Search Results 1-20 of 28

  • 1 / 2
  • A Case of Oral Rehabilitation with Long Treatment Period Using Dental Implant  [in Japanese]

    仲西 康裕 , 石川 昌洋 , 仲西 和代 , 三嶋 直之 , 廣瀬 由紀人 , 越智 守生

    日本歯科産業学会誌 = Journal of Japanese Society for Dental Products 34(1), 36-44, 2020-06-20

    Ichushi Web 

  • Implant Prosthesis in Consideration of the Causes of Collapse : A Specific Focus on Force  [in Japanese]

    TAKEDA Takayuki

    <p>患者の主訴改善を目指し,損なわれた形態・機能回復を達成することが補綴治療の目的である.そのためには包括的治療を行うことが望ましいが,すべての患者で歯科医師が理想とする治療を行えるわけではなく,さらに,たとえ包括的な対応ができても崩壊原因およびリスクをゼロにすることはできない.そこで,最も重要なことはさまざまな要素から崩壊原因を推測し診断することにあり,そして,そのリスクを治療方針 …

    Journal of Japanese Society of Oral Implantology 33(2), 142-149, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Analysis of relationship between damage of implant supported prostheses and muscle activity with electromyography  [in Japanese]

    Oyamada Yutaro , Kanemura Kiyotaka , Tanabe Norimasa

    <p>本研究の目的は,上部構造破損の破損と終日の咀嚼筋筋活動について携帯型筋電計を使用して,その関連を明らかにすることである.</p><p></p><p>岩手医科大学附属病院歯科医療センター口腔インプラント科を受診している患者で,上部構造装着後に前装部材料の破損が認められた10名を被験者とした.今回,上部構造の破損によって Catastr …

    Dental Journal of Iwate Medical University 42(1), 12-21, 2017

    IR  J-STAGE  Ichushi Web 

  • A case of osteoarthritis of the temporomandibular joint with severe joint pain and rapid condylar bone change after bite raising  [in Japanese]

    HIGUCHI Keisuke , CHIBA Masatoshi , NOGAMI Shinnosuke , TAKAHASHI Tetsu

    <p>患者は52歳女性で,右側顎関節の痛みを主訴として当科を受診した。初診時,右側に顎関節痛とクレピタス音を認め,21 mmと開口制限があった。MRIで右側の顎関節に非復位性円板前方転位,下顎頭に軽度のosteophyteを認めた。右側変形性顎関節症と診断し,Tooth Contacting Habit(TCH)の是正を指導し,薬物療法,スプリント療法を行い,約3か月後に顎関節痛は消失 …

    Journal of the Japanese Society for the Temporomandibular Joint 28(2), 151-157, 2016

    J-STAGE 

  • Continuous Effect of Masticatory Muscle EMG Biofeedback on Awake Bruxism Regulation  [in Japanese]

    Watanabe Akira , Fujisawa Masanori , Kimura Hidetoshi , Sato Masayuki , Otsuka Hidetoshi , Saito Konatsu , Sugawara Kinue , Hashido Koudai , Iwase Naoki , Ino Teruo

    これまで,日中のクレンチングが口腔領域に悪影響を及ぼすパラファンクションであると考えられているものの,治療法の確立には至っていない.それに対し,日中に行う咀嚼筋筋電図バイオフィードバック訓練(EMG-BF訓練)が日中クレンチングに対して抑制効果を与えるという報告がなされているものの,その持続性に関する検討は行われていない.今回,EMG-BF訓練による日中クレンチング抑制効果について,訓練終了1カ月 …

    The Journal of Japanese Society of Stomatognathic Function 22(2), 109-119, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Cooperative Intervention by Multidisciplinary Pain Center and Dental Clinic for a Patient with Persistent Dentoalveolar Pain  [in Japanese]

    Makino Izumi , Nishihara Makoto , Ushida Takahiro

    症例の概要:症例は48歳の女性.主訴は上下顎左側臼歯部の痛みと左側上肢の感覚低下であった.約5年前より上下顎左側臼歯部に激痛が出現し,多くの医療機関で歯内療法や薬物治療を受けたが改善なく,当痛みセンターを受診した.痛みは自発痛であり,日内変動があった.今までの経過より,特発性歯痛と診断した.全顎的に口腔衛生状態は悪く,歯科治療途中の歯が多数存在し,抜歯部分も補綴されていなかった.当科では,麻酔科医 …

    Japanese Journal of Orofacial Pain 8(1), 33-38, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Relationship between Gross Motor Function and Oral Parafunction Habits Relevant to Eating in Children with Down's Syndrome  [in Japanese]

    MIZUKAMI Miki , TAMURA Fumiyo , MATSUYAMA Miwa , KIKUTANI Takeshi

    ダウン症候群患者の多くが舌突出や口唇閉鎖不全などの特有の症状を呈する.これらは保護者が発見しやすい症状であるため,摂食指導の主訴となることも多い.舌突出や口唇閉鎖不全は咀嚼や嚥下機能の阻害因子であり,長期化すると歯列や咬合状態にも影響を及ぼし,さらに摂食機能を低下させることが想定される.したがって,ダウン症候群児に特有の症状が習癖化する前にこれらの症状を改善または予防することが重要である.< …

