Search Results 1-20 of 458

  • Does Thermotherapy Prevent Muscle Fatigue? : The Effects of Hyperthermia on Energy Metabolism and Ca Movement of Muscle Cells  [in Japanese]

    西田 昌司 , Masashi NISHIDA

    … 目的 温熱療法が直接筋肉に作用して疲労を予防するかを、C2C12(マウス骨格筋由来筋芽細胞)の温熱負荷モデルを用い、温熱が筋細胞のエネルギー代謝とCaイオン動態に及ぼす影響から検討した。 … また、温熱負荷は筋小胞体のATP依存性Caポンプを活性化し、細胞質から小胞体へのCaイオンの回収を促進した。 …

    神戸女学院大学論集 = Kobe College studies 67(1), 35-46, 2020-06

    IR  DOI 

  • Adsorption and Friction Characteristics of N-Dodecanoylglycinate with Ca Ions  [in Japanese]

    森光 りな , 鈴木 貴大 , 押村 英子 , 赤松 允顕 , 酒井 健一 , 酒井 秀樹

    材料技術 = Material technology 38(3), 47-51, 2020-05

  • 〈Original Papers〉 Solubility evaluation of high absorbent calcium food made from scallop shell by artificial gastric juice test  [in Japanese]

    鈴木 高広 , 坂本 勝 , 田端 宣彦 , 沖野 圭修

    … 解性が高いことが判明した.また,苦味を呈するNano-CAL(b)の溶解性がもっとも高く,次いで酸味型Nano-CAL(α)の溶解性が高く,無味型のNano-CAL(n)は溶解性が低いことが分かった.これらの結果から,製剤粒子中のCaイオンとカルボン酸イオンの偏在性や不均衡な含有量が溶解度を高めていることが示唆された.そこで, Nano-CAL(n)の溶解性を高める方法を検討したところ,乳鉢で摩砕し微粒子化すると分散性が高まり,また,ポ …

    近畿大学生物理工学部紀要 = Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kindai University (43), 1-20, 2020-03-31

    IR 

  • Inhibitory Effects of Toothpaste Containing Pyrrolidone Carboxylic Acid on Dentin Demineralization and Collagen Degradation  [in Japanese]

    Shiori ISHII , Mari IMAZAKI , Sara ISURUGI , Haruhiko FUJIKAWA , Yasushi FUKUDA , Eiji NISHINAGA

    … 健全・コラーゲン露出象牙質ブロックのいずれにおいても, 溶出Caイオン量はTP-1450F+PCA群でTP-1450F群より有意に抑制された. …

    The Japanese Journal of Conservative Dentistry 62(6), 286-295, 2019

    J-STAGE 

  • Fibronectin Adsorption onto Titanium Surface with or without Calcium Ion Modification

    SUZUKI Hajime , TSUKAGOSHI Koh , TAKAHASHI Akira , FURUYA Nobuaki , FURUYA Hiroki , ENAMI Kouji , YAMANISHI Yasufumi , HAYAKAWA Tohru

    … シウム(Ca)イオンの修飾の有無がフィブロネクチンのTiへの吸着に与える影響について調べた.</p><p>方法:27 MHzのQCM装置を使用した.QCM測定用TiセンサーをCaCl<sub>2</sub>水溶液で処理し,Caイオン修飾Ti(Ca-Ti)センサーを得た.TiおよびCa-Ti表面を原子間力顕微鏡で観察し,表面粗さ,水に対する接触角およびエックス線光電分光(XPS)測定を行った.ヒト血漿由来フィブロネクチンのTiおよびCa-Tiセン …

    Journal of Japanese Society of Oral Implantology 32(3), 222-229, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Carnitine in dialysis patients  [in Japanese]

    Takahashi Akira

    … アルカローシスでは筋小胞体からCaイオンが放出し筋攣縮がおきる. …

    Nihon Toseki Igakkai Zasshi 52(2), 83-91, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • THEORETICAL STUDY ON THE CONFORMATION OF COMB-LIKE POLYMERS ADSORBED ON DIFFERENT ADSORBENTS  [in Japanese]

