Search Results 1-20 of 874

  • Rapid Analysis of Eight Kinds of Catechins in Green Tea Beverage Using an Isocratic Elution Method by HPLC-UV on a Triacontyl Bonded Silica Gel Column

    KITAMI Hideaki , ISHIHARA Yoshimi , TAKANO Jiro

    … ル結合シリカゲルカラムを用いる高速液体クロマトグラフィー/紫外分光光度検出器(HPLC-UV)により達成できた.この分析条件では検量線の相関係数は10 mg L<sup>−1</sup>から100 mg L<sup>−1</sup>の濃度範囲において0.9929から0.9997であり,優れた直線性と再現性を得ることができた.また検出限界(LOD)はGCが2.80 mg L<sup>−1</sup>,EGCが1.82 mg L<sup>−1</sup> …

    BUNSEKI KAGAKU 70(4.5), 231-237, 2021

    J-STAGE 

  • UV光源・イオンビームラインを用いた検出器系の位置検出較正実験  [in Japanese]

    平原 聖文 , 武井 智美 , 齋藤 義文 , 浅村 和史 , HIRAHARA Masafumi , TAKEI Tomomi , SAITO Yoshifumi , ASAMURA Kazushi

    令和元年度宇宙科学に関する室内実験シンポジウムは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため開催中止。すべて書面発表になりました。資料番号: SA6000149027レポート番号: 27

    令和元年度宇宙科学に関する室内実験シンポジウム 講演集 = Proceedings of 2020 Symposium on Laboratory Experiment for Space Science, 2020-03

    IR 

  • Deep-UV excitation fluorescence imaging for rapid detection of cancer lymph node metastasis  [in Japanese]

    熊本 康昭 , 松本 辰也 , 田中 秀央 , 高松 哲郎

    電気学会研究会資料. OQD = The papers of technical meeting on optical and quantum devices, IEE Japan 2020(9-16), 19-22, 2020-02-28

  • A Method to Purify a Sample Derivatized with 2,4-Dinitrophenylhydrazine (DNPH) Using Solid Phase Extraction

    SHINFUKU Yuta , NAKAMURA Tomohiro , TAKANASHI Hirokazu , NAKAJIMA Tsunenori , UEDA Takehiko , AKIBA Michihiro

    … 得られる誘導体は,吸光光度検出器またはLC/MSにより高感度分析が可能である。 … これを分析機器内に導入すると,分析機の汚れなどの検出感度低下につながることが懸念される。 …

    ENVIRONMENTAL SCIENCE 33(5), 70-78, 2020

    J-STAGE 

  • Effects of UVc-irradiated nylon powders on algae cells <i>Pseudokirchneriella subcapitata</i>  [in Japanese]

    MURATA Satomi Mizukami , LEE Suntae , SUZUKI Yuji , ABE Shouta , YAMASHITA Hiromasa

    … 一方、環境中に放出されたナイロン粒子は紫外線(UV)等の自然劣化を受けるため、純正品と異なる影響が生じることが推察される。 … 本研究ではUV照射されたNy6とナイロン12(Ny12)がムレミカヅキモに与える影響を検討した。 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 47.1(0), P-126, 2020

    J-STAGE 

  • Field Test of Ultraviolet Light-Emitting Diode (UV-LED) Apparatuses as an Option of Decentralized Water Treatment Technologies  [in Japanese]

    OGUMA Kumiko , WATANABE Shinya

    … <p>山間集落など大規模な水道施設の導入や維持が困難な地域を想定し, 紫外発光ダイオード (UV-LED) 装置を分散型水処理に活用する有効性を検証するため, 山間の沢水を未処理で供給する給水栓にUV-LED装置を設置して約1年間の実証試験を行った。 …

    Journal of Japan Society on Water Environment 43(4), 119-126, 2020

    J-STAGE 

  • Identification of Descarbonsildenafil in an Adulterated Dietary Supplement and Evaluation of Its Inhibitory Activity for Phosphodiesterase Type 5 (PDE5)

    Ichikawa-Kaji Yoko , Inomata Akiko , Nakae Dai , Azumaya Isao , Honda Katsuya , Moriyasu Takako , Nakajima Jun'ichi , Kikkawa Shoko , Ishizawa Fujio , Nishiyama Rei , Kishimoto Kiyoko , Uemura Nozomi , Satoh Miki , Suzuki Jin

    … 機能向上効果をうたうコーヒーから初めて検出され,同定・構造解析された報告があったが,PDE5阻害活性を有するかは不明であった.健康食品試買調査において,都内販売店で購入した同種の効果をうたうカプセル状の製品を検査したところ,LC-UVおよびタンデム質量分析によりデスカルボンシルデナフィルと推定されるピークを検出した.これを単離し,LC-QTOF-MS,NMRおよび単 …

