Search Results 1-20 of 239

  • Development of the composition strategies use in argumentative writing scale for undergraduate students  [in Japanese]

    田中 光 , 上山 瑠津子 , 山根 嵩史 , 中條 和光

    This study developed a scale to capture the conscious use of writing strategies that undergraduate students employ when they write argumentative essays. The questionnaire survey was conducted with 202 …

    広島大学心理学研究 (19), 97-109, 2020-03-31

    IR  DOI 

  • A Fundamental Study on the Period for Integrated Studies that Contributes to the Cultivation of Non-cognitive Skills  [in Japanese]

    加藤 智

    近年,「非認知的スキル(non-cognitive skills)」が国際的に注目されている。我が国においても,今次改訂の学習指導要領では,育成を目指す資質・能力の一つに,学びを人生や社会に生かそうとする「学びに向かう力,人間性等」が掲げられた。我が国では,とりわけ総合的な学習の時間が非認知的スキルの育成に重きを置いているが,総合的な学習の時間の取り組みには多くの課題がある。本研究は,近年の研究で …

    教科開発学論集 (8), 17-28, 2020-03-31

    IR 

  • An Attempt to Develop Learning Activity on Meta-cognition in Creative Writing Instruction in Japanese Classes of Elementary School : Utilizing Modeling Play in Making Picture Books  [in Japanese]

    井口 あずさ

    比治山大学・比治山大学短期大学部教職課程研究 Review of the research on teachers training 6, 201-214, 2020-03

  • Development of the Composition Strategies Use in Argumentative Writing Scale for 5th-6th Grade Elementary School Students  [in Japanese]

    TANAKA Hikaru , UEYAMA Rutsuko , YAMANE Takashi , CHUJO Kazumitsu

    <p>本研究では,小学校5,6年児童を対象とする意見文産出方略使用の程度を測定する尺度を開発した.研究1では,5,6年児童426名に対して意見文産出時の方略使用に関する質問紙調査を行った.探索的因子分析を行い,読み手意識,反対意見の考慮,文章の構成,自分の意見の表明,校正・校閲の5因子からなる意見文産出方略が見出された.尺度の妥当性を検討するため,意見文産出の自己効力感,意見文を書く主 …

    Japan Journal of Educational Technology 44(1), 49-58, 2020

    J-STAGE 

  • Development and Effect of 'International Exchange Curriculum' Utilizing Tablet PC at Elementary School  [in Japanese]

    KIMURA Akinori , KUROKAMI Haruo , TANIGUCHI Kiho

    本研究では,小学校におけるタブレットPCを活用した国際交流プログラムによって,期待する資質・能力がどのように変容するかを調査した。開発したプログラムでは,日本とオーストラリアの小学校を対象として,「相手国の文化を理解する」ことをテーマとした探究的な学習過程を組んだ。この中で3度に渡ってタブレットPCのビデオ通話機能(音声と動画で通話をする機能をビデオ通話機能とする)を活用した交流を行った。この交流 …

    Japanese Journal of Educational Media Research 26(2), 1-17, 2020

    J-STAGE 

  • Why Pharmacists Need Education in the Humanities: A Medical Professional Educator's Viewpoint  [in Japanese]

    Arita Etsuko

    … Furthermore, the humanities are useful to help pharmacists acquire meta-cognition.</p> …

    YAKUGAKU ZASSHI 140(3), 411-414, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Formation Process of Mnemonic Cues on Iterative Learning-Recognition Task  [in Japanese]

    山根 嵩史

    記憶課題遂行時のメタ認知的モニタリングに対する手がかり利用アプローチによると,学習者が自らの学習過程に関する判断を行う際,学習の初期には項目の提示時間や親密度などの情報が手がかりとされるが,学習が進むにつれて,これらの手がかりが統合された表象(記憶手がかり)に基づく, ヒューリスティックな判断を行うようになるとされている.本研究では,刺激項目の特徴(モーラ数, 親密度)を操作し,項目リストの学習- …

    川崎医療福祉学会誌 = Kawasaki medical welfare journal 29(2), 293-304, 2020

    IR  DOI 

  • Teaching method of Japanese language education to raise students who perform meta-cognition : Through the class of "Tsurezuregusa,Ninnaii niaru houshi"  [in Japanese]

    永吉 寛行

    研究紀要 = Journal of the Center for Collaboration and Development in Educational Practice and Management (28), 63-78, 2020

    IR 

  • The Narrative Approach for PM Education  [in Japanese]

    伊藤 衡 , 当麻 哲哉

    プロジェクトマネジメント学会誌 = Journal of the Society of Project Management 21(2), 26-31, 2019-04

  • Consideration of Deep Learning in Flipped Classroom  [in Japanese]

    金西 計英

    2000 年以降,国内の高等教育機関において,アクティブラーニングの導入が進んだ。アクティブラーニングの効果について,検証方法は確立したとは言い難い。そこで,本研究では,徳島大学で初年次の学生を対象におこなわれている反転授業を取り上げ,深い学びの効果についての検証をおこなう。我々は,深い学びは,メタ認知によるものと考える。本稿では,阿部らが開発した成人用メタ認知尺度を用いメタ認知の調査をおこなった …

    徳島大学大学開放実践センター紀要 28, 25-33, 2019-03

    IR 

  • Changing Mechanics Concept of the Special Support Junior School Students by Utilizing Cognitive Counseling  [in Japanese]

