Search Results 1-20 of 103

  • The Association between Social Frailty and Depressive Symptoms in Community-dwelling Older Adults  [in Japanese]

    和田 あゆみ , 牧迫 飛雄馬 , 中井 雄貴 , 富岡 一俊 , 谷口 善昭 , 佐藤 菜々 , 木山 良二 , 田平 隆行 , 窪薗 琢郎 , 竹中 俊宏 , 大石 充

    … PURPOSE: Social and psychological problems can have a negative impact on older adults' healthy life expectancy. …

    鹿児島大学医学部保健学科紀要 = Bulletin of the School of Health Sciences, Faculty of Medicine, Kagoshima University 31(1), 11-18, 2021-03-31

    IR 

  • Diets for the extension of healthy life span  [in Japanese]

    香川 靖雄

    Anti-aging medicine 16(6), 724-728, 2020-12

    Ichushi Web 

  • Band 3 ectopic expression in colorectal cancer induces an increase in erythrocyte membrane-bound IgG and may cause immune-related anemia

    Kitao Akihito , Kawamoto Shinichiro , Kurata Keiji , Hayakawa Ikuyo , Yamasaki Takashi , Matsuoka Hiroshi , Sumi Yasuo , Kakeji Yoshihiro , Kamesaki Toyomi , Minami Hironobu

    … Between September 2016 and August 2018, 50 patients with CRC and 26 healthy controls were enrolled in the present study. … Flow cytometry revealed significantly increased erythrocyte membrane-bound IgG among patients with CRC compared to healthy controls (mean ± standard deviation; … Normocytic anemia was observed, including in cases negative for fecal occult blood, suggesting a shortened erythrocyte life-span due to increased membrane-bound IgG. …

    International Journal of Hematology 111(5), 657-666, 2020-05

    IR 

  • Identification of the target molecule of autoantibodies in acquired autoimmune hemolytic anemia  [in Japanese]

    KAWAMOTO Shinichiro

    <p>続発性の自己免疫性溶血性貧血(AIHA)の原疾患は膠原病やリンパ増殖性疾患などが多く,固形がんはまれとされてきたが,本邦においてAIHAに固形がんが多く合併するとの報告がなされた。また,AIHAと同様の平均赤血球容積高値の貧血の基礎疾患として,通常は想定されていない固形がんが含まれるとする報告もある。われわれは続発性AIHA患者の解析で,正常では発現が赤血球と腎尿細管に限局するバ …

    Rinsho Ketsueki 61(5), 491-501, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Epidemiological study of the involvement between the condition of periodontal tissue to frailty and social capital  [in Japanese]

    杉江 美穂 , 中村 卓 , 小町谷 美帆 , 田口 明 , 宇田川 信之 , 吉成 伸夫 , SUGIE MIHO , NAKAMURA SUGURU , KOMACHIYA MIHIO , TAGUCHI AKIRA , UDAGAWA NOBUYUKI , YOSHIANRI NOBUO

    … during the frailty period which can return to a healthy state, that is, to extend healthy life span is very important in future medical care.Social capital is characterized as a capital of a social organization that leads cooperative action to achieve the objectives of "social connection: network", "norm", "trust", and has been reported a deep relationship with healthy life.Therefore, by examining the relationship between …

    松本歯学 = Journal of the Matsumoto Dental University Society 45(1), 1-10, 2019-09-13

    IR  Ichushi Web 

  • MULTIVARIATE ANALYSIS OF PERCEIVED INDOOR TEMPERATURE AND AGE AT NEED FOR LONG-TERM CARE INSURANCE:A field survey on the effect of winter indoor thermal environment on care requirements: Part 2  [in Japanese]

    NAKAJIMA Yukie , IKAGA Toshiharu , ONO Mari , HOSHI Tanji , ANDO Shintaro

    … <p> Given the rapid ageing of the Japanese population, it is important to identify strategies to minimise the gap between healthy life expectancy and average life span. …

    Journal of Environmental Engineering (Transactions of AIJ) (763), 795-803, 2019-09

