Search Results 1-20 of 3221

  • Anti-Woodchipping Protests to Save Oldgrowth Forests in Tasmania, Australia : Grassroots Activism and Japanese Procurement Companies Responses  [in Japanese]

    原田 公

    … On the other hand, from an economic perspective, Tasmania has historically been dependent on the exploitation of its natural resources. … Tens of thousands of people have fought to defend the forests in the bush, the courts, the parliaments and the community. …

    麻布大学雑誌 = Journal of Azabu University (32), 39-53, 2021-03-31

    IR 

  • Optimal Medical Coordination to Support Patients Undergoing Cancer Treatment in Community-Based Integrated Care : A Qualitative Study  [in Japanese]

    間城 絵里奈 , 荒尾 晴惠 , 青木 美和 , 市原 香織 , 松本 禎久 , Mashiro Erina , Arao Harue , Aoki Miwa , Ichihara Kaori , Matsumoto Yoshihisa , マシロ エリナ , アラオ ハルエ , アオキ ミワ , イチハラ カオリ , マツモト ヨシヒサ

    原著本研究は、医療・介護従事者が、がん診断後からがん治療中の患者を支援するための地域包括ケアにおける望ましい医療連携をどのように認識しているかを明らかにすることを目的とした。医療・介護従事者88名に半構成的面接調査を行い、がん治療中の望ましい医療連携に関して語りが抽出された52名を分析対象とし、質的帰納的に分析した。その結果、5大カテゴリ【】に集約された。対象者は、地域包括ケアにおける【副作用マネ …

    大阪大学看護学雑誌 27(1), 1-8, 2021-03-31

    IR 

  • Mechanism for Promoting Utilization of Unused Community Resources in Winter Tourism based Regional Development : Case of Creating ICEHOTEL in Lapland  [in Japanese]

    Fukuyama Takafumi

    The Japanese journal of regional policy studies (26), 36-45, 2021-03-30

    IR 

  • High Quality of Support in Social Work in Communities : An interview survey with community social workers  [in Japanese]

    小野 達也

    … In recent years, community-based welfare has been advanced as a policy, and social workhas been conducted in communities. … I interviewed community social workers(CSWs)to grasp thecurrent situation of the practice in communities and the elements to attain a high quality of support. …

    桃山学院大学総合研究所紀要 = ST. ANDREW'S UNIVERSITY BULLETIN OF THE RESEARCH INSTITUTE 46(3), 9-27, 2021-03-22

    IR 

  • Technology-triggered Social Affordances―A Netnography Study of Digital Nomads(Part 2)

    Tingting HUANG

    … The smart devices, the high-speed network, and the cloud computing with other technology infrastructures provide the mobility and accessibility of resources and enable the lifestyle of digital nomads. … In the authorʼs latest research on Digital nomads 1), Digital nomads were introduced and nine technology affordances in the digital nomad community were identified. …

    武庫川女子大学紀要 (68), 79-87, 2021-03-12

    IR  DOI 

  • Issues in educational utilization of regional resources and issues in higher education  [in Japanese]

    伊藤 奈賀子

    高等教育において、地域資源や地域課題を教材として活用する動きが拡大している。そうした動きは、研究レベルでは1970年代ごろから、特に教員養成に関連する形で行われてきた。つまり、初等教育や中等教育において地域に関する教材を用いた教育活動が行われることを想定して、教員養成課程においても実践研究が行われていたといえる。これに対し、2010年代以降拡大したのは、高等教育における人材育成の一環として地域活用 …

    鹿児島大学総合教育機構紀要 (4), 1-11, 2021-03

    IR 

  • Effects and Issues of the Policies to Support Specific Projects in University-Wide Educational Reform : Focusing on the policies to Support COC/COC+ Projects  [in Japanese]

    出口 英樹

    近年の大学(高等教育)支援政策は競争的かつ特定事業支援型である。すなわち、国が大枠的な目的や方向性を確定した上で各大学がその具体策を競い合うものとなっている。その一方で、このような政策の背後には「全学的教育改革」という含意を見て取ることができる。これは、「学位の質保証」や「高等教育の実質化」などの観点から体系的なカリキュラムの構築や学習成果の可視化という文脈と軌を一にするものである。本稿の目的は、 …

    鹿児島大学総合教育機構紀要 (4), 12-26, 2021-03

    IR 

  • Developing family education support programs targeting high school students / next generation youth to cultivate the ; 'competency (Ikiru chikara)' ; "ability to maintain inter-personal relationships" : Initiatives from Tokushima Prefecture's Project to Cultivate the Youth of Tokushima to Lead to the Families of the Future  [in Japanese]

