Search Results 1-6 of 6

  • The effects of item presentation style on a Japanese language reading test : The case of an elementary-middle school with particular reading instruction  [in Japanese]

    安永 和央 , 石井 秀宗

    クオリティ・エデュケーション = Journal of quality education : 国際教育学会機関誌 4, 111-130, 2012-03

  • How Does the Way in Which a Question is Posed Affect Test-Takers’ Responses ? An Empirical Investigation Using a Language Comprehension Test  [in Japanese]

    YASUNAGA KAZUHIRO , ISHII HIDETOKI

    本研究では, 国語読解テストにおける設問の問い方を操作し, 設問設定の違いが受検者の能力評価にどのような影響を及ぼすかを比較検討した。具体的には, 1)一文抜き出し問題に対して, 多枝選択式問題と記述式問題を設定し, 2)会話文中の空所の形及び数を操作し, また, 図の空所の関係を表す「=」の有無を操作し, 3)空所前における単語の説明の有無を操作したものを中学3年生703名に実施した。項目分析の …

    The Japanese Journal of Educational Psychology 60(3), 296-309, 2012

    J-STAGE 

  • The effect of multiple-choice option presentation style on the results of a Japanese listening comprehension test for native speakers of Chinese  [in Japanese]

    島田 めぐみ , 侯 仁鋒 , Megumi SHIMADA , Renfeng Hou

    本研究は、中国で学ぶ中国語母語話者を対象に、日本語聴解テストにおける選択肢提示形式の影響を考察したものである。研究の目的は、1)選択肢を文字で提示したテストと音声で提示したテストとでは、結果に違いが生じるか、2)文字提示形式と音声提示形式との間で正答率について有意差が確認された項目は、どのような特徴があるか、という点について考察することである。 調査協力者は、文字提示形式のテストを受験した63名と …

    Japanese-language education around the globe (19), 33-48, 2009

    IR  DOI 

  • Effects of Temporal Structure and Mode of Presentation on Item Characteristics on an English Listening Comprehension Test  [in Japanese]

    UCHIDA TERUHISA , KIKUCHI KENICHI , NAKAUNE NAOKO , MAYEKAWA SHIN-ICHI , ISHIZUKA TOMOICHI

    大学生652名に英語リスニング・テストを実施した。テスト内に3つの実験ブロックを設定し,発話速度,休止時間,選択肢様式について操作した。原問題を加工した実験項目を8つのテスト・フォームに割り当て,フォーム間の比較のためにアンカー項目も配置した。分析には古典的テスト理論と項目反応理論(IRT)の項目特性指標を使用した。結果として,(1)発話速度の低下に伴い困難度(b)は低下し,音声持続時間を80%~ …

    The Japanese journal of educational psychology. 50(1), 1-11, 2002-03

    NDL Digital Collections 

  • Effects of Temporal Structure and Mode of Presentation on Item Characteristics on an English Listening Comprehension Test  [in Japanese]

    UCHIDA TERUHISA , KIKUCHI KENICHI , NAKAUNE NAOKO , MAYEKAWA SHIN-ICHI , ISHIZUKA TOMOICHI

    大学生652名に英語リスニング・テストを実施した。テスト内に3つの実験ブロックを設定し, 発話速度, 休止時間, 選択肢様式について操作した。原問題を加工した実験項目を8つのテスト・フォームに割り当て, フォーム間の比較のためにアンカー項目も配置した。分析には古典的テスト理論と項目反応理論 (IRT) の項目特性指標を使用した。結果として,(1) 発話速度の低下に伴い困難度 (<I>b …

    The Japanese Journal of Educational Psychology 50(1), 1-11, 2002

    J-STAGE 

  • A Comparative Study on Opinions about Methods of Reading Picture Books in Japan and Taiwan  [in Japanese]

    今井 靖親 , 廖 小慧 , 中村 年江

    … (3) Procedure : Subjects were asked to rate the importance of each item on a scale of one to five. … Results (1) On the basis of the data from the questionnaire, a factor analysis isolated five categories of items which were considered important in picture book reading in both Japan and Taiwan : In Japan, the categories were : No. 1, Story-telling/readmg style ; … No. 3, Presentation of the picture book ; …

    Bulletin of Nara University of Education Cultural and social science 42(1), p211-223, 1993-11

    IR 

Page Top