Search Results 1-20 of 93

  • 1 / 5
  • Annual Report on Nationwide Ocean Wave Information Network for Ports and Harbours (NOWPHAS 2018)  [in Japanese]

    川口 浩二 , 末廣 文一 , 藤木 峻 , 田村 仁

    港湾空港技術研究所資料 = Technical note of the Port and Airport Research Institute (1371), 1-124, 2020-03

  • Annual Report on Nationwide Ocean Wave Information Network for Ports and Harbours (NOWPHAS 2017)  [in Japanese]

    川口 浩二 , 末廣 文一 , 藤木 峻 , 田村 仁

    港湾空港技術研究所資料 = Technical note of the Port and Airport Research Institute (1357), 1-123, 2019-08

  • Annual Report on Nationwide Ocean Wave Information Network for Ports and Harbours (NOWPHAS 2016)  [in Japanese]

    川口 浩二 , 末廣 文一 , 藤木 峻 , 田村 仁

    港湾空港技術研究所資料 = Technical note of the Port and Airport Research Institute (1342), 1-123, 2018-06

  • GPS波浪計経年劣化の検証について  [in Japanese]

    畠山 貴之 , 川村 浩 , 佐々木 武 , 百澤 康雄

    沿岸技術研究センター論文集 (19), 1-4, 2018

  • Annual Report on Nationwide Ocean Wave Information Network for Ports and Harbours (NOWPHAS 2015)  [in Japanese]

    川口 浩二 , 櫻庭 敏 , 藤木 峻 , 田村 仁

    港湾空港技術研究所資料 = Technical note of the Port and Airport Research Institute (1333), 2-127, 2017-06

  • Tsunami, Wave and Tide Meter  [in Japanese]

    寺田 幸博 , 加藤 照之

    非破壊検査 : 検査と材料評価 : journal of the Japanese Society for Non-destructive Inspection 66(4), 178-182, 2017-04

  • TSUNAMI DETECTION IN GPS BUOY'S DATA BY CONTINUOUS WAVELET TRANSFORM  [in Japanese]

    CHIDA Yu , TAKAGAWA Tomohiro

    GPS波浪計の観測データには,実際に津波は発生していないにも関わらず,津波のような波形が出現することがある.従来の波形処理ではこのようなエラー波形と実際の津波波形を即時的に識別することが困難であった.本研究では,エラー波形による津波誤検知数の削減と実際の津波成分の効率的な抽出を目的としたデータ処理手法の開発を行った.GPS衛星の測位精度に影響を及ぼす衛星配置の指標であるPDOP値,測位 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 73(2), I_427-I_432, 2017

    J-STAGE 

  • ESTIMATION OF THE CHARACTERIZED TSUNAMI SOURCE MODEL BY USING GPS BUOYS AND ITS APPLICATION  [in Japanese]

    SETO Shuji , TAKAHASHI Tomoyuki

    … の問題を改善するためには,激甚被災地の探索技術の開発が求められている.津波数値計算を用いた激甚被災地探索の推定精度は,外力条件の精度に大きく影響される.そこで本研究では,津波発生直後にGPS波浪計で観測される限られたデータのみを使用した特性化波源モデル推定法を提案した.これは,地震発生時に公表される地震規模および震源のみから決定した矩形断層モデルを初期条件として津波伝播計算を実 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 73(2), I_307-I_312, 2017

    J-STAGE 

  • 女川・東通原子力発電所における沖合波浪観測データを活用した津波予測への取組み  [in Japanese]

    浜本 洋 , 斉藤 知秀 , 飯塚 雅之

    Electric power civil engineering = 電力土木 (384), 49-52, 2016-07

  • Annual Report on Nationwide Ocean Wave Information Network for Ports and Harbours (NOWPHAS 2014)  [in Japanese]

    川口 浩二 , 櫻庭 敏 , 藤木 峻

    港湾空港技術研究所資料 = Technical note of the Port and Airport Research Institute (1319), 2-126, 2016-06

