Search Results 1-20 of 636

  • Topographic Interpretation and Quantification of Landslide Terrain Deformation Using Aerial Laser Measurement Data  [in Japanese]

    KIKUCHI Teruyuki , SAKITA Koki , HATANO Teruyoshi , NISHIYAMA Satoshi

    <p>本研究の狙いは,地すべり・崩壊の予察に必要な地形を定量的に判読することを目的として,これに必要な三次元点群密度を見つけることである.地すべり・崩壊を評価するために滑落崖,側方崖,小崖,開口割れ目,陥没凹地,不規則凹凸,ガリーの規模を把握することが必要であるが,このためには,詳細な地形情報の取得が重要である.しかし,航空レーザ計測方法や使用機材による点密度と定性的な地形判読の比較を …

    Geoinformatics 31(2), 37-45, 2020

    J-STAGE 

  • Emplacement of bouldery rock clasts on the Kamimiyakawa-dani talus-alluvial cone in the Kamikochi Valley, Japanese Alps  [in Japanese]

    Kariya Yoshihiko , Teramatsu Natsuno , Mokudai Kuniyasu

    <p><b>はじめに </b>特別名勝・特別天然記念物および国立公園特別保護地区上高地では,更新世後期の氷河・周氷河地形や完新世の河成・土石流地形の重要性が強調されてきた.他方,完新世の大・中規模斜面崩壊地形や崩壊物質も最近発見されている.上高地の自然環境を適切に理解・保全するには,多種多様な地形の分布とその成立史をまんべんなく解明する必要がある.発表者らは明神 …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2020s(0), 52, 2020

    J-STAGE 

  • Influence of mega debris flow on geomorphological features of the upper reaches in the Abe River examined from the formation process of the Akamizu waterfall  [in Japanese]

    Shirai Masaaki , Utsugawa Takako , Watanabe Mayo

    <p>静岡県安倍川上流域では,1707年の宝永地震の際,大谷崩の大規模崩壊により発生した土石流堆積物が谷を埋めたとされる.土石流堆積物の分布と礫の配列から,大規模崩壊前の安倍川の谷は山地内を穿入蛇行しており,その谷が土石流堆積物に埋積された結果,安倍川の水流が一時的に谷底との高度差を失った頁岩の尾根を越えてショートカットし,赤水の滝の原型が形成されたことを明らかにした.赤水の滝以外にも …

    The Quaternary Research (Daiyonki-Kenkyu) 59(1), 17-29, 2020

    J-STAGE 

  • Impact Resistant Behavior of Concrete Rock-Fall Protection Retaining Wall Under Impact Loading Test  [in Japanese]

    山澤 文雄 , 今野 久志 , 寺澤 貴裕 , 中村 拓郎 , 葛西 聡

    寒地土木技術研究 : 国立研究開発法人土木研究所寒地土木研究所月報 : monthly report (799), 2-8, 2019-12

  • COMPRESSIVE PROPERTIES OF FINISHING MATERIALS SUCH AS GYPSUM BOARDS IN A WIDE RANGE OF STRAIN RATES  [in Japanese]

    NAKASO Yosuke , TATEYAMA Kohei , YAMADA Hiroyuki , KAWAGUCHI Ken'ichi

    … <p> Finishing materials installed at the building surface closest to the living space of people often fall down and harm the life, body or property. … were conducted to examine the strain rate effect on the compressive property of the representative finishing materials: gypsum boards, calcium silicate boards and rock wool sound absorbing boards.</p><p> The results obtained from this study are following:</p><p> 1) The X-ray CT images show the internal structure of the finishing materials. …

    Journal of Structural and Construction Engineering (Transactions of AIJ) (766), 1525-1532, 2019-12

    J-STAGE  AIJ 

  • Model Experiment and 2D-DEM Simulation of Rockfall Protective Soil Embankment for Comprehension of Rock fall Trapping Performance  [in Japanese]

    松尾 和茂 , 前田 健一 , 堀 耕輔 , 峯 祐貴 , 今野 久志 , 高橋 浩司

    計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science 24, 6p, 2019-05

  • Rock Fall Analysis by Numerical Manifold Method Incorporating Co-Rotational Formulation  [in Japanese]

    佐々木 猛 , 橋本 涼太 , 大西 有三 , 三木 茂

    計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science 24, 6p, 2019-05

  • Impact loading tests of RC rock-fall protection retaining wall  [in Japanese]

    山澤 文雄 , 今野 久志 , 西 弘明

    寒地土木技術研究 : 国立研究開発法人土木研究所寒地土木研究所月報 : monthly report (788), 2-8, 2019-01

  • Model Experiment and Numerical Analysis of Rock-fall Protective Soil Embankment to Understand Rock Fall Trapping Performance  [in Japanese]

