Search Results 1-15 of 15

  • How we do it-what is effective PR?: practice of public relations for the database "Nikkei BP"  [in Japanese]

    藤村 三枝

    医学図書館 56(2), 136-140, 2009-06

    Ichushi Web 

  • Multipronged use of link resolver.::—Using link resolver from other applications. —

    HAYASHI Takanori

    近年における学術情報の急激な電子化、特に一次情報である電子ジャーナルの普及はめざましい。これらの電子情報資源へは、抄録・索引データベースやOPACのような書誌所在データベースの検索結果からリンクリゾルバと呼ばれるツールを介して、自機関で利用可能な電子ジャーナルなどの情報資源へ利用者を適切に誘導することが可能となっている。本稿では、一般的なリンクリゾルバの利用方法に加え、WebブラウザであるFire …

    Preprints of the Information Professional Symposium 2008(0), 75-79, 2008

    J-STAGE 

  • The Current Aspect of Links to OPAC and Link Resolver from Ichushi-Web.

    KUROSAWA Toshinori , MATSUDA Mami

    … また、昨今、国内でも徐々に学術論文の電子化が進み、DOIなど文献ごとに固有の識別子を使用したリンクと共に、OpenURLによるリンキングが定着しつつある。 … 本稿では、医中誌WebからOPAC、リンクリゾルバへのリンクの状況、また、OpenURLの普及状況についてまとめる。 …

    Preprints of the Information Professional Symposium 2008(0), 115-119, 2008

    J-STAGE 

  • WorldCat Link Manager, Open URL Link Resolver from OCLC  [in Japanese]

    SAKAGUCHI Izumi

    OpenURLとリンクに関する技術について, 利用者と図書館の資料をつなげ, 図書館資料の可視性を高める役割を果たすOpenURLリンクリゾルバについて紹介する。 …

    Pharmaceutical library bulletin 53(2), 130-132, 2008

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Effective Management and Provision of Electronic Journals: Implementing the Serials Solutions Services:Implementing the Serials Solutions Services  [in Japanese]

    MURATA Yasuko

    … Library implemented the Serials Solutions, AMS, an e-resource access and management service, and the 360 LINK, an Open URL Link Resolver, both developed by Serials Solutions, aimed at easy management of e-resources, and providing them effectively to library patrons.<br>This report describes the implementation process and how the Serials Solutions AMS and the 360 LINK work.<br>By implementing these services, e-resource management task shave been simplified, and the …

    Igaku Toshokan 55(1), 40-45, 2008

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Access path to institutional repositories(<Special feature>Improving findability: Information access optimization)  [in Japanese]

    KAMIYA Satsuki , NONAKA Yuji , SUGITA Shigeki

    機関リポジトリは独自の集客力を持たず,外部の情報サービスシステムに集客を依存する。したがって,より多く利用されるためには,主たる閲覧利用者層として想定される研究者の日常的な情報探索行動の中で,収載文献が自然に発見されアクセスされるような経路の形成と誘導が必要となる。これを目的として実装され,リンク・リゾルバのための追加情報源として機能するAIRwayシステムを概観し,現在の被利用状況について述べ, …

    The Journal of Information Science and Technology Association 58(12), 610-614, 2008

    IR  J-STAGE  References (32) Cited by (3)

  • How to promote e-resource services in academic libraries Contents, services, and library development in Kyushu University Library:Contents, services, and library development in Kyushu University Library  [in Japanese]

    WATANABE Yukiko

    大学図書館が電子リソース・サービスを推進するために必要なことについて,九州大学附属図書館の事例に基づき提案する。コンテンツの整備では,コレクション構築のための財政基盤の確立とそれに伴う図書館の責務を自覚することが重要である。利用環境の整備では,ナレッジベースを構築し,リンクリゾルバ,電子ジャーナル集,OPACといった電子的サービスを相互に連携させることで,電子ジャーナルの視認性を向上することが可能 …

    Journal of Information Processing and Management 50(6), 343-353, 2007

    J-STAGE 

  • OpenURL Link Resolvers and Library Services in the Web Age: Early Developments and Future Directions of Cute LinQ  [in Japanese]

    KATAOKA Shin

    九州大学附属図書館の「きゅうとLinQ」は, Serials SolutionsのArticle Linkerを利用したリンクリゾルバである。導入から1年以上が経過し, その利用統計などから, Web上での適切なリンク提供が, 図書館の重要な役割であることがわかってきた。本稿では, リンクリゾルバの概要を説明し, Web上の交通整理, 電子ジャーナルの利用増加などの導入効果を示す。また, リンクリ …

