Search Results 1-20 of 8764

  • Developing Value Networks for Game 2048 with Reinforcement Learning

    Kiminori Matsuzaki

    … The game 2048 is a stochastic single-player game and several computer players have been developed in not only research work but also student projects. … Among them, the most successful approach is based on N-tuple networks trained by reinforcement learning methods. … In our previous work, we designed policy networks and applied supervised learning, which resulted in an average score of 215,802. …

    情報処理学会論文誌 62(4), 2021-04-15

    IPSJ 

  • What is Attractive Distance Learning for College Students? Using the Student Survey of S University Junior College\n  [in Japanese]

    木下 麻衣|井上 剛男

    本稿の目的は,これからの大学は対面授業をベースに遠隔授業とも向き合っていく必要があるという前提の下,遠隔授業での教育効果を高めるための手がかりを明らかにすることである.そのため,短期大学生に実施した質問紙調査をデータに,学生にとって魅力的な遠隔授業のあり方を分析した.

    鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021 (4), 9-24, 2021-04-01

    IR 

  • Prosodic Instruction and Reading Comprehension

    Conrad McPhail

    このプロジェクトは、表現力豊かなスピーチと読解の間のリンクに関する既存の研究に貢献し、また外国語としての英語環境で韻律スキルを習得するための教授法を調査することを目的としています。この研究では、定期的に刊行されるニュース記事から本物の英語文章を利用し、その韻律論的な側面に焦点を当てる方法で、コミュニカティブ・ランゲージ・ティーチング(CLT)方法論を使用してレッスンを実施します。データは、言語教育 …

    紀要 = Bulletin (13), 65-84, 2021-03-31

    IR 

  • Student Support with Learning Assistants at the College of Nursing during the COVID-19 Pandemic  [in Japanese]

    佐居 由美 , 緒方 優 , 高妻 美樹 , 賀数 勝太 , 中田 諭 , 馬場 香里 , 松本 文奈

    本学では,2017 年度にラーニングアシスタント(以下,LA)制度が設置された。実習室小委員会でも,2018 年度より,学生の看護技術習得支援を目的に,LA を導入している。2020 年度は,新型コロナウイルス感染症拡大により,前期科目が在宅学習となった。そのため,LA による下級生支援活動はWeb にて実施され,LA28 名は,オンライン質問会開催や演習と実習に関するスライド作成などの活動を行っ …

    大学教育研究ジャーナル (18), 13-19, 2021-03-31

    IR 

  • An Analysis of Learning among Student Participants in a Jointly-Hosted Game in the F League  [in Japanese]

    原田 理人 , 古田 康生 , 小原 慶祐

    研究ノート

    地域創生 The Journal of Regional Development (40), 49-58, 2021-03-31

    IR 

  • Cross-Curricular Instruction of Traditional Culture in a Special Needs High School:Wagashi  [in Japanese]

    村上 陽子 , 髙橋 智子

    著者らは,附属特別支援学校(知的)の高等部を対象として,家庭科と美術科の教科横断的な授業を実施した。家庭科の授業では伝統的な食文化の視点から,美術科の授業では美術作品の視点から授業を構想した。本稿では,家庭科の授業を中心に,授業の構想と内容,生徒の実態,および実践授業に対する評価等について報告を行う。家庭科では,日本の伝統的な食文化への関心を高めることを目的に,和菓子を教材として取り組んだ。和菓子 …

    教科開発学論集 (9), 57-71, 2021-03-31

    IR 

  • Development of a program for fostering creative thinking skills : Practice in an online class  [in Japanese]

    山口 洋介 , Yamaguchi Yosuke , ヤマグチ ヨウスケ

    教育実践レポート学校教育において,創造的思考力の育成に関する取り組みが活発になりつつある.それに対して,創造的思考の心理学的なメカニズムは多くの部分が未解明のままであり,理論的・実証的なアプローチだけでなく,教育的介入の事例を蓄積していくことで,実践的なアプローチからも理解を深めることが求められている.本研究では,大学1年生を対象として行われた,創造的思考力の育成に関する授業実践について報告するこ …

