検索結果 959件中 1-20 を表示

  • モバイル空間統計による動態人口把握 : 観光防災,帰宅困難者対策の観点から

    松原 徳和

    情報管理 = Journal of information processing and management 60(7), 493-501, 2017-10

  • 「都心回帰」が都心の地域社会に何をもたらしたのか : 大阪市北区菅南地区を事例として

    加藤 泰子 , カトウ ヤスコ , Kato Yasuko

    … Since around 2000, metropolitan regions including the City of Osaka, have experienced rapid population growth, so called "back to the city movement." In this thesis, the impact of urban core revival in Kannan district in Kita Ward, one of the central districts of Osaka, has been examined by census data and interview data of the community leaders. …

    評論・社会科学 = Social science review (122), 107-127, 2017-09

    機関リポジトリ DOI

  • Queueing network model for obstetric patient flow in a hospital

    Takagi Hideaki , Kanai Yuta , Misue Kazuo

    … Next, we propose a new network model of M/G/ ∞ and M/M/ m queues to represent the flow of these patients, which is used to predict the probability distribution for the number of patients staying in each ward at the nightly census time. … Although our model is a very rough and simplistic approximation of the real patient flow, the predicted probability distribution shows good agreement with the observed data. …

    Health care management science 20(3), 433-451, 2017-09

    機関リポジトリ DOI

  • 飲食業ウェブデータを用いたローリング・センサスのシミュレーション (宿泊業及び飲食業の実証分析)

    菅 幹雄

    研究所報 = Bulletin of Japan Statistics Research Institute (49), 45-57, 2017-08

  • 移民資料としてみた府県統計書の特性とその活用

    花木 宏直 , Hanaki Hironao

    … This article studies the characteristics of Japanese prefectural statistics that may be useful for emigration data and the distribution of emigration areas on a microscale. … they were listed in the prefectural statistics until the late Taisho era after which the Japanese government started counting the census. …

    移民研究 = Immigration studies (13), 1-22, 2017-08

    機関リポジトリ

  • 日本におけるネパール人移民の動向

    南埜 猛 , 澤 宗則 , Minamino Takeshi , Sawa Munenori

    … This study intends to clarify the trend of the Nepalese migrants and its socio-economic factors referring to preceding studies and various statistical data.Historically migrants from Nepal mainly outflowed to India. … The number of Nepalese migrants was limited in hundreds of thousands levels, while the ratio to India decreased at the time of 2001 census. …

    移民研究 = Immigration studies (13), 23-48, 2017-08

    機関リポジトリ

  • 2015年国勢調査が把握した大都市地域の性別年齢別人口データの精度に関する考察

    山田 茂

    目次1 はじめに2 全国人口に関するデータ3 奈良県の人口に関するデータ4 東京都の人口に関するデータ5 政令指定都市の人口に関するデータ6 「年齢不詳」の発生状況むすびにかえて

    國士舘大學政經論叢 = The review of politics and economics 2017(2), 1-41, 2017-06

    機関リポジトリ

  • The Application of a Geographically Weighted Principal Component Analysis for Exploring Twenty-three Years of Goat Population Change across Mongolia

    Tsutsumida Narumasa , Harris Paul , Comber Alexis

    … To this end, annual livestock census data are exploited and a geographically weighted principal component analysis (GWPCA) is applied to goat data recorded from 1990 to 2012 in 341 regions. … This application of GWPCA to temporal data is novel and is able to account for both temporal and spatial patterns in goat population change. …

    Annals of the American Association of Geographers 107(5), 1060-1074, 2017-05-31

    機関リポジトリ DOI

  • インドにおける過疎問題の射程 -レー・ディストリクトとドムカル村の位置づけ- (特集2: フィールド医学)

    野瀬 光弘

    … In this paper, specific characteristics and future prospects of depopulation as "underpopulation problems" are discussed based on the statistical data of census and results of the survey conducted in the village of northern part of India. …

    ヒマラヤ学誌 : Himalayan Study Monographs 18, 118-126, 2017-03-28

    機関リポジトリ DOI

  • フェルガナ州(ロシア領中央アジア)の民族状況 : 1917年統計資料にもとづいて

    島田 志津夫 , シマダ シズオ , SHIMADA Shizuo

    Quadrante : Areas, cultures and positions = 四分儀 : 地域・文化・位置のための総合雑誌 : クァドランテ (19), 191-204, 2017-03

    機関リポジトリ DOI

  • 国道16号沿線地域における事業所分布の特徴に関する考察 : 経済センサス小地域(町丁字)データを用いた空間集計

    小野寺 剛

    環太平洋大学研究紀要 = Bulletin of International Pacific University (11), 253-262, 2017

  • メッシュデータを用いた太陽光発電の導入可能量の分析

    島崎 洋一

    <p>本研究は,山梨県の農業地域における太陽光発電の導入可能量を分析した。農業地域の最重要課題のひとつとして,耕作放棄地の有効利用がある。例えば,ソーラーシェアリングシステムは,営農を継続しながら再生可能エネルギーを生産することが可能である。筆者は,地理情報システムを用いて,耕作放棄地における太陽光発電の導入可能性を評価する方法を提案した。山梨県の農業集落は農林業センサスに基づき,不定 …

