Search Results 1-20 of 119641

  • Corticospinal excitability during motor imagery is diminished by continuous repetition-induced fatigue

    Higashi Toshio , Nakashima Akira , Moriuchi Takefumi , Matsuda Daiki , Hasegawa Takashi , Nakamura Jirou , Anan Kimika , Satoh Katsuya , Suzuki Tomotaka , Sugawara Kenichi

    … This study was approved by the Institutional Ethics Committee at the Nagasaki University Graduate School of Biomedical and Health Sciences (approval No. 18121302) on January 30, 2019. …

    Neural Regeneration Research 16(6), 1031-1036, 2021-11-27

    IR 

  • Transition and Future Prospects of School Nurses and Health Counseling Activities  [in Japanese]

    上田 ゆかり

    2008年,中央教育審議会答申において養護教諭は学校保健において中核的な役割と位置づけられ,養護教諭の主な職務は「保健管理」「保健教育」「保健室経営」「保健組織活動」「健康相談活動」の5つと明記された.これらの職務のうち,「保健教育」と「健康相談活動」は,1997年に保健体育審議会答申で示された新たな役割である.本研究では,「健康相談活動」に関わる先行研究について注目し,1997年保健体育審議会答 …

    鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021 (4), 173-184, 2021-04-01

    IR 

  • Mental health support for junior athletes at school  [in Japanese]

    関﨑 亮

    精神科 = Psychiatry 38(4), 408-415, 2021-04

  • Evaluating the efficacy of a menstrual self-care health education program for female high school students  [in Japanese]

    桑名 佳代子 , 鹿野 裕美 , 三井 幸恵

    宮城大学研究ジャーナル = Miyagi University Research Journal 1(1), 42-53, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • アメリカ研修に関する報告(助産学コース大学院生) : アメリカにおける周産期医療施設への訪問  [in Japanese]

    村野 陽菜 , 山本 直子 , 酒井 菜南子 , 水谷 真央 , 尾山 智美 , 鶴川 千佳 , 藤重 佑梨 , 柳田 優依 , 田中 一枝 , 若松 美貴代 , 沖 利通

    本学助産学コース大学院生と教員は周産期における日本とアメリカの医療および看護の違いや役割について知り、グローバルな視点で周産期医療の在り方を捉えるためにアメリカの周産期医療施設を訪問した。見学を通して、周産期医療に関わる専門職が多く、専門職が専門性を発揮できるようなシステムが構築されていることを学んだ。アメリカは様々な人種が混在しているため、患者や家族, 医療従事者が共通理解するための様々な工夫が …

    鹿児島大学医学部保健学科紀要 = Bulletin of the School of Health Sciences, Faculty of Medicine, Kagoshima University 31(1), 47-52, 2021-03-31

    IR 

  • Feelings and Experiences of Pediatric Patients, Parents, and Health Care Providers Regarding Disease Notification in Cases of Pediatric Cancer : Focusing on the Implementation of Notification  [in Japanese]

    水野 昌美 , 山本 直子 , 根路銘 安仁

    本研究の目的は、小児がんの病名を告知されていない場合と告知されている場合の患児・親・医療者の気持ちや体験を明らかにすること、今後の小児がん看護におけるケアについての示唆を得ることである。「医学中央雑誌」WEB 版より、「小児がん」「看護」「病名告知」をキーワードにして検索した1991年から2018年までの21編を分析した。分析の結果、患児には病名を知る機会が多くみられ、告知されている患児と比較する …

    鹿児島大学医学部保健学科紀要 = Bulletin of the School of Health Sciences, Faculty of Medicine, Kagoshima University 31(1), 35-45, 2021-03-31

    IR 

  • The Expected Roles of Public Health Nurses During Nuclear Disaster Relief Operations  [in Japanese]

    小山 珠美 , 山口 拓允 , 伊東 朋子 , 松成 裕子

    本研究の目的は、行政機関の原子力防災担当者が、原子力災害時に保健師に期待する役割を明らかにすることである。全国の原子力発電所が立地または隣接する全21道府県庁の原子力防災責任者に対し質問紙調査を実施した。その結果、「一般傷病者に対する救護」「一般的な健康相談対応」の実践、「被災者の健康状態」の情報収集や「要支援・要介護者の受入れ」での連絡調整など、自然災害時と同様の保健師活動が求められていた。次い …

