Search Results 1-19 of 19

  • An Implementation of Character Image Search Service for Digital Archives of Mokkans and Cursive Characters  [in Japanese]

    耒代 誠仁 , 井上 幸 , 高田 祐一 , 方 国花 , 馬場 基 , 渡辺 晃宏 , 井上 聡

    じんもんこん2016論文集 (2016), 19-24, 2016-12-02

    IPSJ 

  • A Lexicon-Driven Handwritten City-Name Recognition Scheme for Indian Postal Automation

    PAL Umapada , ROY Kaushik , KIMURA Fumitaka

    … In order to merge these primitive components into characters and to find optimum character segmentation, dynamic programming (DP) is applied using total likelihood of the characters of a city-name as an objective function. … To compute the likelihood of a character, Modified Quadratic Discriminant Function (MQDF) is used. …

    IEICE Transactions on Information and Systems 92(5), 1146-1158, 2009-05-01

    IR  J-STAGE  References (29)

  • Development of cursive character pattern recognition for accessing a digital dictionary to support decoding of historical documents  [in Japanese]

    ONUMA Motoki , ZHU Bilan , YAMADA Shoji , SHIBAYAMA Mamoru , NAKAGAWA Masaki

    本稿では,電子くずし字辞典に用いるロバストな文字認識の開発について述べる.古文書の翻刻作業を特定の専門家以外でも可能にし,その効率を高めるために,古文書で標準的に用いられるくずし字の辞典を電子化し,翻刻の利便性を向上させることが有効である.我々は,67,739種のくずし字に対する認識システムを開発した.くずし字までいかない通常の字体に対しても現有の認識システムを利用できるようにした.採用手法は,現 …

    IEICE technical report 106(606), 91-96, 2007-03-09

    References (10) Cited by (2)

  • Development of cursive character pattern recognition for a digital dictionary to support decoding of historical documents  [in Japanese]

    小沼 元輝 , 朱 碧蘭 , 山田 奨治 [他]

    Journal of computer archaeology 13(1), 22-33, 2007

  • Character Segmentation and Recognition of Ancient Documents Based on Thinning of Background Region  [in Japanese]

    UMEDA MICHIO , HASHIMOTO TOMOHIRO

    … 適な文字領域を求める.そして,得られた各領域から抽出した特徴量を自己想起型ニューラルネットワークに入力することで認識結果を得る.「天保郷帳」を例とした615 個の文字列に対する認識実験により,本手法によって個別文字認識率は98.52%,文字列認識率は90.24%が得られ,文字部の画素に着目した従来手法と比較して,その有効性が確認された.This paper proposes a character segmentation and recognition method of ancient …

    IPSJ journal 45(4), 1188-1197, 2004-04-15

    IPSJ  References (15) Cited by (1)

  • Character Soptting of Historical Documents Using Pattern Segmentation Aided by Recognition Processing

    Umeda Michio , Hashimoto Tomohiro

    … This paper proposes a character segmentation and spotting method of historical documents. … In the segmentation method, the result of character recognition process is utilized to cope with the cursive scripts and the mutual encroachment of characters which are peculiar to the historical documents. … As an early segmentation, the characters string pattern is divided into the same connected component by using the labelling processing. …

    IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems 122(11), 1876-1884, 2002

    J-STAGE 

  • On-line Handwritten Character Recognition Based on Substroke-HMM with Writing Pressure Features  [in Japanese]

    SUDO Takashi , NAKAI Mitsuru , SHIMODAIRA Hiroshi , SAGAYAMA Shigeki

    ストロークHMMによる不特定筆者のオンライン手書き文字認識における筆圧特徴量の利用法を検討する.大別して二種類の筆圧特徴量を提案する.一つは筆圧値であり, ペンの上げ下げを表わす連続量として捉える.もう一つは筆圧変化量であり, 筆圧の増減のパターンを表わす特徴量である.これらのいずれかを従来特徴量(速度・方向)と併用し, 3次元特徴量を用いた認識システムを構築する.また, 特徴抽出の前処理として, …

