Search Results 1-20 of 727

  • A Study of Kim Seok-beom's Kazanto (Volcano Island) : "Suicide" of the Main Character Lee Bang-keun and His Pursuit of "Freedom"  [in Japanese]

    趙 秀一

    朝鮮学報 = Journal of the Academic Association of Koreanology in Japan 254, 43-84, 2020-01

  • Gravity Measurement of Nagura River Basin, in the Western part of Ishigakijima Island, Japan  [in Japanese]

    MIYAKAWA Ayumu , NAWA Kazunari , YAMAYA Yusuke , OHTAKI Toshiki , SUGIHARA Mituhiko , OKUDA Takashi , SUMITA Tatsuya

    <p>国立天文台VERA石垣島観測局を中心とした名蔵川流域において,地下の地質構造を反映すると考えられる重力異常を明らかにするために重力測定を実施した.この重力測定では絶対重力測定及び周辺での相対重力測定を組み合わせている.絶対重力測定は国立天文台VERA石垣島観測局の重力計基台において,また相対重力測定は周辺域の62地点において実施した.得られた重力測定結果に既存の重力データを加え, …

    BULLETIN OF THE GEOLOGICAL SURVEY OF JAPAN 71(2), 63-76, 2020

    J-STAGE 

  • Significance of biogeochemical processes in mud volcanoes  [in Japanese]

    Ijiri Akira

    <p>泥火山は,高間隙水圧をもった堆積物が泥ダイアピルとして上昇し地表に噴出した小丘で世界各地の大陸縁辺域に分布している.近年の研究により,泥ダイアピル中の微生物が海底下の物質循環に貢献していること,泥火山の活動により地下深部の微生物が地表に運ばれていることが明らかになってきた.種子島沖の泥火山では海底下に存在する<i>Atribacteria</i>がメタンと …

    The Journal of the Geological Society of Japan 126(1), 29-37, 2020

    J-STAGE 

  • Demonstration of Utilization in Compact InfraRed Camera  [in Japanese]

    中右 浩二

    日本赤外線学会誌 = Journal of the Japan Society of Infrared Science and Technolog 29(1), 11-17, 2019-08

  • TOPOGRAPHIC CHANGE CHARACTERISTICS AT KRAKATAU VOLCANO AND EXTRACTION OF TSUNAMI DAMAGE AREA USING OPTICAL AND SAR SATELLITE DATASETS  [in Japanese]

    SONOBE Masashi , HASHIBA Hideki

    <p> 2018年12月にインドネシアのアナク・クラカタウ島において大規模な山体崩壊が発生した.土砂の海域への流入に起因して発生した津波は周辺沿岸域に多くの損害を与えた.本研究では,災害前後のSentinel-2衛星およびLandsat-8衛星,Sentinel-1衛星の観測情報を利用し,火山活動や山体崩壊による地形変化の判読調査と周辺沿岸域の津波被害域の抽出を行った.アナク・クラカタ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F6 (Safety Problem) 75(2), I_167-I_175, 2019

    J-STAGE 

  • Petrographic Properties of Visible Tephra Layers in SG93 and SG06 Drill Core Samples from Lake Suigetsu, Central Japan  [in Japanese]

    MARUYAMA Seiji , TAKEMURA Keiji , HIRATA Takafumi , YAMASHITA Tohru , DANHARA Tohru

    <p> 本論文では,水月湖から掘削された2つのコア試料(SG93およびSG06)に含まれる可視テフラ層の,岩石学的特性に関して報告する。水月湖のテフラ層に含まれる鉱物や火山ガラスの屈折率,火山ガラスの形状,鉱物構成のような,基本的かつ重要な岩石学的特性は,これまで公表されてこなかった。水月湖コア試料のテフラ層は,九州のカルデラ(例えば阿蘇,阿多,姶良)を起源とするものと,西南日本の中国 …

    Journal of Geography (Chigaku Zasshi) 128(6), 879-903, 2019

    J-STAGE 

  • Rediscovery of <i>Liparis hostifolia </i>(Orchidaceae) on Minami-iwo-to Island in the Bonin (Ogasawara) Archipelago, Japan, and its Identification Using Molecular Sequences from a Herbarium Specimen Collected more than 100 Years Ago

