Search Results 1-20 of 33

  • 1 / 2
  • "Setsuyo-shu" and "Nippo-jisho"  [in Japanese]

    今野 真二 , Shinji KONNO

    … "Setsuyo-shu" is a Japanese dictionary that was completed in mid-Muromachi period, and "Nippo-jisho" is a Japanese dictionary completed in 1603. … The two dictionaries have been used frequently to analyze the Japanese language of the Muromachi period. … The word entries of "Setsuyo-shu" were written in kanji (Chinese characters) that are often attached with Japanese syllabaries. …

    清泉女子大学人文科学研究所紀要 = Bulletin of Seisen University Research Institute for Cultural Science (40), 1-20, 2019

    IR  DOI 

  • Language of Echigo-Monjo-Hokanshu : Focusing on Kana Orthography and Vocabulary  [in Japanese]

    川野 絵梨

    … sound of the は (ha) column of the kana syllabary changes the わ (wa) column of the kana syllabary in the text.2. … ゑ(e) and お(o) are used as the written character indicating へ (he) and を(wo) (Japanese postpositions), respectively. …

    東京女子大学紀要論集 67(1), 125-160, 2016-09

    IR 

  • An Input Method of Chinese Characters for Preventing Character Amnesia  [in Japanese]

    西本 一志 , 魏 建寧

    … 近年,日本や中国において,漢字を読むことはできるが書くことができないという,いわゆる漢字健忘(Character Amnesia)が問題となっている.その原因として,漢字の読みを入力して漢字に変換する漢字入力方式が広く使われるようになったことが一般に指摘されている.その他の漢字入力方式として,特に中国において,部首やストロークなどの漢字を構成する形状的要素の組合せを入力する方式が多数研究開発され …

    情報処理学会論文誌 57(4), 1207-1216, 2016-04-15

    IPSJ  IR 

  • The Role of Phonetics in Japanese Language Teaching during the Late Qing Dynasty  [in Japanese]

    WEI Wei

    <p> 本研究は清末に行われた日本語学習活動を近代日本語教育史の一部として捉え,読解・翻訳を主とした日本語教育において行われた音声教育に注目する。具体的には言語教育の視点から清末に編集された日本語教科書や学習書に用いられた発音教育の方法などを考察の対象とし,清末の日本語音声教育の実態を探る。考察の結果,清末に行われた独自の日本語学習活動において,読解・翻訳という言語習得の目的に応えた和 …

    Journal of Japanese Language Teaching 164(0), 34-49, 2016

    J-STAGE 

  • G-IM: An Input Method of Chinese Characters for Character Amnesia Prevention

    Nishimoto Kazushi , Wei Jianning

    Character amnesia is a recent phenomenon in which native Chinese or Japanese speakers forget how to write Chinese characters (Kanji in Japanese), but maintain the ability to read them. … It is generally believed that the constant use of computers and mobile phones equipped with pronunciation-based Chinese-character input systems is to blame. …

    ACHI 2015, The Eighth International Conference on Advances in Computer-Human Interactions, 118-124, 2015-02-22

    IR 

  • Standardization of Place Names under the Chinese Characters  [in Japanese]

    TANABE Hiroshi

    … <p>The standardization of place names aims to translate or transliterate the place names in the world into the context of English or other official languages of United Nations. … Especially in the countries where phonetic literature is used, the place names are principally written and pronounced by their native original pronunciation. …

    Map, Journal of the Japan Cartographers Association 53(4), 4_2-4_9, 2015

    J-STAGE 

  • 中世浄土真宗資料に見られる急・緩入声点と舌内入声音  [in Japanese]

    佐々木 勇

    … The purpose of this study is following two points.1. … Check a function of the implosive marks.2. … Consider the pronunciation of the t-implosive in the Middle Ages in Japan.As a result of examination of this study, the next points became clear.1. …

    広島大学大学院教育学研究科紀要. 第二部, 文化教育開発関連領域 = Bulletin of the Graduate School of Education, Hiroshima University. Part. 2, Arts and science education (60), 322-314, 2011

    IR  DOI 

  • On the Sound Values of Ryukyuan Language /ha/ and /ka/ in the Liuqiu ruxue jianwenlu(<Special Issue>Views of Ryukyuan, Views from Ryukyuan)  [in Japanese]

