Search Results 1-20 of 37

  • 1 / 2
  • Deep web, dark web, dark net:A taxonomy of "hidden" Internet

    Hatta Masayuki

    … However, as terms such as deep web and dark net, which have different meanings, have been used in similar contexts, discussions related to the dark web tend to be confusing. …

    Annals of Business Administrative Science 19(6), 277-292, 2020

    J-STAGE 

  • Consideration of Democracy and Structural Change of Energy Environment  [in Japanese]

    山本 達也 , ヤマモト タツヤ , Tatsuya YAMAMOTO

    … 近年では、自然科学の研究者から正味エネルギー分析(net energy analysis)を政策立案・分析の標準的ツールとして用いるべきだという主張もなされている。 …

    清泉女子大学人文科学研究所紀要 = Bulletin of Seisen University Research Institute for Cultural Science (37), 82-66, 2016

    IR 

  • An Integrated System Architecture for Information-Range Control

    SAWADA Yasuharu , SHINKUMA Ryoichi , KASAI Hiroyuki , YAMAGUCHI Kazuhiro , SALVADORI Elio , TAKAHASHI Tatsuro

    情報通信技術の発展にともなって、個人さえもインターネット上で情報を容易に発信できるようなプラットホームが広がっている。情報の爆発的な増加に対し、インターネット自身が情報の到達範囲を制御できるような機能を有することが望ましい。SNS(Social Networking Service)は、情報発信者・受信者の関係から情報の到達範囲を制御する機能をアプリケーションレベルで実現している。しかし、物理ネッ …

    Technical report of IEICE. CQ 112(218), 7-12, 2012-09-27

  • Private Information Exchange Architecture for Ubiquitous Network Services  [in Japanese]

    今村 理 , 半井 明大 , 大澤 由憲 , 武田 敦志 , 北形 元 , 白鳥 則郎 , 橋本 和夫

    マルチメディア通信と分散処理ワークショップ2010論文集 2010(11), 74-79, 2010-10-20

    IPSJ 

  • Anonymous Query Language Retrieval

    YAMAGUCHI Hiroshi , TSUJII Shigeo

    … The scheme takes mix-net anonymous channel as its technical means to realize privacy protection for the customers and is efficient in both computational cost and communication cost. …

    IEICE technical report 109(272), 69-74, 2009-11-05

    References (17)

  • Anonymous Query Language Retrieval

    YAMAGUCHI Hiroshi , TSUJII Shigeo

    … The scheme takes mix-net anonymous channel as its technical means to realize privacy protection for the customers and is efficient in both computational cost and communication cost. …

    IEICE technical report 109(271), 69-74, 2009-11-05

    References (17) Cited by (1)

  • Verifiable Mix-net Based Voting System Enhancing Privacy of Candidates

    FURUKAWA Jun , SAKO Kazue

    本論文では,ミックスネットに基づく投票システムにおいて候補者のプライバシーを守る方法を提案する.従来のミックスネットを用いたシステムでは,その正当性の検証のために復号された投票内容がすべて,順番が無作為に入れ替えられているとはいえ,公表される.そのため,各候補者が獲得した票数が分かってしまうが,これは好ましくない場合がある.我々は,各候補者の獲得票数を隠しつつ投票内容の分布のみを出力する検証可能な …

    IPSJ SIG Notes 43, 55-60, 2008-11-28

    References (33)

  • Location Dependent Services with Anycast  [in Japanese]

    朝長 康介 , 太田 昌孝 , 荒木 啓二郎

    … あたる端末の位置情報に関しては,加入者の許可なしに位置情報が送出されないように,端末側で確認後に位置情報が送出される仕組みを提案する.実証実験においては,無線インターネットプロバイダMIAKO.netの各無線LAN基地局でエニキャストサーバを動作させた結果,既存移動体端末のWWWソフトウェアの実装変更が必要ではなかったこと,既存ルータにおいては経路制御の設定変更が不要であったことを示す.With …

    情報処理学会論文誌 49(5), 1713-1726, 2008-05-15

    IPSJ  IPSJ 

  • The Automatic Analyzing Method of a Privacy Policy Matching Engine  [in Japanese]