    Technical report of IEICE. PRMU 101(525), 93-100, 2001-12-14

    References (11) Cited by (9)

  • On-line Handwriting Character Recognition based on Pattern Matching Method using On-line Features  [in Japanese]

    KAWAMATA Takenori , OKANO Yuichi , HIRANO Takashi , YODA Fumio

    入力パターンの座標点列、ストローク列などの時系列情報を用い、線分内及び線分間の関係を示すオンライン特徴をオフライン特徴に併用し、パターンマッチング手法により、筆順違い文字、続け字を高精度に認識するオンライン文字認識方式を開発した。正準判別分析法を用いて、識別に有効な特徴を抽出することにより、字形変動及びオンライン特徴における時系列変動(画数変動・筆順変動)に強い特徴を実現した。評価の結果、筆順変動 …

    IEICE technical report. Natural language understanding and models of communication 99(708), 21-28, 2000-03-17

    References (16)

  • On-line Handwriting Character Recognition based on Pattern Matching Method using On-line Features  [in Japanese]

    KAWAMATA Takenori , OKANO Yuichi , HIRANO Takashi , YODA Fumio

    入力パターンの座標点列、ストローク列などの時系列情報を用い、線分内及び線分間の関係を示すオンライン特徴をオフライン特徴に併用し、パターンマッチング手法により、筆順違い文字、続け字を高精度に認識するオンライン文字認識方式を開発した。正準判別分析法を用いて、識別に有効な特徴を抽出することにより、字形変動及びオンライン特徴における時系列変動(画数変動・筆順変動)に強い特徴を実現した。評価の結果、筆順変動 …

    PRMU 99(710), 21-28, 2000-03-17

    References (16) Cited by (1)

  • A Handwritten Word Recognition Method Using Context Dependency with Continuous HMM  [in Japanese]

    KOSHINAKA Takafumi , NISHIWAKI Daisuke , YAMADA Keiji

    筆記体英字列における文字同士の変形の依存関係や, ブロック体英字列および数字列における筆者間変動のような, 文字列中の文字の変形の相互依存関係を記述するため, 連続隠れマルコフモデル(HMM)の各状態に文字パタンの確率密度関数を配置した, 文字パターンのbigramモデルを提案する.提案するモデルでは, 文字パタン同士の連接の起こりやすさを状態遷移確率で表すことにより, 文字列中の他の文字パタンの …

    Technical report of IEICE. PRMU 99(649), 45-52, 2000-02-22

    References (7)

  • On-line cursive kanji character recognition using stroke-based affine transformation

    WAKAHARA T.

    IEEE Trans. Pattern Anal. Machine Intell. 19(12), 1381-1385, 1997

    Cited by (3)

  • Stroke-Number and Stroke-Order Free On-Line Kanji Character Recognition as One-to-One Stroke Correspondence Problem

    WAKAHARA Toru , SUZUKI Akira , NAKAJIMA Naoki , MIYAHARA Sueharu , ODAKA Kazumi

    … This paper describes an on-line Kanji character recognition method that solves the one-to-one stroke correspondence problem with both the stroke-number and stroke-order variations common in cursive Japanese handwriting. … In experiments, only a single reference pattern for each of 2,980 Kanji character categories is generated by using training data composed of 120 patterns written carefully with the correct stroke-number and stroke-order. …

    IEICE Trans. Inf. & Syst. 79(5), 529-534, 1996-05-25

    References (10) Cited by (5)

  • On-Line Recognition of Hand-Written Characters Using Directional Vectors  [in Japanese]

    Asai Hirotaka , Nakazawa Yoshio , Harada Kazurou , Ishihara Yoshiyuki , Todaka Toshiyuki

