Search Results 1-20 of 126

  • From Practice to Research, from Research to Practice  [in Japanese]

    中嶋 哲彦 , NAKAJIMA Tetsuhiko

    … From April 1998 to March 2020, I have been engaged in research and education on education administration, school law, and education policy at the Graduate School of Education and Development Sciences, Nagoya University. …

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要. 教育科学 66(2), 1-32, 2020-03-31

    IR  DOI 

  • A Practical Report : The Reading of A Christmas Carol  [in Japanese]

    宇佐見 太市

    … This article is not a scholarly paper but a practical report of a literary classwork of the Faculty of Foreign Language Studies in Kansai University. … In the classroom work, the author of this article takes up A Christmas Carol written by Charles Dickens (1812-70) , a British novelist. … The reading of A Christmas Carol in the class needs to be approached from the linguistic and literary standpoints to the reading comprehension. …

    関西大学外国語学部紀要 = Journal of foreign language studies (22), 15-33, 2020-03

    IR 

  • Findings from Seminar Activity "War and Peace"  [in Japanese]

    宇多 智之 , ウダ トモユキ , Uda Tomoyuki

    Journal of global media studies 26, 43-63, 2020-03

    IR 

  • Assessing the usability of the "HUG Your Baby" parenting support program  [in Japanese]

    KASHIWABARA Yurie , SHIMPUKU Yoko , HORIUCHI Shigeko

    <p><b>目 的</b></p><p>本研究は,妊娠期に新生児の行動を教えるHUG Your Babyを受講した母親への質問紙とインタビューによってプログラムの有用性を評価することを目的とした。</p><p><b>対象と方法</b></p><p>本研究は質問紙調査と …

    Journal of Japan Academy of Midwifery 34(1), 14-24, 2020

    J-STAGE 

  • Barbara Petchenik children's map Competition 2019 and the oral sessions of commission on cartography and children in ICA  [in Japanese]

    Ohnishi Koji

    … 大会ごとにテーマが設定されるが、ここ数回は"We love maps"がテーマである。 … 地図上にはできる限り言葉を使わずにWe love mapsを表すこととされている。 …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2020s(0), 304, 2020

    J-STAGE 

  • Learning to love : From pedagogical love to education to love  [in Japanese]

    柏木 恭典

    … Is it possible to learn to love? … If so, then how should we learn to love? … This paper attempts to clarify the new perspective for "learning to love" beyond the old concept that is so-called "pedagogical love". … Learning to love will be a progressive approach for youths to learn to live together. …

    千葉経済大学短期大学部研究紀要 Bulletin of Chiba Keizai College (16), 11-21, 2020

    IR 

  • Articulating of Social System and Medium on Love as Passion : The current thought learning from a girl's comics 'The Full-Time Wife Escapist'  [in Japanese]

    青木 章之介

    日タイ言語文化研究 = งานวิจัยภาษาและวัฒนธรรมไทยญี่ปุ่น = Studies of Japanese-Thai languages and cultures (6), 115-128, 2019-12

  • Case Study and Discussion of Utilizing a School Library for Active Learning of Junior High School Students  [in Japanese]

    林口 浩士 , 大西 克実

    中学生の学習意欲が低下している中「生きる力」の重要視を筆頭に、社会が求める能力の変化に対応した新学習指導要領の施行が目前に迫っている。こうしたジェネリックスキルとも呼称される社会人基礎力を養成する手法として新学習指導要領内に記載されている「主体的・対話的で深い学び」を実現する効果的な手法を学校図書館司書の立場から考えた。この「主体的・対話的で深い学び」は「生きる力」を構成する課題発見力と課題解決力 …

    情報学 16(1), 1-9, 2019-06-18

    IR  DOI 

  • 当院におけるMED法導入初期の手術成績(1椎間顕微鏡下Love法との比較)  [in Japanese]

    米嵩 理 , 平川 敬 , 村上 直也 , 田中 一広

    … D法(以下MED)は腰椎椎間板ヘルニアに対する低侵襲手術であり,手術手技習得のためのlearning curveが存在することが知られている.当院で2016年1月に導入されたMEDと顕微鏡下Love法(以下Love)を比較した.対象は1椎間の腰椎椎間板ヘルニアに対し,手術を行ったMED 30例とLove 27例である.手術高位,手術時間,術中出血量,JOA-BPEQの有効率,術後CTでの骨切除範 …

    Orthopedics & Traumatology 68(3), 587-589, 2019

    J-STAGE 

  • Learning to Love Kim's Bomb : The Upside of a Nuclear-Armed North Korea  [in Japanese]

    シフリンソン ジョシュア

    Foreign affairs report 2018(12), 56-61, 2018-12

  • Contrast between Concepts to Promote Students' Awareness of Environmental Ethics in Biological Education : Focusing on the Concept of Deep Ecology and Biophilia

    山本 容子 , Yoko YAMAMOTO

    … This research makes a contrast between the concepts of deep ecology and biophilia, which are treated as concepts to promote students' awareness of environmental ethics in environmental education, especially biological education, to clarify their similarities and differences. …

    筑波大学教育学系論集 = Bulletin of Institute of Education, University of Tsukuba 43(1), 17-29, 2018-10

    IR 

  • The Equivocal Voice in Owen Wister's The Virginian  [in Japanese]

