Search Results 1-20 of 79712

  • Methods for Improving the Functionality of Urban Parks Corresponding to a Declining Birthrate and an Aging Society  [in Japanese]

    山岸 裕 , 舟久保 敏 , 大石 智弘

    土木技術資料 = Civil engineering journal : 土木技術の総合情報誌 63(1), 44-49, 2021-01

  • Analysis on Changes in Travel behavior characteristics Focused on Life stage, Period and Generation - Based on The Five time data of Tokyo Metropolitan Area PT survey -  [in Japanese]

    KAWAKAMI Shota , SUGITA Hiroshi , MORIO Jun , MORITA Tetsuo

    <p>本研究では、1968年から10年毎に5回の大規模な調査が継続的に実施されてきた東京都市圏PT調査データに基づき、「ライフステージ(年齢)」を軸にし、「時代」「世代」といった要素を加え、社会経済状況の変化に対応した交通行動変化、及びその要因を考察した。その結果、①外出率が増加している要因は「時代」よりも「世代」の影響が強いこと、②ネット生成原単位・通勤目的のネット原単位の変化の要因 …

    JSTE Journal of Traffic Engineering 7(2), A_207-A_215, 2021

    J-STAGE 

  • Basic Analysis of Perception of Walkable Space Components and Evaluation of Street Planning Based on Visual Information  [in Japanese]

    TODOROKI Naoki , YANAGISAWA Yoshiyasu , IWASAKI Shinya , NISHIKAWA Yoshio , TAKAYAMA Junichi

    <p>長野市中心市街地では、域内の活性化策のひとつとして、歩行者の回遊性向上を目的とした歩行者優先道路化事業が行われている。今後本事業をより広範囲に展開していくためにはより効率的かつ効果的な整備を目指す必要がある。そこで本研究では、人の知覚情報のうち視覚からの情報が 83 パーセントであることに着目し、歩行空間構成要素に対する着目度や、奥行きを表す着目距離などの視覚情報と街路評価の関係 …

    JSTE Journal of Traffic Engineering 7(2), A_336-A_345, 2021

    J-STAGE 

  • Fundamental Study for Adaptation Requirements of ACC (Adaptive Cruise Control) to Winter Road Environment  [in Japanese]

    WADA Shuhei , TAKAHASHI Sho , SHIRAISHI Naoyuki , MUNEHIRO Kazunori , OKADA Minoru , NAITO Toshiyuki , HAGIWARA Toru

    <p>ACCで冬期道路を走行しているドライバの先行車に対する主観的リスク認知レベルを実車で計測し、冬期道路におけるACCの適応条件の検証を試みた。ドライバがACCを用いて先行車を追従中、先行車が減速し接近する場面を想定した。その結果、ACC走行時のドライバの主観的リスク認知レベルは通常運転に比べて大きくなった。また、先行車との接近時におけるTHW(Time Headway)とTTC(T …

    JSTE Journal of Traffic Engineering 7(2), A_289-A_297, 2021

    J-STAGE 

  • Analysis of Vehicle Vibration and Passenger Awareness of Directional Rumble Strips  [in Japanese]

    HARAO Akira , XING Jian , SATO Fumiko , OKABE Toshiyuki , TAKAHASHI Yuta , TOMIYAMA Kazuya

    <p>高速道路における逆走事故は第三者を巻き込んだ重大な事故に繋がる恐れがあるため、逆走防止を行う必要性が高まっている。振動による逆走車両への注意喚起対策の一つとして、逆走と順走に車両振動加速度の差を有する指向性ランブルストリップスを考案した。既往研究で実施した車両振動シミュレーション及びドライビングシミュレータでの検討を踏まえ、深さの異なる3つの溝形状について試験ヤードにて試験施工を …

    JSTE Journal of Traffic Engineering 7(2), A_11-A_18, 2021

    J-STAGE 

  • RELATIONSHIP BETWEEN SHEAR FORCE AND SLIP OF REINFORCING BAR IN A JOINT INTERFACE OF HALF PRECAST RC STRUCTURE  [in Japanese]