    ISHIZAKI Hiroshi

    本稿は『琉球入學見聞録』「土音」を分析し、ここに表れた琉球語のカ行ア段音とハ行ア段音の音価、カ行イ段音の口蓋化について考察した。その結果、琉球語の発音を示す音訳漢字の使用傾向から、語によってはカ行ア段音が喉音であったこと、ハ行ア段音は一部の語彙を除いて/p-/音を失い、[hua]或いは[Φa]音であり、一部のカとハは[ha]と[hua]([Φa])という違いで音韻的区別が保たれていると結論づけた。 …

    Studies in the Japanese Language 7(4), 15-29, 2011

    J-STAGE 

  • A Study on the Disappearance of Reading Boundaries in Medieval Texts Read According to Go Pronunciation  [in Japanese]

    ISHIYAMA Yuji

    従来、字音直読資料は規範性の高い字音注を得られる資料群として重視されてきたが、その一方で漢文訓読資料や仮名交じり文の日本漢字音には見られない特徴がある。すなわち、親鸞自筆『観無量寿経註』においては、同じ文字列を訓読した場合「語頭」として出現すると考えられる箇所で中低型回避や連濁などといった日本語化が発生している例が散見され、直前の文字との間に境界が置かれない場合があったということが読み取れる。この …

    Studies in the Japanese Language 5(3), 63-51, 2009

    J-STAGE 

  • Publication and the Typography of Multi-lingual "Korean-French Dictionary" by the First Type Printing in Korea  [in Japanese]

    Ryu Hyun-guk

    本論文は、19世紀後半にパリ外国宣教会の宣教師による多言語『韓佛字典』の刊行及びそのタイポグラフィの特徴について考察し、以下のようなことを明らかにした。『韓佛字典』は、韓国における新式活版印刷による韓国最初の横組み多言語辞典である。『韓佛字典』の出版者C.Levyは、「セールレビーCerf Levy」であることが判明した。韓国語の活字書体は、チェ・ジヒョクが原字を書き、それを5号活字として製作され …

    Bulletin of Japanese Society for the Science of Design 55(6), 49-58, 2009

    J-STAGE  References (16)

  • Construction and Evaluation of Speech Content Presentation System Using Software with Pronunciation alongside Kanji Characters  [in Japanese]

    Kobayashi Masayuki , Nishikawa Satoshi , Miyoshi Shigeki , Ishihara Yasushi

    … Using Microsoft Word and software that displays pronunciation alongside kanji characters, we have constructed and evaluated a system that presents speech content using sentences containing kana and kanji characters that are presented with pronunciation alongside each kanji character on a stenography keyboard. …

    The Journal of The Institute of Image Information and Television Engineers 62(4), 595-605, 2008

    J-STAGE 

  • Performance Trends in Japanese Fundamental Language Skills among Japanese High School Students  [in Japanese]

    SATO Hiroyuki , KURAMOTO Naoki T.

    … The present report analyzes Japanese high school students' fundamental language skills of their mother tongue over the span of a decade. … Of special emphasis, are the changes incurred in such trends amongst these students. … The Broad-Range Japanese Fundamental Language Skills Test (BRJFLST) was used for the assessment. …

    Kodo Keiryogaku (The Japanese Journal of Behaviormetrics) 33(2), 167-178, 2006-09-29

    J-STAGE  References (33) Cited by (1)

  • Effectiveness of online learning resources for the learning Chinese characters and problems to be solved  [in Japanese]

    水本 光美 , 池田 隆介

    専門日本語教育研究 (8), 45-50, 2006

  • Computer Input System of the Chinese Language  [in Japanese]

    LIU Ke-Hua , UCHIDA Yoshiyuki

    … Information education of Chinese language in Aichi Institute of Technology, Japan and Japanese language in Southeast University, China are important for information oriented society in 21^<st> … century having kanji character culture area. …

    Bulletin of Aichi Institute of Technology. Part A (40A), 83-86, 2005-03

  • Properties of the Broad-Range Japanese Fundamental Language Skills Test IV : Statistical Analysis of Chinese Character Pronunciation Subscale based on Item Response Theory  [in Japanese]