    石川 聡子 , 川瀬 萌加 , 岩崎 弘

    特別支援学校中等部の生徒を対象に,認知カウンセリングの手法を活用して力学概念についての理科指導をおこなった。力学概念についての一般的な誤概念を類型化し,誤概念の変容に向けた指導方法をまとめた指導カードを作成し,アセスメント結果をもとにして認知カウンセリングをおこなった。一部の学習者は,体験から得られた概念との類似点を比喩的に説明することで概念変容につながるとともに,認知カウンセリングによって自分の …

    大阪教育大学紀要. 総合教育科学 = Memoirs of Osaka Kyoiku University 67, 13-23, 2019-02

    IR  DOI 

  • Development of the composition strategies use in argumentative writing scale for undergraduate students  [in Japanese]

    田中 光 , 上山 瑠津子 , 山根 嵩史 , 中條 和光

    広島大学心理学研究 = Hiroshima psychological research (19), 97-109, 2019

  • Necessity of meta-cognition ability for improvement of performance technique  [in Japanese]

    髙橋 由起

    足利短期大学研究紀要 39(1), 37-41, 2019

  • Harmony difference beauty (WASABI) of year 40  [in Japanese]

    伊藤 七男

    足利短期大学研究紀要 39(1), 1-16, 2019

  • Factors Affecting Children's Variable Control Ability in Science Education  [in Japanese]

    NAKAMURA Daiki , MATSUURA Takuya

    <p>本研究は,理科の問題解決における条件制御能力に影響を及ぼす要因を明らかにすることを目的とした。構造方程式モデリングによる量的分析と授業時の発話の質的分析を行い,因果関係を検討した結果,条件制御能力に直接的な影響を及ぼす変数として「科学的思考力」「教師との関わりによるメタ認知」が明らかになった。また,「認知欲求」はメタ認知を媒介して条件制御能力に間接的な影響を及ぼすことが明らかにな …

    Journal of Research in Science Education 60(2), 385-395, 2019

    J-STAGE 

  • Case Study Focusing on Learners' Preconceptions and Changes in Their Concepts of Angle of Friction:—From a Constructivism Perspective—  [in Japanese]

    NAKANO Sumiaki

    <p>構成主義的学習観に立つと,教授者には,学習者が有する既有概念を把握することが求められる。物理分野においても,これまで様々な既有概念が調査されてきたが,摩擦角に関する報告例は見られない。そこで,本研究では,摩擦角について学習する直前段階の学習者が,どのような既有概念を持ち合せて当該学習に向かうのかを調査した。具体的には,粗い板の上に置かれた木片がある傾斜角で滑り出す時,その木片上に …

    Journal of Research in Science Education 60(1), 143-152, 2019

    J-STAGE 

  • Sociality Embedded in Picture Book Reading Activities  [in Japanese]

    FUJIMORI Yuji , YOSHINAGA Asato

    … As a result, each reading experience is renewed and connected to the next reading of picture books.</p><p>Through those activities, children will develop their social being, stimulate their meta-cognition, and will be more inclined to display meaningful self-expression.</p> …

    The Science of Reading 61(2), 64-76, 2019

    J-STAGE 

  • Consideration of producing artificial intelligence as a base for autonomy  [in Japanese]

    HIRAKATA Masaru , TANIGUCHI Tomoyuki , MA Chong

    <p>人工知能研究の目標の一つに,人間の知能はいかにしてコンピュータによってシミュレートできるかがある.しかしながら,人間の認識メカニズムや知能は複雑で,まだまだ解明されていないことがある.人工知能研究は,他の学問領域とともに進歩してきたと思われるし,今後も研究分野を超えた横断的な成果の活用が,人工知能研究を発展させていくと確信する. 本稿では,人間の認識メカニズムについて研究してき …

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2019(0), 4A3J101-4A3J101, 2019

    J-STAGE 

  • How to measure the Motivation for Learning?:― Competency Analysis by Questionnaire ―  [in Japanese]

    SAITO Yu , NEHA Yoko

    2018年度,中央大学附属高等学校がSSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定となったことを受け,課題研究のひとつとしてコンピテンシー・ベースの観点別評価体制の開発を行うこととなった.本稿は,上記課題研究に基づいて行われたアンケート調査の経緯と,分析の全容についてまとめたものである.アンケート結果を分析したところ,高校生が抱える資質・能力面での課題項目を抽出することができた.

    Research Report of Informatics Education 1(0), 8-17, 2019

    J-STAGE 

  • Extraction of Misconception on Inelastic Collision and the Correction Strategy for the Misconception  [in Japanese]

    NAKANO Sumiaki

    <p>本研究では,衝突現象の中でも身近な「球体と壁との非弾性衝突」に関する誤概念について,その抽出と修正方略の検討・実践を試みた。まず,球体の運動方向と壁とのなす角度(衝突角度,はね返り角度),及び球体の速さについて,衝突前後の変化を尋ねる誤概念調査(事前調査)を実施し,当該現象に関する誤概念を抽出した。その結果を踏まえ,誤概念から科学的概念への概念修正を促すべく,誤概念の明確化と誤概 …

    Journal of Research in Science Education 59(3), 423-430, 2019

    J-STAGE 

Page Top