    Food Hygiene and Safety Science (Shokuhin Eiseigaku Zasshi) 61(1), 34-40, 2020

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web 

  • Chemical Bath Deposition of ZnO Nanorods and UV Light Detection by PEDOT:PSS/ZnO Nanorods Heterojunctions  [in Japanese]

    寺迫 智昭 , 小原 翔平 , 難波 優 , 橋国 直人 , 矢木 正和 , 古林 寛 , 山本 哲也

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 119(35), 57-62, 2019-05-16

  • Chemical Bath Deposition of ZnO Nanorods and UV Light Detection by PEDOT:PSS/ZnO Nanorods Heterojunctions  [in Japanese]

    寺迫 智昭 , 小原 翔平 , 難波 優 , 橋国 直人 , 矢木 正和 , 古林 寛 , 山本 哲也

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 119(34), 57-62, 2019-05-16

  • Chemical Bath Deposition of ZnO Nanorods and UV Light Detection by PEDOT:PSS/ZnO Nanorods Heterojunctions  [in Japanese]

    寺迫 智昭 , 小原 翔平 , 難波 優 , 橋国 直人 , 矢木 正和 , 古林 寛 , 山本 哲也

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 119(36), 57-62, 2019-05-16

  • Effect of air derived oxygen on NO<sub>2</sub> detection by SnO<sub>2</sub> decorated carbon nanotube gas sensor  [in Japanese]

    河野 雅紀 , 小田 剛士 , 稲葉 優文 , 中野 道彦 , 末廣 純也

    … <p>我々は大気汚染物質の一つであるNO<sub>2</sub>の空気中での室温高感度検出を目的とし、酸化物半導体ナノ材料によるセンサを、誘電泳動集積法を用いて作製してきた。 … 我々はUV照射下および非照射下でのN<sub>2</sub>中と空気中のセンサ応答を比較することで酸素がセンサ応答に与える影響について評価し、酸素の影響を低減するガス応答の取得方法について検討した。 …

    Record of Joint Conference of Electrical and Electronics Engineers in Kyushu 2019(0), 298-299, 2019

    J-STAGE 

  • <i>Operand</i> FT-IR spectroscopy of photocatalytic steam reforming of methane under intensity modulation of UV light  [in Japanese]

    Sato Hiromasa , Kato Fumiaki , Sakurai Atsunori , Yamamoto Akira , Yoshida Hisao , Sugimoto Toshiki

    … その結果、反応活性と相関する励起電子の分光検出に成功した。 …

    Abstract book of Annual Meeting of the Japan Society of Vacuum and Surface Science 2019(0), 2P36S, 2019

    J-STAGE 

  • Clinical effectiveness of ultraviolet light to diagnose urovagina in Holstein dairy cows  [in Japanese]

    ISHIYAMA Dai , ENDO Natsumi , ANDO Yuki , YOSHIDA Michiko , AKAMATSU Yumi , ISHII Yuna , SHIMIZU Hideshige , TANAKA Tomomi

    … 尿中には紫外線により発色する蛍光物質が含まれていることから,今回,腟内粘液に対する紫外線照射(UV検査)により尿腟の診断が容易になると考え,その有用性を検討した。 … 採取した粘液を自然光または白色灯下において目視で観察(NL検査)するとともに,暗室下でUV検査を実施した。 … さらに尿の混入を検出する目的で粘液中のクレアチニン(Cre)濃度を測定した。 …

    The Journal of Reproduction and Development Supplement 112(0), OR2-26-OR2-26, 2019

    J-STAGE 

  • HPLC-UV Detection Methods for Hydrophilic Compounds Using On-column Complexation with Metal Ions  [in Japanese]

    KEMMEI Tomoko , KODAMA Shuji

    … <p>水溶性が高く吸光係数の低い化合物を,簡便かつ高感度にHPLC−紫外吸収検出法で分析可能とすることを目的に,移動相に添加した金属イオンとの錯形成反応を活用する分離・検出法の開発を行った.紫外/可視領域に吸収を持たない高親水性化合物に金属イオンを配位させると,その金属錯体は立体的・電荷的に元の化合物とは異なる性質を持つようになる.この錯体を利用することにより, …

    BUNSEKI KAGAKU 68(8), 581-599, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Development of a Practical HPLC Method for In-hospital Quantitation of Various Medicinal Drugs at Blood Levels  [in Japanese]

    MORIKAWA Go , SORIMACHI Miho , TAMURA Kazuki , MORIIWA Yukiko , SHOJI Atsushi , OKAZAWA Katsuko , YANAGIDA Akio

