Search Results 1-20 of 49

  • 1 / 3
  • Panhandling, Subsistence, and Poverty Management in Meiji Tokyo

    Porter John

    UrbanScope : e-journal of the Urban-Culture Research Center (10), 20-25, 2019-05

    IR  DOI 

  • Research and Management of School Absenteeism in Germany : Educational Perspectives

    Ricking Heinrich , Schulze Gisela C.

    UrbanScope : e-journal of the Urban-Culture Research Center (10), 39-54, 2019-05

    IR  DOI 

  • Participation of Taxi Companies in Developing Local Public Transport Networks and Appropriate Framework for Public–Private Collaboration  [in Japanese]

    Mitsuaki KAWABATA , Kazushi SANO

    <p>持続的な地域公共交通網形成には,地域の実情に合わせ多様な運行主体の組合せを検討する必要がある.本稿では,タクシー事業者の地域公共交通への参画状況,自治体のタクシー事業者の活用意向を明らかにする.加えて,先行事例の分析を通して,官民協働による地域公共交通のマネジメントに役立つ知見を得ることを目的とする.おおよそ半数の自治体が,公共交通事業をタクシー事業者に委託しており,タクシー事業 …

    E-journal GEO 14(1), 246-257, 2019

    J-STAGE 

  • Regional Characteristics of Local Disaster Management Plans in the Northern Osaka Area, Osaka Prefecture  [in Japanese]

    Toshiyuki ARAKI

    <p>本稿では,大阪府北部地域における7市(豊中市,池田市,吹田市,高槻市,茨木市,箕面市,摂津市)の地域防災計画を取り上げて,自然的,社会経済的な視点からみた地域特性が,予防対策や応急対策などの災害対策,被害想定や対策を行う想定地震などに考慮され,目次構成や想定災害に示されているかどうかを検討した.7市では,災害応急対策,中でも,事故災害に対する対策,そして,対策を行う想定地震に相違 …

    E-journal GEO 14(1), 105-115, 2019

    J-STAGE 

  • Significance of Mobility Management Education Combining Geography and Civil Engineering at the National Institute of Technology: Sustainable Urban Development Learning Unit Design and Practice  [in Japanese]

    Hiroaki SAKAUE , Mitsuaki KAWABATA

    <p>近年,地理と土木の連携が注目されており,また土木技術者の育成において地理を学ぶことの重要性が指摘されている.本稿の目的は,高等専門学校(以下,高専とする)における地理と土木が連携したモビリティ・マネジメント教育(以下,MM教育とする)の学習単元開発・実践を示すこと,およびそれを踏まえて高専地理が土木と連携してMM教育に取組む意義について示すことである.岐阜市におけるコンパクトシテ …

    E-journal GEO 13(2), 549-559, 2018

    J-STAGE 

  • Estimation of Human Damage from the Nankai Trough Earthquake Tsunami Based on Various Scenarios Using Geo Big Data: Case Study in Kochi City  [in Japanese]

    Yoshiki OGAWA , Yuki AKIYAMA , Hiroshi KANASUGI , Ryosuke SHIBASAKI

    <p>将来予測されている南海トラフ地震が発生した場合における危機管理対応を的確に実施するために,本研究は高知市周辺を対象として,近年の観測技術の向上に伴い蓄積されている観測ビッグデータを用いて被害予測に適用可能なミクロデータを整備することで高精細な被害推定を目指す.そのためにGPS付帯の携帯電話のプローブデータ,住宅地図,電話帳などのジオビッグデータを用いて時空間内挿することで,季節ご …

    E-journal GEO 13(1), 140-155, 2018

    J-STAGE 

  • Management and Technological Adoption of Black Tea Producers Emerging in Japan: Case Study in Okinawa  [in Japanese]

    Sachiho ARAI W. , Junji NAGATA

    <p>2000年代以降,国産紅茶の生産が拡大している.本稿は紅茶の栽培好適地とされる沖縄を例に,その生産者群の経営的・技術的性格を明らかにした.生産者群は,緑茶生産本位の生産者と「プレミアム紅茶」を追求する生産者に大別された.前者の生産と販売が,緑茶生産におけるそれらの延長上にあったのに対し,後者は,紅茶に即した生産・販売体制を構築する.すなわち,生産においては労働手段を高度化せずに, …

