Search Results 1-20 of 229

  • Characteristics of crustal uplift since the Pliocene in central Honshu, Japan, and sea level rise  [in Japanese]

    SHIBA Masahiro

    <p>日本列島の第四紀地殻変動は,山地の急速な隆起と沿岸および内陸盆地の相対的な沈降を引き起こした.本州中央部における36地域の鮮新世から第四紀の堆積物の年代層序学と岩相分析により,造構-堆積史が次の4つのステージで発達したことが明らかされた.1)鮮新世~前期更新世前期には,内陸盆地が発生し,深海盆にタービダイトが堆積した.2)前期更新世後期~中期更新世前期には,島弧の隆起が起こり,内 …

    Earth Science (Chikyu Kagaku) 75(1), 37-55, 2021

    J-STAGE 

  • The time-dependent evolutionary rate of mitochondrial DNA in small mammals inferred from biogeographic calibration points with reference to the late Quaternary environmental changes in the Japanese archipelago

    SUZUKI HITOSHI

    … The method focuses on rapid expansion events during the late Quaternary, during which there was a prolonged severe cold period and repeated abrupt warm periods, providing multiple calibration points. … The Japanese archipelago is ideal for assessing evolutionary rates with biogeographic calibration points in the late Quaternary in species with multiple genetically distinct local populations.</p> …

    Anthropological Science, 2021

    J-STAGE 

  • Reasons Why Understanding of Environmental Pollution is Important in Nursing Science  [in Japanese]

    今井 奈妙 , 稲津 教久 , Imai Nami , Inazu Norihisa

    人類の疾病構造の異変に対して個人が最大に寄与できることは,生活環境を見直すことであり,それが自然環境への負荷の軽減となるが,看護学生の環境と健康問題の関連意識は薄い.環境問題に対する認識を形成していく上では,関心を持つことが重要である.そこで,食べる,呼吸する,着用する(肌に触れる)という3つの看護学の視点から,①ネオニコチノイド化合物による健康影響,②ピレスロイド系殺虫剤,第4アンモニウム塩,イ …

    三重看護学誌 = Mie Nursing Journal (22), 1-8, 2020-03-31

    IR 

  • New definition for the subdivision of the Holocene Epoch and climate  [in Japanese]

    Hirabayashi Shoko , Yokoyama Yusuke

    <p>完新世の気候は,最終氷期に比べて安定で穏やかであるが,完新世にも数百年から千年スケールでの気候変動は起きている.特に,8.2kaと4.2kaに全球スケールで起きた急激な気候変動は完新世の気候変動イベントとして注目され,完新世を区分するためのイベントとして慣例的に使用されてきた.2018年7月13日に国際地質科学連合(IUGS)国際層序委員会(ICS)により,新たに国際年代層序表が …

    The Quaternary Research (Daiyonki-Kenkyu) 59(6), 129-157, 2020

    J-STAGE 

  • The reconstruction of paleoenvironments and human activities based on studies of fossil insects  [in Japanese]

    Mori Yuichi

    <p>本研究は,遺跡から発見された昆虫化石を用いて先史~歴史時代の人々がどのような環境下でどのように生活していたか,また遺跡から見つかった昆虫から古代の人々が何を食べ,どんな仕事を行っていたか考察したものである.</p><p>縄文時代中期の埼玉県デーノタメ遺跡では,ヒトが植栽した果樹や畑作物などを加害する食植性昆虫を多産した.当時の人々が自然植生を作り変え,集落 …

    The Quaternary Research (Daiyonki-Kenkyu) 59(2), 43-61, 2020

    J-STAGE 

  • Paleovegetational reconstruction from fossil opal phytolith assemblages in the soil of tropical seasonal forests in Thailand  [in Japanese]

    Eguchi Sei-ichi

    <p>タイ国内各地域の典型的な景観の一つである熱帯季節林に焦点をあて,現在落葉フタバガキ林が立地している地点の,表層を含めた堆積物中の植物珪酸体化石群の層位変化から,フタバガキ科<i>Shorea</i>属とタケ亜科の植生の形成過程を明らかにした.その結果,フタバガキ科が産出する最古年代は,南部マレー半島の標高100m以下の比較的沿岸域に近い平地部で約9,300 …

    The Quaternary Research (Daiyonki-Kenkyu) 58(3), 253-263, 2019

    J-STAGE 

  • Large earthquakes and tsunamis recorded in limestone caves  [in Japanese]

    Yoshimura Kazuhisa , Ishihara Yoshiro , Yamauchi Heizaburo , Shimabukuro Ayano , Katagiri Chiaki , Noto Masami , Tennichi Yoshika