    Journal of the Japanese Society for Disability and Oral Health 36(1), 17-24, 2015

    IR  J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Case Report of a Patient with Removable Partial Denture Using the Milling Technique for Masticatory Rehabilitation  [in Japanese]

    OBATA Toshitake

    <b>症例の概要:</b>患者は50 歳女性,上顎義歯不適合による咀嚼困難を主訴に来院した.全顎的な歯周疾患と咀嚼時の義歯の動揺が認められ,パラファンクションの存在も疑われた.ミリングテクニックを用いた部分床義歯により補綴処置を行った結果,機能的にも審美的にも患者の高い満足を得ることでき,装着3年7カ月後に<u>1|</u>が抜根となった他は良好に経 …

    Annals of Japan Prosthodontic Society 5(3), 337-340, 2013-07-10

    J-STAGE  Ichushi Web  References (6)

  • No effect of conscious clenching on simple arithmetic task in healthy participants

    Mizumori Takahiro , Kobayashi Yasuyoshi , Inano Shinji , Sumiya Masakazu , Murashima Fumiko , Yatani Hirofumi

    <i>Purpose:</i> This study aimed to investigate whether clenching aids performance in a task requiring mental concentration in healthy participants.<br><i>Materials and methods …

    Journal of Prosthodontic Research 55(4), 189-192, 2011

    J-STAGE 

  • Bruxism and prosthetic treatment: A critical review

    Johansson Anders , Omar Ridwaan , Carlsson Gunnar E.

    <i>Purpose:</i> Based on the findings from available research on bruxism and prosthetic treatment published in the dental literature, an attempt was made to draw conclusions about the exis …

    Journal of Prosthodontic Research 55(3), 127-136, 2011

    J-STAGE 

  • A Case of Open Bite by Mandibular Retrusion Treated with Oral Rehabilitation  [in Japanese]

    Yamamoto Satoru

    <b>症例の概要:</b>患者は58 歳の女性.開口障害と左側顎関節部の疼痛を主訴に来院した.下顎が後方に偏位し,前歯部は開咬を呈し,下顎位は不安定であった.スプリント療法および認知行動療法により下顎位を安定させ,咬合再構成を行った.<br><b>考察:</b>前歯部を含めた全顎的な咬合接触の回復とアンテリアガイダンスを適正に付与すること …

    Annals of Japan Prosthodontic Society 3(1), 80-83, 2011

    J-STAGE 

  • Training methods effectively in the strength and endurance of the orbicularis oris muscle  [in Japanese]

    OOYA Waka , KANEKO Tomoo , HANDA Kaori , IIDA Junichiro

    矯正歯科や小児歯科の臨床において,口呼吸や舌突出癖などの口腔習癖が上顎前突や開咬の不正咬合を引き起こす要因になると考えられている.それらの口腔習癖を治療する方法として,口腔筋機能療法(MFT:Myofunctional Therapy)が行われている.MFTにおける口唇トレーニング法としては口唇を閉鎖してボタンを牽引するボタンプルや口腔リハビリ器具のパタカラなどを用いる方法が挙げられる.しかし,口 …

    The Journal of Japanese Society of Stomatognathic Function 15(2), 131-138, 2009-02-28

    Ichushi Web  References (18)

  • Training methods effectively in the strength and endurance of the orbicularis oris muscle  [in Japanese]

    Ooya Waka , Kaneko Tomoo , Handa Kaori , Iida Junichiro

    矯正歯科や小児歯科の臨床において, 口呼吸や舌突出癖などの口腔習癖が上顎前突や開咬の不正咬合を引き起こす要因になると考えられている.それらの口腔習癖を治療する方法として, 口腔筋機能療法 (MFT: Myofunctional Therapy) が行われている.<BR>MFTにおける口唇トレーニング法としては口唇を閉鎖してボタンを牽引するボタンプルや口腔リハビリ器具のパタカラなどを用い …

    The Journal of Japanese Society of Stomatognathic Function 15(2), 131-138, 2009

    J-STAGE 

  • Circadian Variations of Salivary Stress Marker (Chromogranin A)

    MAKINO Michiko , MASAKI Chihiro , TOMOEDA Kei , TAKENAKA Megumi , KOJO Tatsuro , MURAKAMI Shigeki , HOSOKAWA Ryuji

    … Bruxism is a very common parafunction of the masticatory system. …

    Prosthodontic Research & Practice 7(2), 189-191, 2008-07-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (7) Cited by (1)

  • Significance of Occlusion for Dental Implant Treatment : Clinical Evidence of Occlusion as a Risk Factor  [in Japanese]

