Search Results 1-10 of 10

  • De-identification for Transaction Data Secure against Re-identification Risk Based on Payment Records

    Satoshi Ito , Reo Harada , Hiroaki Kikuchi

    … In particular, we consider the open competition data from the 2016 Privacy Workshop Cup (PWS Cup 2016) held in Japan consisting of purchasing history data. … We evaluate the performance of our proposed method and compare it with the performance of the PWS Cup 2016 participants as an experiment in data privacy. …

    情報処理学会論文誌 61(9), 2020-09-15

    IPSJ 

  • De-identification for Transaction Data Secure against Re-identification Risk Based on Payment Records

    Ito Satoshi , Harada Reo , Kikuchi Hiroaki

    … In particular, we consider the open competition data from the 2016 Privacy Workshop Cup (PWS Cup 2016) held in Japan consisting of purchasing history data. … We evaluate the performance of our proposed method and compare it with the performance of the PWS Cup 2016 participants as an experiment in data privacy. …

    Journal of Information Processing 28(0), 511-519, 2020

    J-STAGE 

  • PWS Cup 2019: Location Data Anonymization Competition  [in Japanese]

    村上 隆夫 , 荒井 ひろみ , 井口 誠 , 小栗 秀暢 , 菊池 浩明 , 黒政 敦史 , 中川 裕志 , 中村 優一 , 西山 賢志郎 , 野島 良 , 波多野 卓磨 , 濱田 浩気 , 山岡 裕司 , 山口 高康 , 山田 明 , 渡辺 知恵美

    コンピュータセキュリティシンポジウム2019論文集 (2019), 1485-1492, 2019-10-14

    IPSJ 

  • 個人データの保護と流通を目的とする匿名化と再識別コンテスト:PWSCup  [in Japanese]

    小栗 秀暢 , 黒政 敦史 , 中川 裕志 , 菊池 浩明 , 門田 将徳

    … 保護法により「匿名加工情報」という新たな情報の類型が導入された.その作成に関する規則の解釈や技術的な知見の共有が求められている.2015年より行われている匿名加工・再識別コンテスト(PWS Cup)は,匿名加工技術の発展を目的とする対戦型コンテストである.2017年に行われたコンテストでは,政府が定めた規則への解釈を含め,データの有用性と安全性を総合的に評価する試みを実施した …

    デジタルプラクティス 9(3), 659-684, 2018-07-15

    IPSJ 

  • How to Handle Excessively Anonymized Datasets

    Ryo Nojima , Hidenobu Oguri , Hiroaki Kikuchi , Hiroshi Nakagawa , Koki Hamada , Takao Murakami , Yuji Yamaoka , Chiemi Watanabe

    … To overcome this situation, we have been conducting a data anonymization and re-identification competition, called PWS CUP, in Japan. … To overcome this situation, we have been conducting a data anonymization and re-identification competition, called PWS CUP, in Japan. …

    情報処理学会論文誌 59(6), 2018-06-15

    IPSJ 

  • Privacy Preservation and Anonymization:4. Anonymization and Re-identification Contest, The Only Match-up Type Privacy Contest "PWS Cup"  [in Japanese]

    小栗 秀暢

    パーソナルデータから特定の個人が識別される要素を低減させる「匿名加工情報」が注目されている.匿名加工情報は各技術者がコンテクストに応じて作成するのが一般的であり,その方法は多様である.そのため,加工に関するノウハウの共有と安全性の検証方法が課題であった.そのようなプライバシー保護技術を競う場として,毎年PWSCupが開催されている.PWSCupの大きな特徴として,参加者同士が匿名加工と再識別を両方 …

    情報処理 59(5), 452-456, 2018-04-15

    IPSJ 

  • Privacy Preservation and Anonymization:5. Anonymization Algorithms for Data Anonymization Competition  [in Japanese]

    濱田 浩気

    … 匿名加工再識別コンテストPWS Cup 2017の優勝チームのアルゴリズムを例に加工アルゴリズムを紹介する. …

    情報処理 59(5), 457-458, 2018-04-15

    IPSJ 

  • How to Handle Excessively Anonymized Datasets

    Nojima Ryo , Oguri Hidenobu , Kikuchi Hiroaki , Nakagawa Hiroshi , Hamada Koki , Murakami Takao , Yamaoka Yuji , Watanabe Chiemi

    … To overcome this situation, we have been conducting a data anonymization and re-identification competition, called PWS CUP, in Japan. …

    Journal of Information Processing 26(0), 477-485, 2018

    J-STAGE 

  • PWS Cup 2018: 匿名加工再識別コンテストの設計~履歴データの一般化・再識別~  [in Japanese]

    濱田 浩気 , 荒井 ひろみ , 小栗 秀暢 , 菊池 浩明 , 黒政 敦史 , 中川 裕志 , 西山 賢志郎 , 波多野 卓磨 , 村上 隆夫 , 山岡 裕司 , 山田 明 , 渡辺 知恵美

    コンピュータセキュリティシンポジウム2018論文集 2018(2), 935-940

    IPSJ 

  • 匿名データの安全性指標としての再識別率とその活用方式の提案  [in Japanese]

    小栗 秀暢

    コンピュータセキュリティシンポジウム2018論文集 2018(2), 927-934

    IPSJ 

Page Top