Search Results 1-20 of 34436

  • Estimates of inpatient costs for preterm and low-birthweight infants in Japan:An exploratory study using the National Database of Health Insurance Claims

    GAI Ruoyan , MEZAWA Hidetoshi , Ruoyan GAI , MEZAWA Hidetoshi

    … In this study, we aim to estimate unit impatient costs per case per hospitalization for preterm and low birthweight infants in Japan by employing a sampling dataset of the National Health Insurance Database (NDB), As relevant cost data was of lack in Japan. …

    IPSS Working Paper Series = IPSS Working Paper Series (N.48), 1-10, 2021-04-21

    IR  DOI 

  • Data Architecture for IoT Data Collection System  [in Japanese]

    松波 成行 , 松田 朝彦 , 知京 豊裕 , 原田 善之 , 吉川 英樹

    データ駆動型研究の進展に伴い,効率的かつ実用的なデータ収集の仕組みが求められている.物質・材料研究機構では,主に計測・プロセスデータを対象としたデータ収集システムを構築し運用を行っている.本システムでは非ネットワーク環境に置かれている実験装置の制御PC等に対して通信セキュリティを施したデバイスを装着させて,制御PCをIoT化させている.このPCからアップロードされたファイルは,XMLスキーマに基づ …

    情報処理学会論文誌デジタルプラクティス(DP) 2(2), 80-89, 2021-04-15

    IPSJ 

  • Research Data Flow in the Materials Data Platform System DICE ― Practice and Future visions  [in Japanese]

    谷藤 幹子 , 吉川 英樹

    材料分野でのデータ駆動型の材料研究の進展を受けて,物質・材料研究機構(National Institute for Materials Science, NIMS)は,材料データプラットフォームシステムの開発に2017年に着手し,2020年からサービス名DICEとして所内試験を開始した.DICEはオープンサイエンスに応えるデータ基盤であるとともに,データ駆動型研究の一つの手法であるマテリアル・イン …

    情報処理学会論文誌デジタルプラクティス(DP) 2(2), 57-63, 2021-04-15

    IPSJ 

  • Research Data Platform for Data-driven Agriculture  [in Japanese]

    川村 隆浩 , 桂樹 哲雄 , 小林 暁雄 , 稲冨 素子 , 江口 尚

    昨今,研究データの有効活用による研究の加速化や新たな知の創造が強く求められており,各国立研究機関(以下,国研)や大学では研究データ基盤の整備が進められている.そこで,農研機構では農研機構統合DB(以下,統合DB)および統合DBと一体的に運用するAI計算用スーパーコンピュータ(以下,スパコン)「紫峰」を構築し,2020年5月より運用を開始した.統合DBでは,農業に関する様々な研究データ(ゲノムや品種 …

    情報処理学会論文誌デジタルプラクティス(DP) 2(2), 21-31, 2021-04-15

    IPSJ 

  • Data Publication and Data Citation in the Field of Geospace Science: Present Status and Our Practice  [in Japanese]

    能勢 正仁 , 村山 泰啓 , 西岡 未知 , 石井 守 , 今井 弘二 , 木下 武也 , 小山 幸伸 , 相良 毅

    … We have now 18 DOIs for geospace science database in Japan. … However, the implementation of data publication and data citation will provide much benefit to both researchers and data providers in such a way that researchers can more easily locate and obtain necessary information of data used in papers, and data providers can gain professional recognition and rewards for their labors to publish and manage database. …

    情報処理学会論文誌デジタルプラクティス(DP) 2(2), 9-20, 2021-04-15

    IPSJ 

  • Global Environmental Database - Three decadal advances towards the future -  [in Japanese]

    白井 知子

    国立環境研究所(NIES)では,幅広い分野の環境研究を学際的かつ総合的に進めている.1990年10月,地球環境研究の中核的機関を目指し,地球環境研究センター(CGER)が発足したが,当初からその構想には,「地球環境データベース」が含まれていた.それから30年あまりの間,「地球環境データベース」は時代に応じて形を変えながらもCGERのデータ基盤として発展してきた.本稿では,データを取り巻く状況が大き …

    情報処理学会論文誌デジタルプラクティス(DP) 2(2), 1-8, 2021-04-15

    IPSJ 

  • Epitope Prediction of Antigen Protein Using Attention-based LSTM Network

    Toshiaki Noumi , Seiichi Inoue , Haruka Fujita , Kugatsu Sadamitsu , Makoto Sakaguchi , Akiko Tenma , Hironori Nakagami

    … The proposed method achieves better accuracy compared with the conventional method in the experimental prediction of epitope regions using the data from the immune epitope database.------------------------------This is a preprint of an article intended for publication Journal ofInformation Processing(JIP). …

    情報処理学会論文誌 62(4), 2021-04-15

    IPSJ 

  • 生命情報・ DDBJセンターの データベースと生命科学ビッグデータ  [in Japanese]

    秦 千比呂 , 児玉 悠一

    DPレポート = DP Report (DPR10013), 1-11, 2021-04-15

    IPSJ 

  • Database Construction for Calculating Food Composition - Applied to Dietary Education and Health Learning -  [in Japanese]

    高木 義和

    栄養成分計算データベースは2003 年から学外にフリーで公開しており、15 年にわたり、毎日100 件以上のアクセスを維持してきた。高木研究室では卒業研究にデータベースの作成を取り入れてきたが、卒業論文で作成した約70 のデータベースの中で飛びぬけてアクセス数や問い合わせが多かったことから、有用性が高いと考えられた。公開から10 年経過した2013 年度より継続して機能の追加、改善を行った。栄養計 …

