Search Results 1-20 of 3372

  • Findings on vegetation changes since Late Pleistocene confirmed at two boring cores in the eastern part of Hokkaido (No.1 Lake Akan and No.1 Toyozumi, Lake Abashiri) by pollen analysis and AMS 14C Dating  [in Japanese]

    星野 フサ , 岡 孝雄 , 春木 雅寛 , 中村 俊夫 , 南 雅代 , 近藤 務 , 米道 博 , 関根 達夫 , 山崎 芳樹 , 若松 幹男 , Hoshino Fusa , Oka Takao , Haruki Masahiro , Nakamura Toshio , Minami Masayo , Kondo Tsutomu , Yonemichi Hiroshi , Sekine Tatsuo , Yamazaki Yoshiki , Wakamatsu Mikio

    … The comparison of the point at the depth of 11m in the upper part of both the two cores indicated the fact in common that Quercus was the main vegetation. … It is assumed that these Quercus-dominant parts are sediments formed during the Warm Period. … 両コアの上部11mを比較したところコナラ亜属Quercusの多い部分が共通していた。 …

    名古屋大学年代測定研究 (4), 16-26, 2020-06

    IR  DOI 

  • Actual situation the Japanese oak wilt of Quercus serrata in a warm-temperate secondary forest : Comparison between Seto city, Aichi prefecture and Minamiizu-town, Shizuoka prefecture  [in Japanese]

    井上 淳 , 澤田 晴雄 , 佐藤 貴紀 , 村瀬 一隆 , 鴨田 重裕 , 松井 理生 , 鎌田 直人

    中部森林研究 = Chubu forestry research (68), 47-50, 2020-05

  • Efficacy of soil moisture conditions on the formation of ectomycorrhizal colonization and ¹³⁷Cs absorption

    Omari Abdulhaq , Toda Hiroto , Choi Dongsu

    Landscape and ecological engineering : official journal of the International Consortium of Landscape and Ecological Engineering (ICLEE) 16(2), 87-95, 2020-04

  • 〈Original〉Differences in ant species structure in the soil under dead trees due to the Japanese oak wilt disease and its surviving trees.  [in Japanese]

    葛西 弘 , 藤本 将徳 , 渡邊 拓也 , 出口 千惠美 , 澤畠 拓夫

    … [Synopsis] We compared the ant species structure and soil water content from the soil under dead and non-dead Quercus serrata trees in deciduous broad-leaved forests suffering slight damage of oak wilt disease in Nara Prefecture to examine the effects of oak wilt disease on insect fauna. …

    近畿大学農学部紀要 = MEMOIRS OF THE FACULTY OF AGRICULTURE OF KINDAI UNIVERSITY (53), 1-10, 2020-03-31

    IR 

  • Effect of removal of Sasa bamboo and fertilization on settlement of Quercus serrata seedlings  [in Japanese]

    小谷 二郎 , 富沢 裕子 , 渥美 幸大

    石川県農林総合研究センター林業試験場研究報告 = Bulletin of the Ishikawa Agriculture and Forestry Research Center Forestry Experiment Station (51), 6-12, 2020-03

  • Effect of the understory shrub Pieris japonica on litter decomposition  [in Japanese]

    川上 えりか , 片山 歩美 , 菱 拓雄

    … To this aim, we conducted four months litter-bag experiments for leaf litter three tree species (Quercus crispula, Betula grossa, Fagus crenata) using two mesh size (1 mm with access of soil fauna and 42 μm with no access of soil fauna) under P. …

    九州大学農学部演習林報告 (101), 1-6, 2020-03

    IR 

  • Acorn crops of 3 Fagaceae species in Fukui prefecture in 2018  [in Japanese]

    福井県自然保護センター

    Ciconia 23, 52-62, 2020

  • Bark beetles of caputured by KMC trap in Quercus mongolica var. grosseserrata forest  [in Japanese]

    Nishi Nobusuke

    <p>カシノナガキクイムシ(以降「カシナガ」)によるナラ類の集団枯損対策としてカシナガトラップによるカシナガの大量捕獲と周辺ナラ類の穿入生存木化による防除方法が京都府で開発され、京都府のほか岡山県や鳥取県等で使われるようになった。鳥取県でカシナガトラップによる防除法を導入する際に関係者から、カシナガトラップにカシナガ以外の昆虫が多数捕獲されることを危惧する声が多く聞かれた。そこで鳥取県 …

