Search Results 1-20 of 35

  • 1 / 2
  • Emerging Media Technology and a Re-examination of Legal Systems and Code of Practices: The Legal Requirements for "Timing", "Area" and "Content" in the Simultaneous Distribution of Television Programs under the Copyright Act  [in Japanese]

    Kazunaga Nobunori

    <p>ブロードバンドの普及や映像配信技術の進展による人々の視聴習慣の変化に対応するため、インターネットを活用した放送コンテンツの同時配信に期待が寄せられている。その一方で、放送コンテンツの同時配信については、同一のコンテンツであっても、著作権法上の課題から、放送と同じコンテンツを視聴できないことがあるという指摘がある。</p><p>そこで、本稿では、IPマルチキ …

    Information Network Law Review 19(0), 134-152, 2020

    J-STAGE 

  • Psychophysics and tone quality  [in Japanese]

    NAMBA Seiichiro

    … Fechner proposed his logarithmic law between physical continuum of stimulus and an attribute of sensation in 1860. … Fechner also proposed the distinction between outer and inner-psychophysics. … Outer-psychophysics deals with the relation between the observable participant's response and stimulus. …

    Transactions of the Japan Academy 71(2), 53, 2017

    J-STAGE 

  • Valorization Mechanisms of Japan's High-End Audio Market:From Organizational Networks to the Pragmatic Valuation of Sound

    NAKANO Tsutomu

    … <p>What is "good" sound to listen to music? … This paper investigates market mechanisms of Japan's high-end audio industry as linked to the global markets, from the point of view of pragmatic valuation as tasting of hardware products. … It aims to test its validity and potential with relevance to the network analysis. …

    Transactions of the Academic Association for Organizational Science 5(2), 41-48, 2016

    J-STAGE 

  • [Paper] High Efficiency Retransmission Control for Bidirectional Field Pick-up Unit Systems

    Hiraguri Takefumi , Ogawa Toshiyuki , Shindo Takuya , Uzawa Fumiki , Mitsuyama Kazuhiko

    … The proposed scheme's effects on throughput and average delay time are confirmed through the evaluation of computer simulations.<br>FPU systems, such as television (TV) rebroadcast systems, transmit recorded movies or live footage from terminals to satellite stations by remote broadcast. …

    ITE Transactions on Media Technology and Applications 3(3), 206-213, 2015

    J-STAGE 

  • Reexamining the Program "Learning Science and Experiments through English for Junior and Senior High School Students" from a Perspective of CLIL

    OI Kyoko , Kato Tetsuya , Kobayashi Izumi

    … その教育方法としては,内容と言語の両方を学べる指導法,CLIL(Content and Language Integrated Learning)を採用した。 … 本稿では,"Sound Creation Using an Electric Signal"と題される講座に関して報告する。 …

    千葉大学教育学部研究紀要 62, 283-291, 2014-03

    IR 

  • Use of Dual frequency IDentification SONar (DIDSON) in determination of the spatial distribution and biomass of the moon jellyfish <i>Aurelia aurita</i> s.l.  [in Japanese]

    Makabe Ryosuke , Kurihara Takuya , Uye Shin-ichi

    … 2007,Hamner and Dawson 2009,Richardson et al. … 2002,Uye and Shimauchi 2005,Kinoshita et al. …

    Bulletin of the Plankton Society of Japan 61(1), 82-86, 2014

    J-STAGE  JASI 

  • Development of sound field rendering technology to aim at realization of silicon concert hall  [in Japanese]

    TSUCHIYA Takao , IWAYA Yukio , OTANI Makoto , INOGUCHI Yasushi

    本報告では,リアルタイム音空間レンダラーである"シリコンコンサートホール(SiCH)"の要素技術開発に関するプロジェクトの概要を解説している。まず,音空間レンダリングの概要とGPUクラスタによる実装例を紹介し, CE-FDTD法の1つであるIWB法を用いると高精度で大規模レンダリングが可能であることを示す。また,レンダリング結果を157ch包囲型スピーカアレイへの出力することで高精細可聴化を試みる …

    Technical report of IEICE. EA 112(388), 47-52, 2013-01-24

  • Development of sound field rendering technology to aim at realization of silicon concert hall  [in Japanese]

