検索結果 226件中 1-20 を表示

  • 普遍的時制文法の構築に向けて : Reichenbach(1947)とJespersen(1931)に基づいて

    鈴木 英一

    獨協大学英語研究 = Dokkyo University studies in English (78), 41-80, 2017-03

  • Chomsky's I-language and E-language

    ARAKI Naoki

    … He argues that linguistics should be concerned with grammar. … He renames language and grammar, externalized language (E-language) and internalized language (I-language) respectively. … According to Chomsky, E-language (language) is something abstract externalized from the actual apparatus of our mind and I-language (grammar) is the physical mechanism of our brain. …

    広島工業大学紀要. 研究編 51, 17-24, 2017-02

    機関リポジトリ

  • Linguistics and Language Development

    OBA Naoki , オオバ ナオキ , 大庭 直樹

    駒澤大学外国語論集 = The semiannual periodical of the Faculty of Arts and Sciences Department of English and Department of Foreign Languages (21), 1-39, 2016-09

    機関リポジトリ

  • 言語と思考の起源論

    オーエン ジョン・D

    多くの言語学者の一般的な定説によれば、もし原始時代の人類にどのように言語が発生したかを理解することができれば、全ての子どもの自然な言語能力の習得方法を理解することができると考えられている。本論では、表題が示すように言語と思考に関する起源についての先行研究を再考察したものであり、この2 つの重要な心的機能の共生依存を検証するものである。It is generally accepted among l …

    文化学園大学紀要 = Journal of Bunka Gakuen University 47, 165-174, 2016-01

    機関リポジトリ

  • バイリンガルと語学学習の方法 : 日本での異文化家庭のためのアプローチ

    Hanks Jeffrey , Trambley Jeffrey

    武蔵野短期大学研究紀要 = The bulletin of Musashino Junior College 30, 63-72, 2016

  • Left-corner Parsing for Dependency Grammar

    Noji Hiroshi , Miyao Yusuke

    … This result also suggests the existence of a syntactic universal by which deeper center-embedding is a rare construction across languages, a result that has yet to be quantitatively cross-linguistically examined. …

    Information and Media Technologies 11(0), 116-153, 2016

    J-STAGE

  • 言語機能の本質と起源に関する対立見解 : チョムスキーと反チョムスキーの見解に焦点に合わせて

    BURGER David

    … namely, that as a biological endowment language is a property of the mind, the product of Universal Grammar, and essentially for thought. …

    聖学院大学論叢 = The journal of Seigakuin University 29(1), 71-87, 2016

    機関リポジトリ

  • 三次元文法の妥当性について (片倉充造教授 還暦記念論集)

    岩田 良治

    … についての共時的言語事実,英語のさまざまな構文の通時的言語事実,および英語を含めたさまざまな言語の言語類型論的事実を合理的に説明でき,記述的妥当性(descriptive adequacy)をある程度満たした文法であるということと,三次元文法機構を仮定する普遍文法(universal grammar)としての「原理とパラミター理論」が説明的妥当性(explanatory adequacy)を追求しうる理論であるということを論じる。 …

    天理大学学報 66(2), 1-27, 2015-02

    機関リポジトリ

  • Left-corner Parsing for Dependency Grammar

    Noji Hiroshi , Miyao Yusuke

    … This result also suggests the existence of a syntactic universal by which deeper center-embedding is a rare construction across languages, a result that has yet to be quantitatively cross-linguistically examined. …

    自然言語処理 22(4), 251-288, 2015

    J-STAGE

  • A Linguistics-Driven Approach to Statistical Parsing for Low-Resourced Languages

    BOONKWAN Prachya , SUPNITHI Thepchai

    … Unsupervised grammar induction theoretically offers a way to overcome this hurdle by learning hidden syntactic structures from raw text automatically. … The accuracy of grammar induction is still impractically low because frequent collocations of non-linguistically associable units are commonly found, resulting in dependency attachment errors. … We introduce a novel approach to building a statistical parser for low-resourced languages by using language parameters as a guide for grammar induction. …

    IEICE Transactions on Information and Systems E98.D(5), 1045-1052, 2015

    J-STAGE

  • The class of semivowels in Sanskrit (第100号 記念号)

