検索結果 646件中 1-20 を表示

  • FELLER EVOLUTION FAMILIES AND PARABOLIC EQUATIONS WITH FORM-BOUNDED VECTOR FIELDS

    KINZEBULATOV DAMIR

    … Our proof uses an a priori estimate on the L^p-norm of the gradient of solution in terms of the L^q-norm of the gradient of initial function, and an iterative procedure that moves the problem of convergence in L^∞ to L^p. …

    Osaka Journal of Mathematics 54(3), 499-516, 2017-07

    機関リポジトリ

  • Adaptive Baseline Enhances EM-Based Policy Search: Validation in a View-Based Positioning Task of a Smartphone Balancer

    Wang Jiexin , Uchibe Eiji , Doya Kenji

    … EM-based policy search methods estimate a lower bound of the expected return from the histories of episodes and iteratively update the policy parameters using the maximum of a lower bound of expected return, which makes gradient calculation and learning rate tuning unnecessary. …

    Frontiers in Neurorobotics 11, 2017-01-23

    機関リポジトリ DOI

  • 歯科医院への定期健診はどのような人が受けているのか─受診の健康格差:8020推進財団「一般地域住民を対象とした歯・口腔の健康に関する調査研究」

    相田 潤 , 深井 穫博 , 古田 美智子 , 佐藤 遊洋 , 嶋﨑 義浩 , 安藤 雄一 , 宮﨑 秀夫 , 神原 正樹

    <p> 健康格差の要因の一つに医療受診の格差がある.また歯科受診に現在歯数の関連が報告されている.日本の歯科の定期健診の格差に現在歯数を考慮し広い世代で調べた報告はみられない.そこで定期健診受診の有無について社会経済学的要因と現在歯数の点から,8020推進財団の2015年調査データによる横断研究で検討した.調査は郵送法の質問紙調査で,層化2段無作為抽出により全国の市町村から抽出された2 …

    口腔衛生学会雑誌 67(4), 270-275, 2017

    J-STAGE

  • A Reduced Transport Model for Ion Heat Diffusivity by Gyro-Kinetic Analysis with Kinetic Electrons in Helical Plasmas

    TODA Shinichiro , NAKATA Motoki , NUNAMI Masanori , ISHIZAWA Akihiro , WATANABE Tomo-Hiko , SUGAMA Hideo

    … <p>A high ion temperature plasma in the Large Helical Device is examined in the case in which the ion temperature gradient mode is unstable. … To reduce the computational cost for applying to the dynamical transport simulation, an extended transport model for the ion heat diffusivity in terms of the mixing length estimate and the characteristic quantity for the linear response of zonal flows is proposed.</p> …

    Plasma and Fusion Research 12(0), 1303035-1303035, 2017

    J-STAGE

  • 複数の二次元コースメッシュを用いたマルチグリッド法による円筒屋根周りの三次元LESの高速化

    山下 拓三 , 宮村 倫司 , 小河 利行 , 熊谷 知彦

    …  In order to estimate dynamic wind load on the spatial structures, for which it can be critical load, by reproducing wind around them with high accuracy, three-dimensional large eddy simulation (3D LES) with high resolution model is required. …

    日本建築学会構造系論文集 82(740), 1621-1631, 2017

    J-STAGE

  • ブシネスクモデルによる波浪変形計算に基づくリーフ上の波高算定式の提案

    安田 誠宏 , 上山 浩茂 , 間瀬 肇

     沖縄諸島や太平洋諸島周辺のリーフ地形において,台風の接近・通過に伴う高潮・高波による越波災害を受けることがあり,リーフ海域特有の波浪変形特性が発災要因であることが指摘されている.そのため,リーフ海岸に護岸等の越波対策工を計画・設計する際には,リーフ上での波浪変形特性を十分に把握しておく必要がある.本研究では,リーフ地形を対象に,強非線形ブシネスクモデルを用いて波浪変形計算を行い,従来の波高変化算 …

    土木学会論文集B2(海岸工学) 73(2), I_43-I_48, 2017

    J-STAGE

  • 降雨を考慮した積雪荷重の推定方法に関する研究

    大槻 政哉 , 高橋 徹 , 苫米地 司 , 千葉 隆弘 , 堤 拓哉 , 上石 勲 , 喜々津 仁密 , 岩田 善裕 , 石原 直 , 奥田 泰雄

    … A smaller roof gradient and larger roof span resulted in a greater peak value of the load added by rainfall. … Next, the relationship between surcharge loads due to rainfall and the span length and gradient of the roofs was quantified. … The load added by the rainfall was treated as the approximate square root of the snow depth, and a coefficient a, which depends on the span length and gradient of the roof, was defined. …