    TSUCHIYA Takao , IWAYA Yukio , OTANI Makoto , INOGUCHI Yasushi

    本報告では,リアルタイム音空間レンダラーである"シリコンコンサートホール(SICH)"の要素技術開発に関するプロジェクトの概要を解説している。まず,音空間レンダリングの概要とGPUクラスタによる実装例を紹介し,CE-FDTD法の1つであるIWB法を用いると高精度で大規模レンダリングが可能であることを示す。また,レンダリング結果を157ch包囲型スピーカアレイへの出力することで高精細可聴化を試みる。 …

    IEICE technical report. Ultrasonics 112(387), 47-52, 2013-01-24

  • Sound field rendering with GPU cluster and high definition auralization  [in Japanese]

    TSUCHIYA Takao , ISHII Takuto , IWAYA Yukio , OTANI Makoto

    本報告では,FDTD法を高精度化したCE-FDTD法を用いて音空間レンダリングを試みている。CE-FDTD法は,波動方程式に基づいたFDTD法の一種で,セル内の参照点を最適化することで陽的かつコンパクトに高精度化か行える。CE-FDTD法の一つであるIWB法を用いると,カットオフ周波数がナイキスト周波数と一致するため,理想的な条件で離散化が可能となる。IWB法で室容積約4,500m^3のホールのレ …

    Technical report of IEICE. EA 112(171), 1-6, 2012-07-25

    References (17)

  • 3D Spatial Sound Systems Compatible with Human's Active Listening to Realize Rich High-Level <i>kansei</i> Information

    SUZUKI Y. , OKAMOTO T. , TREVINO J. , CUI Z.-L. , IWAYA Y. , SAKAMOTO S. , OTANI M.

    … In future communications with rich high-level <i>kansei</i> … information, such as presence, verisimilitude, realism and naturalness, the role of sound is extremely important to enhance the quality and versatility of communications because sound itself can provide rich semantic and emotional information. …

    Interdisciplinary Information Sciences 18(2), 71-82, 2012

    J-STAGE 

  • Analysis of influence of transmission quantity of video and sound on realistic sensation

    KAWAYOKE Yoshikazu , KAIODO Teruhiko , SHIBATA Keiji , HORITA Yuukou

    本研究では,マルチメディア品質評価モデル開発のための基礎的研究として,映像・音響の伝送情報量が臨場感に与える影響の解析を行った.そのために,SD 法による主観評価実験を行い,その結果を因子分析した.その結果,3 つの因子が得られそれぞれ,「総合的な品質を表す因子」,「映像の品質を表す因子」,「コンテンツの静けさに関する因子」であることが推測された.これら3 つの因子得点から,“ 立体感 …

    Reports of the Technical Conference of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan 07-05(0), 209-214, 2008

    J-STAGE 

  • Interaction between audio and video on human perception by using HDTV  [in Japanese]

    MIURA Tomomi , KAWAYOKE Yoshikazu , SHIBATA Keiji , INAZUMI Yasuhiro , HORITA Yuukou

    AVメディア技術の発達に伴い,その総合品質を管理・監視できる客観的評価法の開発が望まれている.現在では,単に音や映像における個別の品質だけではなく,これらの相互作用による総合品質への影響を解明する必要がある.そこで本稿では,HD映像と2ch音声を用いて,映像の「明るさ」の変化が主観的な総合品質に与える影響について検討した.SD法による主観評価結果を因子分析することで,5種類の因子が抽出された.次に …

    IEICE technical report 107(304), 27-30, 2007-11-01

    References (10)

  • Interaction between audio and video on human perception by using HDTV

    MIURA Tomomi , KAWAYOKE Yoshikazu , SHIBATA Keiji , INAZUMI Yasuhiro , HORITA Yuukou

    AVメディア技術の発達に伴い,その総合品質を管理・監視できる客観的評価法の開発が望まれている.現在では,単に音や映像における個別の品質だけではなく,これらの相互作用による総合品質への影響を解明する必要がある.そこで本稿では,HD映像と2ch音声を用いて,映像の「明るさ」の変化が主観的な総合品質に与える影響について検討した.SD法による主観評価結果を因子分析することで,5種類の因子が抽出された.次に …

    Reports of the Technical Conference of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan 07-03(0), 27-30, 2007

    J-STAGE 

  • Formulation of the NDP Best Practices for Management of High-alert Medications.  [in Japanese]

    AGATSUMA Yasuyuki , TAKAHASHI Hideo , KANNO Kazuo , SUGANO Takahiko , SUGIYAMA Yoshiko , ATOBE Osamu , UEHARA Naruo

