Search Results 1-20 of 767

  • Empirical Study on Dependency-related License Violation in the JavaScript Package Ecosystem

    Shi Qiu , Daniel M. German , Katsuro Inoue

    … In this paper, we first conduct an empirical study on npm - a JavaScript-based software ecosystem - to study the prevalence of dependency-related license violation. … In this paper, we first conduct an empirical study on npm - a JavaScript-based software ecosystem - to study the prevalence of dependency-related license violation. …

    情報処理学会論文誌 62(4), 2021-04-15

    IPSJ 

  • A proposal of recommendation function for element fill-in-Blank problems in java programming learning assistant system

    Wint Su Sandy , Funabiki Nobuo , Syaifudin Yan Watequlis , Aung Shune Lae , Kao Wen-Chun

    … among them.<br><br>Design/methodology/approach<br>This function considers the difficulty level of the EFP instance and the grammar topics that have been correctly answered by the student, and is implemented at the offline answering function of JPLAS using JavaScript so that students can use it even without the Internet connections.<br><br>Findings<br>To evaluate the effectiveness of the proposal, 85 EFP instances are prepared to cover various grammar topics, and are assigned to a total of 92 students in two …

    International Journal of Web Information Systems 17(2), 140-152, 2021-04-05

    IR 

  • Webブラウザで動作するビデオチャットツールとオンラインゼミへの適用;Video chat tool that runs on a web browser and application to online seminar  [in Japanese]

    中沢 憲二;NAKAZAWA Kenji

    新型コロナウィルス感染症対策の一環として、春休みに計画していた研究室の集中ゼミを対面形式から急遽オンライン形式へ変更して実施した。対象者は研究室に配属が決まっている3 年生である。このオンラインゼミには、筆者の研究室のこれまでの成果を統合して制作したWeb ブラウザで動作するビデオチャットツールを用いた。 本研究は、このツールを実際のオンラインゼミに適用した際の問題点の明確化とオンラインツールに関 …

    工学教育研究;KIT progress (29), 11-20, 2021-03-10

    IR 

  • Introduction to Web Development  [in Japanese]

    曲山 幸生

    New food industry = ニューフードインダストリー 63(3), 227-241, 2021-03

  • A complementary environment to the existing e-learning system : The programming environment as a quick-fix solution in the Covid-19 crisis  [in Japanese]

    木下 和也 , Kazuya Kinoshita

    コロナ禍で対面授業が不可能となった大学の授業では,急遽eラーニングシステムを用いた授業が主たる授業スタイルとなった。しかし,プログラミングのような実習をともなう授業では,eラーニングシステムだけでは対応できない実習環境が存在する。筆者は既存のeラーニングシステムを補完するプログラミングの実習環境を急遽構築し対応した。本稿ではこの補完システムの概要について述べる。

    久留米大学コンピュータジャーナル (35), 2-13, 2021-02

    IR 

  • A Study on Development of Teaching Materials for Learning IoT Implementation  [in Japanese]

    Ohyama Ryu-ichiro

    … The http protocol software consisted of web front-end and back-end is based on JavaScript with Node.js and Socket.io in order to allow students to understand a principle easily of the two-way communication. …

    IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials 141(6), 367-372, 2021

    J-STAGE 

  • Development and Utilization of the Grid Data Visualization Tool "MeshDataView3D"  [in Japanese]

    Takashi KIRIMURA

    <p>地域メッシュ単位で集計されたメッシュデータをGISソフトで地図に示すには,メッシュのポリゴンデータを用意したうえで結合する必要があり,場合によっては事前の加工が必要なこともある.そこで,これらの手間を省き,メッシュデータから簡易的にメッシュマップを描画する,ウェブブラウザベースの「MeshDataView3D」を開発した.本ツールでは,e-Statのデータも含めたメッシュデータを …

    E-journal GEO 16(1), 176-186, 2021

    J-STAGE 

  • Empirical Study on Dependency-related License Violation in the JavaScript Package Ecosystem

    Qiu Shi , German Daniel M. , Inoue Katsuro

    … In this paper, we first conduct an empirical study on npm - a JavaScript-based software ecosystem - to study the prevalence of dependency-related license violation. …

    Journal of Information Processing 29(0), 296-304, 2021

    J-STAGE 

  • Development of the 'MANDARA JS' GIS for Geography Education Operating on the Web Browser  [in Japanese]