    TAKAHASHI Ryosuke , SHIMA Hiroshi , MATSUOKA Satoshi , TSUCHIYA Satoshi

    <p> 有限要素解析はプレキャスト構造の性能評価と設計の合理化に有効なツールの一つになり得るが,その接合面の適切な力学モデルが必要となる.本研究では,プレキャスト構造の接合方法のうち,ハーフプレキャストRC構造に多く適用される,異形鉄筋を用いる接合方法を対象として要素実験を行い,接合面の接合鉄筋のせん断力-ずれ変位関係の計算方法を検討した.接合鉄筋の変形を2つの円弧で表現し,接合鉄筋の …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. E2 (Materials and Concrete Structures) 77(1), 1-14, 2021

    J-STAGE 

  • MULTI-FACETED EFFECTS OF "KUMAMOTO BUS AND TRAIN FREE DAY" SOCIAL EXPERIMENT ON TRANSIT AND CENTRAL CITY AREA  [in Japanese]

    IMAGAMA Takuya , OTA Kohei , OYA Makoto , MIZOKAMI Shoshi

    <p> 熊本市中心部にあるバスターミナルと商業施設,ホテル,大規模ホールから成る大規模複合施設SAKURA MACHI Kumamotoの2019年9月14日のグランドオープンにあわせて,「熊本県内バス・電車無料の日」という,県内の公共交通を終日無料化する交通社会実験が行われた.本論では,この社会実験に合わせて産・官・学によって組織されたSAKURA MACHI DATA Projec …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 77(1), 23-31, 2021

    J-STAGE 

  • ACTUAL CONDITION OF MOVING AND PARKING TIME OF VEHICLES, AND CALCULATION OF APPROPRIATE PARKING CAPACITY IN THE CITY CENTER  [in Japanese]

    YAE Ryoma , KOGA Hayato , MIZOKAMI Shoshi

    <p> 本研究では,熊本都市圏を対象に,2回のパーソントリップ調査データからクルマの移動と駐車時間,ゾーン別の流入・流出台数の実態,およびその経年変化を明らかにした.また,熊本市都心部における適正な駐車容量を,独自に開発した駐車シミュレーションモデルと待ち行列理論により算出した.さらに,駐車時間が大幅に減少するであろう自動運転カーシェアリングサービスSAVs(Shared Autono …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 77(1), 12-22, 2021

    J-STAGE 

  • BASIC STUDY ON DESCRIPTIONS OF SOCIAL INFRASTRUCTURE IMPROVEMENTS IN THE "NANKI TOKUGAWA-SHI"  [in Japanese]

    NISHIYAMA Takaki , FUJITA Tatsushi , AMANO Koichi

    <p> 本研究では,江戸時代における紀州藩内の事績がまとめられた『南紀徳川史』に着目した.そのなかから,社会基盤整備に関する記述を抜き出したところ,45事項が該当した.そして,社会基盤整備の対象ごとに整理したところ,15項目に分類することができた.その結果,新田開発に関する記載が最も多いことが明らかとなった.それに付随して用水路の新規開削に関する項目も多く,その他に溜池の築堤や修繕に関 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D2 (Historical Studies in Civil Engineering) 77(1), 21-37, 2021

    J-STAGE 

  • FUTURE CHALLENGES TO ADDRESS CLIMATE CHANGE IN JAPANESE COASTAL AREAS  [in Japanese]

    KUWAE Tomohiro , MOGI Hirotada , YAMAKITA Takehisa , LEE Hansoo , KIM Sooyoul , KUBOTA Shinichi , KURAHARA Yoshinosuke , TSUJIO Daiki , NINOMIYA Junichi , BANNO Masayuki , FURUICHI Naoki , MITO Yugo , YASUDA Tomohiro , MORI Nobuhito , TAKEWAKA Satoshi , ARIKAWA Taro , ISHIKAWA Yoichi , KIDOKORO Hideaki , SHIBUTANI Yoko , SHIMURA Tomoya , SEINO Satoquo , HASUMI Kanako