    新潟国際情報大学経営情報学部紀要 = Journal of Niigata University of International and Information Studies Faculty of Business and Informatics (4), 36-64, 2021-04-01

    IR 

  • Current Status and Issues of Cooperation of Home-Visit Nursing in the Comprehensive Community Care System Witnessed in the Literature Focusing on Multidisciplinary Collaboration for Discharge Support  [in Japanese]

    吉田 令子 , 武田 保江

    《目的》本研究は、地域包括ケアシステムにおける訪問看護の連携の現状と課題を、退院支援の多職種連携に焦点を当てて文献検討を行い、連携の障壁や対処方法の示唆を得ることである。《方法》医学中央雑誌により、①「訪問看護and連携and原著」1537件を概観し②「訪問看護and連携and原著and2015-2020 and地域包括ケアシステム」から47件を抽出し、在宅看護の研究者で精選したキーワード:「退院 …

    目白大学健康科学研究 = Mejiro Journal of Health Care Sciences (14), 35-42, 2021-03-31

    IR 

  • Literature search of factors relating to falls in hospitalized orthopedic surgery patients  [in Japanese]

    小笠 美春 , 當目 雅代 , 天野 功士 , 森島 千都子 , Ogasa Miharu , Toume Masayo , Amano Koji , Morishima Chizuko

    … factors influencingpatients who suffer falls, in order to identify risk factors for falls in orthopedic surgery patients as a preliminary step toward the development of fall risk prevention training materials for nursing students.Methods:The web version of Igaku Chuo Zasshi (a medical database) was used to search for original articles in the field of nursing using the key words "fall" and "orthopedic" connectedby the logical operator "and." A total of 41 articles that mention risk factors for falls in orthopedic patients were included in the …

    同志社看護 = Doshisha kango (6), 15-26, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • Words that Work Commercially in Headlines -Focusing on the Titles in the Magazine Articles  [in Japanese]

    大谷 鉄平

    〔査読有り〕の原著論文

    北陸大学紀要 = Bulletin of Hokuriku University (50), 117-132, 2021-03-31

    IR 

  • The Current Status of Finance and Business Income of NPOs in Hamamatsu city  [in Japanese]

    下澤 嶽 , シモサワ タカシ

    静岡文化芸術大学の教員特別研究費を得て、2018年度に「浜松市のNPO団体の自己資金と行政資金の関係性の調査」を実施した。本調査では、2006年から2014年までの公開されている9年間の浜松市のNPO法人235団体の財務諸表に関する情報を取得し、それらの収入状況をデータベース化して分類し、NPO法人の自己資金と行政資金の関係、事業収入、特に自己事業収入がNPO法人に与える影響を、ヒヤリング調査を行 …

    静岡文化芸術大学研究紀要 = Shizuoka University of Art and Culture Bulletin (21), 121-126, 2021-03-31

    IR 

  • Evaluation of Ceramic Materials Using X-ray Diffraction Method  [in Japanese]

    平 靖之

    … Even beginners who are not familiar with the evaluation of materials by the X-ray diffraction method can easily analyze the measurement data by referring to the database. …

    群馬高専レビュー (39), 71-76, 2021-03-30

    IR 

  • HeteroTSDB: A High Performance Time Series Database for Automated Data Tiering in Heterogeneous Distributed KVSs  [in Japanese]

    坪内 佑樹 , 脇坂 朝人 , 濱田 健 , 松木 雅幸 , 小林 隆浩 , 阿部 博 , 松本 亮介

    クラウド上のシステムの大規模化にともない,CPU利用率などのシステムの各構成要素の状態を把握するために,大量の時系列データを保存する必要がある.そのために,時系列データを保存するデータベースにはデータの挿入処理とデータ保存の効率化と挿入スケールアウト性の向上が求められる.既存技術は,挿入スケールアウト性を高めるために広く利用されているディスクベースの分散KVS(Key Value Store)を利 …

    情報処理学会論文誌 62(3), 818-828, 2021-03-15

    IPSJ 

  • Analysis on Type of HVAC System and its Energy Consumption in Office Buildings based on "ELPAC" Database  [in Japanese]

    小原 豪太 , 長谷川 兼一 , 松本 真一 , 竹内 仁哉

    学術・技術報告会論文集 = Collection of papers of the conference 10, 9-12, 2021-03-10

  • Intra-operative autologous blood donation for cardiovascular surgeries in Japan: A retrospective cohort study

    Okuno Takuya , Kunisawa Susumu , Fushimi Kiyohide , Imanaka Yuichi

    … We evaluated the association between intra-operative autologous blood donation and decrease in peri-operative transfusion in cardiovascular surgery based on evidence from a Japanese administrative database. … We extracted the data of patients who had undergone cardiovascular surgery from the Diagnosis Procedure Combination database in Japan (2016–2019). …

    PLOS ONE 16(3), 2021-03-10

    IR 

  • Reasonable accommodation related to opportunities of learning and experiences dimension for students with physical disabilities: Based on the consideration of the practical case reports from the Inclusive Education System Construction Support Database

    德永 亜希雄 , 田中 浩二

    横浜国立大学教育学部紀要. I, 教育科学 = Journal of the College of Education, Yokohama National University. The educational sciences (4), 152-160, 2021-03-03

    IR  DOI 

Page Top