Search Results 1-20 of 94

  • 1 / 5
  • Analysis and Evaluation for the Effects of Experience-based Learning Method of Software Development Applying PBL Approach  [in Japanese]

    NIITSU Yoshihiro , HASEGAWA Yasunori , DATE Hiroyuki , SUEDA Yoshiko

    … Education of software development at universities is required at the level of industry-ready engineers. … But in the real field, they are very complicated and integrative software. … Most of university students cannot develop software on a group work basis. … They passively study given tasks in university class and they cannot experience full development process of software. …

    Journal of JSEE 67(2), 2_32-2_37, 2019

    J-STAGE

  • Faculty Development Camp for Project Based Learning in enPiT  [in Japanese]

    CHISHIRO Hiroyuki , CHUBACHI Yoshihide

    … <p>Project Based Learning (PBL) is a teaching and learning method in which students actively solve real-world problems and gain knowledge and skills. … The teaching experiences, materials, and methods for PBL have diversity and are not shared with universities. … The Faculty Development – Working Group (FD-WG) performs to share them with universities but the sharing method does not mainly use active learning. …

    Computer Software 36(1), 14-23, 2019

    J-STAGE

  • Development of Collision-Based Attack Practicum for Security Evaluation by Using Next Generation Cryptosystem in IoT Era.  [in Japanese]

    NOGAMI Yasuyuki , KUSAKA Takuya , KOBAYASHI Kazuya , HASHIMOTO Yuta

    … 線での活躍を目指す人材においてその必要性が顕著であり,「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成プログラム」であるenPiTでは,学部生に最先端の情報技術を学ぶ機会を提供し,社会の具体的な課題に対する解決力を身に付けた人材の育成を目指している.本稿では岡山大学で行われたenPiT-Security先進PBL演習Gの取り組みを紹介し,受講生の感想を踏まえて演習の有用性や改善の余地について述べる.</p> …

    Computer Software 36(1), 95-100, 2019

    J-STAGE

  • Studies on Risk Management as a Learning Analytics in Project-based Software Engineering Education(Outline of Doctor Thesis)--(Doctor Course of Electronics, Information and Media Engineering Major)

    Issarapong Khuankrue

    … Project-based learning (PBL) spawned the situated learning concept, whereby learners construct their own learning experiences through context. … However, PBL cannot evaluate the discrepancy of the expected outcome between students' assignments and professional projects. … Assessors of PBL may miss the expected learning outcome. …

    日本工業大学研究報告 = Report of researches, Nippon Institute of Technology 48(1), 12-21, 2018-06

    IR

  • Team-based PBL for Basic IoT Education  [in Japanese]

    IGAKI Hiroshi , TAKEMOTO Kiichi , UEDA Yuuki

    … 場合,PBL(Project-based Learning)形式を採用し,チーム開発プロセスやコミュニケーションスキルとIoT技術についての基礎教育を行うことも多い.本論文では,事前に決められたIoTシステムをPBLで開発するIoT基礎教育を前提とし,学生間のスキル差やタスク割り当ての偏りといったPBL授業で発生しがちな課題への対応を目的とした手法を提案する.実際にPBLを実施 …

    Computer Software 35(1), 1_54-1_66, 2018

    J-STAGE

  • Developing a Self-Learning Education Material for Learning Team Development  [in Japanese]

    ITO Kei , KIZUKA Ayumi , OKUNO Taku , MATSUBARA Katsuya , OBA Michiko

    … g(以下PBL)が注目されており,情報系の学部や研究科においてもシステム開発を中心としたPBLが広く行われてきている.身に付けるべき技術が多岐にわたる場合,1回のPBL受講で習得できることに限りがあることから,複数回のPBL受講が望ましいが,限られた教育期間の中で複数の受講が難しい場合もある.そこで我々は個々の学生のPBL受講 …

    Computer Software 35(1), 1_103-1_109, 2018

    J-STAGE

  • Proposal of a Man-hour Estimation Method Using the Past PBL Data  [in Japanese]

