Search Results 1-20 of 2175

  • Proposal of attack detection method in NDP using DHCPv6 server  [in Japanese]

    柏田 拓哉 , 今泉 貴史

    インターネットと運用技術シンポジウム論文集 (2019), 72-79, 2019-11-28

    IPSJ 

  • 特集 「便利機能」でユーザーに訴求 いまどきのルーター  [in Japanese]

    根本 浩之

    … このリストにはサーバーのIPv4アドレス、IPv6アドレス、FQDN▼が記述されている。 …

    日経network (234), 36-41, 2019-10

    Nikkei BP 

  • Tor64/Tor46 : Tor as a Bridge between IPv4 and IPv6  [in Japanese]

    佐藤 遼太 , 居石 峻寛 , 大平 健司

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 118(480), 53-57, 2019-03-07

  • ブロックチェーン上のスマートコントラクトを利用したNTMobileシステムの基礎的検証  [in Japanese]

    木村 信裕 , 柳瀬 知広 , 田中 久順 , 鈴木 秀和 , 内藤 克浩 , 渡邊 晃

    … 筆者らは,IPv4/IPv6混在環境において,移動透過性を実現する技術として,NTMobile(Network Traversal with Mobility)を提案している.しかし,NTMobileでは,端末とサーバ間及びサーバとサーバ間に依存関係があるため,サーバ障害などによりシステムが利用不能になる可能性がある.そこで本稿では,NTMobileにブロックチェーン技術を導入することで,上記の課題を解決するとともに,認証情報の管理や暗号鍵の交換を簡単に行 …

    第81回全国大会講演論文集 2019(1), 65-66, 2019-02-28

    IPSJ 

  • Realization of Communication Library that Enables End to End Communication in the Application Layer and Its Evaluation  [in Japanese]

    納堂 博史 , 鈴木 秀和 , 内藤 克浩 , 渡邊 晃

    現存するIPネットワークには,NAT越え問題や移動透過性などいくつかの制約がある.これらの制約を回避するため,サービス提供者はインターネット上にサーバを設置するクライアント/サーバ型でシステムを構築する場合が多い.しかし,この方法はサーバの設置に起因する管理面や性能面での課題が存在する.IPネットワークにかかわる制約の原因はTCP/IPの基本にかかわるものであり,制約を除去するためにこれまではカー …

    情報処理学会論文誌 60(1), 16-26, 2019-01-15

    IPSJ 

  • 標準化団体のパテントポリシーとFRAND宣言の透明性向上の提案  [in Japanese]

    小林 和人

    … ていたと考えられる.本論文では,会員が早期にFRAND宣言をするインセンティブを考察した上で,必須特許の早期開示と必須特許であることの説明の明確化により透明性を向上させたパテントポリシーとFRAND宣言の手続きを提案し,提案に関しての実践について述べた.本稿では,各種クライアントOSにおけるIPv6実装状況の検証結果を報告するとともに,これらがネットワーク運用管理に与える影響について考察する. …

    デジタルプラクティス 10(1), 177-192, 2019-01-15

    IPSJ 

  • Proposal of Weighted Search Method of Spatio Temporal Content in Geo-Centric Information Platform  [in Japanese]

    樋口 伸伍 , 長尾 健太郎 , 妙中 雄三 , 永田 晃 , 田村 瞳 , 塚本 和也

    九州工業大学大学院情報工学府先端情報工学専攻 〒820-8502福岡県飯塚市横田川津680-4九州工業大学大学院情報工学府先端情報工学専攻 〒820-8502福岡県飯塚市横田川津680-4奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 〒630-0192奈良県生駒市高山町8916-5株式会社iD 〒812-0011福岡県福岡市博多区博多駅前1丁目7-22 第14岡部ビル8F福岡工業大学工学研究科電 …

    電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム 118(392), 7-12, 2019-01-10

    IR 

  • Comprehensive Survey of IPv6 Transition Technologies: A Subjective Classification for Security Analysis

    LENCSE Gábor , KADOBAYASHI Youki

    … <p>Due to the depletion of the public IPv4 address pool, the transition to IPv6 became inevitable. … Different IPv6 transition technologies were developed, which can be used to enable communication in various scenarios, but they also involve additional security issues. … In this paper, first, we introduce our methodology for analyzing the security of IPv6 transition technologies in a nutshell. …

    IEICE Transactions on Communications E102.B(10), 2021-2035, 2019

    J-STAGE 

  • On the Design and Implementation of IP-over-P2P Overlay Virtual Private Networks

    Subratie Kensworth , Aditya Saumitra , Daneshmand Vahid , Ichikawa Kohei , Figueiredo Renato

    … One approach - not reliant on the slow adoption of IPv6 - is the use of virtualized overlay networks, which abstract the complexities of the underlying heterogeneous networks that span the components of distributed fog applications and middleware.</p><p>This paper describes the evolution of the design and implementation of IP-over-P2P (IPOP) - from its purist P2P inception, to a pragmatic hybrid model which is influenced by and incorporates standards. …