    我々 (NDP) は, 医薬品の誤投与防止対策の指針である「危険薬の誤投与防止対策NDPベストプラクティス (BP) 」を策定した. BPは以下の16項目から構成される : 1. 危険薬の定義と啓発, 2. 高濃度カリウム塩注射剤の病棟保管の禁止, 3. 採用薬品の見直し, 4. 類似薬の警告と区分保管, 5. 救急カートの整備, 6. 注射指示の標準化, 7. インスリンSSの標準化, 8. コ …

    The Japanese Journal of Quality and Safety in Healthcare 1(1), 87-97, 2006

    J-STAGE 

  • General Remarks on Blu-ray Disc  [in Japanese]

    MORIYA Mitsuro

    … このような状況のもと, Blu-ray Disc(以下, BDと略す)規格は, HDTV(High Definition Television)に対応した規格として登場した。 …

    IEICE technical report. Magnetic recording 104(547), 19-24, 2005-01-07

    References (6)

  • A Study on the Production of High Definition TV drama : Based on a case study of drama-roman "Hojo Tokimune"  [in Japanese]

    上原 康雄

    2001年からデジタルハイビジョン放送が開始された。デジタルハイビジョンは縦横比(16 : 9)の安定したフレーム、高画質、高音質、マルチ画面、双方向、データ放送など多機能なメディアである。この方式は現行のテレビでの視聴覚体験や映像表現の技法を根本から変えはじめている。大画面の迫力ある映像、CD並みの優れた音質は臨場感にあふれている。技術的には画質、音質とも劣化がなく、CGとの合成もしやすく、映画 …

    Bulletin of the Faculty of Informatics for Arts, Shobi University (5), 1-14, 2004-12

    IR 

  • The Design of the Digital Transmultiplexer using frequency conversion  [in Japanese]

    SEKIGUCHI Shuhei , KIDA Takuro

    FIRフィルタバンクシステムやディジタルトランスマルチプレクサは高品質な音声や高画質な画像のデータなどのサブバンド符号化や多重通信等に幅広く応用されている。これらのシステムにおいて近似に伴う誤差を適切な尺度で最小化することにより臨場感のある鮮明な音声・画像の多重化が実現できる。本研究では、データの多重化に関するディジタルトランスマルチプレクサを考える上で、FIRフィルタバンクシステムにおける誤差の …

    IEICE technical report. Circuits and systems 103(569), 13-16, 2004-01-16

    References (3)

  • Digital Terrestrial Television Broadcasting and Audience Activity  [in Japanese]

    ISHIKAWA Masahiro

    地上デジタル放送には,日本人にとってのテレビの意味合いを変えるとの期待がかかっている.本稿のねらいは,地上デジタル放送と,受け手の能動的テレビ視聴との関連を検討することである.地上デジタル放送の特性として, 1)高画質・高音質, 2)多チャンネル化, 3)多機能化などがある.先ずはじめに,これら3つの特性が,受け手の能動性のうち,どの側面を促進しうるのかを示す.その上で,マス・コミュニケーション研 …

    Japnese Journal of Educational Media Research 10(2), 7-13, 2004

    J-STAGE 

  • Thoughts about renewal of the cable TV at Takatsuki-campus  [in Japanese]

    SANO Masao

    … ,支障を起こすことになる.その理由は,現伏ではケーブルテレビ施設が大きな変革期にあり,技術面を中心に流動的かつ過渡期にあり,3年後には落ち着くと予想されるからである.更新の場合,専門メーカーに依頼しなければ構築は困難である.放送のデジタル化による多チャンネルヘの対応よりも,ハイビジョン(HDTV=High Definition TV)による高画質・高音質化,双方向機能による高機能化に対応する必要がある. …

    Journal of informatics (19), 59-67, 2003-08

    IR 

  • Realization of the Interactive Program in BML  [in Japanese]

    ABE Kazuaki , SUGA Nobuyuki , YOKOTA Kazumasa

    これまでテレビ放送はアナログで放送されてきた.現在,BSデジタル放送やCSデジタル放送そして,地上波デジタル放送とテレビ放送がデジタル化されてきている.テレビ放送がデジタル化されると高音質,高画質という利点がありまた,移動体による受信もアナログ放送よりも安定した受信ができるようになる.一番の変化は双方向性を持つようになるということである.デジタル放送では双方向を実現するためにBMLという言語を使っ …

    IPSJ SIG Notes 131(1), 367-374, 2003-07-16

    References (6)

  • 1 / 2
Page Top