    J-STAGE  AIJ 

  • Actions for reduction of salt intake to extend healthy life span  [in Japanese]

    日下 美穂

    循環器内科 = Cardioangiology 86(2), 235-240, 2019-08

    Ichushi Web 

  • The effect of "Manyou Reishi Premium" on quality of life of healthy Japanese adults : A randomized double blind parallel comparison trial  [in Japanese]

    高安 和夫 , 秋山 利継 , 小野寺 次民 , 稲場 守 , 山田 真弓 , 人見 裕司

    日本未病システム学会雑誌 = The journal of Japan Mibyo System Association 25(2), 94-98, 2019

  • Frailty and Rehabilitation in clinical practice for older adults  [in Japanese]

    平川 楊子 , 竹中 奈奈 , 西山 美保 , 板東 完治

    高知県医師会医学雑誌 = Journal of Kochi Medical Association 24(1), 95-105, 2019

    Ichushi Web 

  • Evolution of gait while using an anti-gravity treadmill with body weight support  [in Japanese]

    ARAKI Keisuke , TSUJIUCHI Nobutaka , ITO Akihito , Ohira Yoshinobu , Kamibayashi Kiyotaka , YOSHIMI Kyohei

    … <p>Japan is a super-aging society, with an average life span of 80.98 years for men and 87.14 years for women in 2016. … However, the healthy lifespan is 72.14 years for men and 74.79 years for women. … The difference between the average lifespan and the healthy lifespan is a problem. …

    The Proceedings of Mechanical Engineering Congress, Japan 2019(0), J02405, 2019

    J-STAGE 

  • Cellular senescence and age-related diseases  [in Japanese]

    NAKANISHI Makoto

    <p>ヒトの正常細胞を試験管の中で培養するとある一定回数の分裂の後に増殖を停止し,恒久的な増殖停止状態に入る。この現象を細胞老化という。老化した細胞は,試験管内で長期に生存することが可能であるが,如何なる刺激に対しても増殖を再開することはない。増殖停止するまでの分裂回数は,細胞種により規定されるのではなく,細胞が得られた動物種により規定され,またその回数は動物の寿命と強い正の相関を示す …

    Rinsho Ketsueki 60(9), 1027-1032, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Nutritional Management in the Elderly  [in Japanese]

    Watanabe Kentaro

    高齢者の栄養状態は併存疾患や個人差の影響を受けやすい.75 歳以上の高齢者では栄養障害はサルコペニアおよびフレイルの発症および進展のリスクとなる.さらに,栄養障害は ADL,精神心理状態,認知機能などの QOL 低下のリスクを増大させる.それゆえ,高齢者では栄養障害の治療計画を立てる前に栄養評価を含めた高齢者総合機能評価を行うのが必要である.高齢者の栄養障害に対する適切な対策は個別的に臨床的,社会 …

    Journal of Nihon University Medical Association 78(4), 215-221, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Proposal for Precision Implant Treatment in Older Patients  [in Japanese]

    KUROSHIMA Shinichiro , SAWASE Takashi

    <p>デンタルインプラント治療を含めた高齢者への歯科治療をどのように展開すべきかの議論は継続的に行われているものの,導かれる結論はほとんどなく,有効な治療ガイドラインやポジションペーパーなどは発行されていない.一方,患者の高齢化は種々の問題を生み出しており,それらの問題に対して適切に対応できるデンタルインプラント治療が求められているといえる.しかしながら,現在どのような問題が存在してい …

    Journal of Japanese Society of Oral Implantology 32(2), 92-101, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Contribution to SDGs by a New Medical Checkup Model:—Pursuit of Futuristic Health Care Service Based on the Super Multi-item (2,000) Health Big Data—  [in Japanese]

    Murashita Koichi

    <p> 弘前大学では、長年に及ぶ青森県の平均寿命全国最下位(短命県)から脱却すべく、2005年から弘前市岩木地区の住民を対象に「岩木健康増進プロジェクト」と銘打った地域健康増進活動を実施している。その活動の一環として、毎年1,000名超の地域住民を対象とした大規模合同健康調査を実施し、その検査項目数は今や約2,000項目にまで及び、これまで14年間で延べ約2万人(小中学生を含む)の健常 …