    Pharmaceutical library bulletin 51(4), 299-306, 2006

    IR  J-STAGE  Ichushi Web 

  • OpenURL link resolver solution and its influence on academic portals : an introduction of "Cute LinQ" at Kyushu University Library  [in Japanese]

    KATAOKA Shin

    九州大学附属図書館では, 情報検索の結果からの一次資料や関連情報へのナビゲーションを目的として, 2005年4月からSerials Solutions社製リンクリゾルバArticle Linkerを導入し, 九州大学附属図書館学術情報リンクサービス「きゅうとLinQ」と名付けてサービスを開始した。本稿では, まずこれまでの本学での「きゅうとLinQ」への取り組みを通して, リンクリゾルバのしくみを …

    The Journal of Information Science and Technology Association 56(1), 32-37, 2006

    IR  J-STAGE  References (15) Cited by (2)

  • A Metadata Schema Model for Resource Selection based on User's Characteristic and Its Use-Environments  [in Japanese]

    MOROZUMI Ayako , SUGIMOTO Shigeo

    … 用者が簡単に自らの特性や利用環境に適したリソースへアクセスできるようにすることを目的として、本稿では、アクセシビリティのためのメタデータ、IFLAによるFunctional Requirements for Bibliographic Records (FRBR)、OpenURLの動的なリンキング機能等に基づいて、利用者の特性や環境と、リソースという双方の視点からアクセシビリティに関する情報を表現し、適切に利用者とリソースを結びつけるメタデータスキーマのモデル …

    IPSJ SIG Notes 2005(108(2005-FI-081)), 7-18, 2005-11-02

    IPSJ  References (10) Cited by (1)

  • S・F・Xの現状 (特集 電子ジャーナル管理ツール)  [in Japanese]

    増田 豊

    Online kensaku 26(3), 106-117, 2005-09

    Ichushi Web  Cited by (1)

  • スエッツワイズ・リンカー (特集 電子ジャーナル管理ツール)  [in Japanese]

    細井 宏朗

    Online kensaku 26(3), 96-105, 2005-09

    Ichushi Web  Cited by (1)

  • The impact of electronic journals on Kyushu University Library(<Special feature>The current state of electronic journals)  [in Japanese]

    WATANABE Yukiko

    電子ジャーナルの導入が, 図書館の利用者サービスと管理業務にどのような影響を与えたかについて, 九州大学の事例を報告する。まず, 電子ジャーナル導入の経緯について振り返る。次に, 利用支援のためのワーキンググループ体制, ナビゲーションのためのOPACやリンク集, 新しく導入した管理ツールやリンクリゾルバー等について紹介する。続いて, 電子ジャーナルの利用動向を, ILL依頼件数やフルテキストのダ …

    The Journal of Information Science and Technology Association 55(6), 265-270, 2005

    IR  J-STAGE  References (18)

  • The current state and the future of Electronic Journals management in Keio University : focusing on the EJ-accessibility(<Special feature>The current state of electronic journals)  [in Japanese]

    TANABE Minoru , YAMADA Masako

    外国雑誌における電子化の動きは年々加速しており, 大学図書館では煩雑な管理を強いられている。慶應義塾大学においても, ここ数年で電子ジャーナルを取り巻く環境が急激に変わってきている。また, 利用者から見ても, 利用形態が多岐に渡っていることや, オフキャンパスからのアクセス制限など不便を感じている。このような変化を受け, 慶應義塾大学において, 電子ジャーナル管理の現場担当がどのように取り組んでい …

    The Journal of Information Science and Technology Association 55(6), 257-264, 2005

    J-STAGE  References (20) Cited by (1)

  • Linking in the scholarly information environment. S-F-X and OpenURL.:—S·F·X and OpenURL  [in Japanese]

    MASUDA Yutaka

    … また,S・F・X開発の過程で生まれ,Webベースのオープンリンキングを実現するためのメタデータや識別子の事実上の標準となっているOpenURLについても仕様とNISO Committee AXにおける標準化の現状などを含めて紹介する。 …

    Journal of Information Processing and Management 45(9), 613-620, 2002

    J-STAGE  Cited by (4)

Page Top