Search Results 1-20 of 9205

  • Bayesian Integration for Hamiltonian Parameters of X-ray Photoemission and Absorption Spectroscopy

    Yokoyama Yuichi , Uozumi Takayuki , Nagata Kenji , Okada Masato , Mizumaki Masaichiro

    Journal of the Physical Society of Japan 90(3), 034703-034703, 2021-03-15

    DOI 

  • Obtaining Underlying Parameters from Magnetic Domain Patterns with Machine Learning

    Mamada Naoya , Mizumaki Masaichiro , Akai Ichiro , Aonishi Toru

    Journal of the Physical Society of Japan 90(1), 014705-1-9, 2021-01

    DOI 

  • Investigation of carbon-fiber reinforced plastic using synchrotron radiation : non-destructive observation of crack propagation & chemical-states mapping of carbon  [in Japanese]

    木村 正雄 , 渡邊 稔樹 , 武市 泰男 , 丹羽 尉博 , 原野 貴幸 , 村尾 玲子

    検査技術 26(1), 56-61, 2021-01

  • Absolute X-ray energy measurement using a high-accuracy angle encoder

    Masuda Takahiko , Watanabe Tsukasa , Beeks Kjeld , Fujimoto Hiroyuki , Hiraki Takahiro , Kaino Hiroyuki , Kitao Shinji , Miyamoto Yuki , Okai Koichi , Sasao Noboru , Seto Makoto , Schumm Thorsten , Shigekawa Yudai , Tamasaku Kenji , Uetake Satoshi , Yamaguchi Atsushi , Yoda Yoshitaka , Yoshimi Akihiro , Yoshimura Koji

    This paper presents an absolute X-ray photon energy measurement method that uses a Bond diffractometer. The proposed system enables the prompt and rapid in situ measurement of photon energies over a w …

    Journal of Synchrotron Radiation 28(1), 111-119, 2021-01

    IR 

  • Evaluation of wave-like nucleation events in Al-4%Si alloys with addition of TiB<sub>2</sub> particles by time-resolved and in-situ observation  [in Japanese]

    Yasuda Hideyuki , Nogita Kazuhiro

    … Time-resolved and in-situ transmission imaging using a monochromatized X-ray in a synchrotron radiation facility, SPring-8, showed wave-like nucleation events, in which nucleation sequentially occurred along the temperature gradient, in an Al-4mass%Si alloy with addition of TiB<sub>2</sub> …

    Journal of Japan Institute of Light Metals 71(1), 22-29, 2021

    J-STAGE 

  • Development of <i>Spatiotemporal</i> Measurement and Analysis Techniques in X-ray Photoelectron Spectroscopy ∼From NAP-HARPES to 4D-XPS∼  [in Japanese]

    TOYODA Satoshi , OHASHI Yuji , KUROSAWA Shunsuke , KAMADA Kei , SATO Hiroki , YAMAJI Akihiro , YOSHINO Masao , HANADA Takashi , YOKOTA Yuui , YOSHIKAWA Akira , YAMAMOTO Tomoki , YOSHIMURA Masashi , SUMIDA Hirosuke , MINEOI Susumu , MACHIDA Masatake , YOSHIGOE Akitaka , SUZUKI Satoru , YOKOYAMA Kazushi

    <p>We have developed <i>spatiotemporal</i> measurement and analysis techniques in x-ray photoelectron spectroscopy. To begin with, time-division depth profiles of gate stacked film i …

    Vacuum and Surface Science 64(2), 86-91, 2021

    J-STAGE 

  • Recent Topics of Magnetic Domain Observation Technique of Nano-scaled Magnetic Materials  [in Japanese]

    Takezawa Masaaki

    <p>Recent topics of magnetic domain observation technique of nano-scaled magnetic materials were summarized and reported. Magnetic properties of nano-scaled magnetic materials are highly depende …

    IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials 141(2), 112-117, 2021

    J-STAGE 

  • Structural Analysis of Reduced [NiFe] Hydrogenase  [in Japanese]

    Nishikawa Koji

    [NiFe] ヒドロゲナーゼは一般的に酸素によって失活するが、近年、酸素に対して耐性を持つものが見つかってきている。これまで [NiFe] ヒドロゲナーゼの酸素に対する反応性の違いは、鉄硫黄クラスターの構造変化の違いにのみ注目して説明されることがほとんどであったが、<i>Dv</i>MF 由来の標準型 [NiFe] ヒドロゲナーゼに関して、酵素が酸素に曝された際に、活性部位 …

    SPring-8/SACLA Research Report 9(1), 48-51, 2021

    J-STAGE 

  • Observation of Morphology in Conductive Rubber Using High-resolution Phase-contrast X-ray CT  [in Japanese]