    Takayama Koji , Tsutsumi Chie , Kawaguchi Dairo , Kato Hidetoshi , Yukawa Tomohisa

    … <i>Liparis hostifolia </i>(Orchidaceae) on Minami-iwo-to Island in the Bonin (Ogasawara) Archipelago was rediscovered for the first time in 79 years during a field survey in 2017. …

    Acta phytotaxonomica et geobotanica 70(3), 149-158, 2019

    J-STAGE 

  • Mantle source characteristics of the late Cenozoic Mt. Baekdu (Changbaishan) basalts, North China Craton  [in Japanese]

    Hi Choi Sung

    <p>..</p>

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 66(0), 211, 2019

    J-STAGE 

  • The Reconstruction Process of Farmland in Pyroclastic Flow Sediment Areas at Merapi Volcano, Central Java Island  [in Japanese]

    Shibata Atsuki

    … <p>The Merapi volcano in Indonesia has previously been studied in various fields as a typical active volcano in Asia. … This study examined the reconstruction process of farmland damaged by pyroclastic flows of the Merapi volcano in 2010 in terms of changes in the lives of the local people. …

    Asian and African Area Studies 19(1), 49-67, 2019

    IR  J-STAGE 

  • Time Variation in the Chemical and Isotopic Composition of Volcanic Gas at Mt. Mihara of Izu-Oshima Island, Japan

    Ohba Takeshi , Yaguchi Muga , Nishino Kana , Numanami Nozomi

    … <p>Volcanic gas was sampled at three fumaroles and one borehole on Mt. Mihara, Izu-Oshima volcano. …

    Journal of Disaster Research 14(7), 972-977, 2019

    J-STAGE 

  • Correlation between Alkaline Tephra (Hm-2 Tephra) Distributed on Hakusan Volcano, Central Japan and Tephras on Ulleung Island Based on Major Element Compositions and <sup>14</sup>C Ages  [in Japanese]

    HIGASHINO Toshio , SODA Yusuke , OKUNO Mitsuru

    … U-2 tephra, among Holocene tephras (U-2, U-3 and U-4 tephras) on Ulleung Island, was considered to be the first candidate to be correlative with alkaline tephra. … Recent studies on stratigraphy, eruption age, and chemical composition of Ulleung Island tephras and Ulleung Island-derived tephras show that U-3 and U-4 tephras, not U-2 tephra, reached the Japanese Islands. …

    Journal of Geography (Chigaku Zasshi) 128(3), 439-452, 2019

    J-STAGE 

  • Aspects of the eruption of Kaimondake volcano in year 16 of the Jogan era (874 AD) and human response to volcanic disaster  [in Japanese]

    Naruo Hideto , Nakama Kotaro , Watanabe Tetsuya , Kamada Hiroaki , Nishimuta Eiko , Matsusaki Hirotugu

    <p>薩摩半島南東端に位置する開聞岳(924m)では,平安時代の貞観十六年(AD 874)と仁和元年(AD 885)に噴火が発生した.開聞岳東方の指宿市街地に位置する敷領遺跡・橋牟礼川遺跡では,貞観十六年テフラに対比されるKm12a3~4(紫コラ)下位から,噴火で被災した遺構・遺物が発見されており,噴火災害の様相と当時の人々の対応が明らかになってきた.本論では,遺跡内外でのKm12a3 …

    The Quaternary Research (Daiyonki-Kenkyu) 58(2), 211-228, 2019

    J-STAGE 

  • Estimation of landslides at Izu Oshima island using decision tree  [in Japanese]

    Nakayama Daichi

    1. はじめに<br>2013年10月に伊豆大島において台風26号による大雨に伴う大規模な土砂災害が発生した.この災害は三原山西側斜面を中心として発生し,死者・行方不明者39名,建物被害400件の被害が生じた.<br><br>本研究では,レーザー測量によって得られたDEMを用いてメッシュごとの地形量を計測して説明変数を作成し,実際の土砂災害の有無を目的変数とした …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2019s(0), 255, 2019