    SAITO Takeru , NIIMI Ayahiko , ITO Kei

    PBL(Project-Based Learning)のマネジメント支援を目的とする.ソフトウェア開発経験の浅い学生がプロジェクトを管理するPBLでは,学生の経験不足などが原因で工数見積りの誤りが発生し易い.一般的なソフトウェア開発では,開発工数を見積る手法を利用するが,データ収集とモデル構築・工数計算をプロジェクト進行中に行う必要があるため,学生が利用するのは難しい.一方PBL

    Computer Software 35(1), 1_117-1_123, 2018

    J-STAGE

  • Investigation of Build Error on Software Development PBL  [in Japanese]

    槇原 絵里奈 , 井垣 宏 , 吉田 則裕 , 藤原 賢二 , 川島 尚己 , 飯田 元

    … ビルドが成果物の品質へ与える影響やビルドの支援手法を調査している.一方,高等教育機関で開講されている,ソフトウェア開発PBL演習における学生のビルド活動の実態調査は十分に行われていない.そこで,我々はアジャイル開発を取り入れたソフトウェア開発PBLにおいて,学生のビルドエラーの実態調査を行い,学生が陥りやすいビルドエラーの特徴を分析した.具体的には,学生が個人の開 …

    情報処理学会論文誌 58(4), 871-884, 2017-04-15

    IPSJ

  • W-07 Multi-media Global PBL with HTML5 and TECHTILE Toolkit for Japanese and Thai Students

    OHKURA Michiko , ITO Kodai , APIRUKVORAPINIT Paskorn , CHAROENPIT Saromporn

    … This paper describes our new global PBL (gPBL) and discusses its evaluation. … We added a workshop on the tactile device to the class and expanded the interactive remote teaching trials in two directions: sharing tactile information in a common virtual space (hardware) and generalizing the development platform (software). …

    JSEE Annual Conference International Session Proceedings 2017(0), 45-50, 2017

    J-STAGE

  • Design and Introduction Effects of PBL which Assumed Software Developers  [in Japanese]

    MORIMOTO Jiro , KOBAYASHI Ikunori , NAKAYAMA Hiroyuki

    … It is desirable to experience a whole development project in a university education for students aiming at system engineers to deepen their understanding of occupation. … Hence, based on the experiences that participated in system development projects, authors designed a method of PBL for system development education assumed a software developer, and fed knowledge about system development back to education for students. …

    Journal of JSEE 65(1), 1_40-1_45, 2017

    J-STAGE

  • Software Development PBL for Solving Real Problems in Local Communities  [in Japanese]

    粂野 文洋 , 辻村 泰寛 , 大木 幹雄 , 山地 秀美

    … 果的な手法としてPBL(Project Based Learning)が注目され,多くの大学で導入されている.一方で,周辺地域がかかえる諸課題をNPOや企業と連携して解決することも大学の重要な使命となってきている.著者らは,こうした2つの社会的な要請に応えるため,埼玉県内の複数の地域組織からソフトウェアシステムに係る要請を受け付け,その開発・提供および保守を演習テーマとするPBLを継続的に実施し …

    情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE) 2(1), 25-40, 2016-06-01

    IPSJ

  • Systematic Educational Program for Agile Development and Collaborative Work Skillsets  [in Japanese]

    中鉢 欣秀 , 小山 裕司

    産業技術大学院大学紀要 (10), 37-41, 2016

  • A Study of Problem Based Learning for Application Software Development  [in Japanese]

    廣瀬 健一 , 金子 豊久 , 村山 淳 , 飯田 尚紀 , 佐藤 清次

    産業技術短期大学誌 = Bulletin of College of Industrial Technology 49, 21-25, 2016

  • Anecdotal experience report of "AWS in education" grant on software development PBL  [in Japanese]

    佐伯 幸郎 , まつ本 真佑 , 井垣 宏 [他]

    日本ソフトウェア科学会大会論文集 32, 5p, 2015-09-09

  • Educational Contents Recommendation System Using RDF and Feature Terms  [in Japanese]