    倉元 直樹 , 佐藤 洋之 , 伊藤 博美 , Naoki T. Kuramoto , Hiroyuki Sato , Hiromi Ito

    本研究の目的は、倉元・伊藤・佐藤(2004)で妥当性を確認した日本語基礎能力テスト(平他、1998)の漢字読み取り能力テストの項目について、項目反応理論に基づき、その測定性能を分析することである。倉元他(2004)による分析の結果、項目作成から10年余りを経た現在でも、全体として十分機能することが示された。本研究では、項目プール全体974項目を分析の対象とする。テスト情報曲線から、項目プールは全体 …

    Educational informatics research (2), 17-21, 2004-03

    IR 

  • Properties of the Broad-Range Japanese Fundamental Language Skills Test III : Item Contents Review of Chinese Character Pronunciation Subscale from the Viewpoint of First Language Education  [in Japanese]

    倉元 直樹 , 伊藤 博美 , 佐藤 洋之 , Naoki T. Kuramoto , Hiromi Ito , Hiroyuki Sato

    本研究の目的は、日本語基礎能力テスト(平他、1998)の漢字読み取りテスト項目について国語教育の観点からの妥当性を吟味することである。本研究では、「漢字読み取り能力」下位尺度の項目プールの中から、中学生、高校生程度の測定を目的として作成された517項目について分析の対象とした。まず、項目内容を分類する基準として、「レベルA~C」を設定した。「レベルA」は「通時的に意味や用法が安定しているもの」であ …

    Educational informatics research (2), 7-15, 2004-03

    IR  Cited by (1)

  • Properties of the Broad-Range Japanese Fundamental Language Skills Test I : Item Contents Review of Vocabulary Subscale from the Viewpoints of First Language Education  [in Japanese]

    伊藤 博美 , 佐藤 洋之 , 倉元 直樹 , Hiromi Ito , Hiroyuki Sato , Naoki Kuramoto

    本研究の目的は、日本語基礎能力テスト(平他、1998)の語彙理解力項目について国語教育の観点からの妥当性を吟味することである。日本語基礎能力テストは、「語彙理解力」、「漢字読み取り能力」の2つの下位尺度から成っている。そのうち、語彙理解力テストの項目プールには小学校1年生用から高校生用まで470項目がある。まず、項目内容を分類する基準として、「レベルA~C」を設定した。「レベルA」は「通時的に意味 …

    Educational informatics research (1), 15-23, 2003-03

    IR  Cited by (1)

  • Philology and Linguistics:Ondoku and Kundoku in Old Uighur

    SHOGAITO Masahiro

    … The author found fragments of Chinese texts in Uighur script at the St. Petersburg Branch for Oriental Studies of Russian Academy of Sciences and identified their corresponding Chinese originals. … The phonological system of the Chinese written in Uighur is basically the same as that of the northwestern dialects of Tang and Five Dynasties. …

    GENGO KENKYU (Journal of the Linguistic Society of Japan) 2003(124), 1-36, 2003

    J-STAGE 

  • A Proposal of the Method of Japanese Transcription of Chinese Syllables  [in Japanese]

    OHNO Sumio , KAMEDA Hiroyuki , SHE Jin-Hua , CHEN Shu-Mei

    現在,日本では,中国語の人名や地名などの固有名詞に仮名を振って読む際に,多くは漢字の日本語読み(音読み)に従って行なっており,しかも統一的な基準が存在しないため,国内での混乱を引き起こしているほか,元の中国語音とは全く異なってしまうために,国際的なコミュニケーションの障害ともなっている.このような混乱・障害を取り除くため,中国語音節の新たな仮名表記法としてjピンインを提案する.本報告では,まずjピ …

    Technical report of IEICE. Thought and language 101(710), 1-8, 2002-03-07

    References (6)

  • A Proposal of the Method of Japanese Transcription of Chinese Syllables  [in Japanese]

    OHNO Sumio , KAMEDA Hiroyuki , SHE Jin-Hua , CHEN Shu-Mei

    現在,日本では,中国語の人名や地名などの固有名詞に仮名を振って読む際に,多くは漢字の日本語読み(音読み)に従って行なっており,しかも統一的な基準が存在しないため,国内での混乱を引き起こしているほか,元の中国語音とは全く異なってしまうために,国際的なコミュニケーションの障害ともなっている.このような混乱・障害を取り除くため,中国語音節の新たな仮名表記法としてjピンインを提案する.本報告では,まずjピ …

    IEICE technical report. Natural language understanding and models of communication 101(711), 1-8, 2002-03-07

    References (6)

  • 1 / 2
Page Top