    <p> 今後の我が国の沿岸分野における気候変動対応で取り組むべき課題について,どのような内容に研究者が関心を抱いているのか検討された例はない.そこで,気候変動に関連する様々な学会に対してアンケートを実施した.その結果,「気温・海水温」,「生物多様性の減少」,「海面上昇」,「極端気象・気候」,「温室効果ガス」,「生態系サービスの劣化」,「台風・低気圧」,「水産物の減少」,「国土減少・海岸 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 77(1), 1-17, 2021

    J-STAGE 

  • COMPARISON BETWEEN PARTICLE-SIZE ANALYSES OF FINE-GRAINED SOILS BY SIEVE-HYDROMETER AND LASER DIFFRACTION METHODS  [in Japanese]

    MOURI Mitsuo

    <p> 本研究は,土壌細粒分の粒子形状が球形と大きく異なることが,ふるい-沈降分析法(SHM)とレーザー回折散乱法(LDM)による粒度分布の差異を生じさせる最大の要因と考えて一連の検討を行なった.SHMはLDMに比べて概ね10μm以下の微細粒分の割合を大きく評価していることが判明した.土壌細粒分のSEM写真(×2,000)からは,粘土鉱物特有の不定形な薄板状,層状,長柱状,パイプ状の粒 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. C (Geosphere Engineering) 77(1), 59-69, 2021

    J-STAGE 

  • RECONSIDERATION OF WAVE OVERTOPPING FORMULAS AND ACCURACY IMPROVEMENT OF IFORM  [in Japanese]

    MASE Hajime , YUHI Masatoshi , KIM Sooyoul , UMEDA Shinya , MATSUSHITA Hiroshi , YASUDA Tomohiro , HIRAYAMA Katsuya

    <p> 打上げ・越波統合算定モデルIFORMは,由比ら(2019)により,打上げ高と越波流量の関係が改良され,国内外の越波実験結果をより精度良く算定できるようになった.しかし,1/50勾配の極浅海域海浜に設置された護岸の越波流量実験結果をまだ過小評価する傾向にある.本研究では,従来の越波流量算定式およびIFORMにおけるスケーリングについて物理的観点から再考察を行い,適切なスケーリング …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 77(1), 18-27, 2021

    J-STAGE 

  • EVALUATION AND VERIFICATION OF SOCIAL ACCEPTABILITY FOR RADIONUCLIDE-CONTAMINATED SOILS TREATED BY THE SOIL WASHING AND WET CLASSIFICATION METHOD  [in Japanese]

    TAKAHATA Osamu , HARADA Takuya , YASUTAKA Tetsuo , KUMADA Shojirou , ANDO Junya , KOMINE Hideo

    <p> 福島第一原子力発電所事故から9年が経過し,これまでに除染等が進むとともに,一部の放射性物質が半減期を迎えたことなどから,福島県内の空間線量率は確実に低下している.その一方で,除染で生じた除去土壌等は,社会的受容性の課題もあって最終処分や,中間貯蔵施設での減容化処理後の再生利用の目途は立っていない.このような状況下で,福島県は,除染実施区域外で発生した放射性物質含有土に土壌洗浄工 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. G (Environmental Research) 77(1), 7-21, 2021

    J-STAGE 

  • A METHOD TO SELECT LARGE SCALE REPAIR SECTIONS OF EXPRESSWAY VIADUCTS BASED ON INITIATION AND PROPAGATION PROCESSES OF FATIGUE CRACKS ON STEEL SLABS  [in Japanese]

    NINOMIYA Yohei , MIZUTANI Daijiro , JIDO Mitsuru , KAITO Kiyoyuki , KOBAYASHI Kiyoshi , MIYATA Ryo

    <p> 高速道路高架橋の鋼床版において多数の疲労き裂が発生・進展すれば,鋼床版の疲労耐久性に著しい影響を及ぼす.事後補修を行ったとしても健全性の根本的な回復が期待できない変状や損傷に対しては,発生状況や進展過程を勘案しながら大規模な修繕や更新を視野に入れた維持管理計画を策定する必要がある.本研究では,目視点検では直接観測することが困難な疲労き裂の発生時点を潜在変数として明示的に考慮して …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F4 (Construction and Management) 77(1), 37-56, 2021

