Search Results 1-12 of 12

  • Intra-AS Performance Analysis of Distributed Mobility Management Schemes

    ERUNIKA Oshani , KANEKO Kunitake , TERAOKA Fumio

    … This paper examines five novel DMM proposals discussed in the Internet Engineering Task Force (IETF) using router-level Internet Service Provider (ISP) topologies of Sprint (USA), Tiscali (Europe), Telstra (AUS), and Exodus (USA), as user mobility within an ISP network is considered the most realistic and recurrent user movement in the modern scope. …

    IEICE Transactions on Information and Systems E98.D(8), 1477-1492, 2015

    J-STAGE 

  • Dynamics of Feedback-Induced Packet Delay in ISP Router-Level Topologies

    HIRAYAMA Takahiro , ARAKAWA Shin'ichi , ARAI Ken-ichi , MURATA Masayuki

    … In this paper, we investigate packet delay dynamics and traffic fluctuation in ISP router-level topologies where the degree distribution exhibits a power-law nature, and the nodes interact via end-to-end feedback control functionality. … We show the packet delay dynamics of the BA topologies generated by the Barabási-Albert (BA) model and the ISP router-level topologies. …

    IEICE Transactions on Communications 95(9), 2785-2793, 2012-09-01

    J-STAGE  References (23)

  • Tutorial Invited Lecture : Analyzing and Modeling Router-level Networks and Its Application to Performance Evaluation  [in Japanese]

    ARAKAWA Shin'ichi , TAKINE Tetuya , MURATA Masayuki

    … 本講演では、通信ネットワーク、特にISP内のルーターレベルトポロジーに着目し、その構造分析とモデル化に関する研究を紹介する。 … さらに、国内ISPネットワークを対象とした物理回線容量の計測結果をもとに、ルーターレベルトポロジーにおける回線容量分布の特性を説明し、その発生要因とモデル化手法を示す。 …

    IEICE technical report. Information and communication management 111(279), 37-42, 2011-11-10

  • Tutorial Invited Lecture : Analyzing and Modeling Router-level Networks and Its Application to Performance Evaluation  [in Japanese]

    ARAKAWA Shin'ichi , TAKINE Tetuya , MURATA Masayuki

    … 本講演では、通信ネットワーク、特にISP内のルーターレベルトポロジーに着目し、その構造分析とモデル化に関する研究を紹介する。 … さらに、国内ISPネットワークを対象とした物理回線容量の計測結果をもとに、ルーターレベルトポロジーにおける回線容量分布の特性を説明し、その発生要因とモデル化手法を示す。 …

    IEICE technical report 111(277), 37-42, 2011-11-10

  • Analyzing and Modeling Router-level Networks and Its Application to Performance Evaluation  [in Japanese]

    ARAKAWA Shin'ichi , TAKINE Tetuya , MURATA Masayuki

    … 本講演では、通信ネットワーク、特にISP内のルーターレベルトポロジーに着目し、その構造分析とモデル化に関する研究を紹介する。 … さらに、国内ISPネットワークを対象とした物理回線容量の計測結果をもとに、ルーターレベルトポロジーにおける回線容量分布の特性を説明し、その発生要因とモデル化手法を示す。 …

    Technical report of IEICE. CQ 111(278), 37-42, 2011-11-03

  • A Failure-Tolerant Structure in Router-level Internet Topologies

    ARAKAWA Shin'ichi , TAKINE Tetuya , MURATA Masayuki

    … The degree distribution of Internet topology is known to obey a power-law attribute. … In this paper, we investigate the failure-tolerant characteristics of ISP's router-level topologies, and we reveal what topological properties determine the fault tolerant characteristics. …

    IEICE technical report 110(126), 7-12, 2010-07-08

    References (12)

  • Dynamics of Feedback-induced Packet Transfer Delay in Power-law Networks

    HIRAYAMA Takahiro , ARAKAWA Shin'ichi , ARAI Ken-ichi , MURATA Masayuki

    … 法は多数提案されているが,出線数分布が同じであっても,生成手法に基づき確率的に生成されたトポロジではISPのルータレべルトポロジの構造は再現できず,トポロジが持つ構造的特徴の違いによりネットワークの性能も大きく異なることが指摘されている.本稿では,べき則の性質を有するISPルータレべルトポロジが持つ構造と,エンドホスト間フロー制御の相互作用に起因するトラヒックダイナミク …

    IEICE technical report 110(126), 1-6, 2010-07-08

    References (17)

  • On the Link Capacity Distribution in ISP's Router-level Topologies  [in Japanese]

    HOSOKI Shigehiro , ARAKAWA Shin'ichi , MURATA Masayuki

    … 着目し,そのモデル化を行う.まず,国内の商用ISPにおけるバックボーンネットワークの回線容量分布がべき則に従うことを示す.次に,回線容量がべき則であることの利点を明確にするために,様々な物理回線容量分布を生成し,トポロジに割り当て,ネットワークに収容可能なトラヒック量を比較評価する.対数正規分布に従うトラヒックマトリクスを生成し,ISPトポロジおよびトポロジのモデル化手法によ …

    IEICE technical report 109(228), 43-48, 2009-10-08

    References (9)

  • Characteristics of Packet Transfer Delay in Power-law Networks  [in Japanese]

    HIRAYAMA Takahiro , ARAKAWA Shin'ichi , ARAI Ken-ichi , MURATA Masayuki

    … 出線数分布がべき則に従うトポロジを生成する手法は多数提案されているが、出線数分布が同じであっても、生成手法に基づき確率的に生成されたトポロジでは、ISPのルータレベルトポロジの構造は再現できず、トポロジが持つ構造的特徴の違いにより、ネットワークの性能も大きく異なることが指摘されている。 …

    IEICE technical report 109(228), 31-36, 2009-10-08

    References (12)

  • Congestion Propagation in ISP Topologies Having Powr-law Degree Distribution  [in Japanese]

    HIRAYAMA Takahiro , ARAKAWA Shin'ichi , MURATA Masayuki

    … 本稿ではインターネットにおけるパケットの混雑に着目し、既存のトポロジ生成手法によって作られたトポロジと、実際のISPトポロジにおいて、パケットの混雑状況がどのように伝播するのかを明らかにする。 …

    IEICE technical report 108(258), 1-6, 2008-10-16

    References (10)

  • Analyzing and Modeling Router-level Internet Topology

    ARAKAWA Shin'ichi , FUKUMOTO Ryota , TAKINE Tetsuya , MURATA Masayuki

    … 本稿では、ISPレベルのトポロジに着目したトポロジモデル化手法を提案する。 … まず、既存のモデル化手法で生成されるトポロジとISPのトポロジの構造上の違いを明らかにする。 …

    IEICE technical report 105(323), 43-48, 2005-10-06

    References (15) Cited by (3)

  • Proposal and evaluation of routing methods in power-law networks  [in Japanese]

    FUKUMOTO Ryota , ARAKAWA Shinichi , MURATA Masayuki

    インターネットのトポロジ形状を観測した結果、ノードの出線分布がべき乗則に従うことが近年明らかにされている。一方で、基幹ネットワークのトラヒック量が急激に増加してきており、基幹ネットワークにおいてトラヒックを効率よく収容することが重要となっている。本稿では、ネットワーク内の最大リンク利用率を削減することを目的とし、べき乗則に従うトポロジ形状の性質を利用した経路制御手法を提案する。提案手法では、経路制 …

    IEICE technical report. Information networks 105(279), 43-48, 2005-09-15

    Cited by (6)

Page Top