    The Japanese Forest Society Congress 131(0), 852, 2020

    J-STAGE 

  • Endophytic fungal community of <i>Quercus myrsinifolia</i> leaves in isolated suburban forests  [in Japanese]

    Matsumura Emi , Doi Takahiro , Matsushita Norihisa , Fukuda Kenji

    <p>都市域では人間活動による森林の健全性や生物多様性の低下が生じている。先行研究において、山地林に比べ都市林の樹木葉内生菌群集には、スペシャリスト菌の感染低下による森林全体での内生菌群集の均一化がみられたが、森林の孤立との関係は詳細に検討されていない。そこで、千葉県柏市南部の都市近郊林の優占樹種シラカシを対象に、森林の孤立度と葉内生菌群集との関係を検討した。森林の孤立度と周辺環境を明 …

    The Japanese Forest Society Congress 131(0), 858, 2020

    J-STAGE 

  • Ectomycorrhizal fungal communities in suburban secondary forest  [in Japanese]

    Ishikawa Akira , Komatsu Kiyoshirou , Tanaka Megumi

    <p>都市近郊林は、かつて薪や落葉を採取する場として利用されてきたため、コナラなどのブナ科の樹木が中心に構成されることが多い。このような森林では、継続的な収奪により自然林と比較して土壌が貧栄養状態になると考えられる。外生菌根菌は、ブナ科やカバノキ科、マツ科などの日本の多くの自然林で優占する樹種と共生関係を持ち、樹木に土壌中の養分を与えているが、下草刈りや落ち葉かきなどの人為的攪乱はこれ …

    The Japanese Forest Society Congress 131(0), 864, 2020

    J-STAGE 

  • Plant carbon dynamics in coppicing of Konara oak (<i>Quercus serrata</i>)  [in Japanese]

    Takanashi Satoru , Ataka Mioko , Dannoura Masako

    … 本研究では、萌芽更新したコナラ(<i>Quercus serrata</i>)に対して<sup>13</sup>Cパルスラベリング実験を行い、樹体内炭素動態と樹木フェノロジーについて調査を行った。 …

    The Japanese Forest Society Congress 131(0), 802, 2020

    J-STAGE 

  • Resource dynamics in <i>Fagaceae</i> species with different fruiting phenology  [in Japanese]

    Han Qingmin , Kabeya Daisuke , Zhang Xiulong , Satake Akiko

    … 繁殖資源分配戦略と開花戦略の多様化メカニズムを遺伝子ネットワーク進化の視点進化の視点から明らかにするために、茨城県つくば市に位置する森林総合研究所樹木園に生育している種子一年成熟のアラカシ(<i>Quercus glauca</i>)と二年成熟のマテバシイ(<i>Lithocarpus edulis</i>)を対象に、展葉及び開花・結実フェノロジー、また、炭素資源の獲得と配分を定期的に分析した。 …

    The Japanese Forest Society Congress 131(0), 786, 2020

    J-STAGE 

  • How to effect of seed origin about Quercus crispula plantation in Kamiakwa town  [in Japanese]

    Hiramatsu Yuki

    <p>北海道上川町は北海道北部地域にあり、近隣町村では家具産地として著名な旭川市があるため広葉樹需要が高い地域である。これまでも当町では地域的特性を生かすためミズナラ人工林の挑戦を行ってきた。しかし広葉樹人工造林は様々な部分においてハードルが高い。</p><p>まずは造林コストがかかることや伐期まで長く林業的に不利である面がある。また誤伐が発生しやすいことやシカ …

    The Japanese Forest Society Congress 131(0), 715, 2020

    J-STAGE 

  • Preference of <i>Platypus quercivorus</i> for crevice angle and changes in beetle boring behavior after flight  [in Japanese]

    Kuma Hiroshi , Ito Yasuto , Ikeno Hidetoshi , Yamasaki Michimasa

    <p>ナラ枯れは、カシノナガキクイムシが樹木に穿孔し、菌を媒介することによって引き起こされる。穿孔は樹幹上の溝に多く、室内実験では溝の角度が急なほど穿孔されやすいことが示唆されている。羽化脱出直後に溝に反応すると自身が育った古い寄主木に穿孔してしまうことになるため、溝への反応は飛翔後に活性化することが予想される。また、穿孔被害木の周囲では、非寄主樹種への穿孔も低頻度ながら見られることか …

    The Japanese Forest Society Congress 131(0), 627, 2020

    J-STAGE 

  • Influence of logging system on damage of Konara bed logs  [in Japanese]

