Search Results 1-20 of 1390

  • Error-oriented Mutant Reduction and Mutant Weighting for Reliable Mutation Testing  [in Japanese]

    徳本 晋 , 本位田 真一

    … れるエラーの種類を網羅するようなミュータントを選択することと,選択されたミュータントに重み付けをすることで過剰なミュータント削減を防ぐ高信頼なミューテーションスコアの計測方法を提案する.OSSを用いて評価した結果,既存手法よりも削減量は劣るものの,貪欲法によるミュータント選択方法により約40%の実行時間の削減効果が得られた.また,過剰なミュータントの削減の影響を評価するために,バ …

    情報処理学会論文誌 61(4), 945-956, 2020-04-15

    IPSJ 

  • Empirical Study of Uncertainty Focusing on Revert  [in Japanese]

    村岡 北斗 , 鵜林 尚靖 , 亀井 靖高 , 佐藤 亮介

    … コミットではバグの原因が不確かであるため,その対応としてrevertを行ったものが多く存在し,revertedコミットでは例外対応したコミットが後にrevertされるケースが多いことが分かった.一方,RQ2については,OSSプロジェクトに存在する不確かさを,例外的な内容の不確かさ,バグと関連した不確かさ,将来的な変更についての不確かさ,変更内容に対する不確かさ,コードの内容に関わる不確かさの5つに分類すること …

    情報処理学会論文誌 61(4), 918-929, 2020-04-15

    IPSJ 

  • Anti-pattern Detection Based on Repository Mining  [in Japanese]

    市井 誠 , 川上 真澄

    … ,変更の分散(Shotgun Surgery),肥満児(The Blob),重複したコード(Duplicated Code)の3種類のアンチパターンを検出する.提案手法の評価のため,C言語およびC++言語で記述された,大規模なオープンソースソフトウェア(OSS)および組込みシステム製品のソフトウェアを用いた適用実験を行った.組込システム製品の開発者ヒアリングにより,開発者の問題意識に適合したアンチパターンを検出できることを確認した. …

    情報処理学会論文誌 61(4), 908-917, 2020-04-15

    IPSJ 

  • A Defect Prediction Method for Software Changes Based on Coding Style Violation Metrics  [in Japanese]

    名倉 正剛 , 田口 健介 , 高田 眞吾

    … 目した.本研究では,予備実験によりこのメトリクスの利用でプロジェクトによらず不具合混入を予測できることを明らかにしたうえで,このメトリクスを利用した不具合予測手法を提案する.提案手法は,OSSプロジェクトからこのメトリクスにより算出した値と不具合混入との関連を教師データとして利用し,教師あり学習で予測する.評価実験により,予測対象プロジェクトと異なるプロジェクトデータの学習に …

    情報処理学会論文誌 61(4), 895-907, 2020-04-15

    IPSJ 

  • Migration and Multilingualism  [in Japanese]

    宋 恵媛

    アジア太平洋レビュー = Asia Pacific Review (16), 18-33, 2020-01-15

    IR  DOI 

  • Comparison of the vertical bone defect healing abilities of carbonate apatite, β-tricalcium phosphate, hydroxyapatite and bovine-derived heterogeneous bone

    SATO Nobuya , HANDA Keisuke , VENKATAIAH Venkata Suresh , HASEGAWA Tatsuya , NJUGUNA Mary M. , YAHATA Yoshio , SAITO Masahiro

    … The purpose of this study was to examine the bone regeneration abilities of various bone substitutes including Cytrans, Cerasorb, Neobone and Bio-Oss in a 3-wall bone defect animal model. …

    Dental Materials Journal 39(2), 309-318, 2020

    J-STAGE 

  • Protective effects of anti-oxidative stress antibody on mice after lipopolysaccharides injection  [in Japanese]

    Qiao Handong , Gao Shangze , Wake Hidenori , Liu Keyue , Teshigawara Kiyoshi , Mori Shuji , Nishibori Masahiro

    … In the present study, we will report the beneficial effects of one mAb against oxidative stress substance (OSS) on endotoxemia mice model. … The mice were treated with PBS, anti-KLH Ab (1mg/kg) or anti-OSS Ab (1mg/kg) 1 hour after LPS injection. …

    Proceedings for Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society 93(0), 2-P-224, 2020

    J-STAGE 

  • Practical training of pharmacokinetics with an web-based simulation application  [in Japanese]

