Search Results 1-20 of 149

  • Historical transition of Crown Size Index on Amami Oshima Island after the 1960s: correspondence to important forest areas  [in Japanese]

    Matsumoto Hitoshi , Inoue Natsumi , Washitani Izumi

    <p>世界自然遺産候補地である奄美大島の亜熱帯照葉樹林において、生物多様性保全上重要な森林域の指標のひとつである樹冠サイズの 1960年代以降の変遷を地図化することを試みた。 3つの時期(1965年度、 1984年度、 2008年度)に撮影された 1 / 20,000空中写真(解像度 0.4 m)に対してモルフォロジー解析による粒度分析を施し、優占する樹冠サイズを指標する「樹冠サイズ指 …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 25(1), n/a, 2020

    J-STAGE 

  • Study on <i>Planchonella obovate</i> Community around Amami-Oshima and Dune Scrub that Consists of Evergreen Broadleaf Trees on Beach  [in Japanese]

    UEDA Moeko , Hattori Tamotsu

    … and other component species of the lucidophyllous forests etc. …

    Landscape Research Japan Online 13(0), 16-19, 2020

    J-STAGE 

  • Age and radial growth of <i>Pinus thunbergii</i> in mixed pine and lucidophyllous forest at Manazuru peninsula  [in Japanese]

    Jomura Mayuko , Haijima Kento , Fujimoto Chika , Kobayashi Keiya , Kawashima Masahaaru , Maruyama Yutaka , Masaki Takashi , Igarashi Tetsuya , Asakura Kayuu , Aoki Rika

    <p>神奈川県の西南端に位置する真鶴半島には、クロマツと照葉樹が混交する50haほどの森林がある。クロマツは、1600年代に植林された樹齢300年以上のものがある一方で、数十年生の若い個体もあり、クスノキやスダジイといった照葉樹と混交している。樹齢300年以上のクロマツを含む森林は日本でも珍しく、林分構造や樹齢の分布、年輪成長の特徴を知ることは、クロマツを擁する海岸林などの管理を考える …

    The Japanese Forest Society Congress 130(0), 557, 2019

    J-STAGE 

  • Regeneration dynamics of old secondary <i>Castanopsis</i>stands with different treatments  [in Japanese]

    Sato Tamotsu , Kitaoka Satoshi

    <p> かつて薪炭林として利用されていたコジイの萌芽林はかつてないほどに高齢化、大径木化している。大径木化したコジイは、萌芽能力が著しく低下することが指摘されている。このような林分(放棄された薪炭林由来の高齢化した二次林)はどのようにして更新するのか不明な点が多く、今後の施業を考える上で造林学的及び生態学的な基礎データの集積が必要である。長崎森林管理署藤の平国有林管内にかつて設定されて …

    The Japanese Forest Society Congress 130(0), 107, 2019

    J-STAGE 

  • Temporal dynamics of aboveground net primary production following typhoon disturbances in an old <i>Castanopsis</i> coppice stand in southwestern Japan  [in Japanese]

    SATO Tamotsu , SAITO Satoshi , ARAKI Masatake G.

    高齢化して萌芽能力も低下した壮齢のコジイ二次林の純一次生産量が台風撹乱を交えた場合、どのような変動を示すのかを明らかにすることを目的とし、熊本市郊外の萌芽由来のコジイ二次林の地上部の純一次生産量 (ANPP) を39年生から57年生までの18年間にわたり計測した。18年間のANPP は平均11.96 Mg/ha/ 年であり、幼齢期(10 ~ 16年生)に同一林分で得られた平均13.33 Mg/ha …

    Bulletin of the Forestry and Forest Products Research Institute 17(4), 325-332, 2018

    J-STAGE  JASI 

  • Soil-forming Factors of Andosols after the Kikai-Akahoya Eruption in Takeshima, Kagoshima, Japan: From Relations with the <i>Pleioblastus linearis</i> Community  [in Japanese]

    INOUE Yudzuru , SUGIYAMA Shinji , OIWANE Hisashi , YAMANAKA Toshiro , MIZOTA Chitoshi

    … Vegetation succession does not progress because lucidophyllous forest vegetation cannot invade due to the high-density roots of the bamboo community, and is also inhibited by the influence of volcanic gases (mainly SO<sub>2</sub>). … This trend indicates that the bamboo community successfully outcompeted lucidophyllous forest vegetation and bamboo was sustained in the vegetation community for a long period.</p> …

    Journal of Geography (Chigaku Zasshi) 127(6), 759-774, 2018

    J-STAGE 

  • Changes of plant diversity and species composition with reference to habitat classification in recovered broad-leaved secondary forest in abandoned plantation forest after meteorological disturbance in the warm-temperate zone.  [in Japanese]