    TANI Kenji

    … Google Chrome等のWebブラウザでは、JavaScript言語でユーザ自身のプログラムを動作させることができる。 … JavaScript言語とHTML5の規格に基づけば、大部分のWebブラウザで共通した動作が可能である。 … MANDARA10は、Microsoft Visual Basic .NETで開発しており、そのコードをJavaScriptに移植していく。 …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2021s(0), 31, 2021

    J-STAGE 

  • Distance learning in psychology experiment training : The implementation using jsPsych  [in Japanese]

    下木戸 隆司

    鹿児島大学教育学部教育実践研究紀要 = Bulletin of the educational research and practice, Faculty of Education, Kagoshima University (30), 135-144, 2021

    IR 

  • Programming Learning Materials using a Micro Mouse Simulator  [in Japanese]

    小山 哲明 , 蜂巣 吉成 , 吉田 敦 , 桑原 寛明

    情報教育シンポジウム論文集 (2020), 54-61, 2020-12-12

    IPSJ 

  • Development of a system for generating programming problems in a web browser  [in Japanese]

    大門 巧 , 大西 建輔

    情報教育シンポジウム論文集 (2020), 75-80, 2020-12-12

    IPSJ 

  • Picuit  [in Japanese]

    伊藤 一成

    情報教育シンポジウム論文集 (2020), 192-199, 2020-12-12

    IPSJ 

  • Web関連科目におけるAdobe Dreamweaverの活用  [in Japanese]

    藤田 徹也

    … 本稿では,筆者がWeb関連科目で演習用に利用しているAdobe Dreamweaverの諸機能のうち,HTMLドキュメントの作成,CSSの設定,JavaScript(jQuery)プログラミングを中心に紹介する。 …

    富山大学総合情報基盤センター広報 (17), 9-12, 2020-12

    IR  DOI 

  • Type-based Optimizations in Domain Specific Language Compiler for Describing JavaScript Virtual Machines  [in Japanese]

    平澤 祐太 , 岩崎 英哉 , 鵜川 始陽 , 高野 保真

    … 我々は,組込み機器上で動作するカスタマイズ可能なJavaScript仮想機械を実現するツールキットeJSTKの開発を進めている. …

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO) 13(4), 21-21, 2020-10-23

    IPSJ 

  • Optimizing Memory Allocation of Ruby Implementation by Dynamic Region Analysis  [in Japanese]

    齋地 崇大 , 前田 敦司

    … プログラムの構造を静的に解析することによって決定できる.実行の前にオブジェクトの生存期間を決定するため,ガベージコレクションによる実行時オーバヘッドの削減が期待できる.Ruby,Python,そしてJavaScriptといった動的言語は,実行時まで得られない動的な情報がプログラムに含まれるため,不要となったオブジェクトの割り付けられたリージョンを速やかに解放できる精度の高いオブジェクトとリージョンの …

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO) 13(4), 1-20, 2020-10-23

    IPSJ 

  • Deep Pyramid Convolutional Neural Networks for Detecting Obfuscated Malicious JavaScript Codes Using Bytecode Sequence Features

    Rozi Muhammad Fakhrur , Sangwook Kim , Seiichi Ozawa

    コンピュータセキュリティシンポジウム2020論文集, 940-946, 2020-10-19

    IPSJ 

  • Measuring Web Security Governance  [in Japanese]

    高田 雄太 , 熊谷 裕志 , 神薗 雅紀

    コンピュータセキュリティシンポジウム2020論文集, 947-954, 2020-10-19

    IPSJ 

  • Jact: A Playground Tool Supporting Comprehension of JavaScript Frameworks  [in Japanese]

    中島 望 , 柗本 真佑 , 楠本 真二

    JavaScriptフレームワークとは,Webのフロントエンド開発を効率化するための枠組みである.大規模なWebアプリケーションを開発する際にはフレームワークの使用が一般的であり,開発者は使用するフレームワークを適切に選択する必要がある.しかし,適切なフレームワークの選択は開発者にとって容易ではない.フレームワークは記法等の実装面および処理時間等の性能面でそれぞれ特徴がある.またフレームワーク …

    情報処理学会論文誌 61(10), 1605-1616, 2020-10-15

    IPSJ 

  • 時間割表示サイトの改良  [in Japanese]

    遠藤 拓海

    2020年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集 (2020), 2020-09-11

    IPSJ 

Page Top