    Kishimoto Hiroyuki , Kaneko Fusae , Mashita Ryo

    複写機に用いられる導電性発泡ゴムの電気特性を高度にコントロールする技術を開発するために、2つの高分解能位相コントラストX線CT法を用いて、配合されているポリマーの三次元的なモルフォロジー観察が可能であるのか検証した。走査型高分解能微分位相X線CT法を検証したが、長時間測定における試料ドリフトの影響および電子ビームの軌道変動の影響により十分な検証ができなかった。一方、Zernike 型高分解能位相X …

    SPring-8/SACLA Research Report 9(1), 76-79, 2021

    J-STAGE 

  • Internal Structure Observation of Air Electrode for Metal Hydride Air Battery Using Synchrotron X-ray CT  [in Japanese]

    Doi Shuuichi , Yamazaki Takashi , Yasuoka Shigekazu , Kai Takuya , Kajiwara Takeshi , Unoki Shohei

    正極活物質に大気中の酸素を用いる次世代二次電池「水素/空気二次電池」において、ガス拡散電極(空気極)は、酸素を還元・発生させる役割を担うため、水素/空気二次電池の特性に大きな影響を与える。本研究では、放射光を利用した高分解能X線CTを用いて、Bi<sub>2</sub>Ru<sub>2</sub>O<sub>7</sub> 触 …

    SPring-8/SACLA Research Report 9(1), 96-98, 2021

    J-STAGE 

  • In Situ Chemical State Analysis of Tungsten Ion in Molten Salt for Tungsten Electroplating II  [in Japanese]

    Tokuda Kazuya , Goto Kengo , Tsuchiko Akira , Uemura Shigeaki , Iihara Junji

    タングステンめっき用の溶融塩浴の1つである Na<sub>2</sub>WO<sub>4</sub>-WO<sub>3</sub> 系に対し、高温におけるタングステンの状態を、X線吸収分光法 (XAFS) で分析した。前回の課題では赤外線イメージ炉を加熱源とした 800°C でのその場測定系を確立したが、めっき温度である 90 …

    SPring-8/SACLA Research Report 9(1), 92-95, 2021

    J-STAGE 

  • Analysis of Battery Material in Charging and Discharging by Time-Resolved XAFS  [in Japanese]

    Tanida Hajime , Iwai Yosiki , Takao Naoki , Matsumoto Masashi , Imai Hideto

    車載用リチウムイオン二次電池の高速充放電中の正極材料内のリチウム挿入脱離プロセルのメカニズム解明を目的とし、Time Gating 法による透過XAFS法を適用した。Li(Ni, Mn, Co)O<sub>2</sub> を正極とする電池試料に対して、高電位領域の 3.5-3.8 V と 3.9-4.2 V の間の電位ステップ後10秒間に、1秒毎の Mn、Co、Ni の K …

    SPring-8/SACLA Research Report 9(1), 99-103, 2021

    J-STAGE 

  • Analysis of Relationships between Crystal Orientation of Grains and Magnetic Domains in Nd-Fe-B Sintered Magnet by Soft X-ray Nano-beam XMCD  [in Japanese]

    Maki Tomohito , Furusawa Daisuke , Nishiuchi Takeshi , Takezawa Masaaki

    Nd-Fe-B 系焼結磁石において結晶方位と磁区構造の関係を明らかにすることを目的とし、配向方向に平行な面において電子線後方散乱回折(EBSD)と BL25SU の軟X線磁気円二色性(MCD)顕微鏡装置による磁区観察を同位置で行った。熱消磁状態では多くの領域において多磁区粒子となっており、磁区は隣接する粒子をまたがって連続する場合が多いことがわかった。また、観察面に対し平行な磁場中で明瞭な磁区構造 …

    SPring-8/SACLA Research Report 9(1), 80-82, 2021

    J-STAGE 

  • The Structural Phase Transitions of Br under High Pressure  [in Japanese]

    Nakamoto Yuki , Sakata Masafumi , Shimizu Katsuya , Hirao Naohisa

    ハロゲン元素である臭素について高圧力下での構造相転移を見出した。同族元素のヨウ素と同様に臭素が二原子分子から圧力により分子解離することは既に報告されている.本研究ではヨウ素ですでに報告のある複雑な非整合変調構造相が臭素でも示唆される結果をX線回折実験により得た。さらに新しい高圧相の存在も見出した。

    SPring-8/SACLA Research Report 9(1), 8-10, 2021

    J-STAGE 

  • Analysis of Hierarchical Structure and Reaction in Polymer Composites— Part V  [in Japanese]