    藤原 哲 , 大場 みち子 , 山口 琢 , 花田 洋貴

    … ICT 人材育成の場として,PBL(Project Based Learning) によるソフトウェア開発が活発になっている.PBL では,学生がそれぞれの役割に沿って自主的に個別の学習が求められるが,基礎知識がない場合に効率的に知識を身につけることは難しい.本研究は,PBL で効率的に学習するために授業資料による基礎知識とそれに関連する Web ページでの応用・補足情報を推薦するシステム …

    研究報告デジタルドキュメント(DD) 2015-DD-97(4), 1-6, 2015-03-23

    IPSJ

  • Educational Contents Recommendation System Using RDF and Feature Terms  [in Japanese]

    藤原 哲 , 大場 みち子 , 山口 琢 , 花田 洋貴

    … ICT 人材育成の場として,PBL(Project Based Learning) によるソフトウェア開発が活発になっている.PBL では,学生がそれぞれの役割に沿って自主的に個別の学習が求められるが,基礎知識がない場合に効率的に知識を身につけることは難しい.本研究は,PBL で効率的に学習するために授業資料による基礎知識とそれに関連する Web ページでの応用・補足情報を推薦するシステムを提案・ …

    IPSJ SIG Notes 2015-DD-97(4), 1-6, 2015-03-23

    IPSJ

  • Educational Contents Recommendation System Using RDF and Feature Terms  [in Japanese]

    藤原 哲 , 大場 みち子 , 山口 琢 , 花田 洋貴

    … ICT 人材育成の場として,PBL(Project Based Learning) によるソフトウェア開発が活発になっている.PBL では,学生がそれぞれの役割に沿って自主的に個別の学習が求められるが,基礎知識がない場合に効率的に知識を身につけることは難しい.本研究は,PBL で効率的に学習するために授業資料による基礎知識とそれに関連する Web ページでの応用・補足情報を推薦するシステム …

    IPSJ SIG Notes 2015-IFAT-118(4), 1-6, 2015-03-23

    IPSJ

  • Quantitative Project Evaluation for Agile Software Development using Ticket Management System  [in Japanese]

    井垣 宏 , 福安 直樹 , 佐伯 幸郎 , 柗本 真佑 , 楠本 真二

    … ,チケット駆動開発と呼ばれる開発手法とScrumフレームワークを組み合わせることにより,プロジェクトを定量的に評価する枠組みを構築した.実際に我々のプロジェクト定量評価の枠組みを用いてチームによるソフトウェア開発演習を実施し,複数の定量評価基準に基づいて,チームごとのプロジェクト評価を実施した.The universities which teach agile software development, such as Scrum and XP are increasing in …

    IPSJ Journal 56(2), 701-713, 2015-02-15

    IPSJ

  • Practical Educational Method of Embededd System with OJL  [in Japanese]

    TACHI Nobuyuki , YAMAMOTO Masaki , YOSHIDA Norihiro , TAKASHIMA Hiroyuki , UNAGAMI Tomoaki , ANDO Yuuki , MATSUBARA Yutaka , HONDA Shinya , TAKADA Hiroaki

    … 産業界は,情報系学生に対して主体的に活動できる能力を要求している.この要求に応えるために,我々はPBL (Project-Based Learning)を発展させたOJL (On the Job Learning)という手法で,大学院生を対象に組込みシステム技術の教育を実施している.OJLでは,仮想の技術課題ではなく,企業の持つ実際の開発テーマを題材にして,実際のソフトウェア開発プロジェクトの中で,仕事(開発)の進め方を学生に体験学習させる.2013年度 …

    Computer Software 32(2), 2_79-2_85, 2015

    J-STAGE

  • Experiment of Design and Development for Embedded System with Software/Hardware Cooperation  [in Japanese]

    久我 守弘 , 眞下 達 , 青木 敏裕 , 大村 悦彰 , 山口 倫 , 木山 真人 , 尼崎 太樹

    組込みシステムシンポジウム2014論文集 2014, 157-158, 2014-10-15

    IPSJ

  • 1 / 5
Page Top