    本稿では,文字をストロークの始点,終点,及び折れ線近似によって得られる曲点の集合とみなし,辞書とのマッチングによって文字を認識するオンライン手書き文字認識法について述べる. これらの特徴点は,x,y座標及び8方向の方向コードを有する方向ベクトルとして記述される.認識時間を短縮するために,文字を左右,上下に分割する大分類を行った後に辞書とのマッチングを行う.辞書には始点,終点を非接続型と接続型に分け …

    IEICE technical report. Pattern recognition and understanding 95(523), 1-6, 1996-02-16

  • On-Line Kanji Character Recognition Using Stroke-based Affine Transformation  [in Japanese]

    WAKAHARA Toru , NAKAJIMA Naoki , MIYAHARA Sueharu , ODAKA Kazumi

    本報告では、オンライン手書き漢字認識における手書き変形への耐性の向上を目指し、ストローク単位のアフィン変換 (SAT) を用いたロバストなストロークマッチング手法を提案する。まず、入カパターンと標準パターン間で1対1のストローク対応づけを行う。次いで、入カパターンにSATを施し、ストローク単位の一様な回転・伸縮・並進やストローク相対配置のゆらぎを吸収する。最後に、SATにより変形した入カパターンと …

    IEICE technical report. Pattern recognition and understanding 95(278), 49-54, 1995-09-28

  • An Stroke Order Search Algorithm for Online Character Recognition  [in Japanese]

    Sakoe Hiroaki , Shin Jung Pil

    筆順フリーなオンライン文字認識を目的として、画対応のサーチアルゴリズムを検討した。入力画に対する標準画の対応状態を頂点とするキューブ状の有限状態オートマトンによって、画対応の過程を制御してDPによりサーチする方法を提案し、指数オーダーの複雑さで厳密解が獲られることを示した。さらに、ビームサーチによる高速アルゴリズムを提案して、実験により実用性を示した。拡張として、画接続(続け書き)がある場合の画対 …

    IEICE technical report. Pattern recognition and understanding PRU95-59, 55-60, 1995

    Cited by (7)

  • Cursive Word Recognition Using Selective Attention  [in Japanese]

    Shouno Hayaru , Fukushima Kunihiko

    手書き英文筆記体連結文字列認識を行うシステムの一つとして選択的注意機構を用いたシステムが今川らによって提唱された.本研究では今川らの認識システムを拡張し,更に高い認識能力をもつシステムを作成することを試みた.ところで,パタ-ン認識システム"ネオコグニトロン"において,エッジ抽出回路と折れ点検出回路を導入すると認識能力の向上が認められることが報告されている."選択的注意のモデル"の一部分は,パタ-ン …

    IEICE technical report. Neurocomputing 93(537), 57-64, 1994-03-25

  • Arabic Character Recognition

    Fakir Mohamed , Sodeyama Chuichi , Fadel Mohamed

    文字認識、特にアラビア文字認識の手法及び、当面する諸問題について、総括的に紹介し、今後の研究の方向を示した。本稿は筆者らのこれまでの発表論文及び関連する学会論文、予稿集、雑誌記事を含む論文の論評を基にしている。

    IEICE technical report. Pattern recognition and understanding 93(100), 31-37, 1993-06-18

  • Movement Pattern Recognition Based on the Minimization Principle  [in Japanese]

    Wada Yasuhiro , Koike Yasuharu , Eric Vatikiotis-Bateson , Kawato Mitsuo

    我々は既に最小化原理に基づいて運動軌道の経由点を推定するモデルを提案した。また、それを基礎とした書字運動モデルを提案し、人間の書字動作を良く再現できることを示した。本報告においては、この書字運動モデルを応用した連続文字認識システムを提案する。また、経由点推定モデルが、腕の運動だけでなく調音器官の運動にも適用可能で、推定された経由点が音韻と良く対応していることをデータを使って示す。

    IEICE technical report. Neurocomputing NC93-23, 13-18, 1993

    Cited by (1)

Page Top