    鈴木 保子

    … In Sanskrit, both liquids /l r/ and glides /j w/ alternate with their syllabic counterparts and form a single class of semivowels in the traditional grammar. … In Middle Indo-Aryan assimilation and initial cluster simplification, the four semivowels show different degrees of resistance to loss.Asymmetrical behaviors of semivowels are attributed to the phonetic differences of these four sounds instead of the universal feature system, sonority, or the prosodic structure. …

    研究論集 100, 1-19, 2014-09

    CiNii 外部リンク 機関リポジトリ

  • 生成文法は免疫細胞の二分法・二元論である : ことばの連鎖・分散型ニューロコンピューティング仮説 (ニューロコンピューティング)

    得丸 公明

    「小さな子供は,彼らが生まれ落ちたどのような環境においても言語を習得する.チョムスキーが先駆けた文法への生成的アプローチは,この深遠で普遍的な特徴である能力は,人間の脳が生まれながらにしてもっているものと説明する以外に説明のしようがないという.生物学的にいえば,どのような言語でも学ぶ能力が遺伝すると仮説することは,それは我々の染色体DNAの中に符号化されていなければならないということを意味する.も …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(500), 335-340, 2014-03-17

  • Acquisition of Locative Verbs

    WILLIS Martin

    … This kind of study has usually been carried out within a Universal Grammar framework. …

    東京女子大学紀要論集 64(2), 283-310, 2014-03

    機関リポジトリ

  • 生成文法理論に基づく第一言語獲得研究

    村杉 恵子

    本稿は,言語獲得の論理的問題を整理した上で,wh島制約に関する研究と「の」の過剰生成に関する研究を紹介する。普遍文法の特性が言語獲得の早期から獲得されている一方で,幼児の「誤用」は,普遍文法の制限の範囲内で起こることを理論的実証的に示す。このことにより,幼児の「正用」も「誤用」も,自然言語の特性が表出した現象であることを示し,人間に備わる生得的な言語知識の実在性を,言語理論と言語獲得研究から裏付け …

    国語研プロジェクトレビュー 4(3), 164-173, 2014-02

    機関リポジトリ DOI

  • Interpretation of Persian Reflexives by English and Japanese Speakers : First Language Transfer or Universal Grammar? (森茂男先生御定年退職記念号)

    マーレファト ハミーデ , ソルターニ モナ , ジャヘドザデ ベヘナム

    イラン研究 = Journal of Iranian studies (10), 71-103, 2014

  • 「やさしい日本語」から「ユニバーサルな日本語コミュニケーション」へ

    野田 尚史

    <p> この論文では,現実のコミュニケーションという観点から「やさしい日本語」をとらえ直し,(a)と(b)のような主張を行う。</p><p> (a)「やさしい日本語」は,非母語話者にどのような日本語を教えるのがよいかという日本語教育の問題ではない。母語話者が非母語話者にどのような日本語で話したり書いたりするのがよいかという「国語教育」の問題である。</p& …

    日本語教育 158(0), 4-18, 2014

    J-STAGE

  • 大槻文彦訳述「言語篇」という近代

    長沼 美香子

    … Otsuki's translation of `Language'reveals his struggle to introduce the basic concept of gengo as language in Western philology, which was based on the theory of a universal grammar and a comparative historical approach. …

    言語情報科学 (12), 233-246, 2014

    機関リポジトリ

  • 交代回数限定の交代性文脈自由文法/言語について

    守屋 悦朗

    交代性文脈自由文法(ACFG)は,非終端記号を存在的非終端記号と全称的非終端記号に分け,存在的非終端記号には従来通り非決定性の生成の役割を与え,全称的非終端記号には並列生成の役割を与えたCFGである.本報告では,存在的文形式(従来型の文形式)と全称的文形式(全称的非終端記号を書き換えるプロダクションを適用する文形式)が交互に繰り返される回数を制限したACFGについて考察し,プロダクションの形に関し …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(371), 107-114, 2013-12-20

  • Minimization of Universal Grammar, Reliance on Third Factor Principles, and Feasibility of Inquiry into Evolutionary Origins

    Kitahara Hisatsugu

    慶応義塾大学言語文化研究所紀要 (44), 269-280, 2013-03

ページトップへ