    Bito Yasumasa , Mashita Ryo , Masui Tomomi , Kaneko Fusae , Kishimoto Hiroyuki

    本研究では、これまでの解析法だけでは困難であったゴム中に形成された硫黄架橋疎密構造のサイズ情報に加え、架橋疎密構造中の架橋密度について SAXS 法を用いて検討した。その結果、膨潤率を変えて測定した架橋疎密サイズの変化率と体積膨潤率の関係から、これまで分からなかった架橋疎密構造中の架橋密度について解析することが可能となった。

    SPring-8/SACLA Research Report 9(1), 88-91, 2021

    J-STAGE 

  • Crystal Structure Analysis of RE-Mg-Ni-Al-based Hydrides for Nickel–Metal Hydride Batteries  [in Japanese]

    Doi Shuuichi , Yasuoka Shigekazu , Ishida Jun , Kai Takuya , Kajiwara Takeshi , Unoki Shohei

    ニッケル水素電池の負極として用いられる RE–Mg–Ni–Al (RE: 希土類元素)系の水素吸蔵合金について、電池反応と固気反応における結晶構造の変化を放射光粉末X線回折により調べた。民生用のニッケル水素電池として使用実績のある合金を用いた測定の結果、主相 A<sub>2</sub>B<sub>7</sub>(2H) 相の回折ピークに関し、電池の寿 …

    SPring-8/SACLA Research Report 9(1), 83-87, 2021

    J-STAGE 

  • Observation of Recrystallization of Heavy-rolled Iron Sheet  [in Japanese]

    Kimura Masao , Tomita Miho , Inaguma Toru , Sato Masugu

    強圧下した純鉄を加熱した際に生じる再結晶過程を迅速・簡便に観察するために、白色X線ビームによる薄板試料中の結晶粒2次元マッピングについて検討した。しかし、想定より粗大粒のサイズ・比率が小さく、二次元内のどの位置においても多くの結晶粒からのラウエパターンが観察され、単純にその差分評価では、結晶粒マッピングを行うことができなかった。今後は、(a)粗大粒だけからなるモデル試料での検証、(b)多数結晶粒か …

    SPring-8/SACLA Research Report 9(1), 72-75, 2021

    J-STAGE 

  • Exploration of Charge Order in Over-doped Cuprate Superconductors  [in Japanese]

    Ishii Kenji , Harada Yoshihisa , Mizuki Jun'ichiro , Asano Shun , Ashida Masumi , Fujita Masaki , Wakimoto Shuichi , Adachi Tadashi , Kawamata Takayuki , Koike Yoji , Miyawaki Jun

    ホールドープ型銅酸化物超伝導体の過剰ドープ領域における電荷秩序を探索するため、La<sub>2-x</sub>Sr<sub>x</sub>CuO<sub>4</sub> (x = 0.250, 0.204) の酸素 K 吸収端共鳴非弾性X線散乱実験を行った。CuO<sub>2</sub> 面内の a 軸 …

    SPring-8/SACLA Research Report 9(1), 56-59, 2021

    J-STAGE 

  • Analysis of Vulcanization Reaction in Rubber using XAFS-SAXS Measurement  [in Japanese]

    Kishimoto Hiroyuki , Matsumoto Norihiro , Mashita Ryo , Masui Tomomi

    ゴムの硫黄加硫の促進助剤として、酸化亜鉛(ZnO)が用いられる。ZnO は加硫過程における熱により配合された加硫促進剤などと反応することで種々の亜鉛化合物に変化し、加硫反応や架橋構造形成に関係していると考えられてきた。しかし、その加硫過程における ZnO の反応機構や拡散については未だ良く分かっていない。今回、ZnO および亜鉛化合物の反応生成物とその拡散について XAFS-SAXS 逐次計測によ …

    SPring-8/SACLA Research Report 9(1), 68-71, 2021

    J-STAGE 

  • Crystallization and Preliminary X-ray diffraction Analysis of the Physiological Electron Acceptor, Cytochrome <i>c</i><sub>553</sub>, for Lanthanide-containing Alcohol Dehydrogenase  [in Japanese]

    Sumi Takeo , Nojiri Masaki

    近年、生物が利用する新たな金属の例として周期表第6周期3族の希土類金属元素(ランタニド)イオンを持つ新種のアルコール脱水素酵素が見つかっている。本研究では、C1資化性脱窒菌 <i>Hyphomicrobium denitrificans</i> が持つ新奇なランタニド含有アルコール脱水素酵素(Hd-XoxF)と本酵素反応における電子伝達について着目し、その生理的電子受容体シ …

    SPring-8/SACLA Research Report 9(1), 52-55, 2021

    J-STAGE 

Page Top