  • INVERSION OF CRUSTAL DEFORMATION AND TSUNAMI WAVEFORM DATA FOR FAULT SLIP MODELS  [in Japanese]

    KURITA Tetsushi

    … 2011年東北地方太平洋沖地震の際,GPS観測点による地殻変動量やGPS波浪計による津波時刻歴などの観測値が得られた.本検討では,これらを用いて震源断層におけるすべり量を求める震源インバージョンを実施した.ここで,震源のすべりモデルとしてマルチタイムウィンドウを採用した.破壊伝播速度とタイムウィンドウ数を変えてインバージョンした結果,破壊伝播速度が遅くタイムウィンドウ数が多いほど観測記 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A2 (Applied Mechanics (AM)) 72(2), I_13-I_23, 2016

    J-STAGE 

  • VERIFICATION TESTS OF MSM WINDS/SWAN-BASED WAVE HINDCASTING SYSTEM USING MEASUREMENT WAVE RECORDS BY GPS BUOYS DEPLOYED ALONG OFFSHORE AREAS OF THE JAPANESE PACIFIC COASTS  [in Japanese]

    NONAKA Hirokazu , YAMAGUCHI Masataka , INOUCHI Kunimitsu , UTSUNOMIYA Yoshihiro , HINO Mikio , HATADA Yoshio

    … 庁MSM風資料と第3世代モデルSWANよりなる波浪推算システムを地形解像度0.1°の格子網のもとで2009年~2012年の4低気圧と6台風およびそれ以前の3台風に適用し,東北から四国の太平洋岸10~20km沖合に設置されたGPS波浪計による観測波高・周期時系列との比較検討から次の結果を得た.1)波高の推算値は観測値におおむね追従するが,周期の対応はやや低くなる.2)台風通過時に推算値は観測値の急増減に十分には応答しない …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 72(2), I_151-I_156, 2016

    J-STAGE 

  • EVALUATION OF PROPERTIES OF TSUNAMI IN THE KUJI PORT  [in Japanese]

    NAKAGI Takuya , KOSA Kenji , SATO Takashi

    … 本研究では,久慈湾に襲来した津波の状況を把握することを目的に,波浪計の観測値および空撮画像を用いて,湾に襲来した津波の伝搬過程を明らかにした.この結果,沖25kmに位置する岩手北部沖GPS波浪計と沖6kmに位置する久慈港波浪計では,1/4波長はそれぞれ5600mと1800m,最大水位は4.0m,5.1mとなった.次いで,久慈湾へ進行した第1波目の津波は,海岸線から3200m位置で小規模な波峰線が複数確認でき,津波先端部で …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 72(2), I_1033-I_1038, 2016

    J-STAGE 

  • SPATIAL DISTRIBUTION OF MAXIMUM TSUNAMI WATER LEVEL AND ITS ARRIVAL TIME IN ISE BAY AND MIKAWA BAY  [in Japanese]

    FUJITA Shohei , KATO Shigeru , OKABE Takumi

    … 象とする伊勢湾・三河湾に来襲する津波は,地形的特徴から必ず伊勢湾口を通過するため,湾口周辺での情報を湾内各地に来襲する津波の事前情報と考えることができる.加えて,2014年には伊勢湾口沖にGPS波浪計が設置され,湾内に来襲する津波の情報を早期に入手できる可能性が高まった.そこで本研究では外洋から伊勢湾・三河湾に来襲する津波のシミュレーションを実施し,湾内での津波の最大水位とその到達 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 72(2), I_169-I_174, 2016

    J-STAGE 

  • WAVE REPRODUCTION PROPERTIES OF WAM AND WAVEWATCH III  [in Japanese]