    MATSUO Kazushige , MAEDA Kenichi , HORI Kosuke , SUZUKI Kentaro , KONNO Hisashi

    <p>本研究は,落石対策工の一つである落石防護土堤に関する落石捕捉性能の把握を目的としている.落石防護土堤は,設置スペースさえあれば現地発生土の流用も可能で経済性,施工性,維持管理性に優れた落石対策工法である.しかしながら,現行の設計マニュアルである落石対策便覧では設計の考え方は落石エネルギーの吸収・消散のメカニズムの概念が文言として記されているのみであり,変形・破壊モードを考慮した性 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A2 (Applied Mechanics (AM)) 75(2), I_389-I_400, 2019

    J-STAGE 

  • Full-scale impact load tests on shock-absorber to strengthen a snow-shed against rockfall  [in Japanese]

    Hama Akiko , Yokota Tetsuya , Kitajima Mikio , Maegawa Koji

    … However sand cushion which is usually used as a shock absorber for a rock-shed is too heavy for structural members of a snow-shed. … Shock absorbers composed of EPS-blocks, corrugated steel plates and stiffened rectangular steel-pipes were examined under weight-fall tests in this study. …

    Journal of Structural Engineering, A 65A(0), 937-945, 2019

    J-STAGE 

  • Investigation of oil recovery effect and rock surface wettability by injecting SiO<sub>2</sub> nanoparticle fluids  [in Japanese]

    Abe Kazunori , Imaizumi Tetsuya

    <p>既にSiO<sub>2</sub>ナノ粒子を用いた油増進回収法には、一定の増油効果がある事が報告されている。しかし増油メカニズムについては未解明な点が多々あり、実施した掃攻試験の結果から砂岩と炭酸塩岩では回収率が異なっている。本研究ではナノ粒子が岩石表面とどのように反応し、濡れ性にどのような影響を与えるか解明する事を目的として、砂岩と炭酸塩岩を使用し掃攻試 …

    Proceeding of Annual/Fall Meetings of the Japan Petroleum Institute 2019f(0), 223, 2019

    J-STAGE 

  • An outlook on potential tight reservoirs along the Japan Sea coast region viewed from source rock ourcrops  [in Japanese]

    Kurita Hiroshi , Yokoi Satoru , Kurokawa Shoki , Kishima Masanori

    <p>シェールガス、シェールオイル、タイトサンドなどのタイト鉱床が世界規模で商業開発の趨勢にあるなか、日本国内でも秋田県の鮎川油ガス田での成功などに発展の端緒が見られる。日本海沿岸地域のタイト鉱床の特徴は中新世の珪質泥岩が石油根源岩兼貯留岩となっている点である。秋田県の南方に続く山形県内陸地域〜新潟県中越地域の中新世の地層の再検討から、タイト鉱床可能性の検討対象となる珪質泥岩の分布を考 …

    Proceeding of Annual/Fall Meetings of the Japan Petroleum Institute 2019f(0), 154, 2019

    J-STAGE 

  • Study of crude oil adsorption phenomenon on the rock surface  [in Japanese]

    Shimokawara Mai , Hattori Tatsuya , Akita Yasuyuki , Mino Yasuyuki

    <p>岩石表面の濡れ性は、貯留層の流動特性評価や増進回収法適用時における増油メカニズムを検討する際に重要となる。ラボスケールで貯留層における流動を模擬するコア流動試験を実施する際、使用する岩石を貯留層状態に復元するために「エイジング」作業を実施するが、エイジングによる濡れ性の回復について定量的に検討されている事例は多くない。本研究ではエイジング期間を変化させた場合の岩石表面に関して接触 …

    Proceeding of Annual/Fall Meetings of the Japan Petroleum Institute 2019f(0), 158, 2019

    J-STAGE 

  • <sup>1</sup>H-NMR study on the pore size distribution of rock core sample (Part 2)  [in Japanese]

    Kumagai Haruo , Shimokawara Mai , Mino Yasuyuki , Okano Hirofumi

    <p>制御された細孔を持つシラス多孔質ガラス膜を標準試料に用い、吸着水分量を制御し<sup>1</sup>H-NMR緩和時間測定を行った。その結果、試料の細孔径に依らず吸着水分量の減少に伴い緩和時間T2は減少することを明らかにした。この結果は細孔内に吸着した水は細孔壁と強く相互作用していることを示唆する。次に、細孔表面の官能基との相互作用の小さい有機溶媒を用い同 …

    Proceeding of Annual/Fall Meetings of the Japan Petroleum Institute 2019f(0), 157, 2019

    J-STAGE 

  • Geological evaluation technology for rock tunnelling using ICT - Smart Face Watcher -