    E-journal GEO 12(2), 192-208, 2017

    J-STAGE 

  • Sustainable Development of Local Farming through Farm Produce Shops: Case Study of the Yoshii District of Takasaki, Gunma Prefecture  [in Japanese]

    Toshiaki NISHINO

    <p>1990年代半ばから野菜の輸入が急増し,輸入野菜の農薬問題が顕在化して,安全性を求める消費者の声が高まった.これに対応するように,地産地消型の農産物直売所の開設が活発となった.本稿は,地方都市近郊に開設された農産物直売所が設立された背景や活動状況を追いながら,農産物直売所の地域農業持続に果たす役割について考察した.調査地域では,養蚕が盛んに行われていたが,1980年代末の繭価の下 …

    E-journal GEO 11(2), 448-459, 2016

    J-STAGE 

  • Cultural Vulnerability and Resilience for Preservation ofAltaic Kazakh Horse-Riding Falconry along Western Mongolia  [in Japanese]

    Takuya Soma

    モンゴル西部バヤン・ウルギー県では,イヌワシを用いて騎馬で出猟する「騎馬鷹狩猟」の伝統が数世紀にわたり伝えられてきた.しかし現在,イヌワシの飼育者は同県全域で100名を下回り,急激な観光化とともに伝統の知恵と技法の喪失に直面する文化変容の過渡期にある.本研究は長期滞在型のフィールドワークにもとづく「鷲使いの民族誌」「牧畜社会の現状」「鷹狩文化の持続性」などの,著者のこれまで得た知見を統合し,カザフ …

    E-journal GEO 10(1), 99-114, 2015

    J-STAGE 

  • Spaces of creativity, diversity and global management  [in Japanese]

    E-journal GEO 10(1), 62-66, 2015

    J-STAGE 

  • Collection Development and Information Services of the Open Access Age(<Special feature>The current state of collection development)  [in Japanese]

    Ito Tamio

    大学図書館には4つの機能(学習図書館的機能,研究図書館的機能,貸出し図書館的機能,参考調査図書館的機能)があるとされる。蔵書構築等の図書館活動はその4機能のバランスを取りながら,なおかつ保存機能を四則演算のように組み合わせて行われるべきである。筆者はボランティアで2008年から4機能を損なうことなく,また費用コストや物理的スペースを必要としないで,中小規模の大学図書館のパワーアップを図るために,日 …

    The Journal of Information Science and Technology Association 65(9), 392-396, 2015

    J-STAGE 

  • Current Situation and Issues of Transhumant Animal Herding in Sagsai County, Bayan Ulgii Province, Western Mongolia  [in Japanese]

    Takuya Soma

    モンゴル西部アルタイ地域(バヤン・ウルギー県)では伝統的な季節移動型牧畜活動が,アルタイ系カザフ社会の生産体系の根幹をなす.しかし遠隔地かつ少数民族社会であることから,同地域ではいまだ生活形態などの基礎的知見が確立していない.本研究では,同県サグサイ村ブテウ冬営地(BWP)の牧畜開発・地域支援を視座に,滞在型のフィールドワークを行った.長期滞在による参与観察やウルギー県統計局の内部資料を参照し,& …

    E-journal GEO 9(1), 102-119, 2014

    J-STAGE 

  • Significance and Problems of Administrative Management of Sobrarbe Geopark in the Spanish Pyrenees  [in Japanese]

    Daichi Kohmoto

    ジオパークに関わる動きが活発化している.その中で日本においては,多くのジオパーク,およびそれを目指す地域で,地方自治体が主導する形がとられている.そこで本稿では,行政主導型のジオパークマネジメントの先例として,ピレネー山脈のスペイン側にあるソブラルベジオパークをとりあげ,意義と課題を整理した.その結果,地質・地形等に関わる施策を展開しやすくなったこと,学校教育との連携などが行政主導型マネジメントの …

    E-journal GEO 9(1), 50-60, 2014

    J-STAGE 

  • Current status and problems on Geopaks in Japan  [in Japanese]

