Search Results 1-20 of 33

  • 1 / 2
  • Cultural Heritage Online as an Information Service for Cultural Properties  [in Japanese]

    MARUKAWA Yuzo

    <p>文化遺産オンラインは作品情報を管理するための情報登録環境を備えている。当初はポータルサイトを支えるためのバックエンドであったが,その後の開発によって文化財情報クラウドとしての機能強化がはかられている。本稿では文化遺産オンラインの情報登録サービスとウェブサービスAPIについて説明し,これらの機能を活用することによって参加館独自の情報発信がさらにひろがる可能性を示す。文化遺産オンライ …

    The Journal of Information Science and Technology Association 67(12), 628-632, 2017

    J-STAGE

  • An Interoperability Framework of Open Educational Resources and Massive Open Online Courses for Sustainable e-Learning Platform

    CHUNWIJITRA Sila , JUNLOUCHAI Chanchai , LAOKOK Sitdhibong , TUMMARATTANANONT Pornchai , KRAIRAKSA Kamthorn , WUTIWIWATCHAI Chai

    … In addition, resources can be exchanged among the third-party OER repositories by an OAI-PMH harvesting tool.</p> …

    IEICE Transactions on Information and Systems E99.D(8), 2140-2150, 2016

    J-STAGE

  • ResourceSync : A Successor of OAI-PMH  [in Japanese]

    林 豊

    カレントアウェアネス (323), 17-21, 2015-03-20

    IR DOI

  • A study of Lightweight Information Describing Object (LIDO) in Academic Resource Repository  [in Japanese]

    HAYASHI Masaharu , HORII Hiroshi , HORII Misato , TAKATA Yoshihiro , YAMAJI Kazutsuna , UEDA Hiromi , FURUHATA Toru

    文献資料およびモノ資料を含む学術資料の共有化を目的とした学術資源リポジトリ構想がある.これまでにDublin Core Metadata Element Setを拡張し,学術資源情報の記述を実現してきたが,ハーベスティング時の情報欠落に課題があった.一方,国外では博物館資料を対象とした国際的なハーベスティング・スキーマLIDOへの注目が高まっている.本稿では,学術資源リポジトリにおけるLIDO の …

    Joho Chishiki Gakkaishi 23(2), 292-297, 2013-05-25

    IR J-STAGE References (7)

  • The succession and the present of Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center : Mainly on the providing API  [in Japanese]

    HAYASHI Takanori

    農林水産研究情報総合センターでは各種のAPIを活用した図書館サービスを2003年から展開してきた。本稿では,API導入の目的と運用,またその効果について紹介する。API導入後,農林水産関係試験研究機関総合目録の2012年の検索回数を分析したところ,APIを経由した検索回数は通常のOPACでの検索回数と比較して2倍以上であったなど,利用の増加があった。また,2013年3月に行ったシステム更新において …

    Journal of Information Processing and Management 56(9), 582-591, 2013

    J-STAGE

  • The Extent of the Deep Web in Japanese Institutional Repositories  [in Japanese]

    MIYATA Yosuke , AGATA Teru , IKEUCHI Atsushi , ISHITA Emi , UEDA Shuichi

    … マッカウンら(2006)とハーゲドーンとサンテッリ(2008)は,深層ウェブの規模をOAI-PMHを用いて収集した機関リポジトリに収録された文献のメタデータを用いて計測した。 …

    Journal of Japan Society of Library and Information Science 58(2), 97-109, 2012

    J-STAGE

  • Sustainable Distribution of Metadata for Learning Content and Effective Use in Retrieval Systems  [in Japanese]

    MORIMOTO Yosuke , TSUJI Yasuhiko , YAMADA Tsuneo

    放送大学ICT活用・遠隔教育センターが運用する,学習コンテンツの共有・再利用のためのメタデータ流通システムについて,その仕組みを述ペる.メタデータは,IEEE LOM準拠の項目のほか,権利や品質保証に関する項目を追加した.持続可能な運用を行うため,コンテンツの所有機関がメタデータを付与する枠組みを提案・構築している.利用するメタデータのサブセット,およびユーザとのインタフェースを規定することにより …

    IEICE technical report 109(335), 227-231, 2009-12-04

    References (7) Cited by (1)

  • Digital Mathematics Library over digital repositories  [in Japanese]

    NAMIKI Takao , KURODA Hiraku

    日本から発行されている数学系ジャーナル類はデジタルリポジトリによって電子化されたタイトルが数多く存在する。これらを統合し、世界的な Digital Mathematics Library の枠組みへ寄与する試みを紹介する。There are huge number of mathematical journal titles in Japan and many of electronic edit …

    研究報告情報学基礎(FI) 2009-FI-96(9), 1-6, 2009-11-12

    IPSJ References (6)

  • Digital Mathematics Library over digital repositories  [in Japanese]

    行木 孝夫 , 黒田 拓

    Digital libraries (37), 18-23, 2009-11

    IR

  • New Metadata Sharing Network and a Retrieval System Using the Repository  [in Japanese]