    KUZUMA Yuki , NAWA Toyoharu

    … <p>側鎖の形態を考慮したポリカルボン酸系分散剤(PC)の吸着モデルを構築し、同モデルを用いて炭酸カルシウム及びα-Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub>吸着媒に吸着したPCの形態に対する液相中のCaイオン濃度及びPCの化学構造の影響について検討を行った。 …

    Cement Science and Concrete Technology 71(1), 478-485, 2017

    J-STAGE 

  • THE ROLE OF PORTLANDITE ON THE HYDRATION OF C<sub>3</sub>A  [in Japanese]

    KAJIO Tomohiro , MORINAGA Yuka , ELAKNESWARAN Yogarajah , NAWA Toyoharu

    … その際、C<sub>3</sub>A粒子近傍におけるC<sub>4</sub>AH<sub>13</sub>の不均一核生成及びCaイオン過飽和状態の影響を考慮することで、実測値と予測値の良い一致を得た。 …

    Cement Science and Concrete Technology 71(1), 40-47, 2017

    J-STAGE 

  • Effect of Cell Growth on Adhesive Root Canal Sealer Containing Portlamd Cement  [in Japanese]

    Tatsuyama Shoko , Takashi Yuko , Katsumata Aiichiro , Kajihara Takehiro , Hoshika Tomohiro , Imai Koichi , Nishitani Yoshihiro

    … ぼす影響について検討を行った.その結果,ポルトランドセメント含有量が10 wt%以下においては,試作シーラーから溶出した成分を含む培養液中においてもヒト歯根膜細胞の生存する細胞数に変化はなかった.また培養液のpHおよび培養液中に溶出するCaイオン濃度はポルトランドセメントの含有量依存性に上昇した.今後は本試作シーラーの根尖部における硬組織誘導能について検討を行う予定である.</p> …

    Journal of the Japanese Association of Regenerative Dentistry 15(1), 3-9, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Ca ion mobilization in mammalian cells exposed to an intense electrical pulse  [in Japanese]

    大西 伸明 , 本田 一帆 , 永久 智浩 , 李 玉蘭 , 宮川 大輝 , 勝木 淳

    電気学会研究会資料. PPT = The papers of technical meeting on pulsed power technology, IEE Japan 2016(45-54), 35-38, 2016-08-26

  • Visualization of pH and Ca concentration around CaCO<sub>3</sub> crystals during dissolution and growth  [in Japanese]

    Kawano Jun , Toyofuku Takashi , Nagai Yukiko , Kawada Sachiko , Nagai Takaya

    … 炭酸カルシウムの成長/溶解時の原子レベルの素過程、特にHCO<sub>3</sub><sup>-</sup>イオンの振る舞いに制約を与えることを目的とし、成長/溶解する炭酸カルシウム近傍におけるpHおよびCaイオン濃度変化の可視化を試みた。 …

    Abstracts for Annual Meeting of Japan Association of Mineralogical Sciences 2016(0), 129, 2016

    J-STAGE 

  • Ca ion mobilization in mammalian cells exposed to an intense electrical pulse and the control  [in Japanese]

    永久 智浩 , 大西 伸明 , 本田 一帆 , 趙 セイエン , 勝木 淳

    本研究では、ヒト子宮頸がん細胞Helaに対して強電界パルスを印加し、瞬間的なCa2+挙動を観察した。パルス幅10 usと20 nsの強電界パルスを用い、それぞれのCa2+挙動を比較した。その結果、10 usの場合、印加直後、陰極側の細胞膜近傍にCa2+が分布し、その後全体へ拡散した。一方で20 nsの場合は、印加直後、細胞核周辺に分布し、10 us同様に拡散した。次にCa2+の供給源の検討を行った …

    Record of Joint Conference of Electrical and Electronics Engineers in Kyushu 2016(0), 147-147, 2016

    J-STAGE 

  • Control of Intracellular Ca ion by Means of Application of Narrowband Electrical Pulses  [in Japanese]