    <p>鍾乳洞の天井から滴下する地下水は溶存しているCO<sub>2</sub>が脱ガスすることで,方解石からなる鍾乳石を形成する.このうち,石筍は年10~100µmの速度で上方に成長する.石筍の詳細な分析からは,アジア・モンスーンの活動や地表植生等の様々な長期間の古環境記録が得られるほか,これらが破損した時代からは地震などのイベントも読み取れる可能性がある.鍾乳 …

    The Quaternary Research (Daiyonki-Kenkyu) 58(2), 195-209, 2019

    J-STAGE 

  • Cold region Quaternary science for earth surface processes and environmental changes  [in Japanese]

    Kariya Yoshihiko

    <p>2000~2016年に公表された日本国内および国外の主要な査読付学会誌と国際誌を対象に,山岳や高緯度地域などの寒冷地域でなされた地表プロセス(地形発達および地形形成営力)研究を総覧した.それらを氷河プロセスと周氷河プロセス,地すべりプロセスに分け,各分野において日本人が主体となって進められた研究の動向を地域や研究項目ごとに整理した.そのうえで今後の課題を抽出した.論文はどの地表プ …

    The Quaternary Research (Daiyonki-Kenkyu) 58(1), 29-56, 2019

    J-STAGE 

  • Studies on Southeast Asian rivers under environmental changes in rainy and dry seasons  [in Japanese]

    Nagumo Naoko

    <p>東南アジアのうち明瞭な雨季と乾季のある場所では,河川による土砂輸送や地形形成は数か月単位で劇的に変化する.このような変化は,第四紀の長期的な基準面変動に対する河川の応答に数オーダー小さい時空間スケールで類するものでもあって,河川の振る舞いを考える上で極めて重要であると考えられるが,これを扱った研究は少ない.また,河川による土砂輸送プロセスを考慮しながら雨季と乾季で異なる沖積平野の …

    The Quaternary Research (Daiyonki-Kenkyu) 58(1), 13-27, 2019

    J-STAGE 

  • Quaternary Environmental Changes and Environmental Education: A Viewpoint from Earth History  [in Japanese]

    河村 愛 , 河村 善也

    … The Quaternary is the latest period of the Earth's history ranging from about 2.6 million years ago to the present day. …

    愛知教育大学研究報告. 自然科学編, 23-30, 2018-03-01

    IR 

  • Trends of Geosciences after the Pacific War in Japan, 1945 to 1965 Part 6  [in Japanese]

    Editorial Committee of History of Geosciences in Japan Tokyo Geographical Society

    … They contributed to the land classification of Japan as a whole and increased interest in Quaternary environmental changes such as climate and sea level changes, as well as crustal movements, which have produced landform diversity. … In 1956, they established the Japan Association for Quaternary Research in cooperation with geologists, anthropologists, and archaeologists. …

    Journal of Geography (Chigaku Zasshi) 127(6), 835-860, 2018

    J-STAGE 

  • Combined sclerochronological and oxygen isotope analyses of marine bivalve shells to examine high-resolution Holocene environmental changes  [in Japanese]

    Kitamura Akihisa

    <p>日本第四紀学会の組織改革で新たに設置される5領域のうち,領域「人類と生物圏」では,「気候・環境変動が人類と生物へ及ぼす影響,人類と生物圏・環境の動的相互作用に関係する諸テーマ」を扱う.これらの中で,本論では,「気候・環境変動が人類と生物へ及ぼす影響」の解明の一環として,中・高緯度の完新世浅海環境の変動を高分解能で復元するのに有効な「海生二枚貝類の貝殻の成長線解析・酸素同位体比分析 …

    The Quaternary Research (Daiyonki-Kenkyu) 57(1), 19-29, 2018

    J-STAGE 

  • Estimation of Evolutionary Rates of Mitochondrial DNA in Two Japanese Wood Mouse Species Based on Calibrations with Quaternary Environmental Changes

    Hanazaki Kaori , Tomozawa Morihiko , Suzuki Yutaro , Kinoshita Gohta , Yamamoto Masanobu , Irino Tomohisa , Suzuki Hitoshi

    Zoological science 34(3), 201-210, 2017-06

    IR  Ichushi Web 

  • AD 869 Jogan tsunami deposit found in the Kumanosaku archeological site, Yamamoto Town, Miyagi, Japan  [in Japanese]

    Sawai Yuki , Tanigawa Koichiro , Shinozaki Tetsuya , Tamura Toru , Nasu Hiroo

    仙台平野南部に位置する熊の作遺跡の発掘現場において,貞観津波に対比される砂層が発見された.砂層は有機質泥層に挟まれ,下位の地層との境界は明瞭であった.砂層の最下部は変形していることが確認され,堆積物の荷重によるものと考えられた.また,変形している砂層基底部と砂層主部の間にはほぼ水平の泥層が認められ,これは一連の堆積イベントで流速が大きく変化したことを示していると考えられた.この砂層には,<i …