    日本建築学会構造系論文集 82(739), 1329-1338, 2017

    J-STAGE

  • Variation in bird assemblages along an agricultural intensification gradient: a case study of olive orchards in north-eastern Algeria

    BOUAM Idriss , BACHIR Abdelkrim SI , KATAYAMA Naoki

    … Bird counts were conducted along an agricultural intensification gradient during twelve consecutive months (from March 2014 to February 2015). … Accumulation curves and non-parametric estimators for incidence-based data were used to estimate the total species richness of birds. …

    ORNITHOLOGICAL SCIENCE 16(2), 147-157, 2017

    J-STAGE

  • 深層ニューラルネットワークと分布型モデルを組み合わせたハイブリッド河川水位予測手法

    一言 正之 , 桜庭 雅明

     深層ニューラルネットワークと流出モデルを組み合わせたハイブリッド洪水予測手法を開発した.ハイブリッドモデルの構造は階層型の深層学習(ディープラーニング)を適用したニューラルネットワークを基本とし,入力層に分布型流出解析モデルの計算結果を加えることで両モデルを融合させた.具体的には,入力層は上流の水位,水位変化および流域の水分貯留量の推定値とし,出力層は予測地点の水位変化とした.学習時の入出力デー …

    土木学会論文集B1(水工学) 73(1), 22-33, 2017

    J-STAGE

  • 重力偏差テンソルのg<sub>zz</sub>成分のパワースペクトルと平均境界層深度の関係

    楠本 成寿 , 東中 基倫

    <p>重力偏差テンソルのg<sub>zz</sub>成分のパワースペクトルと平均境界層深度の関係を導いた。両者の関係は,片対数上で波数に対して非線形であり,従来の直線近似が採用された場合,平均深度は実際よりも浅く推定されることが判明した。本研究で得られた解を,中部九州の九重地域で取得された重力偏差テンソルのg<sub>zz</sub>のパ …

    物理探査 70(0), 1-11, 2017

    J-STAGE

  • Blind Image Deconvolution Using Specified 2-D HPF for Feature Extraction and Conjugate Gradient Method in Frequency Domain

    FUJISAWA Takanori , IKEHARA Masaaki

    … In this paper, we present a blind image deconvolution framework using a specified high-pass filter (HPF) for feature extraction to estimate a blur kernel. … Therefore, our kernel estimation problem can estimate the kernel in the region with no salient edges. … In addition, our approach accelerates both kernel estimation and deconvolution processes by utilizing a conjugate gradient method in a frequency domain. …

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences E100.A(3), 846-853, 2017

    J-STAGE

  • 暫定 2 車線区間におけるトラフィック機能のサービス指標に関する考察

    葛西 誠 , 邢 健 , 成嶋 晋一 , 後藤 秀典 , 辻 光弘

    <p>往復 2 車線高速道路におけるユーザーの認知する質に近いサービス指標として追従時間率および追従車密度がある。これらの指標の算出にはこれまでは車両感知器データを用いざるを得なかったが、蓄積が進むプローブデータを交通流シミュレーションのキャリブレーションに用いることで、空間連続的に推定可能と期待される。常磐道暫定 2 車線区間におけるケーススタディの結果、600pcu/h を超えるよ …

    交通工学論文集 3(2), A_135-A_144, 2017

    J-STAGE

  • Estimate of river seepage by conditioning downward groundwater flow in the Toyohira River alluvial fan, Japan

    Sakata Yoshitaka , Baran Gur , Suzuki Teruhiko , Chikita Kazuhisa A.

