Search Results 1-6 of 6

  • Study on Model Predictive Control for the Wave Energy Converter with a Linear Generator

    Umeda Jun , Goto Hiroki , Fujiwara Toshifumi , Taniguchi Tomoki , Inoue Shunji

    … However, proposed conventional controls have some problems, e.g. constraint conditions cannot be considered. …

    Journal of the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers 28(0), 27-36, 2018

    J-STAGE

  • Improved Construction and Performance Evaluation of High Rate (0,G/I) Codes  [in Japanese]

    SAITO Hidetoshi , IGA Toshihiko , OKAMOTO Yoshihiro , OSAWA Hisashi

    … 本稿では, 高符号化率(0, G/I)符号の改良とその性能評価について検討している.提案する符号はG制約を最小とする構成法を用い, 高符号化率(0, G/∞)符号として32/33(0, 6), 64/65(0, 8)符号を構成した.計算機シミュレーションによりこれらの符号を用いたE^2PR4ML方式のビット誤り率を求め, 従来の16/17(0, 6/6)符号の場合と性能比較を行い, 両符号とも16/17(0, 6/6)符号よりも良好な性能を示すこと …

    IEICE technical report. Magnetic recording 100(563), 25-30, 2001-01-11

    References (4) Cited by (5)

  • Improved Construction and Performance Evaluation of High Rate(0, G/I)Codes  [in Japanese]

    Saito Hidetoshi , Iga Toshihiko , Okamoto Yoshihiro , Osawa Hisashi

    … 本稿では, 高符号化率(0, G/I)符号の改良とその性能評価について検討している.提案する符号はG制約を最小とする構成法を用い, 高符号化率(0, G/∞)符号として32/33(0, 6), 64/65(0, 8)符号を構成した.計算機シュミレーションによりこれらの符号を用いたE^2PR4ML方式のビット誤り率を求め, 従来の16/17(0, 6/6)符号の場合と性能比較を行い, 両符号とも16/17(0, 6/6)符号よりも良好な性能を示すこと …

    ITE Technical Report 25.1(0), 25-30, 2001

    J-STAGE References (4)

  • Development of 32/33(0,10/10) Code used Simple Coding Rule  [in Japanese]

    TAZAKI Saburo , HARA Naoto , TSUZUKI Sinji

    記録符号に対する絶えざる要求の一つが符号化率η=m/nの向上である.実用化された符号のη(d,k)が1/2(2,7)→2/3(1,7)→8/9(0,4)→16/17(0,6)と進展してきている事がこの事実を物語っている.ただデータ語長mならびに符号語長nを大きくすればする程,符号化測並びに符号化回路構成が指数関数的に複雑になることが問題点として存在する.本稿では,データ語を少なくとも3以上のサブデ …

    IEICE technical report. Magnetic recording 99(113), 1-6, 1999-06-11

    References (9) Cited by (2)

  • A Consideration on 8/9, 16/17, 24/25 Code used Simple Coding Rule  [in Japanese]

    TAZAKI Saburo , HARA Naoto , TSUZUKI Sinji

    記録符号に対する絶えざる要求の一つが符号化率η=m/nの向上である.実用化された符号のη(d, k)が1/2(2, 7)→2/3(1, 7)→8/9(0, 4)→16/17(0, 6)と進展してきている事がこの事実を物語っている.ただデータ語長mならびに符号語長nを大きくすればする程, 符号化則並びに符号化回路構成が指数関数的に複雑になることが問題点として存在する.本稿では, データ語を少なくとも …

    IEICE technical report. Magnetic recording 98(548), 25-30, 1999-01-22

    References (8) Cited by (4)

  • Development of 32/33(0, 10/10)Code used Simple Coding Rule  [in Japanese]

    TAZAKI Saburo , HARA Naoto , TSUZUKI Sinji

    記録符号に対する絶えざる要求の一つが符号化率η=m/nの向上である.実用化された符号のη(d, k)が1/2(2, 7)→2/3(1, 7)→8/9(0, 4)→16/17(0, 6)と進展してきている事がこの事実を物語っている.ただデータ語長mならびに符号語長nを大きくすればする程, 符号化則並びに符号化回路構成が指数関数的に複雑になることが問題点として存在する.本稿では, データ語を少なくとも …

    ITE Technical Report 23.38(0), 1-6, 1999

    J-STAGE References (9)

Page Top