    Minakawa Hiraku , Narimatsu Maki

    <p>シイタケ原木の生産に伐木等林業機械を導入するため、集材方法や使用機械が異なる4条件により生産されたコナラ丸太(以下、丸太)を対象として、樹皮の損傷を比較した。丸太はいずれもチェーンソーによる伐倒後、A:全木でウインチによる木寄せ、チェーンソー玉切り、B:全木でグラップル木寄せ、チェーンソー玉切り、C:全幹でグラップルソーによる木寄せ・玉切り、D:全幹でグラップル木寄せ、プロセッサ …

    The Japanese Forest Society Congress 131(0), 643, 2020

    J-STAGE 

  • Estimating <i>Quercus serrata</i> Resource Quantity Using Canopy Information Surveyed and Acquired by UAV  [in Japanese]

    Yada Yutaka , Kodani Jiro , Atsumi Kota , Kimura Kazuya , Yamaji Kana , Nagata Shigemi , Takahashi Fumihiro , Matsui Yasuhiro

    <p> 上空からの林冠計測により林分材積等を推定しようとする場合、これまでは個体単位の推定値を積算して求めるアプローチがほとんどであったが、天然生二次林などに生立する広葉樹の場合、着葉期に上空から把握できる林冠の形状等によって個体の樹冠範囲を特定することは極めて難しいことが多く、個体積算方式の推定手法を採用することは現実的ではない。</p><p> コナラが混生す …

    The Japanese Forest Society Congress 131(0), 670, 2020

    J-STAGE 

  • Concentration of radioactive Cs of oak log in Iwate prefecture  [in Japanese]

    Narimatsu Maki

    <p>岩手県内のシイタケ原木の放射性Csの放射能濃度(Cs濃度)とその変動係数を推定するために,2016年から2018年の3年間に,内陸地方と沿岸地方に計13箇所の調査地を設定した。各調査地で,地形の影響を抑えるために,尾根,谷等の異なる斜面要素を含まぬよう配慮して均質な斜面を選定し,約10本の立木を伐採,約60本のコナラ丸太(原木)を採取した。得られた原木のCs濃度を「しいたけ原木非 …

    The Japanese Forest Society Congress 131(0), 526, 2020

    J-STAGE 

  • Radioactive cesium concentration in the coppice shoots Konara(Quercus serrata) in the Aizu region. 2  [in Japanese]

    Hashimoto Masanobu

    <p> きのこ原木林の更新伐施業地における放射性セシウムの動態把握は、福島県のきのこ原木の生産再開に向けて重要な課題である。会津地方は、県内でも放射性物質の影響が比較的小さい地域であるが、きのこ原木の指標値(50Bq/kg)を超える原木も見られるなど、原木生産は依然として停滞している状況にある。そのため、昨年度の同発表では、更新伐後に発生した萌芽枝における放射性セシウム濃度やその経年変 …

    The Japanese Forest Society Congress 131(0), 529, 2020

    J-STAGE 

  • Vertical distributions of leaf traits and herbivory in <i>Quercus serrata</i> canopy under different growth conditions  [in Japanese]

    Norisada Masanari , Izuta Takeshi , Watanabe Makoto

    <p>本研究では、土壌環境が異なる6カ所の森林において、コナラ成木の樹冠内における葉の特性と食害の鉛直分布の関係を解明することを目的とした。2019年7月にコナラ樹冠内の5つの高度から葉を採取した。採取した葉の食害面積の割合とその鉛直分布を算出し、葉の特性との関係を調べた。養分状態に関わる葉の特性として、一次代謝産物の糖、デンプンおよびタンパク質の濃度を測定した。また、食害に対する防御 …

    The Japanese Forest Society Congress 131(0), 469, 2020

    J-STAGE 

  • Indirect effect of deer grazing on vegetative and reproductive growth on canopy tree of <i>Quercus crispula</i>  [in Japanese]

    Yukiko Nagane , Azuma Wakana , Kaneko Mikoto , Hatanaka Tomoko , Miyaki Masami , Matsuyama Shuhei

    <p> シカは樹皮剥ぎや実生・稚樹の食害により植生に直接的影響を与えることに加え、下層植生の減少が間接的に土壌理化学性を変化させることが報告されているが、このプロセスによる高木への影響はよく分かっていない。シカの下層植生の採食が土壌の改変を通じて高木の成長と繁殖を抑制するのかどうかを調べるため、ミズナラ林冠木における成長と繁殖、土壌の養分条件を防鹿柵内外で比較した。</p> …

    The Japanese Forest Society Congress 131(0), 488, 2020

    J-STAGE 

Page Top