    Health Evaluation and Promotion 46(3), 377-388, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Significance and Utility of Ningen Dock from Viewpoint of Subjective Health Feeling  [in Japanese]

    Wada Takashi

    <p> 人間ドックは,身体の状態を多角的に検査し,異常所見に対して保健指導を行い,必要に応じて精密検査や治療を勧奨する総合的な健診診断である.特定臓器がんによる死亡率低下に特化したがん検診や,メタボリックシンドロームに着目した特定健康診査・特定保健指導では体重・腹囲減少の観点から評価されている.しかし,人間ドックでは検査対象が広範囲であるがゆえにその有用性が評価されにくい.そこで,いく …

    Official Journal of Japan Society of Ningen Dock 33(5), 675-682, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • What role is a super-aged society demanding for home dentist  [in Japanese]

    Sugai Akihiro

    <p> 「来院する患者さんの口腔内を責任を持って一生面倒みよう」と開業して30年が経過した.今となってはその「一生」は自分の一生であって患者の一生ではないことがわかる.永く来院していた高齢の患者の中には気がつくといつの間にか来院が途絶えてしまい,最期までかかわれていないことも多い.超高齢社会になり口腔機能を維持することが健康寿命の延伸につながることが注目され,通院できなくなっても歯科治 …

    Annals of Japan Prosthodontic Society 11(2), 111-115, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Simple Training for Maintaining and Improving Chewing Ability  [in Japanese]

    Nakazawa Masahiro , Mori Hiroki , Handa Jun , Sato Terushige , Kozima Takehumi , Ooki Shiro , Hama Yohei , Tohara Haruka

    <p> 目的:本研究は,健常な後期高齢者を対象に,咀嚼能力の維持・向上を期待した簡便なトレーニング方法を検討することを目的とした。</p><p> 方法:千葉県八千代市とその周辺地域在住の健常な後期高齢者30名(男性:9名,75~89歳,女性:21名,75~89歳)を対象とした。簡便なトレーニング方法としてガム嚙みトレーニングを1日3回30日間実施した。咀嚼能力は …

    Ronen Shika Igaku 33(2), 63-69, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Changes in nutritional status due to aging and protein nutrition  [in Japanese]

    Hirayama Yudai , Kido Yasuhiro

    <p>超高齢社会の栄養学の目標は健康寿命の延伸にあり、積極的に生活の質(QOL)が維持、向上できる栄養学を考える必要がある。健康寿命の延伸の弊害となる介護の要因を調べると、生活習慣病と老年症候群、特に衰弱、骨折・転倒によるものが多く、これらの要因として過剰栄養と低栄養が混在している。健康の保持増進、健康格差の縮小と健康寿命の延伸のために、タンパク質・アミノ酸の機能性に関する基礎研究の推 …

    Journal of the Japan Dietetic Association 61(3), 139-145, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Intervention manual for pharmacists for improving adherence to osteoporosis based on the transtheoretical model (TTM)  [in Japanese]

    金子 富美 , 杉岡 勇樹 , 山口 信也 , 深町 潤 , 川畑 信浩 , 下田 健一 , 平田 律子 , 谷 佳成恵 , 冨田 彩乃 , 西 昭徳 , 津田 彰

    骨粗鬆症治療薬服用患者の行動変容を促し,アドヒアランス(治療への積極的参加)を向上させようという目的で取り組んだ,多理論統合モデル(transtheoretical model, TTM)にもとづく保険薬剤師の介入の際に,薬剤師が参考資料となるマニュアルを作成した。服薬指導など,日常業務を通じて患者の健康維持におけるゲートキーパー的役割を担っている保険薬剤師が,地域住民の健康寿命延伸につながること …

    久留米大学心理学研究 : 久留米大学文学部心理学科・大学院心理学研究科紀要 (17), 49-69, 2018

    IR 

Page Top