    KOJIMA Takao , ITAKURA Yukio

    ネットショッピング等で個人情報をユーザ(情報提供者)が企業(情報利用者)に提供する場面を想定する。企業のプライバシーポリシーを自動分析でき,ユーザの提供意図と企業のプライバシーポリシーをマッチングできる「プライバシーポリシー・マッチングエンジン」を提案する.本システムでは企業だけでなくユーザも提供意図を記述したポリシーを準備し,スタティック分析マッチング方式を利用し自動分析マッチングした結果を提供 …

    IPSJ SIG Notes 2008(21), 91-96, 2008-03-06

  • The Automatic Analyzing Method of a Privacy Policy Matching Engine  [in Japanese]

    KOJIMA Takao , ITAKURA Yukio

    ネットショッピング等で個人情報をユーザ(情報提供者)が企業(情報利用者)に提供する場面を想定する。企業のプライバシーポリシーを自動分析でき,ユーザの提供意図と企業のプライバシーポリシーをマッチングできる「プライバシーポリシー・マッチングエンジン」を提案する.本システムでは企業だけでなくユーザも提供意図を記述したポリシーを準備し,スタティック分析マッチング方式を利用し自動分析マッチングした結果を提供 …

    IPSJ SIG Notes 134, 91-96, 2008-03-06

    References (14)

  • 3MN : An Anonymous Communication System Based on Multiple Encryption and Probabilistic Selections of Actions  [in Japanese]

    MIYAKE Naoki , ITO Yoshimichi , BABAGUCHI Noboru

    … は,送受信者双方の匿名性を保持できるが,暗号化・復号化処理の回数が多いという問題がある.また,メッセージを他の中継ノードに中継させるかどうかを確率に基づき選択するCrowdsでは,通信に要する負荷は小さいが,受信者の匿名性に問題がある.本稿では,確率的動作選択と多重暗号化方式を併用することで,少ない暗号化・復号化処理回数で送受信者双方の匿名性を保持できる新たな匿名通信方式3MN(3-Mode Net)を提案する. …

    IPSJ SIG Notes 34, 389-394, 2006-07-21

    References (10)

  • 3MN : An Anonymous Communication System Based on Multiple Encryption and Probabilistic Selections of Actions  [in Japanese]

    MIYAKE Naoki , ITO Yoshimichi , BABAGUCHI Noboru

    … は,送受信者双方の匿名性を保持できるが,暗号化・復号化処理の回数が多いという問題がある.また,メッセージを他の中継ノードに中継させるかどうかを確率に基づき選択するCrowdsでは,通信に要する負荷は小さいが,受信者の匿名性に問題がある.本稿では,確率的動作選択と多重暗号化方式を併用することで,少ない暗号化・復号化処理回数で送受信者双方の匿名性を保持できる新たな匿名通信方式3MN (3-Mode Net)を提案する. …

    IEICE technical report 106(176), 159-164, 2006-07-14

    References (10) Cited by (1)

  • A Note on Anonymity/Pseudonymity/Identity Management of Decentralized Identity Escrow  [in Japanese]

    TANIGUCHI Noburou , CHIDA Koji , SHIONOIRI Osamu , KANAI Atsushi

    近年,ネットでの社会活動の比重の高まりにより,オークション詐欺やフィッシングなどの問題が深刻化しつつあるため,アイデンティティ管理(ID管理)システムが改めて注目されている.他方,ID管理システムは,これまでネット社会でプライバシーや表現の自由を守ってきた匿名性を排してしまうのではないか,との懸念の声も多い.アイデンティティエスクロー(IDエスクロー)は,通常は匿名だが,必要に応じ本人性を確認でき …

    IEICE technical report 105(616), 7-12, 2006-02-23

    References (16) Cited by (2)

  • 1-out-of-LE-voting System with Efficient Computational Complexity Based on r-th Residue Encryption

    HER Yong-Sork , IMAMOTO Kenji , SAKURAI Kouichi

    … When the ballot is cancelled, the ballot-cancellation scheme should satisfy privacy and verifiability. … proposed a very efficient multi-authority election schemes which guarantee privacy, robustness, and universal verifiability at Eurocrypt'97. …