    IEICE Transactions on Communications, 2019

    J-STAGE 

  • Analysis of the State of ECN on the Internet

    CHEN Chun-Xiang , NAGAOKA Kenichi

    … By analyzing the header fields of the TCP/IP packets, we dig out the deployment rate, connectivity, variation of round-trip time and time to live between the Not ECN-Capable and ECN-Capable connections as well as the rate of IPv6-Capable web servers. …

    IEICE Transactions on Information and Systems E102.D(5), 910-919, 2019

    J-STAGE 

  • インターネット10分講座 IPv6におけるPPPoE方式とIPoE方式とは  [in Japanese]

    JPNIC newsletter : for JPNIC members (70), 28-31, 2018-11

  • クライアントOSのIPv6実装検証から見たネットワーク運用における課題の考察  [in Japanese]

    北口 善明 , 近堂 徹 , 鈴田 伊知郎 , 小林 貴之 , 前野 譲二

    … 各オペレーティングシステム(OS)のIPv6実装が進んだことで,IPv6ネットワークが提供されればクライアント端末はIPv6通信が優先となるケースが増えてきている.一方で,現在IPアドレス自動設定の手法としてはRAやDHCPv6を用いたステートレス・ステートフル設定がRFCで策定され,その組合せによってはクライアントの意図しない挙動を誘発するだけでなく,ネットワーク環境へ与 …

    デジタルプラクティス 9(4), 902-922, 2018-10-15

    IPSJ 

  • Study on Search Method of Dynamic Content in Geo-Centric information platform  [in Japanese]

    樋口 伸伍 , 長尾 健太郎 , 妙中 雄三 , 永田 晃 , 田村 瞳 , 塚本 和也

    我々の研究グループでは,地理空間を意識した多種多様な地域のデータの収集,処理,取得を行うため,Geo-Centric情報プラットフォームを提案している.GC情報プラットフォームでは,地域のデータを基に生成されたコンテンツを各地域に配置することを特徴とするが、その中からユーザが要求するコンテンツを発見することは容易ではない.加えて,異分野データの組合せにより多種多様なコンテンツ生成が予想されるため, …

    電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム 118(250), 73-74, 2018-10-11

    IR 

  • Automatic Construction of Name-Bound Virtual Networks for IoT and its Management

    Kenji Fujikawa , Ved P. Kafle , Pedro Martinez-Julia , Abu Hena Al Muktadir , Hiroaki Harai

    … It automatically allocates and assigns the IPv6 addresses required by the network nodes, including IoT devices, of each NBVN. … It automatically allocates and assigns the IPv6 addresses required by the network nodes, including IoT devices, of each NBVN. …

    情報処理学会論文誌 59(9), 2018-09-15

    IPSJ 

  • Poster Presentation : Proposal of Real-Spatial based data management architecture for heterogeneous service cooperation  [in Japanese]

    長尾 健太郎 , 妙中 雄三 , 永田 晃 , 田村 瞳 , 塚本 和也

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 118(123), 79-84, 2018-07-11

  • Proposal of Real-Spatial based data management architecture for heterogeneous service cooperation  [in Japanese]

    長尾 健太郎 , 妙中 雄三 , 永田 晃 , 田村 瞳 , 塚本 和也

    近年,スマートシティに代表されるような,人々の生活圏内のモノ/サービスのデータや,パーソナルデータをネットワークを介して相互連携するIoTサービスが注目されている.しかし,現在パーソナルデータの利活用に関して法的制約があり,ネットワーク基盤がデータの収集範囲と対応していないため,送信者,サービス事業者はパーソナルデータ流通をしにくい状況となっている.本稿では、異種パーソナルデータ連携に必要となるデ …

    電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム 118(124), 85-90, 2018-07-04

    IR 

  • IoTデバイスのための柔軟なホスト名自動生成の提案  [in Japanese]

    柳瀬 知広 , 田中 久順 , 鈴木 秀和

    マルチメディア,分散協調とモバイルシンポジウム2018論文集 (2018), 291-297, 2018-06-27

    IPSJ 

  • TOPICS of the month 対応が急がれるIPv6化 : 第20回ラボワークショップが開催  [in Japanese]

    衛星&ケーブルテレビ 51(4), 27-30, 2018-04

  • IPネットワークをフラット化する通信アダプターの提案と実装  [in Japanese]

    尾久 史弥 , 鈴木 秀和 , 内藤 克浩 , 渡邊 晃

    … IPネットワークには,NAT越え問題,IPv4/IPv6アドレスの非互換性,移動透過性の要求,第三者からの攻撃などの様々な課題が存在する.これらの課題をカーネル空間で解決する方法が提案されているが,カーネルプログラムの改造やバージョンの頻繁な更新に追従する必要がある.ユーザ空間のライブラリを利用する方法もあるが,既存のプログラムをそのまま利用できない課題がある.また,組み込み型家電やアプリケーションサーバ …

    第80回全国大会講演論文集 2018(1), 211-212, 2018-03-13

    IPSJ 

Page Top