    MIYAJIMA Yasuyuki , SHIRASAGI Suguru , TOBE Hayato , YAMAMOTO Takuji

    … For rock tunnelling projects, it was difficult to predict geological conditions in an excavation cycle. … Furthermore, it is only the face observation where the geological condition can be confirmed directly during the tunnel excavation, and it is difficult to completely grasp without overlooking the face condition, and as a result it would cause rock fall disaster. … and "Rock fall risk assessment system by image analysis". …

    International Journal of the JSRM 15(1), 5-6, 2019

    J-STAGE 

  • Study on Ground Motion Characteristics of River-bed Caused by Debris Flow after an Earthquake Using Distinct Element Method  [in Japanese]

    YAMADA Masayuki , YAGI Satoru , HADA Koji , FUJINO Yoshinori , FUKATSU Sosuke , TAKAHARA Teruyoshi , KURITA Satoshi

    <p>地震が直接または間接的に要因となって土石流を生じさせることがある.個別要素法を用いて, 落石を河床に衝突させることによって, 土石流に起因する河床地盤振動を模擬した.河床の剛性, 落石の落下高(流速), 落石数(流量), 水の有無をパラメータとして, 地盤振動の比較を行い, その振動特性や成因に影響を与える条件に言及した.土石流による河床地盤振動の周波数特性は, 河床地盤の物性に …

    Journal of Japan Association for Earthquake Engineering 19(6), 6_272-6_282, 2019

    J-STAGE 

  • CONSIDERATION ON STABILITY EVALUATION BASED ON LONG-TERM VIBRATION MONITORING OF BLOCK FIELDS  [in Japanese]

    FUJIWARA Yu , MITSUZUKA Takashi , HISADA Hirofumi , TAKEMOTO Masaru

    <p> 道路沿線の斜面に不安定な岩塊が存在する場合,落石調査を実施し災害を防ぐための対応を図る必要がある.しかし,落石現象は素因が複雑かつ誘因が多様なため,岩塊の安定性を画一的に評価することが困難となる.このような背景から,岩塊に振動計を設置し,記録振動の卓越周波数や減数定数から岩塊の安定性を定量的に評価する「落石振動調査法」が開発されている.この調査では,計測の度に振動計を設置・撤去 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. C (Geosphere Engineering) 75(4), 415-429, 2019

    J-STAGE 

  • A STUDY OF DEEP-SEATED LANDSLIDE AND ITS DEFORMATION BEHAVIOR DUE TO ROCK BRIDGE BY CENTRIFUGE MODEL TEST  [in Japanese]

    TOGASHI Yota , YUASA Tomoki , HASEGAWA Atsushi , KAWAGOE Takeshi , KASUYA Yuki , YAMADA Yuki

    <p>明瞭な斜面の滑動を示す地形的な特徴が認められない岩盤斜面は,降雨などに起因して大規模な崩壊を起こすことがある.このような斜面の内部には,すべり面が形成される以前の抵抗体が残存することが確認されている.本研究では,大規模崩壊の変形メカニズムを明らかにすることを目的として,実際に現地観察された事例をもとに抵抗体とその位置をモデル化した2ケースの遠心模型実験を行った.遠心力載荷に伴う模 …

    Japanese Geotechnical Journal 14(2), 77-93, 2019

    J-STAGE 

  • PUNCHING TEST TO EARLY-AGE BASE CONCRETE AND ITS DISCRETE ELEMENT SIMULATION  [in Japanese]

    KIKKAWA Naotaka , HIRAOKA Nobutaka , ITOH Kazuya

    <p> トンネル建設工事中の切羽における肌落ち災害を防止するため,掘削後の素掘り面に対して吹付けコンクリートを打設する場合がある.その10数分後には鋼製支保工を建て込むため,作業員が切羽に立ち入る場合もある.本研究では,地山から剥離した岩石が吹付けコンクリートを押し抜こうとする際の同コンクリートの抵抗力と破壊機構を明らかにすることを目的とし,若材齢ベースコンクリートを岩石により押し抜く …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F1 (Tunnel Engineering) 75(1), 56-74, 2019

    J-STAGE 

  • A prediction of rock fall from the tunnel face by convolutional neural network  [in Japanese]

    TOBE Hayato , MIYAJIMA Yasuyuki , FUKUSHIMA Daisuke , NISHIZAWA Yusuke , HONMA Shinichi , YAMAMOTO Takuji

    <p>トンネル工事では、風化程度や割目の分布などの岩盤特性を評価することによって、トンネル切羽からの剥落を正確に予測する必要がある。これらの評価は一般に主観的な目視観察に基づいており、その結果には個人差が生じやすい。そのため我々は、個人差の低減を目的として、応用地質学的知見に基づき、画像解析による切羽の剥落危険度評価法を開発した。この判定法では、風化・割目の発達程度が高いまたは低い切羽 …

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2019(0), 4Q3J1301-4Q3J1301, 2019

    J-STAGE 

Page Top