    J-STAGE 

  • RISK MANAGEMENT OF INFRASTRUCTURE PROJECTS BY ODA BASED ON CASE ANALYSIS IN INDIA  [in Japanese]

    NAKASU Keita , MOTOHASHI Kazuyuki , OZAWA Kazumasa

    <p> アジア等新興国のインフラ事業は,資金調達,設計,建設,運営,管理を一体的に発注し,民間企業の資金力,技術力が積極的に活用されるため,民間企業に大きな裁量が与えられる一方,契約締結後のリスクへの対処が課題となる.本研究では,主要な新興国の一つであるインドの道路事業に着目し,日本企業が実際に経験したリスク事例や,リスクの経験を踏まえ,調査・設計等の段階からリスクの低減を図り,日本企 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F4 (Construction and Management) 77(1), 57-68, 2021

    J-STAGE 

  • CRACK SIZE DETECTION OF FATIGUE CRACK BY EDDY CURRENT TESTING C-SCOPE VISUALIZATION SYSTEM  [in Japanese]

    KONISHI Takuyo , KOTO Yusuke , HIRANO Shuichi , SEKIYA Hidehiko

    <p> 渦流探傷試験は効率性,経済性に優れた疲労き裂の非破壊検査法であると認識されている.しかしながら,形状が複雑に変化する回し溶接部などに適用した場合に,溶接部のノイズなどが原因で見逃しや空振りといった誤検知が生じやすい.新たに開発した渦流探傷C-Scope画像化装置は,探傷位置に探傷信号から得られたき裂のイメージを表示することでき裂分布を画像化するものである.本システムに回し溶接部 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F4 (Construction and Management) 77(1), 26-36, 2021

    J-STAGE 

  • A EXAMPLE OF VERIFICATION OF MODELING OF PILE END RESISTANCE IN THE ANALYSIS FOR SEISMIC DESIGN  [in Japanese]

    HYODO Junichi , ICHII Koji

    <p> 土木構造物の非線形地震応答解析の品質と信頼性を保証する枠組みは他分野ほど示されていない.数値解析の品質保証には,検証と妥当性確認がある.検証は非線形の問題では難しく,解析の品質保証の観点からは,主として,妥当性確認が多く行われてきた.本研究では,多重せん断機構モデルを導入した解析コードを用いて,杭の支持力モデルを対象に堀らの提唱する数値創成解の考え方を用いた検証の事例を紹介する …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A2 (Applied Mechanics (AM)) 77(1), 12-20, 2021

    J-STAGE 

  • ESTIMATION OF INPUT EARTHQUAKE MOTION BASED ON NONLINEAR TIME DOMAIN ANALYSIS USING EQUIVALENT SDOF MODEL OF GROUND  [in Japanese]

    SAKAI Kimitoshi

    <p> 地表で観測された地震記録から,逐次非線形解析に基づいて基盤入力地震動を推定する手法の提案を行った.提案手法では,地盤の非線形化に伴う周期特性の変化や,推定される地震動に無意味な短周期パルスが発生することを回避する工夫を行うとともに,地盤の等価1自由度モデルを併用することで,収束性の向上と計算の高速化を実現している.</p><p> 模擬地盤に対して提案手法 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A1 (Structural Engineering & Earthquake Engineering (SE/EE)) 77(1), 132-145, 2021

    J-STAGE 

  • BEM ANALYSIS OF LAMB WAVE SCATTERING BY LAYERED PLATE DEBONDING

    WONGTHONGSIRI Supawat , HIROSE Sohichi , WANG Bin

    <p> This paper presents an analysis of reflection and transmission coefficients as boundary element solutions of guided Lamb wave scattering in a two-dimensional, isotropic, and linear elastic l …

    Journal of JSCE 9(1), 51-62, 2021

    J-STAGE 

Page Top