    鹿児島大学医学部保健学科紀要 = Bulletin of the School of Health Sciences, Faculty of Medicine, Kagoshima University 31(1), 27-33, 2021-03-31

    IR 

  • Perceptions and Dilemma Regarding DNAR Instructions Held by Nurses in the General Ward of Hospital A  [in Japanese]

    岩原 美里 , 鮫島 大貴 , 早田 知穂 , 粟ケ窪 愛奈 , 狩宿 瑞希 , 窪田 彩乃 , 久木野 綺音 , 柳田 壮馬 , 塗木 まみ , 川崎 恵 , 根路銘 安仁

    (目的)一般病棟に勤務する看護師のdo not attempt resuscitation(以下DNAR)指示の捉え方と抱いているジレンマを明らかにし、対応策を検討する。(方法)A 病院の一般病棟勤務の看護師339名を対象に患者・家族、医師、看護師に関する計22項目を4段階で回答する調査票を用いて無記名式自己式質問調査を実施した。(結果)有効回収数211名(有効回答率62.2%)、経験年数1年以上 …

    鹿児島大学医学部保健学科紀要 = Bulletin of the School of Health Sciences, Faculty of Medicine, Kagoshima University 31(1), 19-25, 2021-03-31

    IR 

  • The Association between Social Frailty and Depressive Symptoms in Community-dwelling Older Adults  [in Japanese]

    和田 あゆみ , 牧迫 飛雄馬 , 中井 雄貴 , 富岡 一俊 , 谷口 善昭 , 佐藤 菜々 , 木山 良二 , 田平 隆行 , 窪薗 琢郎 , 竹中 俊宏 , 大石 充

    … A better understanding of the aspects associated with social frailty and strategies for its prevention could, be useful for psychological health in older adults. … METHOD: Data from 812 community-dwelling older adults (aged ≥ 65 years, mean age 74.8 years, 62.6% female), who had participated in a community-based health check survey (Tarumizu Study 2018) were analyzed. … Moreover, the social aspects of frailty could have a negative impact on psychological health. …

    鹿児島大学医学部保健学科紀要 = Bulletin of the School of Health Sciences, Faculty of Medicine, Kagoshima University 31(1), 11-18, 2021-03-31

    IR 

  • Views on Health of Health Exercise Volunteers of A-City : Analysis of the "Sense of Coherence," "Social Capital," "Self-rated Health," and "Health Practice"  [in Japanese]

    平田 直美 , 米増 直美 , 稻留 直子 , 森 隆子 , 田中 みゆき

    A 市運動普及推進員を対象に健康観の特性把握を目的に調査した。令和元年度のA 市運動普及推進員として登録された280名のうち調査協力された170名の、健康観として、「健康生成力」「ソーシャルキャピタル」「主観的健康度」「健康習慣」の特性を明らかにし、運動普及推進員の継続した活動の長期化に向けた支援を考察した。対象の年齢は70.7±6.21歳、活動期間は125.5±102.8ケ月でその分布は約100 …

    鹿児島大学医学部保健学科紀要 = Bulletin of the School of Health Sciences, Faculty of Medicine, Kagoshima University 31(1), 1-9, 2021-03-31

    IR 

  • Do Adults' Listening Skills Improve through Individual Learning with Elementary School Digital Teaching Materials? ―Improving the English Ability of Active Teachers―  [in Japanese]

    長谷川 修治 , 安藤 則夫

    本研究の目的は,小学生用デジタル教材による個別学習で,成人のリスニング力が向上するかを検証することであった。今回は,英語力に不安を抱える現職教員を視野に入れ,類似した大学生対象の調査とした。参加者は,処置群として 1 年間以上英語学習をしていない 3・4 年生合計 9 名,対照群としてリスニング力の成績が処置群の学生とほぼ同じ 1 年生 9 名であった。処置群は,1 つの Lesson が 15 …

    植草学園大学研究紀要 = Bulletin of Education and Health Science, Uekusa-Gakuen University (13), 27-38, 2021-03-31

    IR 

  • Personality Types and Why Students Fail to Master English in Junior and Senior High School  [in Japanese]

