Search Results 1-9 of 9

  • Regional Domination and Document Practice in the Sōma Nakamura Domain  [in Japanese]

    西村 慎太郎

    … The Sōma Nakamura Domain owned the whole region where current Shinchi-machi, Sōma-shi, Minami-Sōma-shi, Iitate-mura, Katsurao-mura, Namie-machi, Futaba-machi, and Ōkuma-machi are located, and the domain was worth 60,000-koku. …

    国文学研究資料館紀要 アーカイブズ研究篇 = The Bulletin of The National Institure of Japanese Literature, Archival Studies 50(15), 17-30, 2019-03-15

    IR  DOI 

  • Intentions and transition of inhabitants in Fukushima : The case of Futaba-gun, Katsurao-mura  [in Japanese]

    山口 紗由 , 大橋 寿美子 , 佐藤 典子 , 志村 結美 , 篠原 聡子

    日本女子大学大学院紀要. 家政学研究科・人間生活学研究科 (23), 187-195, 2017

    IR 

  • On the Current Radiation Dose Rate of TamuraCity, Fukushima, and an Estimation of Internal Accumulation of 137Cs from Daily Foods Intake and Density in Urine  [in Japanese]

    唐沢 治

    … 1) The γ-ray level of Tamura City is 1.5 times higher than last year, i.e. averaged around 3.5-5.4μ Sv/h, and β-ray level is 775E-09 Ci/Kg and over and 191par/cm2・min to 270par/cm2・min at a point of Katsurao-mura about 10km far from the Futabamachi. …

    帝京平成大学紀要 = Journal of Teikyo Heisei University 25, 51-62, 2014-03

    IR 

  • Design Deveropment of weather monitoring equipment "WeatherBucket"  [in Japanese]

    Kimura Kenichi , Akita Junichi , Toda Masashi , Nanjyo Hiroshi , Onodera Noriyuki

    身近な気象を自動的に観測して予測を可能にする電子百葉箱ウェザーバケット(図1)を開発した。開発の発端は福島県葛尾中学校の理科教師と筆者らが作ったインターネット版「電子百葉箱」である。これを原型に、文部省(当時)の電子百葉箱プロジェクト(teiten2000)で半製品化を行った。我々のコンソーシアムはPICNICの採用による小型化で開発を継承し、手作り可能な気象観測機の開発・普及計画(ecopic. …

    Annual Design Review of Japanese Society for the Science of Design 11(1), 2-5, 2006

    J-STAGE  Cited by (1)

  • 葛尾村マルチメディアビレッジ事業におけるテレビ電話の受容について--遠隔学習を中心として  [in Japanese]

    若松 茂 , 関口 修 , 宮本 忍

    Media and education (7), 85-101, 2001

  • Studies of the Acceptance of Video-phone Use in Distance Learning at Katsurao-mura Multimedia Village  [in Japanese]

    若松 茂 , 関口 修 , 宮本 忍 , ワカマツ シゲル , セキグチ オサム , ミヤモト シノブ , Shigeru Wakamatsu , Osamu Sekiguchi , Shinobu Miyamoto

    平成10年度から3年間の、「葛尾村マルチメディアビレッジ事業」を研究の対象とした。公共施設や学校の他、村内全戸に配備された双方向画像伝送装置(テレビ電話)を利用する、郡山女子大学から多地点の葛尾村村民宅への遠隔学習講座や、村内小・中学校へのアメリカ人教師による英語の遠隔授業の試行状況を調査し、IT(情報通信技術)の一環としてテレビ電話の教育利用について研究を進めた。あわせてテレビ電話に対する、村民 …

    メディア教育研究 (7), 85-101, 2001

    IR 

  • Studies of the Acceptance of Video-phone Use in Distance Learning at Katsurao-mura Multimedia Village  [in Japanese]

    Wakamatsu Shigeru , Sekiguchi Osamu , Miyamoto Shinobu

    平成10年度から3年間の、「葛尾村マルチメディアビレッジ事業」を研究の対象とした。公共施設や学校の他、村内全戸に配備された双方向画像伝送装置(テレビ電話)を利用する、郡山女子大学から多地点の葛尾村村民宅への遠隔学習講座や、村内小・中学校へのアメリカ人教師による英語の遠隔授業の試行状況を調査し、IT(情報通信技術)の一環としてテレビ電話の教育利用について研究を進めた。あわせてテレビ電話に対する、村民 …

    Media and education 7, 85-101, 2001

  • Studies on Collaborated Distance Learning by Video Phone at Katsurao-mura Multimedia Village  [in Japanese]

    WAKAMATSU Shigeru , MIYAMOTO Shinobu

    公共施設や学校のほか、村内全戸(470世帯)にテレビ電話を設置し、教育はもとより、福祉や行政など人間生活の全般に活用を図る、葛尾村マルチメディアビレッジ事業が平成10年6月にスタートした。本報告では、平成10年12月から同11年2月にかけて実施した、テレビ電話の多地点接続による村民宅への遠隔生涯学習講座について概要を報告する。学習のための移動を必要とせず、寛げる反面、緊張感が減退するなど、在宅学習 …

    Japnese Journal of Educational Media Research 6(2), 87-99, 2000

    J-STAGE 

  • Acceptance and Daily Use of Video Phone At the First Stage of Katsurao-Mura Multimedia Village Project  [in Japanese]

    WAKAMATSU Shigeru , MIYAMOTO Shinobu

    公共施設や学校のほか、村内全戸(470世帯)にテレビ電話を設置し、教育はもとより、福祉や行政など人間生活の全般に活用を図る葛尾村マルチメディアビレッジ事業がスタートし、1年数ヶ月を経過した。本報告においては、平成10年10月に実施した村民宅への訪問調査による、初期段階でのテレビ電話の受容の状況をまとめ今後を展望した。本年度も継続調査を計画しているが、現在のところ基調に大きな変化は認められていない。

    Japnese Journal of Educational Media Research 6(1), 77-81, 1999

    J-STAGE 

Page Top