    Mahito Watanabe

    日本の各地にジオパークの活動が広まった経緯について解説し,ジオパーク活動のこれまでの成果と問題点について解説した.日本のジオパークでは,地形・地質遺産の保全に関する意識の向上や,地元の子供たちへのジオサイトを利用した野外教育の振興,教育旅行を含むジオツーリズムが徐々に盛んになるなどの成果が出始めている.一方で,ジオパークの主要なコンテンツである地球科学的なストーリーの構築に関する問題など,さまざま …

    E-journal GEO 9(1), 4-12, 2014

    J-STAGE 

  • Challenges in Personal Information Protection and New Methods of Data Collection in Social Surveys  [in Japanese]

    Akio Muranaka , Tomoya Hanibuchi , Masahiro Takemori

    近年,社会調査における個人情報の保護に対する関心が高まっている.本稿では,日本における近年の社会調査環境の変化によってもたらされた個人情報保護の課題と新たなデータ収集法について解説することを目的とする.具体的には,①社会調査データを収集・管理するにあたって考慮すべき住民基本台帳法や公職選挙法のような法制度の変化や調査倫理,①個人情報そのものを取り扱うことなく調査データを収集 …

    E-journal GEO 9(2), 1-11, 2014

    J-STAGE 

  • Number of electronic journal titles in science, technology and medicine published in Japan : Changes from 2005 to 2013  [in Japanese]

    TOKIZANE Soichi

    わが国の主要な電子ジャーナル・プラットフォーム,J-STAGE,NII-ELS,メディカルオンラインにおける科学技術分野の学術雑誌の登載数を2005,2008,2013年の3回にわたり調査した。2013年2月における全雑誌中の電子ジャーナルの比率は,和文・混載誌38.7%,英文誌89.3%,全体では44.5%であった。全プラットフォームの,2005年から2013年の間の電子ジャーナル増加率は,和文 …

    Journal of Information Processing and Management 56(12), 822-832, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Configuration of Location Free Network Applicable to Location Dependent Services

    Yoshihiro Ohsumi , Kiyohiko Okayama , Nariyoshi Yamai

    … One typical location dependent service is site license of an electronic journal (e-journal) that users can access the contents only if they are in specific locations. …

    Journal of information processing 21(3), 433-440, 2013-07-15

    IPSJ  J-STAGE 

  • Superhydrophilization of Si Surface by Atmospheric-Pressure Plasma Jet Irradiation: Analysis by Time-of-Flight Secondary Ion Mass Spectrometry (TOF-SIMS)

    Kuwahata Hiroshi , Haraki Takeshi , Mikami Ikko

    The superhydrophilization of a silicon (Si) surface by atmospheric-pressure plasma jet irradiation was analyzed by time-of-flight secondary ion mass spectrometry (TOF-SIMS). The Si surface was irradia …

    e-Journal of Surface Science and Nanotechnology 11(0), 36-39, 2013

    J-STAGE 

  • Development of Equestrian Tourism around Lake Lashihai in Yunnan Province, PR China  [in Japanese]

    Ike Shunsuke , Du Guoqing , Shirasaka Shigeru , Zhang Gui-min

    中国の雲南省では,1990年代後半から農村地域における観光地化が著しく進んだ.しかし,外部資本により観光施設が建設され,観光地化が地域住民の所得向上や地域社会の発展に寄与していない事例も存在するため,地域住民による内発的で自律的な観光施設の運営を実現し,観光収入が農民の所得水準の向上に着実に結びつくような経営を行ってゆくことが大きな課題となっている.本稿では,納西族の農民により観光乗馬施設の自律的 …

    E-journal GEO 8(2), 208-222, 2013

    J-STAGE 

  • Promotion of Public Facilities Using Place Names: Nicknames of Airports  [in Japanese]

    Naruse Atsushi

    日本国内の航空旅客数は減少傾向にあり,国や地方自治体が管理する多くの空港は赤字経営が続いている.さまざまな空港利用促進事業が行われるなかで,近年は空港に愛称や通称をつける動きがある.本稿はこの動向を中心に地方空港の運営状態を地理学的に考察することを目的とする.本稿では,地理学における場所論と地名研究,場所のプロモーション研究を参照することで,空港を一つの場所としてとらえている.国内の政治的階層,地 …

    E-journal GEO 8(1), 78-95, 2013

    J-STAGE 

  • 1 / 3
Page Top