    … In the alluvial fan of the Toyohira River, Japan, to provide a straightforward description of vertical hydraulic gradient (VHG), this study demonstrates assignment of constant head boundary conditions on the shallowest aquitard instead of no-flow conditions on the basement. …

    Hydrological sciences journal 61(7), 1280-1290, 2016-07

    機関リポジトリ DOI

  • 斜円柱に発生する大振幅空力振動の再現の試み

    木村 吉郎 , 石井 誉大 , 原尾 勇輝 , 大幢 勝利

    斜張橋ケーブルのDry Inclined Cable Gallopingは,高風速域で発現する可能性のある空力振動である.同様の振動は,一般のケーブルでも発現する可能性があり,その発現メカニズムや発現可能性を明らかにしておくことは重要であるが,発現メカニズムや実験試行間での再現性は,十分には明らかではない.?本研究の結果,汎用的なサイズ・風速性能の風洞装置においても,比較的簡単な支持方法を用いて, …

    風工学シンポジウム論文集 24(0), 313-318, 2016

    J-STAGE

  • 重力偏差の3次元モデリングと相関トモグラフィ

    水永 秀樹

     空中重力偏差データの解析では,既知の密度構造から重力偏差異常を予測する精度の良いシミュレーションと共に,観測データから地下構造を推定する逆解析(インバージョン)が必要である。本論文では,複雑な形状をした密度異常体にも柔軟に対応できる新しいシミュレーション手法と,最小二乗法に基づかない新しいインバージョン手法を提案した。<br>  これまでの3次元の重力異常の計算は,直方体や角柱による …

    物理探査 69(2), 87-101, 2016

    J-STAGE

  • 航空機にリブレットを適用した際の簡便な抵抗低減率推算手法

    岡林 希依 , 栗田 充 , 飯島 秀俊

    … The point of this technique is how to estimate the wall shear stress on the aircraft body covered with riblets. … As a future plan, the effects of pressure gradient, angle between riblet and local flow will be considered.</p> …

    航空宇宙技術 15(0), 127-132, 2016

    J-STAGE

  • Stochastic Gradient MCMCによるスケーラブルなトピックモデルの推定

    横井 創磨 , 佐藤 一誠 , 中川 裕志

    … Unfortunately, the typical time complexity of topic model computation is the product of the data size and the number of topics, therefore the traditional Markov chain Monte Carlo (MCMC) method cannot estimate many topics on large corpora within a realistic time. … The data size is a common concern in Bayesian learning and there are general approaches to avoid it, such as variational Bayes and stochastic gradient MCMC. …

    人工知能学会論文誌 31(6), AI30-C_1-9, 2016

    J-STAGE

  • Nonlinear Acoustic Echo Cancellation by Exact-Online Adaptive Alternating Minimization

    KURODA Hiroki , YAMAGISHI Masao , YAMADA Isao

    … <p>For the nonlinear acoustic echo cancellation, we present an algorithm to estimate the threshold of the clipping effect and the room impulse response vector by suppressing their time-varying cost function. … However, since the cost function for the threshold is nonconvex, the conventional methods approximate the exact minimizations by gradient descent updates, which causes serious degradation of the estimation accuracy in some occasions. …

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences E99.A(11), 2027-2036, 2016

    J-STAGE

  • 陸上地形の影響を考慮した内湾海上風を求めるための新たな方法

    鈴山 勝之 , 品川 円宏 , 木下 徹也 , 加藤 広之

     内湾域を対象に波浪推算精度を向上させるためには外力条件となる海上風の推算精度を向上させる必要がある.現状の実務の海上風推算法としては,最も簡便で,過去多くの研究及び実務の実績がある傾度風モデルや経験的台風モデルが用いられているが,これら既往モデルでは陸上地形の影響を考慮できないため,内湾域を対象にしたとき非現実的な風場を与える場合がある.<br> 本研究で提案する,既往モデルの風場に …

    土木学会論文集B3(海洋開発) 72(2), I_277-I_282, 2016

    J-STAGE

  • 打上げ・越波統合算定モデルの精度検討

    間瀬 肇 , 玉田 崇 , 安田 誠宏 , 川崎 浩司

     気候変動に伴う沿岸災害リスクの増大と老朽化施設の更新に対応するため,海岸護岸の段階的嵩上げ方法が提案されている.こうした嵩上げ高の算定において,打上げ・越波の融合を図った統一的な越波流量算定法を確立することは急務である.最近ではCLASHデータに基づいて2種類の越波流量算定式(方法)が提案されている.本研究では,著者らが提案した打上げと越波統合算定モデル(IFORM)による算定値の精度を,他の2 …

    土木学会論文集B2(海岸工学) 72(1), 83-88, 2016

    J-STAGE

ページトップへ