    木村 直子 , Naoko KIMURA

    本稿は,2019年に作成した中高生・次世代を対象とした家庭教育プログラムの開発過程について論じる。第一に,中高生・次世代版の家庭教育推進プログラムを作成することになった経緯を整理する。第二に,調査研究から抽出した中高生・次世代版の家庭教育プログラムの柱となる概念を整理する。第三に,作成したプログラムの内容と学習指導要領等との関連を整理する。第四に,ワークショップの実践シュミレーションから,プログラ …

    鳴門教育大学学校教育研究紀要 = Bulletin of Center for Collaboration in Community Naruto University of Education (35), 171-177, 2021-02

    IR  DOI 

  • CHALLENGES IN FAMILY CARE FOR OLDER ADULTS WITH DEMENTIA AND SUPPORT METHODS BY COMMUNITY GENERAL SUPPORT CENTER NURSES  [in Japanese]

    鈴木 久美子 , 宮﨑 美砂子 , 石丸 美奈

    [要旨] 目的 : 地域包括支援センター(以下,地域包括)看護職がとらえている認知症高齢者の家族介護にかかわる課題とそれに対する支援方法を明らかにして,地域包括看護職の支援方法の特徴を考察する。方法 : 一県内の地域包括の看護職に対して半構成的面接調査を実施し,データを質的帰納的に分析した。結果 : 研究参加者は看護職5名(地域包括での平均勤務年数4.4年)であった。家族介護にかかわる課題は,家族 …

    千葉看護学会会誌 26(2), 23-32, 2021-02

    IR  DOI 

  • Implementing Community Development through Typology of Engagement with Outsiders:―The Case of Long-stay Projects in Kushiro City, Hokkaido―  [in Japanese]

    MORISHIGE Masayuki , UCHIDA Junichi , SHIKIDA Asami , KAIZU Yurie

    人口減少社会を迎えた日本では、地域外関係者のかかわりを意識したまちづくりが求められている。本研究は地域外関係者のまちづくりへのかかわりを議論した先行研究を整理し、その課題を指摘した。そして、「まちづくりへのかかわりの主体性」と「地域資源」の観点から地域外関係者のかかわりを捉える類型化モデルの理論の概略を整理した。その上で、北海道釧路市の長期滞在事業を例に、類型化モデルを適用して分析した結果、地域外 …

    The Tourism Studies 32(1), 47-59, 2021

    J-STAGE 

  • Collaborative Development of Green Infrastructure: Urban Flood Control Measures on Small-Scale Private Lands

    Taura Fumiko , Ohme Masaki , Shimatani Yukihiro

    … <p>Focusing on green infrastructure (GI), which utilizes nature's diverse resources, we developed urban flood control measures on three small-scale private tracts in Tokyo and Fukuoka in Japan, experiencing high rainfall. … Additionally, sharing experiences led to the formation of new community ties, supporting post-implementation site maintenance.</p> …

    Journal of Disaster Research 16(3), 457-468, 2021

    J-STAGE 

  • A Case Study of the Developmental of the Official Daycare Business and Local Politics in Hoya City in the 1960s–1970s: A Focus on Strategic Multi-Sector Collaboration Between Organizations  [in Japanese]

    TANAKA Ken

    <p>本研究は東京都旧保谷市ひいらぎ教室の創設および展開過程の特質について,保谷市の政治,政策との関係性を踏まえ,組織間連携における戦略的協働に焦点を当てて検討を行った.その結果,1960年代に保谷町は地域福祉政策としてひいらぎ教室を創設し,1970年代には障害乳幼児を主な対象とする専門的な支援機関として発展した.ひいらぎ教室は住民組織と連携することで創設され,支援機能を確立するため外 …

    Japanese Journal of Social Welfare 61(4), 14-26, 2021

    J-STAGE 

  • Current Status and Issues Related to Agricultural Pond Management – A Case Report of Tanbara, Saijo, Ehime  [in Japanese]

    WATANABE Satoshi , ITSUMI Yuta , YASUDA Kana , ASANO Masashi , MORIKAWA Hiroyuki , ISHIDA Soyoka , KUWANA Youichiro , KIMURA Masaomi

    <p> 愛媛県西条市丹原町に存在する54のため池を対象に,全自治会の管理者を対象とした聞き取りおよび現地調査を行い,同地域におけるため池管理状況や課題について調査した.現在,農業に主要な役割を果たしているため池は,ため池台帳記載の2割程度であった.その主因として過疎化による耕作放棄や麦や野菜への転作による水需要減などの影響があることが明らかとなった.不要なため池の中には積極的な廃止を行 …

    JOURNAL OF JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY AND WATER RESOURCES 34(2), 127-135, 2021

    J-STAGE 

  • Community-Based Natural Resources  [in Japanese]