    Hara Ichie , Suzuki Hiroaki , Kusakari Shinya , Matsuoka Masaaki

    <p>薬理学におけるコンピューターを用いたシミュレーション演習は,動物や生身の人体を用いずに行える学生実習方法であるというだけでなく,実際の臨床においても書物で得た知識を活用するための効率的な手段の一つである.東京医科大学薬理学分野では,薬物の個別治療に欠かせない薬物動態学の概念を視覚的に理解させる目的で,血中濃度シミュレーション実習を行っている.導入当時は学内コンピューターを用いて実 …

    Folia Pharmacologica Japonica 155(1), 51-55, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Survey of WebWolf Exercises Contents for Use in Higher Education Institutions  [in Japanese]

    牧 宣彰 , 畑谷 成郎 , 駒野 勝己 , 渡辺 嶺 , 盛 宸 , 石川 大輔 , 慎 祥揆 , 瀬戸 洋一

    コンピュータセキュリティシンポジウム2019論文集 (2019), 1434-1439, 2019-10-14

    IPSJ 

  • An Investigation for Japanese Android Platform Related to Hardware-Backed Key Management  [in Japanese]

    磯部 光平 , 坂本 一仁 , 葛野 弘樹

    コンピュータセキュリティシンポジウム2019論文集 (2019), 1140-1147, 2019-10-14

    IPSJ 

  • The Truth About OSS-FRAND : By All Indications, Compatible Models in Standards Settings  [in Japanese]

    Kappos David J. , 事務局 [訳]

    A.I.P.P.I. = 一般社団法人日本国際知的財産保護協会月報 : Journal of the Japanese Group of the International Association for the Protection of Intellectual Property 64(10), 845-850, 2019-10

  • Forum : Day of Harmony, Day of Strife : The Padstow Obby Oss Festival in Southwest England  [in Japanese]

    ギル トム

    【フォーラム/Forum】

    研究所年報 (22), 57-66, 2019-10

    IR 

  • SumMag: Design and Implementation of an Analyzer an Extension Mechanism by Meta-programming Using Elixir Macros  [in Japanese]

    山崎 進 , 久江 雄喜

    … で,SumMagの実装に用いた.原理としてはパイプライン化された1つ以上のmap関数の適用をまとめて抽出して関数として分離し,元のElixirコードの該当部分を抽出した関数への呼び出しに置き換える.このときにmap関数で適用される関数をElixirコードのレベルでインライン展開し,かつmap-mapフュージョンを行う.近い将来課題としては,Hastegaの残りの機能を実装してファーストリリースとして完成させOSSとして公開する. …

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO) 12(3), 7-7, 2019-09-18

    IPSJ 

  • Cross-Project Software Defect Prediction Using Deep Learning  [in Japanese]

    川田 秀司 , 安田 康二 , 山下 剛 , 山元 和子

    ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2019論文集 (2019), 237-244, 2019-08-22

    IPSJ 

  • コーディング規約違反メトリクスに基づくソフトウェア変更に対する不具合予測手法の提案  [in Japanese]

    名倉 正剛 , 田口 健介 , 高田 眞吾

    ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2019論文集 (2019), 190-198, 2019-08-22

    IPSJ 

  • 類似した開発者の分類と不具合予測におけるその効果  [in Japanese]

    北村 紗也加 , 近藤 将成 , 水野 修

    ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2019論文集 (2019), 180-189, 2019-08-22

    IPSJ 

  • ミュータント削減手法の高信頼化に向けて  [in Japanese]

    徳本 晋 , 本位田 真一

    ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2019論文集 (2019), 106-115, 2019-08-22

    IPSJ 

  • 集合知を用いた深層学習による自動バグ修正  [in Japanese]

    高橋 裕太 , 鵜林 尚靖 , 佐藤 亮介 , 亀井 靖高

    ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2019論文集 (2019), 87-96, 2019-08-22

    IPSJ 

  • Revertに着目した不確かさに関する実証的分析  [in Japanese]

    村岡 北斗 , 鵜林 尚靖 , 亀井 靖高 , 佐藤 亮介

    ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2019論文集 (2019), 31-40, 2019-08-22

    IPSJ 

  • 前処理命令解析と関数呼出し解析に基づく機能スイッチ特定  [in Japanese]

    相澤 遥也 , 森園 宏紀 , 小林 隆志

    ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2019論文集 (2019), 22-30, 2019-08-22

    IPSJ 

Page Top