Search Results 1-20 of 1079

  • Implementation of a high-accuracy method for automatic fluency scoring of spontaneous English utterances by Japanese learners  [in Japanese]

    安ヵ川 彩乃 , 安藤 慎太郎 , 紺野 瑛介 , 林 振超 , 井上 雄介 , 齋藤 大輔 , 峯松 信明 , 斉藤 一弥

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 119(440), 189-194, 2020-03-02

  • The Effectiveness of Additional Context in DNN-based Spontaneous Speech Synthesis  [in Japanese]

    山下 優樹 , 郡山 知樹 , 齋藤 佑樹 , 高道 慎之介 , 井島 勇祐 , 増村 亮 , 猿渡 洋

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 119(440), 65-70, 2020-03-02

  • Implementation of a high-accuracy method for automatic fluency scoring of spontaneous English utterances by Japanese learners  [in Japanese]

    安ヵ川 彩乃 , 安藤 慎太郎 , 紺野 瑛介 , 林 振超 , 井上 雄介 , 齋藤 大輔 , 峯松 信明 , 斉藤 一弥

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 119(439), 189-194, 2020-03-02

  • The Effectiveness of Additional Context in DNN-based Spontaneous Speech Synthesis  [in Japanese]

    山下 優樹 , 郡山 知樹 , 齋藤 佑樹 , 高道 慎之介 , 井島 勇祐 , 増村 亮 , 猿渡 洋

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 119(439), 65-70, 2020-03-02

  • A Quantitative Study Using Corpora on the Use of Contractions of Conditional Forms  [in Japanese]

    入江 さやか , 金 明哲 , Sayaka IRIE , Mingzhe JIN

    同志社大学大学院 博士後期課程同志社大学音融合とは,二つ以上の単位が音の転訛などによって一つになったもので,話し言葉によく見られる特徴である。本研究では,『名大会話コーパス(名大C)』『日本語話し言葉コーパス(CSJ)』『日本語日常会話コーパスモニター公開版(CEJC)』を用いて,仮定形における音融合の使用状況について調査し,場面別・性別・年代別に音融合の使用状況にどのような差が見られるかについて …

    国立国語研究所論集 (18), 1-16, 2020-01

    IR  DOI 

  • Cross-generational Formant Analysis of Tokyo Japanese  [in Japanese]

    脇田 佳幸

    この研究は、二世代の東京出身者の母音のフォルマントを分析することで、母音の発音に世代差があることを指摘する。データには『日本語話し言葉コーパス』を使用し、そのうち生年代が約30 年離れた東京出身の高年層男性9 人と若年層男性10 人を選び出して、特定の条件を満たす母音のフォルマントを計測した。このようにして得られたF1・F2・F3 の計測値に、世代間で有意な差が見られるのかを分散分析によって統計的 …

    東京大学言語学論集 = Tokyo University linguistic papers (TULIP) 41(TULIP), 329-340, 2019-09-30

    IR  DOI 

  • <Practical Report>Application of Stimulus Fading and Contingency Management with the Introduction of Clinic-based Behavioral Intervention for a Child with Selective Mutism  [in Japanese]

    趙 成河 , 河内山 冴 , 園山 繁樹 , Sungha CHO , Sae KOUCHIYAMA , Shigeki SONOYAMA

    … The dependent variables included the level of speech, facial expression, and body movement, under the various conditions; … and the speech level was measured based on a five-step checklist. … The speech began to increase in the free activity with sub-therapist, and spontaneous speech was observed in the playing school with main-therapist. … Facial expression showed increased smiling as the speech level changed. …

    障害科学研究 = Japanese Journal of Disability Sciences (43), 183-192, 2019-03-31

    IR 

  • Tonal alignment of spontaneous Tokyo Japanese

    石原 健

    目白大学人文学研究 = Mejiro Journal of Humanities (15), 59-66, 2019-03-31

    IR 

  • Supporting the Transition from English as a Foreign Language to English-medium Instruction: Recommendations for Language Teaching