    MORIMOTO Yousuke , SHIMIZU Yasutaka

    教材や学習モジュール、学習コースなどの学習オブジェクトの国際的な共有化を促進するために、教育用コンテンツ検索システムであるグローバル学習オブジェクト検索システムを新たに設計した。このシステムでは、メタデータを付与した国内のコンテンツの他、海外機関からメタデータを収集したコンテンツも検索できる。また、複数のページから構成されるOCWのコースウェアを、まとめて全文検索できる特徴がある。検索システムとメ …

    IEICE technical report 108(470), 13-16, 2009-02-28

    References (3) Cited by (1)

  • bXレコメンダーサービス  [in Japanese]

    西田 司

    Pharmaceutical library bulletin 54(3), 232-235, 2009

    Ichushi Web

  • Distance Technical Cooperation through JICA-Net(<Special Issue>The Use of Multimedia to Promote International Understanding and Cooperation)  [in Japanese]

    KIKUE Kenji

    … その設計では,「保存情報資源の自己説明性」と「保存情報資源の国際流通性」を実現するためにOAIS参照モデルに準拠するフリーウェアDSpaceを活用し,OAI-PMH活動に参加できるようにダブリンコアをプロトコルに採用した。 …

    Japnese Journal of Educational Media Research 16(1), 1-6, 2009

    J-STAGE

  • Role of the OAI-PMH for scientific information distribution  [in Japanese]

    YOSHIDA Satoshi , YOKOTANI Hiromi

    … デジタル資源については、メタデータが適切に作成・利用されることによって効率よく活用できると考えられ、異なるシステム間でメタデータを共通利用するために定められた規格がOAI-PMHである。 …

    Otemae journal (10), 237-257, 2009

    IR

  • The development of data collection and publication models for a digital archive in small institutions: the design of an institutional repository by an easy process  [in Japanese]

    ISHII Yasuhiro

    ネットワーク資源の拡大に伴い、研究成果や学術情報をメタデータ付与による機関リポジトリによって公開することが一般的となってきた。本稿では、軽微なハードウェア及びオープンソースでの、シンプルな機関リポジトリ立ち上げについて実証する。また、これらのネットワーク情報の管理・運営は、ほとんどの組織で図書館職員が担当するケースが多く、職員の研修はOn the Job Trainingのほか、web情報・メール …

    Memoirs of Beppu University. (49), 93-105, 2008-02

    IR

  • プロダクト・レビュー データベース構築・公開システム「InfoLib-DBR」のご紹介  [in Japanese]

    吉田 勇二

    Pharmaceutical library bulletin 53(3), 276-280, 2008

  • Access path to institutional repositories(<Special feature>Improving findability: Information access optimization)  [in Japanese]

    KAMIYA Satsuki , NONAKA Yuji , SUGITA Shigeki

    機関リポジトリは独自の集客力を持たず,外部の情報サービスシステムに集客を依存する。したがって,より多く利用されるためには,主たる閲覧利用者層として想定される研究者の日常的な情報探索行動の中で,収載文献が自然に発見されアクセスされるような経路の形成と誘導が必要となる。これを目的として実装され,リンク・リゾルバのための追加情報源として機能するAIRwayシステムを概観し,現在の被利用状況について述べ, …

    The Journal of Information Science and Technology Association 58(12), 610-614, 2008

    IR J-STAGE References (32) Cited by (3)

  • A Simple Example of Implementation of OAI-PMH Data Provider  [in Japanese]

    … This article shows an example of original implementation of OAI-PMH data provider. …

    名古屋大学附属図書館研究年報 (5), 15-34, 2007-03-31

    IR DOI

  • Metadata Extraction for Web Resources in Nagoya University  [in Japanese]

    杉木 健二 , 松原 茂樹 , 逸村 裕 , SUGIKI Kenji , MATSUBARA Shigeki , ITSUMURA Hiroshi

    … Dublin Core corresponds to OAI-PMH, which is often used as a protocolfor the exchange of the metadata, so it is easy to distribute scholarly information amongthe organizations by generating the metadata based on this set. …

    名古屋大学附属図書館研究年報 (5), 41-49, 2007-03

    IR DOI

  • DSpace: Digital Repository for Research Products(<Special Issue>A Software Toolbox for Research Activity(4))  [in Japanese]

    SUGITA Shigeki , ASOSHINA Haruo , Shigeki Sugita , Haruo Asoshina

    Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence 21(4), 463-469, 2006-07-01

    JSAI JSAI References (20)

  • Current status and future of "NDL Digital Archive Portal" -Portal service of digital archives in the "Web 2.0" era-:-Portal service of digital archives in the “Web 2.0” era-  [in Japanese]

    KYUKO Satomi , YOSHIDA Satoru , NAKAYAMA Masaki

    国立国会図書館が目指している「国立国会図書館デジタルアーカイブポータル」は,広く国のデジタルコンテンツ全体へのナビゲーションを行うことを目指すものである。平成19年度以降の稼働に先立ち,プロトタイプを構築し「統合検索」のために必要な機能の検証を行ってきた。本稿ではプロトタイプの概要を示し,さらに今後の方向性について述べる。デジタルアーカイブを保有する各機関にWebサービスによるサービス提供機能の実 …

    Journal of Information Processing and Management 49(6), 313-323, 2006

    J-STAGE

  • 1 / 2
Page Top