    SUZUKI Yoshimitsu , TAKAYAMA Tomotsuka , YOSHINAGA Yasusuke , OKADA Kozo , KUBOTA Kazuhiko , UTSUNOMIYA Yoshihiro , MATSUFUJI Eriko , KIMIZUKA Masafumi

    … の算定や波浪予測における両モデルの適用性を調べた.近年日本周辺に高波浪をもたらした台風や低気圧,冬季風浪の異常時および常時について,各モデルの波浪追算を行った.波浪推算結果とナウファスGPS波浪計および沿岸波浪計の観測値との比較により,両モデルの波浪推算特性,特にうねり性波浪に対する再現性と課題を明らかにした.その結果,異常時の多くのケースでは,WW3のピーク時波高や全期間の周期で …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 72(2), I_265-I_270, 2016

    J-STAGE 

  • Annual Report on Nationwide Ocean Wave Information Network for Ports and Harbours (NOWPHAS 2013)  [in Japanese]

    川口 浩二 , 猪股 勉 , 関 克己 [他]

    港湾空港技術研究所資料 = Technical note of the Port and Airport Research Institute (1305), 2-119, 2015-06

  • 浜岡原子力発電所の津波早期検知・予測の取り組み  [in Japanese]

    森 勇人 , 上原 史洋 , 大平 幸一郎

    Electric power civil engineering = 電力土木 (375), 69-73, 2015-01

  • THE BEHAVIOR OF THE GPS BUOY AND MOORING LINE DURING THE INSTALLATION  [in Japanese]

    IWATSUKA Yuudai , KOTOURA Tsuyoshi , KANNO Yasumasa , YOSHIDA Daigo , SANO Masayoshi , YONEYAMA Haruo , TERADA Yukihiro

    GPS波浪計の最初の設置から約10年が経過し,今後,耐用年数を経過したGPS波浪計の再設置工事が予定されている.波浪計設置時の係留索はカテナリー状に展張されているのが理想であるが,水深250m以上の大水深の場合は洋上からの自由落下方式によってアンカーや係留索を設置する必要があり,理想的な展張が出来ない場合がある.このときのブイや係留索の挙動はこれまで十分に研究がなされてい …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 71(2), I_1045-I_1050, 2015

    J-STAGE 

  • DEVELOPMENT AND VALIDATION OF ENSEMBLE TSUNAMI INUNDATION FORECASTING METHOD USING ABIC  [in Japanese]

    TAKAGAWA Tomohiro , TOMITA Takashi

    … ハイパーパラメーターを最適化する方法を構築し,解の安定性の向上と計算コストの低減を実現した.南海トラフ巨大地震津波を想定した双子実験により開発手法の妥当性を検証した.その結果,10分間のGPS波浪計の観測データに基づき,名古屋港周辺の津波浸水面積を誤差10%の精度で予測可能であること,区間推定結果を用いることで,過小評価のリスクを適切に抑えた予測情報の提供が可能であることが示された. …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 71(2), I_379-I_384, 2015

    J-STAGE 

  • DEVELOPMENT OF NEW GPS OCEAN WAVE METER AND DEMONSTRATION EXPERIMENTS FOR HYDROGRAPHIC PHENOMENON IN THE OFFSHORE  [in Japanese]

    YAMADA Hiroaki , MATSUSHITA Yasuhiro , IOKA Ryota , HIRANO Tatsunori , KAWAGUCHI Koji , INOMATA Tsutomu

    … GPS海洋ブイは,現在,国土交通省港湾局のナウファスの「GPS波浪計」として日本全国に18基設置され,沖合の大水深海域で波浪の定常観測を実施している.GPS海洋ブイは津波観測も可能であり,東日本大震災による大津波発生時には,岩手県釜石沖などに設置されていたGPS波浪計が津波を観測し,気象庁の津波警報の更新に利用されたが,津波をより早期に観測するには更に沖合にGPS海洋ブイを設置 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 71(2), I_19-I_24, 2015

    J-STAGE 

  • 1 / 5
Page Top