    Shimada Kazunori , Katsuki Toshio , Shiromukai Mitsuya , Iwamoto Kojiro

    <p>人工林の広葉樹林化により植物の多様性がどのように変化したかについて,検証を行うことを目的に以下の研究を行った。暖温帯域の針葉樹人工林が気象害を受けてから広葉樹二次林として自然再生していった林分について,再生0年目から30年目までの植物種数や種構成の長期経年変化について検討した。全体の種数は,気象害を受けた直後の3年間は急増したが,以降は減少し続けた。次に,種構成の経年変化を出現種 …

    Japanese Journal of Forest Environment 60(1), 11-21, 2018

    J-STAGE  JASI 

  • Long-term significance of advanced regeneration of hardwoods retained through clearcutting of a conifer plantation  [in Japanese]

    Ito Satoshi , Yamagawa Hiromi , Kondo Hiroki , Hirata Ryoko

    <p>針葉樹人工林の多くが主伐期を迎える中、一部の人工林では広葉樹林化が指向されている。我々はこれまで、針葉樹人工林内の前生広葉樹が天然生林の再生と生物多様性の回復に重要な役割を果たすことを明らかにしてきた。しかしこれらの知見は伐採直後の短期的な評価に基づくものであり、長中期的な森林動態における前生樹の貢献度は評価されていない。本研究では前生樹の貢献度を中期的に検証することを目的とし、 …

    The Japanese Forest Society Congress 129(0), 567, 2018

    J-STAGE 

  • Spatial distribution patterns of oak trees attacked by Platypus quercivorus in a lucidophyllous forest in Aya, Miyazki  [in Japanese]

    Sueyoshi Tomohide , Hirata Ryoko , Ito Satoshi , Mitsuda Yasushi

    <p>2015年夏季に宮崎県内でナラ類集団枯損が発生した。2016年においても終息することはなく、2017年も被害が確認された。演者らは2016年より宮崎県綾照葉樹林において、被害発生と樹種、胸高直径、2015年被害木からの距離との関係を明らかにすることを目的として調査を行ってきた(第128回日本森林学会大会発表)。その結果、被害は樹種と胸高直径だけではなく前年被害木からの距離も影響し …

    The Japanese Forest Society Congress 129(0), 427, 2018

    J-STAGE 

  • Similarity in tree species diversity among warm-temperate forest equivalents in the Northern Hemisphere  [in Japanese]

    Osumi Katsuhiro

    <p>欧州、東亜、北米東岸の温帯中部域(冷温帯相当)には落葉広葉樹林が広く分布し、種組成は互いに類似する。これらは周北極要素と呼ばれ、第三紀に共通した起源をもつと考えられている。一方、温帯南部域(暖温帯相当)では、欧州や北米東岸と異なり東亜のみに明瞭な常緑広葉樹林帯が認められることから、地域間の類似性が低いことが予想される。それぞれの地域の温帯南部の森林植生を、欧州地中海北岸、日本列島 …

    The Japanese Forest Society Congress 128(0), 109, 2017

    J-STAGE 

  • Initial trends of damage expansion by the oak wilt disease in a lucidophyllous forest in Aya, Miyazki  [in Japanese]

    Sueyoshi Tomohide , Kawano Nobuki , Hirata Ryouko , Ito Satoshi

    <p>2015年夏季に宮崎県内で発生したナラ類集団枯損は、2016年においても終息することなく県内の広葉樹林に被害を及ぼした。今後の被害の拡大を防ぐためには、その被害拡大の傾向を明らかにする必要がある。そこで本研究では2年間被害が継続している綾照葉樹林において、被害木の位置と樹種を調査し、発生被害の変化を明らかにした。調査は、2016年10月から2017年2月にかけて、宮崎県東諸県郡綾 …

    The Japanese Forest Society Congress 128(0), 300, 2017

    J-STAGE 

  • Relationship Between Dynamics of a Lucidophyllous Forest and Various Environmental Factors at Aya Research Sate, in Miyazaki, Japan  [in Japanese]

    SAITO Satoshi , NAGAFUCHI Osamu , NAKAZAWA Koyomi , KANETANI Seiichi , NIIYAMA Kaoru

    <p>大気汚染,気象,病虫獣害の環境要因が宮崎県綾町の照葉樹林の森林動態に及ぼす影響を評価することを目的とし,主要樹種の動態パラメータと環境要因との関係を1991~2013年間の照葉樹林群落のモニタリングデータ(2~4年間隔で計7期間)を基に解析した。期間ごとの枯死数はヒサカキ以外の全樹種で,非常に強い台風のあった1991~1993年が最も多かった。期間の枯死数を表す一般化線型モデルで …

    ENVIRONMENTAL SCIENCE 30(3), 190-202, 2017

    J-STAGE 

  • VEGETATION CLASSIFICATION SYSTEM OF JAPANESE FORESTS : CAMELLIETEA JAPONICAE MIYAWAKI ET OHBA 1963 : 2016 EDITION  [in Japanese]