    Journal of Rural Problems 57(1), 27-28, 2021

    J-STAGE 

  • Influences of potassium solubilizing bacteria and K-feldspar on enzyme activities and metabolic activities of the bacterial communities in kiwifruit planting soil

    Hu Ting , Gu Jie , Zhen Lisha , Lv Rui , Chang Fan , Jia Feng'an

    … T3 significantly altered the bacterial community diversity, increased the utilization of phenolic compounds and polymers, and decreased the utilization of amino acids. … Co-inoculation enhanced the soil nutrients, enzyme activities, and bacterial community diversity. …

    The Journal of General and Applied Microbiology, 2021

    J-STAGE 

  • MODELING THE ROLE STRUCTURE OF COMMUNITY ACTION GROUPS  [in Japanese]

    YABUTANI Yusuke , SHIINO Akio

    … Background and Purpose</p><p> In order to manage human resources strategically and effectively for community action groups, the division of labor among members is one of the most important issues, so it is necessary to understand the roles involved.<sup>4)</sup> … we categorized members of eight community action groups into three types according to their roles: (1) Leader, (2) Supporter, and (3) Follower.<sup>5)</sup> …

    Journal of Architecture and Planning (Transactions of AIJ) 86(781), 961-970, 2021

    J-STAGE 

  • Use and conservation of coastal ecosystems and distribution of reef-building coral communities and macroalgae beds in the Ashizuri-Uwakai National Park and its surrounding area  [in Japanese]

    ABE Hiroya , MITSUI Satomi , SUZUKI Haruka , F KITANO Yuko , H KUMAGAI Naoki , YAMANO Hiroya

    <p>足摺宇和海国立公園には高知県土佐清水市から愛媛県宇和島市にかけての沿岸部の広い範囲が指定されているが,この海域は水温と沿岸域の生態系構造の南北勾配が特徴的である。気候変動の影響による生態系や生態系サービスの変化が想定される中で,保護区内で生態系をどのように利用・保全するかが課題である。本研究では,対象域で優占する造礁サンゴと大型海藻に着目し,潜水調査により分布を把握するとともに, …

    Journal of the Japanese Coral Reef Society 23(1), 1-19, 2021

    J-STAGE 

  • Aggregation and Linking of Local Cultural Heritage Information with the Use of Cultural Property Lists in Japan  [in Japanese]

    MISHIMA Taiki , UDA Norihiko

    <p> 2019年4月に改正文化財保護法が施行され,地域における文化遺産の活用が重視されるようになった.しかし,地域で活用が期待される文化遺産の情報は発見されにくい現状がある.本研究では,そのような地域文化遺産情報の発見可能性の向上のため,市区町村がWebに公開する文化財リストを地域文化遺産情報のコア情報として集約し,Linked Dataにより他の情報源との連携を可能とするメタデータ …

    Joho Chishiki Gakkaishi 31(1), 51-70, 2021

    J-STAGE 

  • A STUDY ON EVALUATION METHOD OF PLACE'S EXPERIENTIAL PROPERTY IN DAILY LIVING AREA  [in Japanese]

    YUKAWA Ryoma , YAMAGUCHI Keita , KUBOTA Yoshiaki , KAWASAKI Masashi

    <p> 本研究は,住民が暮らす日常生活圏内の「大切な場所」に着目し,場所に対する価値づけのあり方を明らかにするものである.具体的には,奈良市内8地区を対象にアンケート調査を実施し,その考察にあたり経営分野で用いられる戦略的経験価値モジュールを援用して,場所経験価値を5つに類型化した上で,その具体的内容と全体像を明らかにした.すなわち,場所経験価値として,1)感覚に関わる景観の美しさや自 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D1 (Architecture of Infrastructure and Environment) 77(1), 1-16, 2021

    IR  J-STAGE 

  • Characteristics and Issues of Collaborative Research on Artificial Intelligence (AI) at Japanese Local National Universities:— Cases of Ehime University, Shimane University, and University of Miyazaki —  [in Japanese]

    HATTORI Daisuke , AKIMARU Kunihiro , NISHIKATA Naoko , KITAMURA Toshihiro

    <p>人工知能(AI)分野における共同研究の特徴と課題を明らかにするため,愛媛大学,島根大学,宮崎大学において,約5年間の企業等との共同研究の状況を調査した.件数は3.1倍,受入額は5.9倍に増加した.相手先の規模は「中小企業」が,業種は「情報通信業」と「学術研究,専門・技術サービス業」が多かった.技術分類では,「動画像処理」と「情報一般」が,従事した研究者は,「理工学系」が多かった. …

    Journal of the Japan Society for Intellectual Production 17(1), 1_69-1_84, 2021

    J-STAGE 

Page Top