    大阪大学高等教育研究 (9), 89-101, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • A collaborative project between two universities using a cross-appointment system : participating in a business idea contest utilizing open patents  [in Japanese]

    中橋 真穂 , 大森 いさみ , Nakahashi Maho , Omori Isami , ナカハシ マホ , オオモリ イサミ

    教育実践レポート本稿では,大阪大学と武庫川女子大学の両大学の学生たちがチームを組み,近畿経済産業局主催「開放特許等を活用したビジネスアイデア学生コンテスト」に参加した際の実践を報告する.本取り組みは,大阪大学と武庫川女子大学の間で取り交わされたクロス・アポイントメント制度を利用し,両大学の学生交流を目的の中心として実施された.工学研究科・工学部(大阪大学)と情報メディア学科(武庫川女子大学)といっ …

    大阪大学高等教育研究 (9), 59-67, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • Consideration of the Relationship between Cognitive skills and Non-cognitive Skills Necessary for Academic Ability : Based on Prefecture A learning retention situation survey and the Junior High School B student fact-finding survey  [in Japanese]

    佐藤 進 , 鈴木 久米男 , 柴田 良輔 , 吉田 桂 , 内田 知代

    新学習指導要領実施にあたり, 3 つの資質・能力の中の「学びに向かう力,人間性等」に着目し,A 県学習定着度状況調査と自作の質問紙によるB 中学校での調査結果をもとに,学力における認知的スキルと非認知的スキルの関係について考察した。学習定着度状況調査結果をもとにした検討では,認知的スキル(正答率)と非認知的スキル(生徒質問紙回答状況)との間で,「振り返り」と「探求心」について有意差が見られた。「自 …

    岩手大学大学院教育学研究科研究年報 = Research Journal of the Iwate University Professional School for Teacher Education (5), 73-88, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • Attempt to Develop Remote Nursing Process Exercises  [in Japanese]

    渡辺 千枝子 , 山崎 章恵 , 黒田 梨絵 , 渡邉 たつよ , 塩入 久仁子

    目的は,基盤成人期看護学演習Ⅰにおいて,アクティブラーニングを活用しての初めての双方向型の遠隔授業で,看護過程を学習した看護学生の困惑および肯定感を明らかにすることである.研究方法は質的記述デザインとし,看護学生を対象にWeb 調査を行った.調査では,オンラインで実施した看護過程演習における学生の困惑,よかったこと,困惑への対処・工夫,要望について尋ねた.初めて遠隔授業を受ける学生は,質問すること …

    清泉女学院大学看護学研究紀要 = Seisen Jogakuin College Journal of Nursing 1(1), 63-73, 2021-03-31

    IR 

  • A Report on the Results of Student Learning Surveys  [in Japanese]

    高橋 勇一 , 岡﨑 英規 , 山口 仁志

    武蔵丘短期大学紀要 = Bulletin of Musashigaoka College (28), 57-64, 2021-03-31

    IR 

  • An Active Lesson Plan for Teaching Phrasal Verbs Using Corpus Linguistics

    藤澤 宜広

    … It comes as a surprise to few instructors that when students are actively engaged in learning, they are better at retaining information long term."...though students felt as if they learned more through traditional lectures, they actually learned more when taking part in classrooms that employed socalled active-learning strategies"(Reuell, 2019). … This lesson plan uses the Corpus of Contemporary American English to engage students in learning phrasal verbs(Davies, 2008). …

    国際研究論叢 : 大阪国際大学紀要 = OIU journal of international studies 34(3), 1-21, 2021-03-31

    IR 

  • A Study on Curriculum Design for Cross-curricular and Inquiry-based Learning  [in Japanese]

    小柳 和喜雄

    … In this paper, the role and meaning of teacher and student agency in curriculum design forcross-curricular and inquiry-based learning has been examined through case studies. … It was found that the teacher agency can be more drawn out by thedesign of learning activities in which the both teacher and student agency is identified with theassurance of opportunities for its own participation in the goals that make up the school. …