    The Quaternary Research (Daiyonki-Kenkyu) 55(2), 59-66, 2016

    J-STAGE 

  • Late Holocene geomorphological development of beach ridges in western Hamamatsu strand plain, central Japan  [in Japanese]

    Sato Yoshiki , Fujiwara Osamu , Ono Eisuke

    浜松平野西部で行った掘削調査,珪藻分析,年代測定,テフラ分析の結果に基づいて,完新世後期の堆積環境変遷を復元し,6列ある浜堤のうち,陸側の浜堤IからIVについて浜堤列の地形発達過程を検討した.各浜堤の形成開始時期は,IからIVの順にそれぞれ8,000~7,000calBP頃,7,000calBP頃, 7,000~4,000calBP頃,4,000calBP頃と考えられる.また,閉塞完了時期は浜堤I …

    The Quaternary Research (Daiyonki-Kenkyu) 55(1), 17-35, 2016

    J-STAGE 

  • Upper Palaeolithic land-use changes of the obsidian source area in the Central Highlands, central Japan  [in Japanese]

    Shimada Kazutaka

    上部旧石器時代における中部高地産黒曜石利用に関する研究は,関東平野部など居住地での消費過程に焦点を当てることが多く,中部高地原産地における人類活動の実態と歴史的変遷については十分に議論されていない.本論は,中部高地原産地における上部旧石器集団による土地利用の歴史的変遷を復元する.そのために,以下の三種類の編年を構築ないし援用する.1)中部高地石器群の上部旧石器編年からみた石器群分布の変化,2)黒曜 …

    The Quaternary Research (Daiyonki-Kenkyu) 54(5), 219-234, 2015

    J-STAGE 

  • Geochemical cycles and climate change in Quaternary studied by multi-tracers in terrestrial carbonates  [in Japanese]

    Hori Masako

    … Terrestrial carbonates, such as tufas and stalagmites, are unique archives in terms of providing paleo-environmental information of land area, especially in mid-latitudes where records of ice cores and corals are absent. … The oxygen and carbon stable isotopic values (δ<sup>18</sup>O and δ<sup>13</sup>C) are the most fundamental proxy records, which reflect relative changes in hydrological condition and vegetation, respectively. …

    Chikyukagaku 49(3), 115-129, 2015

    J-STAGE 

  • Paleoenvironmental changes in Lake Nakaumi during the last 1,700 years on the basis of ostracode assemblages  [in Japanese]

    Yamada Katsura , Masuma Tetsuro , Seto Koji

    過去1,700年間を対象に,中海湖心部のコアから産出した貝形虫群集の変化を検討した.139試料から20属34種の貝形虫が産出した.優占種から,中海は総じて水深5〜10mの内湾あるいは汽水湖であったことが示された.また,Qモードクラスター分析に基づく貝形虫相の時間変化から以下の環境変遷が読み取れた.300〜1100年には塩分25〜30の内湾が存在した.1100年頃に塩分20〜30の汽水湖になり,この …

    The Quaternary Research (Daiyonki-Kenkyu) 54(2), 53-68, 2015

    J-STAGE 

  • Fossil diatom assemblages for the past 280,000 years from the BIW08-B core in Lake Biwa, Japan  [in Japanese]

    Nagayasu Koichi , Kumon Fujio , Takemura Keiji

    琵琶湖湖底堆積物コアを用いて過去約28万年間の珪藻殻数(valves/g)および珪藻化石群集を,平均1,500年間隔で分析した.珪藻化石群集の種構成には大きな層序的変動が認められ,その特徴をもとに7つの珪藻帯(Zone 1〜7)に区分した.この珪藻帯区分は,先行研究の結果と整合的であり,琵琶湖全域に共通する珪藻群集の変遷が確認できた.コア深度99.51〜65.01mのコア下部(Zone 2)の時代 …

    The Quaternary Research (Daiyonki-Kenkyu) 53(6), 297-309, 2014

    J-STAGE 

  • Holocene geomorphological evolution in the downstream part of the Iwakigawa Lowland in northeastern Japan  [in Japanese]

    Kasai Mio , Koiwa Naoto

    縄文海進が及んだ岩木川下流低地の上流部で新たに採取したボーリングコアおよび十三湖河口部の既存コアを用いて,低地一帯における完新世の古環境変遷を考察した.本地域では,約7,000 calBPに塩分の高い環境になり,亀ヶ岡遺跡付近の低地まで内湾が形成され,約6,000calBPには淡水の影響が強い湖沼環境となる.その後,デルタの発達に伴う湖沼の縮小によって海水と淡水が攪乱されやすい状況が生じ,汽水環境 …

    The Quaternary Research (Daiyonki-Kenkyu) 53(4), 213-228, 2014

    J-STAGE 

Page Top