    J-STAGE 

  • Special Issue on Integrated Study on Mitigation of Multimodal Disasters Caused by Ejection of Volcanic Products: Part 2

    Iguchi Masato , Nakada Setsuya , Miyamoto Kuniaki

    … Indonesia has 127 active volcanoes distributed along its archipelago making it a high risk location for volcano-related disasters. … The 2014 eruption of Kelud formed a gigantic ash plume over 17 km high, dispersing ash widely over the island of Java. …

    Journal of Disaster Research 14(1), 5-5, 2019

    J-STAGE 

  • Reptiles of Minami-Iwo-To Island, the Volcano Islands in 2017  [in Japanese]

    川上 和人 , 村上 勇樹

    南硫黄島の爬虫類相の現状を明らかにするため、2017年6月14日~27日の期間に現地で調査を行った。その結果、オガサワラトカゲ Cryptoblephams nigropunctatusが海岸から標高660mの範囲で、ミナミトリシマヤモリ Perochirus atelesが海岸から標高300mの範囲で確認された。いずれの種についても1982年、2007年の調査時に比べて特に大きな個体数の変化はな …

    小笠原研究 = Ogasawara research (44), 289-294, 2018-07

    IR 

  • Avifauna of Minami-Iwo-To Island, the Volcano Islands in 2017  [in Japanese]

    川上 和人 , 鈴木 創 , 堀越 和夫 , 川口 大朗

    南硫黄島の鳥類相の現状を明らかにするため、2017年6月14日~27日の期間に現地で調査を行った。その結果、過去に繁殖が確認されていた各種鳥類の生息が確認され、いずれの種についても特に大きな個体数の変動はないものと考えられた。ただし、コルと山頂の間では過去10年で高茎草本を中心とした密度の高いブッシュが発達しており、このような場所ではミズナギドリ科、ウミツバメ科の営巣が減少していた。セグロミズナギ …

    小笠原研究 = Ogasawara research (44), 217-250, 2018-07

    IR 

  • Monitoring of alien rats on Minami-Iwo-To Island, the Volcano Islands in 2017  [in Japanese]

    鈴木 創 , 堀越 和夫

    南硫黄島の外来ネズミ類の侵入確認するため、センサーカメラを海岸部~頂上部に計10台を設置した。海岸林においては最大1年間、コルおよび頂上部においては3~5日間の撮影期間であったが、ネズミ類の撮影は見られなかった。また、踏査ルート上でネズミ類(生体・死体)及び痕跡(タコノキ果実への食痕等)は観察されなかった。現時点においては、南硫黄島における外来ネズミ類の侵入している可能性は低いと考えられる。

    小笠原研究 = Ogasawara research (44), 209-216, 2018-07

    IR 

  • Bonin flying fox of Minami-Iwo-To Island, the Volcano Islands in 2017  [in Japanese]

    鈴木 創 , 堀越 和夫 , 堀越 宙 , 飴田 洋祐 , 村田 悠介

    南硫黄島のオオコウモリの生息状況を明らかにするとともに、生態晴報、遺伝時報を得る目的で、2017年6月13日~28日の期間に現地で調査を行った。その結果、過去に生息分布が確認されていたオガサワラオオコウモリ Pteropus pselaphon が確認され、個体数においても特に大きな変動はないものと考えられた。1982年調査では「昼行性」、2007年調査では「昼間及び夜間にも活発に活動する」とされ …

    小笠原研究 = Ogasawara research (44), 167-208, 2018-07

    IR 

  • Geochemical study of Pre-Unzen and Unzen volcano at Shimabara Peninsula  [in Japanese]

    Yoshida Takuma , Shibata Tomoyuki , Sugimoto Takeshi

    九州北西部には新生代のプレート内火山が広く分布し、島原半島も分布域の一つである。島原半島に分布する、先雲仙火山の玄武岩と安山岩と雲仙火山の安山岩とデイサイトの起源物質について定量的に議論するため微量元素分析を行い、Sugimoto et al. ( 2005; unpublished )による主成分元素と<sup>87</sup>Sr/<sup>86</s …

    Abstracts for Annual Meeting of Japan Association of Mineralogical Sciences 2018(0), 151, 2018

    J-STAGE 

Page Top