    奈良教育大学教職大学院研究紀要「学校教育実践研究」 = Bulletin of School of Professional Development in Education (SPDE), Nara University of Education (13), 9-18, 2021-03-31

    IR  DOI 

  • A proposal for the teaching method of how to appreciate music based on the experiment:From the experience of the online course study of how to appreciate Le carnaval des animaux  [in Japanese]

    渡会 純一

    現行の小学校音楽科学習指導要領から、鑑賞の評価の観点が変わり、それにより複数の観点の仕分けが求められるようになった。そもそも、これまでの「感想を書いてそれで評価される」ということが問題であり、鑑賞教育は言語化しにくい部分であることも課題であると考えられる。そこで、学びの観点に着目した鑑賞指導の方向性について考える。題材は、サン=サーンス作曲の組曲「動物の謝肉祭」を用い、大学のオンライン授業で実践を …

    教職研究 (2020), 143-160, 2021-03-31

    IR 

  • Yoga and Nordic walking hands-on lessons and student learning at a physical education and health science university  [in Japanese]

    小松 正子 , 中村 孝子 , 星 勝久 , 高橋 亮 , 笠原 岳人 , 高崎 義輝 , 橋本 実

    仙台大学紀要 = Bulletin of Sendai University 52(2), 49-54, 2021-03-31

    IR 

  • Learning environment: Effects of Internet-use and learning activities among college students aiming to become medical specialists

    杉井 裕

    … Focusing on students in the Faculty of Health Sciences, this study aimed to survey student use of the Internet, and detect degree of influence of the learning environment. … Respondents with high Internet use (over 5 hours a day) comprised 29% of the total sample and demonstrated limited time for learning and sleeping, and increased time for part-time working. …

    純真学園大学雑誌 = Journal of Junshin Gakuen University,Faculty of Health Sciences (11), 73-79, 2021-03-31

    IR 

  • The Attempt to Use University Students' Class Visit for Elementary School Teachers' on-the-job Training Through Students' Reflection and Interview with a Teachers  [in Japanese]

    階戸 陽太

    本稿は、教職を目指す大学生の授業見学を小学校教員の外国語科の研修に活かす試みについて,大学生の振り返りと小学校教員へのインタビューから分析し、外国語科の研修について提案する。

    北陸大学紀要 = Bulletin of Hokuriku University (50), 39-46, 2021-03-31

    IR 

  • Consideration on "Universal Design of Communication" in the COVID-19 Crisis ―From Analysis of the SUAC Student's Reports―  [in Japanese]

    小浜 朋子 , オバマ トモコ

    コミュニケーションは、人間が社会生活を営む上で欠かせないものである。コロナ禍において "ステイホーム"を強いられ、大学は遠隔授業となり、私たちは、今までのように自由気ままなスタイルでコミュニケーションをとることができなくなった。皆が何の心得もないまま突然障害をもち、コミュニケーションをとらざるを得なくなったような状況である。ユニバーサルデザイン(UD)の観点から言うと、人間は心身機能に何か欠如が起 …

    静岡文化芸術大学研究紀要 = Shizuoka University of Art and Culture Bulletin (21), 77-80, 2021-03-31

    IR 

  • About the student support of Shizuoka University of Art and Culture in the COVID-19 crisis  [in Japanese]

    佐々木 哲也 , ササキ テツヤ

    2020年の新型コロナウイルス感染症(以下 、COVID-19と略記)の感染拡大を受けて、静岡文化芸術大学(以下、本学と略記)では、学内の感染拡大防止と構成員の安全確保のため、大学構内への立入制限、遠隔授業の実施、諸行事の変更等の対応をとった。学生支援の分野では「全学生に対して漏れなく学修機会を提供すること」を最重要課題とし、SNSやWEB会議システムを活用した学生支援や窓口業務の遠隔化・電子化等 …

    静岡文化芸術大学研究紀要 = Shizuoka University of Art and Culture Bulletin (21), 193-206, 2021-03-31

    IR 

Page Top