data  [in Japanese]

    IWATA Takaki , YOSHIDA Keisuke , FUKAHATA Yukitoshi

    … wave first-motion polarities or centroid moment tensor (CMT) solutions, were developed. … On the other hand, the stress inversion technique using CMT data is not based on the Wallace–Bott hypothesis; …

    Journal of Geography (Chigaku Zasshi) 128(5), 797-811, 2019

    J-STAGE 

  • Hereditary peripheral neuropathies of childhood  [in Japanese]

    Ishiyama Akihiko

    … <i>PMP22</i>重複がFISH検査で確認されるCMT1Aが大半を占めるが, それ以外の病型でも次世代シークエンスの普及により新規遺伝子が同定され, 病態の理解が深まってきている. …

    NO TO HATTATSU 51(3), 184-189, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Phytochrome Mediates Light Signal for Cortical Microtubule Randomization that Enables Root Hair Formation in Lettuce Seedlings

    Harigaya Wakana , Takahashi Hidenori

    … Previous studies have revealed that this low-pH-induced root hair formation requires a phytochrome-mediated light signal and randomization of the existing transverse cortical microtubule (CMT) arrays in the future hair-forming cells, which occurs before the bulge formation. … Here, we investigated the relationship between these two requisites, <i>i.e</i>., whether phytochrome is involved in CMT randomization. …

    CYTOLOGIA 84(1), 53-62, 2019

    J-STAGE 

  • Mouse Pharmacokinetics and <i>in Vitro</i> Metabolism of (±)-Cremastranone

    Kim Eun-yeong , Lee Bit , Seo Seung-Yong , Lee Kiho

    … <p>The objective of this study was to characterize pharmacokinetics and metabolism of (±)-cremastranone (CMT) in mouse. … Plasma concentrations of CMT following a single oral dose (10 mg/kg) were all below quantitation limit throughout 24-h time course, indicating poor oral bioavailability. … CMT showed a high plasma clearance (<i>CL</i><sub>p</sub>) of 7.73 ± 3.09 L/h/kg. …

    Biological and Pharmaceutical Bulletin 42(2), 187-193, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top