Search Results 1-7 of 7

  • mRNA degradation coupled with nascent peptide-mediated translation elongation arrest

    Haraguchi Yuhi , Nakajima Kazue , Nakamoto Mari , Onouchi Hitoshi , Naito Satoshi , Murota Katsunori , Onoue Nriyuki , Hasegawa Suguru , Kawasaki Daisuke , Komatsu Youhei , Nagami Yoko , Kadokura Yoshitomo , Hirata Ken

    植物におけるメチオニン生合成の鍵段階を触媒するシスタチオニンγ-シンターゼ(CGS)はメチオニンの代謝産物である<i>S</i>-アデノシルメチオニン(SAM)に応答して<i>CGS1</i> mRNAの分解段階でフィードバック制御される。この制御は翻訳中に起こり,MTO1領域と名付けた<i>CGS1</i>自身にコードされる …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2009(0), S0085-S0085, 2009

    J-STAGE 

  • Nascent Peptide-Mediated Translation Elongation Arrest of Arabidopsis thaliana CGS1 mRNA Occurs Autonomously

    ONOUCHI Hitoshi , HARAGUCHI Yuhi , NAKAMOTO Mari , KAWASAKI Daisuke , NAGAMI YAMASHITA Yoko , MUROTA Katsunori , KEZUKA HOSOMI Azusa , CHIBA Yukako , NAITO Satoshi

    Plant and Cell Physiology 49(4), 549-556, 2008-04-01

    References (26) Cited by (2)

  • Translation Elongation Arrest and Coupled mRNA Decay Mechanisms for Regulation of the Arabidopsis <I>CGS1</I> Gene that Encodes a Key Enzyme in Methionine Biosynthesis

    Onouchi Hitoshi , Haraguchi Yuhi , Nakajima Kazue , Murota Katsunori , Kadokura Yoshitomo , Kawasaki Daisuke , Hirata Ken , Nagami Yoko , Naito Satoshi

    シロイヌナズナにおいて、メチオニン生合成の鍵酵素であるシスタチオニンγ-シンターゼをコードする<I>CGS1</I>遺伝子の発現は、メチオニンの代謝産物であるS-アデノシルメチオニン (SAM)に応答して mRNA安定性の段階でフィードバック制御される。この制御には<I>CGS1</I>遺伝子のコード領域のN末端側に存在する14アミノ酸の …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2007(0), S044-S044, 2007

    J-STAGE 

  • Regulation of the Translational Machinery under Oxidative Stress in <I>Synechocystis</I> sp. PCC 6803

    Nishiyama Yoshitaka , Kojima Kouji , Oshita Masaru , Hisabori Toru , Hayashi Hidenori

    強光などの環境ストレスは、光合成反応の副産物である活性酸素の発生を促進し、酸化ストレス傷害を引き起こす。近年の研究により、活性酸素は光化学系の修復に必要なタンパク質の新規合成を翻訳伸長反応の過程で阻害することが明らかになっている。したがって、翻訳伸長に関与する何らかのタンパク質が活性酸素のターゲットになっていることが推測される。私たちは、ラン藻<I>Synechocystis</ …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2007(0), S016-S016, 2007

    J-STAGE 

  • Post-transcriptional autoregulation of <I>CGS</I> gene expression: Analysis of stalled ribosomes

    Kadokura Yoshitomo , Haraguchi Yuhi , Nagami Yoko , Onouchi Hitoshi , Naito Satoshi

    シロイヌナズナのシスタチオニンγ‐シンターゼ (CGS) をコードする<I>CGS1</I> mRNAでは,メチオニンの代謝産物である<I>S</I>-アデノシル-L-メチオニン (SAM) に応答して第1エキソンのコード領域内で翻訳中のリボソームが停止し,それと共役してmRNA分解が起こる.この制御はコムギ胚芽抽出液試験管内翻訳系におい …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2007(0), 789-789, 2007

    J-STAGE 

  • Post-transcriptional autoregulation of <I>CGS</I> gene expression: mRNA cleavages coupled with translation elongation arrest in the <I>CGS1</I> gene of <I>Arabidopsis thaliana</I>

    Haraguchi Yuhi , Sakurai Ryoko , Kadokura Yoshitomo , Onouchi Hitoshi , Naito Satoshi

    シロイヌナズナにおいてシスタチオニンγ-シンターゼ(CGS)をコードする<I>CGS1</I>遺伝子のmRNAは、メチオニンの代謝産物である<I>S</I> -アデノシルメチオニン(SAM)に応答して分解が促進される。このmRNA分解制御は<I>CGS1</I>第1エキソンの翻訳中に起こり、第1エキソン内部に存在す …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2007(0), 077-077, 2007

    J-STAGE 

  • Posttranscriptional regulation of <I>Arabidopsis</I> cystathionine γ-synthase: <I>In vitro</I> analysis of translation elongation arrest in response to <I>S</I>-adenosylmethionine

    Nagami Yoko , Haraguchi Yuhi , Nakamoto Mari , Onouchi Hitoshi , Naito Satoshi

    メチオニン生合成の鍵段階を触媒するシスタチオニンγ-シンターゼ (CGS) 遺伝子の発現はメチオニンの次の代謝産物である<I>S</I>-アデノシルメチオニン (SAM) に応答してmRNAの安定性の段階で負に制御されている。この制御は翻訳中に起こり、CGS新生ポリペプチドが関与すると考えられる。この制御にはCGSの第1エキソンが必要十分な領域であり、この領域内 …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2005(0), 876-876, 2005

    J-STAGE 

Page Top