    … ぼ同一手順の前処理操作と単一装置でのHPLC分析を行う,迅速で実用的な血中濃度定量法を考案した.具体的には,まず薬物ごとに,遠心用スピンカートリッジを用いる前処理(固相抽出)条件と,逆相HPLC/UV検出条件を最適化した.さらに,各薬物添加血清を用いて上述の前処理とHPLCを行い,血清からの薬物回収率を補正したうえで,薬物標準液を用いる絶対検量線法に基づく定量法として最適化した.本法は15品目 …

    BUNSEKI KAGAKU 68(7), 473-481, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Skin exposure profile of phototoxic metabolite for photosafety assessment: imipramine and its metabolite  [in Japanese]

    SETO Yoshiki , TONAMI Ryo , IYAMA Yosuke , SATO Hideyuki , ONOUE Satomi

    … <p>【方法】IMI および DMI について,UV 吸収特性評価および reactive oxygen species (ROS) assay を実施した.ラットに IMI (10 mg/kg) 経口投与後,血漿および皮膚中 IMI および DMI 濃度を測定した.ラットに IMI (100 mg/kg) 経口投与後および IMI あるいは DMI (5 mg/site) 塗布後の <i>in vivo</i> 皮膚光毒性を評価した.</p><p>【結果・考察】IMI および DMI は高い UV 吸収特性および ROS 産生を示し,どちら …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 46.1(0), P-43E, 2019

    J-STAGE 

  • Development of ADRA method using fluorescence detection and application to mixture  [in Japanese]

    FUJITA Masaharu , YAMAMOTO Yusuke , WANIBUCHI Sayaka , SATO Ayako , KATSUOKA Yasuhiro , KASAHARA Toshihiko

    … しかし、著者らが開発したADRAでは、使用する求核試薬が長波長検出と高感度検出を兼ね備えているため、共溶出する頻度は極めて低いことが特長の1つである。 … そこで、ADRAの求核試薬の特長の1つである蛍光検出を利用した新たなADRA-蛍光法(ADRA-FL)を開発し、クライテリアの設定とモデル混合物への応用について検討した。 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 46.1(0), P-170, 2019

    J-STAGE 

  • Determination of Trace Iodine in Seawater — Use of Ion Chromatography and Capillary Zone Electrophoresis —  [in Japanese]

    ITO Kazuaki , TAKEDA Kazuhiko , HIROKAWA Takeshi

    … 化ナトリウム溶離液,紫外(UV検出器を用いて,海水試料中I<sup>−</sup>の直接UV測定を報告した.分離カラムとして陽イオン界面活性剤(セチルトリメチルアンモニウム陽イオン(CTA<sup>+</sup>))を平衡吸着させた逆相系オクタデシルシラン(ODS)カラム(CTA<sup>+</sup>吸着─ODSカラム)を用いるとIC-UV測定が可能であった.IO<su …

    BUNSEKI KAGAKU 68(4), 227-239, 2019

    J-STAGE 

  • Development of Simultaneous Determination Method for Nitrate, Nitrite, Phosphate, Ammonium and Potassium Ions by Cation Exclusion/Anion Exchange Chromatography and Its Application to the Analysis of Liquid Fertilizer  [in Japanese]

    KOZAKI Daisuke , TANIHATA Souma , MORI Masanobu , TANAKA Kazuhiko , YAMAMOTO Atsushi

    … ,導電率検出/紫外吸光光度検出イオン排除/陰イオン交換型イオンクロマトグラフィー(IEC/AEC)を検討した.本研究では,分離カラムとして親水性多孔質ポリマーをベースゲルとする水酸化物型の強塩基性陰イオン交換樹脂カラムを,溶離液として塩基性溶離液の中でも液体肥料中に含まれるK<sup>+</sup>及びNH<sub>4</sub><sup>+</sup>の分離・検出を妨害し …

    BUNSEKI KAGAKU 68(4), 253-258, 2019

    J-STAGE 

  • Simultaneous Determination of Inorganic Nitrogen Species in Seawater by Ion Chromatography — Utilization of Gas-diffusion/<i>o</i>-Phthalaldehyde Method for Fluorometric Determination of Ammonium Ion —  [in Japanese]

    ODA Jun-Ichiro , HAYASHI Yoshiaki , ASADA Yuuta , TATSUMI Kenta , HIGUCHI Keiro , ITO Kazuaki

    … in artificial seawater were separated and detected by using an anion-exchange column of the polymer type with a high ion-exchange capacity, an eluent of 1 mM NaOH + 1 M NaCl, and a UV detector (225 nm). …

    BUNSEKI KAGAKU 68(3), 189-193, 2019

    J-STAGE 

Page Top