    BROWN Howard , ブラウン ハワード

    … Eng-lish-language teaching specialists have to be aware of and support students' needs related to their overall language proficiency level, as well as individual specific needs related to volume of reading, necessity for spontaneous speech, gaps in vocabulary knowledge, and academic skills.英語による教育(EMI)プログラムを提供している日本の大学は、着実に増加している。 …

    外国語教育フォーラム = Forum of Language Instructors (13), 5-16, 2019-03

    IR  DOI 

  • On 'Ppalli' and 'Ilccik' in the Korean Corpus of Spontaneous Speech  [in Japanese]

    中村 麻結

    姫路獨協大学外国語学部紀要 = The Journal of the College of Foreign Languages,Himeji Dokkyo University (32), 15-34, 2019-02

    IR 

  • The Role of the Japanese Word <i>Nanka</i> in Self-Disclosure  [in Japanese]

    SUGISAKI Miki

    <p>「なんか」は日常的に会話に用いられる語で、従来多くの機能が取り上げられ、分析されてきた(鈴木2000、内田2001、飯尾2006)。しかし「なぜ「なんか」という語を発話するのか」という話し手の動機づけに関しては、未だ明確な答えは示されておらず、十分に議論が尽くされていないと考える。本研究では、「びっくりしたこと」を語る会話データを用い、特に会話参与者が自らの経験を語る自己開示場面 …

    TAIGU-COMMUNICATION 16(0), 1-17, 2019

    J-STAGE 

  • Latent Words Recurrent Neural Network Language Models for Automatic Speech Recognition

    MASUMURA Ryo , ASAMI Taichi , OBA Takanobu , SAKAUCHI Sumitaka , ITO Akinori

    … <p>This paper demonstrates latent word recurrent neural network language models (LW-RNN-LMs) for enhancing automatic speech recognition (ASR). … Our experiments show effectiveness of LW-RNN-LMs on a perplexity evaluation for the Penn Treebank corpus and an ASR evaluation for Japanese spontaneous speech tasks.</p> …

    IEICE Transactions on Information and Systems E102.D(12), 2557-2567, 2019

    J-STAGE 

  • Progressive supranuclear palsy-Richardson syndrome with visual attention disturbance (Holmes and Horrax) and ataxie optique (Garcin): a case report  [in Japanese]

    Morishima Ryo , Bandoh Mitsuaki , Sunami Yoko , Isozaki Eiji

    <p>症例は72歳男性,右利き.2年前から小歩・物忘れ・易転倒性で発症し,神経学的・神経放射線学的には進行性核上性麻痺(progressive supranuclear palsy; PSP)が疑われ,視野の異常はなかった.神経心理学的には,全般性の知能低下と注意障害を背景として,視空間定位障害と視覚性注意障害があり,これに伴う空間性失書と構成障害他の検査成績の低下を認めた.本例の症候 …

    Rinsho Shinkeigaku 59(11), 730-735, 2019

    J-STAGE 

  • Application of Stimulus Fading and Contingency Management with the Introduction of Clinic-based Behavioral Intervention for a Child with Selective Mutism  [in Japanese]

    CHO Sungha , KOUCHIYAMA Sae , SONOYAMA Shigeki

    <p>本研究では、場面緘黙を示す幼児1名を対象とし、大学教育相談室での行動的介入の最初の導入期2セッションを含め、その後の心理治療の展開初期までの計10セッションの教育相談場面での手続きを報告し、その結果から刺激フェイディング法及び随伴性マネジメントの効果を検証することを目的とした。介入手続きは、プレイルームで一緒に活動する人と活動時間を刺激フェイディング法に基づいて調整した。従属変数 …

    Japanese Journal of Disability Sciences 43(1), 183-192, 2019

    J-STAGE 

  • The Formation of Brazilian Immigrant Koine in Japan: Dialect Contact, the Founder Principle and Feature Pool  [in Japanese]

