Search Results 1-20 of 18885

  • Association of blood mercury levels during pregnancy with infant birth size by blood selenium levels in the Japan Environment and Children's Study : A prospective birth cohort

    Kobayashi Sumitaka , Kishi Reiko , Saijo Yasuaki , Ito Yoshiya , Oba Koji , Araki Atsuko , Miyashita Chihiro , Itoh Sachiko , Minatoya Machiko , Yamazaki Keiko , Ait Bamai Yu , Sato Tosiya , Yamazaki Shin , Nakayama Shoji F. , Isobe Tomohiko , Nitta Hiroshi , The Japan Environment and Children's Study Group

    … Background: It is necessary to determine whether there are adverse health effects of prenatal exposure to long-term, low levels of mercury and selenium. …

    Environment International (125), 418-429, 2019-04

    IR

  • Myanmar healthcare system and universal health coverage

    Nwe Nwe Oo

    国際医療福祉大学学会誌 = Journal of the International University of Health and Welfare 24(1), 77-87, 2019-03-31

    IR

  • Occupational therapy activities as a senior Japan International Cooperation Agency volunteer in the Republic of the Union of Myanmar  [in Japanese]

    菅原 洋子

    JICA シニア海外ボランティアとして2015 年11 月より2017 年10 月までヤンゴン市の国立リハビリテーション病院にて活動した.50 床の国立リハビリテーション病院は1959 年に設立されたミャンマーのリハビリテーション医療の中心的病院である.シニア海外ボランティアの任務は作業療法の実践と理学療法士への作業療法指導であり,脳卒中,脳性麻痺,頚髄損傷,上肢の外傷後後遺症の患者に作業療法を実 …

    国際医療福祉大学学会誌 = Journal of the International University of Health and Welfare 24(1), 67-76, 2019-03-31

    IR

  • Creation of a checklist of applied activities for inpatients for use during occupational therapy in acute care settings  [in Japanese]

    白砂 寛基 , 谷口 敬道 , 小賀野 操 , 杉原 素子

    本研究の目的は,急性期作業療法でBADL とIADL のから成る応用的活動を活用しやすくするための介入ツールを作成することである.日本作業療法士協会作業療法事例報告集などから急性期作業療法に利用される119 の活動項目を抽出し,試作版院内活動表を作成した.これを用いて作業療法士8 名が入院患者16 名に介入し,実施された活動を記録した.また,作業療法士を対象に有用性を質問紙にて調査した.試作版院内 …

    国際医療福祉大学学会 = Journal of the International University of Health and Welfare 24(1), 56-66, 2019-03-31

    IR

  • Analysis of estimate factors about the severity of cerebral infarction and patient's level of need for medical treatment and nursing care  [in Japanese]

    坂本 幸平 , 山本 康弘

    我が国における脳疾患の患者は多く,複数の施設におけるDPC/PDPS制度のデータを使用した重症度,医療・看護必要度の研究は十分に行われていない.本研究では,複数施設のデータを解析することで,一般病棟用の重症度,医療・看護必要度に係る評価票「B 患者の状況等」を1 入院当たりに数値化し,影響を与える要因を明らかにすることを目的とした.ロジスティック回帰分析の結果,B 得点を推定するための項目として, …

    国際医療福祉大学学会誌 = Journal of the International University of Health and Welfare 24(1), 45-55, 2019-03-31

    IR

  • Improvement of learning and memory impairment by a docosahexaenoic acid-phosphatidylserine complex in a scopolamine-induced amnesia model in mice  [in Japanese]

    持田(齋藤) 淳美 , 宮川 和也 , 宮岸 寛子 , 黒川 和宏 , 君島 秀尚 , 辻 稔 , 武田 弘志

    近年,補完代替医療の一環として,認知症に対する各種栄養素あるいは食品成分の有用性が注目されている.本研究では,スコポラミン誘発健忘モデルマウスを用いて,ドコサヘキサエン酸-ホスファチジルセリン複合体(DHA-PS)製剤の学習記憶改善効果について検討した.その結果,DHA-PS 製剤が,ドコサヘキサエン酸(DHA)製剤やホスファチジルセリン(PS)製剤よりも優れた学習記憶改善効果を有することが明らか …

    国際医療福祉大学学会誌 = Journal of the International University of Health and Welfare 24(1), 33-44, 2019-03-31

    IR

  • Relationships between segmental lean mass and parameters of respiratory function and muscle strength in young healthy adults by gender  [in Japanese]

    沢谷 洋平 , 石坂 正大 , 久保 晃 , 貞清 香織 , 屋嘉比 章紘 , 佐藤 珠江 , 柴 隆広 , 小野田 公 , 丸山 仁司

    目的:若年健常者における性別毎の部位別筋肉量と呼吸機能および呼吸筋力の関係を明らかにすること.対象:本大学の理学療法学科学部生78 名(男性41 名,女性37 名).方法:身体組成として,骨格筋量,右腕筋肉量,左腕筋肉量,体幹筋肉量,右脚筋肉量,左脚筋肉量を測定した.呼吸機能として肺活量,予備吸気量,予備呼気量,最大吸気量,努力性肺活量,1 秒量,最大呼気流量,呼吸筋力として最大吸気口腔内圧,最大 …