    安藤 則夫 , 長谷川 修治

    (要旨)今までの著者らのアンケート調査では,英語が不得意と思う学生が多かった。その原因が多数の学生の性格型に合っていない英語教育法にあると予想し,確かめた。学生の性格の違いは,勉強への意欲や勉強法の違い・成績や習得の違いとなって現れると考えられる。今回は,アンケートによって学生の性格から見たニーズを明らかにし,性格の違う学生が自分に合った勉強の仕方を出来るようにする教材について検討した。アンケート …

    植草学園大学研究紀要 = Bulletin of Education and Health Science, Uekusa-Gakuen University13 (13), 5-16, 2021-03-31

    IR 

  • Review and Consideration of Trends toward Self-Pluralism in Late Modernity and Identity Theory  [in Japanese]

    藤野 遼平 , Fujino Ryohei , フジノ リョウヘイ

    本研究では,後期近代における自己の多元化の傾向とアイデンティティ理論についてレビューを通じて検討した。後期近代では経済構造の変革,テクノロジーの発展,価値観の多様化といった背景から状況に応じて多様な自己を振る舞い分ける傾向が強まっている。その一方で,Eriksonのアイデンティティ理論をはじめとする過去の研究からは自己が多元化していることは精神的健康を阻害することが明らかになっている。しかしながら …

    大阪大学教育学年報 (26), 51-62, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • Development of a program to prevent sexual violence among teens in Japan: education using DVD video teaching materials and web-based learning

    Nagamatsu Miyuki , Ooshige Narumi , Sonoda Nozomi , Niina Mika , Hara Ken-ichi

    Environmental Health and Preventive Medicine 26(1), 2021-03-26

    DOI 

  • The relationship between cultural self-viewing and depression: Focus on teacher who coaches athletic club activities  [in Japanese]

    八尋 風太 , 杉山 佳生 , 萩原 悟一

    … The participants were 157 middle school and high school teachers who coach athletic club activities (male: 128, female: 29). … They completed the Scale for Independent and Interdependent Construals of the Self and Patient Health Questionnaire-9 (PHQ-9). …

    健康科学 (43), 63-70, 2021-03-25

    IR  DOI 

  • Recognition, actual states, and their social backgrounds toward drug abuse among Japanese university students : 2nd report: A survey in 2014 including comparison with 2012 findings  [in Japanese]

    入江 正洋

    … Psychological factors, such as self-esteem and general health, were also related to illegal substance use. … This study suggests a downward trend for the number of drug abuse from 2012 to 2014, and the effect of a drug abuse prevention program including psychological approaches toward university and secondary school students. …

    健康科学 (43), 127-137, 2021-03-25

    IR  DOI 

  • A Study of New Approach to Health Education Utilizing Information and Communication Technology : Effective Achievement for integrated education from Elementary through Junior High school  [in Japanese]

    伊藤 寿子 , 鈴木 恵美 , 鎌塚 優子

    静岡大学教育実践総合センター紀要 (31), 359-366, 2021-03-25

    IR  DOI 

  • Attempt of health education in elementary school utilizing fact-finding survey on health classes in junior high school  [in Japanese]

    中村 安里 , 鎌塚 優子

    静岡大学教育実践総合センター紀要 (31), 351-358, 2021-03-25

    IR  DOI 

  • 2021-03-22

    Shen Shaoshuai , Suzuki Koya , Kohmura Yoshimitsu , Fuku Noriyuki , Someya Yuki , Naito Hisashi

    Environmental Health and Preventive Medicine 26(1), 2021-03-22

    DOI 

  • The State of Distance Learning that Put Emphasis on Self-reliance Activities at Special Needs School Through a Practice for Children with Health Impairments in the Midst of Pandemic of COVID-19  [in Japanese]

    近藤 翔太 , 熊谷 愼之輔

    病弱児に対して取り組んできた本遠隔授業実践を振り返ると,コロナ禍による課題の変化がうかがえた。すなわち,遠隔授業における課題は,「普及」から「授業内容の充実」へと変化し,さらに病弱児が継続した学習ができるような「自立した学びを支援する」ことが新たな課題となっていることがわかった。遠隔学習において学習者に対する自立した学びの支援は,特別支援教育における自立活動を促すことにつながることも示唆された。そ …

    岡山大学教師教育開発センター紀要 (11), 89-99, 2021-03-22

    IR  DOI 

Page Top