    Matsumoto Kazuko , Okumura Akiko

    <p>本稿は変異理論を用いた在日日系ブラジル人コミュニティの方言・言語接触とコイネー形成に関する研究の一端を報告するものである.茨城県常総市のブラジル人コミュニティにおいて一世と二世の計60名より収集した民族誌(方言背景,社会的ネットワーク),単語の読み上げ,自然談話データのうち前二者に対象を絞り定性・定量分析を行った.理論的枠組みとして「コイネー化のプロセス」,「創始者効果」,「フィ …

    The Japanese Journal of Language in Society 22(1), 249-262, 2019

    J-STAGE 

  • Speech and language therapy for hearing-impaired children with cochlear implant at the age of 2 or 3 years―Habilitation program by the Kanazawa method―  [in Japanese]

    Notoya Masako , Yoshizaki Tomokazu , Harada Hiromi , Toyama Minoru , Yamazaki Noriko , Kimura Kiyoko , Suwa Miyuki , Kanazuka Chieko , Ishimaru Tadashi , Miwa Takaki

    <p>要旨: 「金沢方式」による訓練を0歳~1 歳代より開始し, 訓練途中の2~3歳代に人工内耳を装用した小児聴覚障害児8例について, 人工内耳術前後の言語獲得経過を報告した。8例が最初に理解した言語モダリテイは手話であった。その後, 聴覚口話や文字の理解が進み, いずれの児も 1 歳代で可能となった。手話による助詞付き 2語連鎖文は 1 歳7ヵ月~2歳2ヵ月までに出現した。8例は術後 …

    AUDIOLOGY JAPAN 62(2), 163-170, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Improvement of Mental Health and Speech in a Case of Severe Stuttering by Treatment Based on Retrospective Approach to Spontaneous Speech (RASS)  [in Japanese]

    Ogino Akiko , Kouchi Satoko , Hirata Nobuko , Shinmei Issei , Tsuzuki Sumio , Tokashiki Ryoji

    <p>吃音とメンタルヘルスの問題,特に不安症群との合併については複数指摘がなされているが,進展段階を基準とした改善例の報告は国内外でもわずかであり,心理検査の数値の変化とともに論じた報告は例がない.今回,進展段階第4層の吃音者である19歳女性に対して,年表方式のメンタルリハーサル法を含む,自然で無意識な発話への遡及的アプローチ(RASS)理論に基づいたリハビリテーションを行った.初診後 …

    The Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics 60(2), 155-161, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Possibilities and Problems in Compiling a Diachronic Speech Corpus of Japanese  [in Japanese]

    丸山 岳彦 , Takehiko Maruyama

    会議名: 言語資源活用ワークショップ2019, 開催地: 国立国語研究所, 会期: 2019年9月2日−4日, 主催: 国立国語研究所 コーパス開発センター本稿では、話し言葉の経年変化を知るための「通時音声コーパス」が持つ可能性と問題点について述べる。過去の録音資料を大量に収集し、別の時代の録音資料と比較することにより、話し言葉がどのように変化してきたかを実証的に明らかにすることができる。本稿では …

    言語資源活用ワークショップ発表論文集 = Proceedings of Language Resources Workshop (4), 402-412, 2019

    IR  DOI 

  • The First Language's Impact on L2: Investigating Intralingual and Interlingual Errors

    Long Robert , Hatcho Yui

    … The first research question related to the most common errors Japanese L2 learners made in spontaneous speech whereas the second question focused on the interpretability and recognition of errors as being intralingual or interlingual. …

    English Language Teaching 11(11), 115-121, 2018-10-16

    IR 

  • Phonetic reduction of beng in Mandarin: An analysis from a spontaneous speech corpus  [in Japanese]

    長 志珠絵

    国際文化学研究 : 神戸大学大学院国際文化学研究科紀要 (50), 69*-75*, 2018-07

    IR  DOI 

Page Top