    国際医療福祉大学学会誌 = Journal of the International University of Health and Welfare 24(1), 27-32, 2019-03-31

    IR

  • The effects of visual experience of avoiding a step difference on posture control─Comparison of eye movement and center of gravity sway between young and elderly─  [in Japanese]

    宮寺 亮輔 , 山口 智晴 , 村山 明彦 , 平野 大輔 , 谷口 敬道

    本研究では,段差回避場面の視認体験が姿勢制御反応に与える影響を定量的に評価することを目的に,映像課題を視聴する際の眼球運動,重心動揺の解析を行った.映像課題はウェアラブルカメラで撮影した直進歩行映像と段差回避映像の2 種類とし,健常な若齢者10 名と高齢者14 名を対象に静的立位姿勢で計測した.映像は2 回視聴し,段差回避映像ではシーン全体における段差に対する注視停留時間を,2 種類の映像ではシー …

    国際医療福祉大学学会誌 = Journal of the International University of Health and Welfare 24(1), 19-26, 2019-03-31

    IR

  • An analysis of the influence of earthquakes on women's quality of life: a case of the earthquakes in Nepal in 2015

    Januka Khatiwada , Toshio Ogawa

    Background: Women could be prone to get vulnerable by natural disasters like earthquake. Two massive earthquakes hit Nepal in April and May 2015. The quality of life (QOL) for women has worsened up af …

    国際医療福祉大学学会誌 = Journal of the International University of Health and Welfare 24(1), 11-18, 2019-03-31

    IR

  • Future outlook for healthcare─In terms of nursing education  [in Japanese]

    松谷 美和子

    国際医療福祉大学学会誌 = Journal of the International University of Health and Welfare 24(1), 6-10, 2019-03-31

    IR

  • Future outlook for healthcare─From a political perspective  [in Japanese]

    中村 秀一

    国際医療福祉大学学会誌 = Journal of the International University of Health and Welfare 24(1), 1-5, 2019-03-31

    IR

  • Studies on Technology in Education and Qualitative Research Methodologies  [in Japanese]

    大谷 尚 , OTANI Takashi

    … This has also enabled him to start a "research protocol seminar and workshop in medical and medical education (health science and health professionals education)". …

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要. 教育科学 65(2), 1-28, 2019-03-31

    IR DOI

  • Comparability of health insurance claims data between Japan and Korea an analysis using data warehousing technique  [in Japanese]

    岡本 悦司 , 南 商堯 , Etsuji Okamoto , Sang-Yong Nam

    日韓両国の公開されたレセプトデータをデータウェアハウスに加工し,性・年齢階級,傷病分類といった多次元分析を可能にした。傷病分類は,韓国の傷病分類(KCD-7)は世界共通の傷病分類(ICD10)に準拠していたのに対して,日本のデータは119 分類という独特な分類法を採用していることからそのままでは比較できないが,ICD10 を119 分類に翻訳することによって,韓国データを日本の傷病分類に近づけるこ …

    福知山公立大学研究紀要 3(1), 1-11, 2019-03-31

    IR

  • A Study on Health Promotion in Thailand through Participation of the International Conference Experience Program  [in Japanese]

    佐藤 睦子 , 眞壁 美香 , Sato Mutsuko , Makabe Mika

    大阪府立大学看護学雑誌 25(1), 115-121, 2019-03-30

    IR

  • CONTENTS

    吉備国際大学研究紀要(医療・自然科学系) = Journal of KIBI International University Health and Natural Sciences (29), 2019-03-22

    IR

  • 目次  [in Japanese]

    吉備国際大学研究紀要(医療・自然科学系) = Journal of KIBI International University Health and Natural Sciences (29), 2019-03-22

    IR

  • 編集後記  [in Japanese]

    吉備国際大学研究紀要(医療・自然科学系) = Journal of KIBI International University Health and Natural Sciences (29), 2019-03-22

    IR

  • An Idea of Learning Environment to Develop Scientific Thinking  [in Japanese]

    川上 はる江 , Harue KAWAKAMI

    吉備国際大学研究紀要(医療・自然科学系) = Journal of KIBI International University Health and Natural Sciences (29), 69-78, 2019-03-22

    IR

  • A preliminary survey of development of a probe using micro-lens array for non-destructive analysis in conservation science  [in Japanese]

    髙木 秀明 , Hideaki TAKAGI

    吉備国際大学研究紀要(医療・自然科学系) = Journal of KIBI International University Health and Natural Sciences (29), 61-68, 2019-03-22

    IR

  • The thought leading to living alone living with female spinal cord injured  [in Japanese]

    竹﨑 和子 , 高尾 茂子 , Kazuko TAKESAKI , Shigeko TAKAO

    吉備国際大学研究紀要(医療・自然科学系) = Journal of KIBI International University Health and Natural Sciences (29), 51-59, 2019-03-22

    IR

Page Top