    日本エネルギー学会誌 96(10), 463-469, 2017

    J-STAGE

  • 住戸数と世帯数に基づく空き家の詳細地域分布の把握手法

    石河 正寛 , 松橋 啓介 , 金森 有子 , 有賀 敏典

    本研究は、建物ポイントデータの住戸数と国勢調査の世帯数を用いて、町丁・字等別や基本単位区別の空き家率を把握する手法を提案した。全国の図形データが得られる町丁・字等別に空き家率を求めた。住戸数が世帯数よりも全国平均で約5%少ないことから空き家率が5%ほど小さく求められている可能性があること、推計に使用したデータの年次差や戸数が小さい地区での推計誤差が大きいことなどの課題はあるものの、全住戸数のおよそ …

    都市計画論文集 52(3), 689-695, 2017

    J-STAGE

  • 都市近郊における村落単位でみた農業基盤と祭事運営基盤の変容の関係

    渋谷 健太 , 後藤 春彦 , 森田 椋也 , 山崎 義人

    本研究は、都市近郊部の変容を農業基盤および祭事運営基盤について村落単位で追うことにより、今後の適切な地域運営・地域自治を考える際の留意事項を明らかにすることを目的とする。本研究では、都市近郊に位置する埼玉県三郷市の村落を対象とする。まず、(1)対象地域の変遷を把握する。そして、農林業センサスデータを用いて分析を行い、(2)村落の農業基盤の変化を把握する。また、各村落の祭事、祭事運営、地域自治との関 …

    都市計画論文集 52(3), 1177-1184, 2017

    J-STAGE

  • モバイル空間統計による動態人口把握:観光防災,帰宅困難者対策の観点から

    松原 徳和

    <p>現在,全国の地方公共団体は観光分野に力を入れている。観光客や訪日外国人の傾向,人の流れを把握し分析するために,携帯電話やスマートフォンを用いたビッグデータ分析が注目されている。本稿では,NTTドコモが提供する「モバイル空間統計」による「動態人口」をテーマに取り上げ,これまでの国勢調査等による静的な人口把握を概観しながら,動的な人口の見方,「アウェイ人口」という考え方を提示する。具 …

    情報管理 60(7), 493-501, 2017

    J-STAGE

  • Recent effective population size estimated from segments of identity by descent in the Lithuanian population

    URNIKYTĖ ALINA , MOLYTĖ ALMA , KUČINSKAS VAIDUTIS

    … The main interest of this study was to reconstruct the recent effective population size, by using inferred long segments of identity by descent (IBD), and to estimate the effective/census size ratio in the Lithuanian population. … We used Illumina 770K HumanOmniExpress-12v1.0 array data of 295 unrelated individuals of the Lithuanian population. … 1150000], and the census size was 3701968. … We evaluated the ratio of effective size to census (<i>N</i>) size. …

    Anthropological Science 125(2), 53-58, 2017

    J-STAGE

  • 住宅・土地統計調査空き家率の検証

    宗 健

    … Compare vacancy rates obtained using the number of census households and from the results of Housing and Land survey.<br> 5. … Compare the results of the vacancy rate using the SUUMO-ZENRIN data for Tokyo's 23 wards and Housing and Land survey.<br> Based on these results, the validity of the vacancy rate and number of vacant houses in the residential land survey is examined.<br><br> The results of the research are as follows.<br> 1. …

    日本建築学会計画系論文集 82(737), 1775-1781, 2017

    J-STAGE

  • モミ-イヌブナ林の50年間の林分構造の変化

    若松 伸彦 , 石田 祐子 , 深町 篤子 , 比嘉 基紀 , 吉田 圭一郎 , 菊池 多賀夫

    <p>1. 仙台平野の西縁に位置する青葉山丘陵の鈎取山国有林内で,発達したモミ-イヌブナ林の50年間の遷移を実証的に明らかにし,維持機構を考察した.</p><p>2. 50年間で,調査区(20 m×150 m; 樹高2 m以上の個体をセンサス)の構成樹種の種構成に大きな変化は見られなかった.しかし,モミなどの常緑針葉樹種の個体数は増加していたが,イヌブナなどの林 …

    植生学会誌 34(1), 39-53, 2017

    J-STAGE

  • カナダにおける二言語主義の現状と課題

    大石 太郎

    <p>2017年に連邦結成150周年を迎えるカナダは,英語とフランス語を公用語とする二言語国家として知られるが,その実態は複雑であり,必ずしも正確に理解されていない.そこで本稿では,言語景観と二言語話者人口に注目し,カナダの二言語主義の現状と課題を現地調査と国勢調査に基づいて解説する.カナダでは1969年に制定された公用語法により,連邦政府の施設は二言語で表記され,二言語でサービスを提 …

    E-journal GEO 12(1), 12-29, 2017

    J-STAGE

  • 道路交通センサスデータを用いた電気自動車の充電促進ポテンシャルの定量的評価

    勅使河原 優 , 池上 貴志

    <p>High penetration of renewable generation systems will lead to supply-demand imbalances, and will also require output curtailment of renewable power plants. We focused on management of electri …

    電気学会論文誌. B 137(5), 364-371, 2017

    J-STAGE

ページトップへ