    IPSJ SIG Notes 30, 365-370, 2005-07-21

    References (10)

  • 1-out-of-L E-voting System with Efficient Computational Complexity Based on r-th Residue Encryption

    HER Yong-Sork , IMAMOTO Kenji , SAKURAI Kouichi

    … When the ballot is cancelled, the ballot-cancellation scheme should satisfy privacy and verifiability. … proposed a very efficient multi-authority election schemes which guarantee privacy, robustness, and universal verifiability at Eurocrypt'97. …

    Technical report of IEICE. ISEC 105(194), 117-122, 2005-07-15

    References (10)

  • An Implementation of ID Management Mechanism with Privacy Protection for Secure Service Platform  [in Japanese]

    WATANABE Ryu , KUBOTA Ayumu , TANAKA Toshiaki

    昨今のインターネットの普及に伴い、オークションでの詐欺行為や、プロバイダ等における情報漏洩等の問題が増加している。このため、インターネットのユーザが、安心してサービスを利用できるための認証基盤が必要とされる。著者らは、これまで、プライバシー保護を考慮した認証基盤を実現するためのID生成管理方式を提案した。本稿では、考案したID方式について説明すると共に、その具体的な実装と評価について述べる。

    IEICE technical report 105(86), 17-20, 2005-05-19

    References (4) Cited by (3)

  • A Consideration on Randomized Partial Checking Mix  [in Japanese]

    HANATANI Yoshikazu , HIEHATA Yasuhiko , SANTOSO Bagus , KUNIHIRO Noboru , OHTA Kazuo

    … いずれかで開示することにより保証する.開示の方法として, すべてのデータに対して, 左のサーバで確率p=1/2で開示する方式(確率的開示方式)と左右のサーバで半数ずつ開示する方式(開示数固定方式)がある.Mix-netの安全性は頑健性, 匿名性に注目して評価されるべきだが, 文献[1]の解析は不十分である.本稿では頑健性, 匿名性を定義し, これらの観点から上記の開示方式における, 安全性を厳密に評価した.その結果, …

    Technical report of IEICE. ISEC 104(731), 13-18, 2005-03-17

  • A Consideration on Randomized Partial Checking Mix  [in Japanese]

    HANATANI Yoshikazu , HIEHATA Yasuhiko , SANTOSO Bagus , KUNIHIRO Noboru , OHTA Kazuo

    … いずれかで開示することにより保証する.開示の方法として, すべてのデータに対して, 左のサーバで確率p=1/2で開示する方式(確率的開示方式)と左右のサーバで半数ずつ開示する方式(開示数固定方式)がある.Mix-netの安全性は頑健性, 匿名性に注目して評価されるべきだが, 文献[1]の解析は不十分である.本稿では頑健性, 匿名性を定義し, これらの観点から上記の開示方式における, 安全性を厳密に評価した.その結果, …

    IEICE technical report. Information theory 104(729), 13-18, 2005-03-17

  • A Consideration on Randomized Partial Checking Mix  [in Japanese]

    HANATANI Yoshikazu , HIEHATA Yasuhiko , SANTOSO Bagus , KUNIHIRO Noboru , OHTA Kazuo

    … いずれかで開示することにより保証する.開示の方法として, すべてのデータに対して, 左のサーバで確率p=1/2で開示する方式(確率的開示方式)と左右のサーバで半数ずつ開示する方式(開示数固定方式)がある.Mix-netの安全性は頑健性, 匿名性に注目して評価されるべきだが, 文献[1]の解析は不十分である.本稿では頑健性, 匿名性を定義し, これらの観点から上記の開示方式における, 安全性を厳密に評価した.その結果, …

    IEICE technical report. WBS, Wideband System 104(733), 13-18, 2005-03-10

    References (3)

  • A Consideration on Randomized Partial Checking Mix  [in Japanese]

    HANATANI Yoshikazu , HIEHATA Yasuhiko , SANTOSO Bagus , KUNIHIRO Noboru , OHTA Kazuo

    電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論 104(729), 13-18, 2005-03-10

    References (3)

  • 1 / 2
Page Top