    村上 雄秀 , 中村 幸人 , 鈴木 伸一

    生態環境研究 23(1), 9-21, 2016-12

  • Establishment of laurel forest vegetation in adjacent secondary forest in central Japan

    Sasaki Keiko , Ichinose Tomohiro , Doko Tomoko [他]

    Landscape and ecological engineering : official journal of the International Consortium of Landscape and Ecological Engineering (ICLEE) 12(1), 61-72, 2016-01

  • Comparison of species composition and species richness among <i>Cryptomeria japonica</i> plantations, secondary lucidophyllous forests, and primeval lucidophyllous forests in the lowland parts of Yakushima Island, south Japan  [in Japanese]

    KURODA Asumo , ISHIDA Hiroaki , IWAKIRI Koji , FUKUI Satoshi , HATTORI Tamotsu

    1. 屋久島低地部のスギ人工林における照葉樹林構成種のハビタットとしての機能について検討するために,下層植生(低木層および草本層)の発達したスギ人工林を対象に,植生調査を行った.この下層の発達したスギ人工林の種組成および種多様性(種多様性の尺度は調査区あたりの出現種数)の特徴を明らかにするために,先行研究で収集された照葉二次林,照葉原生林の植生調査資料を用い,3森林タイプ間で比較解析を行った.&l …

    Vegetation Science 32(2), 95-116, 2015

    J-STAGE 

  • Species composition of an artificial lucidophyllous forest conserved as a shrine forest of the Nishinomiya Shrine in Nishinomiya City, Hyogo Prefecture  [in Japanese]

    ISHIDA Hiroaki , KURODA Asumo , HATTORI Tamotsu

    1. 兵庫県西宮市の市街地に位置する西宮神社の境内には,植栽由来のクスノキ(樹齢数百年)が優占する照葉人工林(以下,西宮神社林)が分布している.若齢の照葉人工林を対象とした研究はこれまでに数多く行われているが,西宮神社林のような高齢の照葉人工林を詳しく調査し,その種組成の特徴について検討した例はまだみられない.<br>2. 本研究では,西宮神社林の植物相調査と植生調査を実施し,これらの …

    Vegetation Science 32(2), 123-129, 2015

    J-STAGE 

  • Aya Lucidophyllous Forest Project  [in Japanese]

    相馬 美佐子

    國立公園 = National parks (723), 7-10, 2014-05

  • Stand structure of the subtropical natural forest in the Yambaru area of Okinawa Island : a comparison of a 60-year-old secondary forest and a mature non-clear-cut forest  [in Japanese]

    Takashima Atsushi , Oshima Junko , Kudaka Masakazu , Saito Kazuhiko

    <p>第2優占種のイジュは,60年生二次林の幹本数密度が非皆伐成熟林よりも大幅に低かった。その他にも,60年生二次林ではイスノキの再生が遅れ,オキナワウラジロガシの定着がほとんど見られないなど,非皆伐成熟林とは林分構造が大きく異なることが明らかになった。さらに,非皆伐成熟林のほうが,単位面積あたりの出現樹種数が明確に豊富であった。やんばる地域では,原生的な森林は限定的であるうえに分断さ …

    Japanese Journal of Forest Planning 48(1), 27-24, 2014

    J-STAGE 

  • Stand Structure of an Abandoned Deciduous Broadleaf Secondary Forest Adjacent to Lucidophyllous Forest and Agricultural Fields.  [in Japanese]

    Azuma Wakana , Iwasaki Ayako , Ohsugi Yoshihiro , Ishii Hiroaki

    都市近郊の孤立林や放棄林ではしばしば偏向遷移が問題視されるが,遷移の方向は周辺の景観によって異なると考えられる。本研究では耕作地および照葉樹林(コジイ自然林およびウバメガシ二次林)に隣接する管理放棄された落葉広葉樹林(コナラ二次林)において,5年間の林分構造の変化および林縁効果を調べた。二次林では5年間で常緑樹の個体密度および胸高断面積合計が増加し,胸高直径の小さい落葉樹が枯死した。また,耕作地に …

    Journal of the Japanese Forest Society 96(2), 75-82, 2014

    J-STAGE  JASI 

  • Recent changes of diameter growth of main species in lucidophyllous forests  [in Japanese]

    Saito S , Niiyama Kaoru , Kanetani Seiichi

    越境汚染物質の西南日本の森林への影響を明らかにするために,照葉樹林主要樹種の近年の直径成長パターンを解析した。宮崎県綾町および鹿児島県屋久島の照葉樹林に設置された LTER サイトから種陽樹種のイスノキ,タブノキ,スギ,モミ,ツガ,ウラジロガシなどから成長錐コアを採取し年輪幅を計測した。単年ごとのノイズを除くためノンパラメトリック回帰をもちいて、成長錐コアの年輪幅の直近60年の時系列変化の傾向を解 …

    The Japanese Forest Society Congress 124(0), 347, 2013

    J-STAGE 

Page Top