    HOSOKAWA Ryuji

    インプラント周囲の骨レベル低下やインプラントの失敗あるいは上部構造のトラブル発生のリスクファクターとして, 咬合におけるオーバーロードが関与していると信じている臨床医は多い. 確かに, 咬合悪習癖 (パラファンクション) はインプラントに悪影響を及ぼすというのは, 妥当な考えと思われるが, インプラントがオーバーロードによって失敗するというエビデンスはほとんど示されていない. そこで, 本総説は, …

    Nihon Hotetsu Shika Gakkai Zasshi 52(1), 25-30, 2008-01-10

    J-STAGE  Ichushi Web  References (3) Cited by (2)

  • Relationships between Mandibular Torus and Occlusal Force, Occlusal Contact Area and Parafunction  [in Japanese]

    NAKAMURA Keiko , MASUMI Shin-ichi , ANDOH Shunsuke , TAKEUCHI Toshihiro , KUBO Masaharu , YASUMOTO Kazuo , KANETOU Teruaki

    下顎隆起は骨性の隆起で,原因としては,遺伝,咀嚼圧,パラファンクションなどが挙げられるが,明確なことは分かっていない.今回,下顎隆起と咬合力およびパラファンクションとの関係を検討するために,当科受診の患者に対し,デンタルプレスケールを用いて最大咬合力,咬合接触面積を測定するとともに,パラファンクションに関するアンケートを実施した結果,下顎隆起の有無と最大咬合力との間には統計学的有意差が認められた. …

    The Journal of the Kyushu Dental Society 61(2), 77-81, 2007-09-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (12) Cited by (1)

  • Prosthetic Dentistry and Risk Factors in View of Time-line  [in Japanese]

    TAKEDA Takayuki

    初診時の欠損歯列, 咬合の崩壊度が同じであっても治療後にさまざまな変化を来たしていることは多くの臨床例で経験済みである. その背景から欠損歯列は慢性疾患タイプの病態を示し, 時間軸という要素が非常に重要な意味を有することが浮かび上がってくる. 時間軸とはスピード, すなわち, 経時的な病態変化を意味する. 患者さんの抱えているリスクの種類大きさは多岐に渡り, さらにコントロールしやすいリスクと難し …

    Nihon Hotetsu Shika Gakkai Zasshi 51(2), 201-205, 2007-04-10

    J-STAGE  Ichushi Web  References (7) Cited by (2)

  • A Clinical Study of Patients with Temporomandibular Disorders at Temporomandibular Disorder Clinic from September 2004 to August 2005  [in Japanese]

    ABE Yugo , KATAOKA Ryuta , FUNATO Masahiko , FURUYA Ryoichi

    平成16年9月から平成17年8月までの1年間に昭和大学歯科病院顎関節症科に来科した顎関節症患者404名について, 臨床統計的分析を行った. (1) 男女比は1 : 2.8で, 女性に多かった.患者の年齢分布は2峰性を示し, 第1のピークは20歳代 (23%) に, また第2のピークは50歳代 (13%) にあった.どの年代でも女性の方が多かった. (2) 主訴は痺痛が最も多く単独の痺痛が39%, …

    The Journal of Showa University Dental Society 26(3), 241-247, 2006-09-30

    J-STAGE  Ichushi Web  References (9) Cited by (3)

  • The relationship between mandibular torus and occlusal force, occlusal contact area and parafunction

    Nakamura Keiko , Masumi Shin-ichi

    下顎隆起は骨性の隆起で,原因としては,遺伝,咀嚼圧,パラファンクションなどが挙げられるが,明確なことは分かっていない.今回,前回同様,下顎隆起と咬合力およびパラファンクションとの関係を検討するために,当科受診の患者に対し,デンタルプレスケールおよびアンケートを使用した.結果として下顎隆起の有無と最大咬合力との間には統計学的有意差が認められた.また,下顎隆起の有無と咬合接触面積との間にも統計学的有意 …

    Program and Abstracts of the Annual Meeting of the Kyushu Dental Society kds66(0), 52-52, 2006

    J-STAGE 

  • Factors Associated with Temporomandibular Disorders in Female Adolescents : A Structural Equation Modeling Approach  [in Japanese]

    MIYAKE Ryo , SHINZATO Katsuhiro , TAKEHARA Junji , NAKAMURA Kimiya , MORITA Manabu

    女子中高生の顎機能異常に対する,口腔習癖,ストレス,咬合因子との関連を明らかにするために1,137名に口腔内診査と自記式質問票による調査を行った.関節雑音,関節疲労,顎運動痛,開口制限を自覚している者はそれぞれ27.2, 12.2, 12.8,および10.6%であった.単変量解析から,口腔習癖で「気がつくと歯をかみしめている」,「片側でものをかむ」,「頬や唇をかむ」,「歯ぎしりをする」,「固いもの …

    JOURNAL OF DENTAL HEALTH 56(1), 10-17, 2006

    J-STAGE  Ichushi Web  References (28) Cited by (1)

  • 1 / 2
Page Top