    山田 亮 , 李 玉蘭 , 宮川 大輝 , 勝木 淳 , 秋山 秀典

    近年、がん治療を視野に入れたパルス高電界に対する細胞の生体応答解析、およびその作用を利用した応用研究が盛んに行われている。我々は生体応答の中でも、カルシウムイオンの流入メカニズムに着目している。カルシウムイオンの流入は、細胞のプログラム死であるアポトーシスの起因と考えられている。スペクトルが広帯域のナノ秒パルス高電界をがん細胞に印加した際、生体応答としてがん細胞内にカルシウムイオンが流入することが …

    Record of Joint Conference of Electrical and Electronics Engineers in Kyushu 2016(0), 146-146, 2016

    J-STAGE 

  • Lambert–Eaton筋無力症候群  [in Japanese]

    幸原 伸夫 , 川本 未知 , 石井 淳子 , 村瀬 翔

    … 神経末端のP/Q型電位依存性Caイオンチャンネルに対する抗体の存在が本症候群の原因であり, 陽性率は約90%である。 …

    Japanese Journal of Clinical Neurophysiology 44(1), 28-35, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • In-vivo Visualisation of tubuloblomerular feedback by a Ca2<sup>+</sup> probe in a rat  [in Japanese]

    Nakamoto Hiroshi

    <p>腎血流量は、オートレギュレーションにより一定に維持されており、その機序の一つは、尿細管糸球体フィードバックである。我々を除くとこれまで、腎微小循環の生体内での研究は多くはない。腎傍糸球体装置は、尿細管糸球体フィードバックを担い、輸入細動脈の収縮制御に関わっている。本研究の目的は、尿細管糸球体フィードバック関連の細胞内Caの関与を可視化することである。</p><p …

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering 54Annual(26PM-Abstract), S101-S101, 2016

    J-STAGE 

  • Effects of Different Types of Hot Spring Water on Texture of Japanese Radish in the Spa of Beppu in Kyushu, Japan  [in Japanese]

    古木 美香 , 海陸(平包) 留美 , 小野 章史

    … 野菜の煮熱軟化には煮汁のpHや陽イオン濃度が関与しているとのことから、大根を軟化させた要因を検討する為に、pHやCaイオン濃度を調整した飲泉水を用いて検証を行った。 … 結果、大根の煮熱軟化には、炭酸水素塩泉の中でもpHが高くCaイオン濃度が低い飲泉水が適しており、水に比べて調理時間の短縮につながることが示唆された。 …

    別府大学短期大学部紀要 (34), 13-20, 2015-02

    IR 

  • 骨格筋サイズを制御する細胞内Caイオンと運動ストレス  [in Japanese]

    狩野 豊

    上原記念生命科学財団研究報告集 29, 1-5, 2015

  • SORPTION CHARACTERISTIC OF RADIONUCLIDE ION TO CEMENT PASTE  [in Japanese]

    TAGUCHI Naoki , HASHIMOTO Katsufumi , YOKOTA Hiroshi

    … その結果、NO<sub>3</sub>イオン共存下ではSrイオンとCaイオンの置換による溶解変質抵抗性の向上を確認するとともに、Clイオン共存下においては前述の現象が起こらないことを明らかにした。 …

    Cement Science and Concrete Technology 69(1), 519-526, 2015

    J-STAGE 

  • P3-39-8 妊娠高血圧症候群と臍帯血Caイオン濃度との関連についての検討(Group141 妊娠高血圧症候群3,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)  [in Japanese]

    宮川 理華子 , 森住 佑子 , 小田 紘子 , 瀬山 貴博 , 設楽 理恵子 , 中山 敏男 , 河合 有希 , 小松 篤史 , 永松 健 , 山下 隆博 , 大須賀 穣 , 藤井 知行

    日本産科婦人科學會雜誌 67(2), 921, 2015

    NDL Digital Collections  Ichushi Web 

  • 各種透析液による透析前後のCaイオンおよび酸塩基平衡の変動  [in Japanese]

    伊東 健介 , 髙木 基 , 加藤 和久 [他]

    神奈川県臨床工学技士会誌 26, 7-9, 2014-10

    Ichushi Web 

Page Top