    斉藤 悦子 , Etsuko SAITO , 清泉女子大学 , SEISEN UNIVERSITY

    オーウェン・ウィスターのThe Virginian(1902)はフェニモア・クーパーのレザーストッキング物語群とともに、アメリカの西部神話の原型的作品と広く認められている。特に、西部劇のスタイルでの、カウボーイ/ガンマンが、土埃の舞い上がるうらさびれた西部の一本道で宿敵と決闘をする展開の開祖と言われている。 ウィスターは東部の上流家庭に生まれたトップエリートで、音楽を志すも許されず、神経を病んでワ …

    清泉女子大学人文科学研究所紀要 = BULLETIN OF SEISEN UNIVERSITY RESEARCH INSTITUTE FOR CULTURAL SCIENCE (39), 182-156, 2018-03-31

    IR  DOI 

  • 'Fellow Servants of the Muses' in the Later Roman Empire : Litterati and Empire  [in Japanese]

    西村 昌洋

    本稿は四世紀ローマ帝国における教養人のネットワークに焦点を当てることで、帝政後期の教養文化とローマ帝国との関連について論じる。四世紀のローマ帝国では、数多くの知識人が学業を修め帝国官僚として栄達を遂げるために帝国内を広範囲に移動していた。教養人は知人や後続のために互いに便宜を図り合っており、こうして形成された彼らの交流網は帝国規模に及ぶものだった。当時の教養が最も重んじたのは修辞学であり、修辞学の …

    史林 101(1), 9-43, 2018-01

    IR  DOI 

  • 日本での滞在経験が漢字学習動機に変容をもたらすか  [in Japanese]

    NAKAGAWA Airi

    … This study is aimed at discerning what these learners' motivation is for learning Kanji, what their Kanji-awareness-level is and what Kanji learning strategies they use before, during and after their stay in Japan. … This research is also aimed at finding out what process divides "learners who are good at learning kanji" and "learners who are bad at learning Kanji". …

    The journal of Japanese Language Education Methods 24(2), 30-31, 2018

    J-STAGE 

  • A Quantitative Approach to Late Chokusen Waka Collection  [in Japanese]

    FUKASAWA Katsuroh , SAWANOBORI Chieko

    <p> 本稿は,2017年の第25回情報知識学会年次大会において発表した「和歌集における計量分析と機械学習による判別」の続編としての研究報告である.分析対象は,鎌倉時代初期から室町時代中期までの「十三代集」と呼ばれている勅撰和歌集である.前回の発表は「八代集」であり,これで勅撰和歌集「二十一代集」の計測を完了するものである.<br/> 分析手法としては前回の研究と同様の計測 …

    Joho Chishiki Gakkaishi 28(2), 85-96, 2018

    J-STAGE 

  • Focus on "Topics in American Literature": A Love Letter to Teaching Epistolary Texts

    Bishop Katherine

    … Letters are underutilized but exceedingly valuable resources for any class but are particularly key for literature courses: they reveal important historical details, emphasize character, tone, and setting, as well as often embodying the practice of close reading. … Literature composed of letters is known as epistolary literature. …

    比較文化 = Comparative culture, the journal of Miyazaki International College (23), 20-27, 2018

    IR 

  • Normative Behavioural Economics Based on Unconditional Love and Moral Virtue  [in Japanese]

    Bhatt Vipul , 大垣 昌夫 , 矢口 裕一

    … An important difficulty in many models of behavioural economics is that preferences are endogenous and unstable. … This paper proposes unconditional love as a candidate for such a yardstick. … The concept of unconditional love, although lofty, is often hard to apply for practical policy recommendations. …

    三田学会雑誌 109(4), 575-600, 2017-01

    IR 

  • Research on knotworking-mode art education in teacher-training university:Through local cooperation classes using the "We Love Japanese Tea" project (making roasted green tea and mugs)  [in Japanese]

    HASHIMOTO Tadakazu

    次期学習指導要領で「社会に開かれた教育課程」が注目されている。その実現にむけて教員養成大学の美術教育においても専門性を持つ人材等と連携・分担し課題解決ができるようになる学びを創造できる教師の育成が求められている。そこで本研究ではユーリア・エンゲストロームの「ノットワーキング」という活動理論に着目し,北海道教育大学函館校学生と公立小学校5年生の児童・保護者による連携授業「日本茶 …

    The Journal for the Association of Art Education 38(0), 365-380, 2017

    J-STAGE 

  • Consensus-Making among Teachers for Educational Value of Artistic Learning:Analyzing the Process of Making a Rubric for Responding to Artwork (2)  [in Japanese]

    SATO Eriko

    本研究は,美術科の題材ルーブリックを作成するパフォーマンス評価の協議会において,評価者=教師の相互作用を通して「教育的価値」に関する合意が形成されてゆくプロセスを解明したものである。その際,「教育的価値」の概念に接近するため,アメリカのマックフィー,アイスナーの論考を参照した。また,教師間の相互作用にとって決定的役割を果たす「他性」に注目し,バイテルの研究に基づきその重要性を論じた …

    The Journal for the Association of Art Education 38(0), 253-265, 2017

    J-STAGE 

  • A Quantitative analysis into Waka collection and an Approach by machine learning  [in Japanese]

    FUKASAWA Katsuroh , SAWANOBORI Chieko

    <p> 本稿は,テキストマイニングの一環として,中世を代表する文学である和歌についてアプローチを試みたものである.分析対象は,平安中期から鎌倉時代初期までの「八代集」と呼ばれている勅撰和歌集である.これらの和歌の形態素での計量分析を行い,「八代集」の違いについて考察を行った.分析手法としては和歌集間での品詞使用率の統計的な差や,特に季節歌と恋歌に関して,冨士池優美氏が行っている名詞率と …

    Joho Chishiki Gakkaishi 27(2), 133-143, 2017

    J-STAGE 

Page Top