Search Results 1-20 of 2423

  • A Test Input Value Generation System for Enterprise Application to Introduce Preprocessing Functions for Symbolic Execution  [in Japanese]

    大林 浩気 , 鹿糠 秀行

    記号実行技術を元にしてテスト入力値を自動生成するJava向け記号実行ツールSPF(Symbolic Path Finder)は,Java EE(Java Platform, Enterprise Edition)などの業務アプリケーションフレームワークの一部機能を使用したプログラムが解析できず,業務アプリケーションへの適用が難しいという問題があった.本研究では,SPFを改修することなく業務アプリケ …

    情報処理学会論文誌 62(4), 1039-1050, 2021-04-15

    IPSJ 

  • Organization Ethics and Strategic Factors for CSR Management  [in Japanese]

    谷口 照三

    … It is called "Reflexive Modernization".Today, pollution and global environmental problems have triggered"Corporate Social Responsibility" (CSR), "Sustainability", "the Triple BottomLine" (important value to be achieved; … "economic value", "environmentalvalue", "social value") and "Sustainable Development Goals (SDGs)", amongothers, have become hot topics, and the response to "ReflexiveModernization" is steadily taking root. …

    桃山学院大学経済経営論集 = ST.ANDREW'S UNIVERSITY ECONOMIC AND BUSINESS REVIEW 62(4), 147-185, 2021-03-22

    IR 

  • Creation of utility value of asparagus unused sites by comprehensive analysis of functional components and growth-inhibitory activity  [in Japanese]

    元木 悟

    アグリバイオ = Agricultural biotechnology 5(3), 261-265, 2021-03

  • Significance and Practice of Value Creation Education : Towards Democratic Society  [in Japanese]

    國部 克彦

    大学教育研究 (29), 1-12, 2021-03

    IR  DOI 

  • Bright Sides and Dark Sides of ROIC-based Management (Part 1): Relevancy to Value Creation  [in Japanese]

    田村 俊夫

    資本市場アップデート (2), 85-109, 2021-03

    IR 

  • Bricolage Perspective on the practice of local cafeterias launched in disaster-stricken areas  [in Japanese]

    王 文潔 , Wang Wenjie

    論文本稿の目的は災害を機に支援を始めた人々の活動の創出過程を明らかにし、そこに現れる既存システム外の選択肢の重要性を提起することである。そこで本稿では、熊本地震と平成30 年7 月豪雨の被災地で立ち上げられた潜在的被災者向けの地域食堂の実践現場に、「ありあわせのもので何とかする」というブリコラージュの概念を用いてアプローチすることを試みた。それぞれの実践プロセスを「食堂運営者の手元にある資源――利 …

    共生学ジャーナル (5), 76-106, 2021-03

    IR  DOI 

  • A Study on Computational Thinking of Technical High school Students  [in Japanese]

    大津 春輝 , 市原 靖士

    … This scale consists of five factors: "creation," "algorithmic thinking," "cooperation," "critical thinking," and "problem solving." We examined the differences between the items of these scales depending on the grade and the attribute grasp items set by the author. …

    大分大学教育学部研究紀要 = The research bulletin of the Faculty of Education, Oita University 42(2), 175-184, 2021-03

    IR 

  • Value Co-creation Management at Chain Store-Type Service Industry Transformation of QB House's Business Model  [in Japanese]

    星田 剛 , Takeshi Hoshida

    チェーンストア型サービス業では、従来価値共創の実現が難しいと位置づけられてきた。しかしこの領域においても価値共創が実現し、かつ価値共創によりチェーンストア型サービス業の構造的な課題であるコモディティ化と従業員の疲弊や離職の増加を解決できる可能性があることを、QBハウスの事例研究を通して論じた。

    安田女子大学紀要 = Journal of Yasuda Women's University (49), 227-236, 2021-02-28

    IR  DOI 

  • Inherent Mission of University and University-Industry Cooperation in Social Change Era : From viewpoint of Organizational Studies (1)  [in Japanese]

    前山 総一郎

    大学の社会連携(地域貢献,「産業連携」,「地域連携」)むけて,21世紀の当初から「産学連携」「産官学連携」という掛け声のもと,大学という高等教育組織が「社会」とコミットすることが基本的なものであることが求められることとなっている.地域の産業においても,各企業の経営,人材問題,研究体制の点から実際に大学との連携をもとめる動向がある.他方で,連携の課題,またその根本的な視座を問う声がある.本研究は,最 …

    都市経営 : 福山市立大学都市経営学部紀要 = Urban Management : Bulletin of the Faculty of Urban Management, Fukuyama City University (13), 95-105, 2021-02-26

    IR  DOI 

  • Cryopreserved human adipose-derived stromal vascular fraction maintains fracture healing potential via angiogenesis and osteogenesis in an immunodeficient rat model

    Kamenaga Tomoyuki , Kuroda Yuichi , Nagai Kanto , Tsubosaka Masanori , Takashima Yoshinori , Kikuchi Kenichi , Fujita Masahiro , Ikuta Kemmei , Anjiki Kensuke , Maeda Toshihisa , Nakano Naoki , Takayama Koji , Hashimoto Shingo , Hayashi Shinya , Matsushita Takehiko , Niikura Takahiro , Kuroda Ryosuke , Matsumoto Tomoyuki

    … Immediately after the creation of non-healing fracture, rats received local transplantation of F and C-SVFs suspended in phosphate-buffered saline (PBS) or the same volume of PBS without cells using the same scaffold as a control group. … A probability value of 0.05 was considered to denote statistical significance. …

    Stem Cell Research & Therapy 12(1), 110, 2021-02-04

    IR 

  • Analysis of Plants and Offices Location and Innovation Creation : Case study of the hybrid vehicle business of Toyota Motor Corporation  [in Japanese]

    宇野 誠二

    1 はじめに : 近年産業集積研究においてイノベーション創出の重要性が指摘されている。宇野(2016)においてマイケル・ポーターのクラスターにおけるイノベーション研究を整理し、産業集積におけるイノベーション創出過程を把握するには、ミクロ的な企業の事業活動間のリンケージの視点とビジネス環境面のマクロ的な視点双方からの把握が必要である点を論じた。……

    経営研究 = The business review 71(4), 55-70, 2021-02

    IR  DOI 

  • L'Oreal's approach to create new values  [in Japanese]

    Kunnilakatt Sherluck John , 楠田 倫子 , 實川 節子

    Fragrance journal : Research & development for cosmetics, toiletries & allied industries = フレグランスジャーナル : 香粧品科学研究開発専門誌 49(1), 10-14, 2021-01

  • Value Creation through Natural Dyeing for Achieving the SDGs  [in Japanese]

    増田 貴史 , 杉山 歩

    繊維学会誌 = Journal of the Society of Fiber Science and Technology, Japan 77(1), P-13-17, 2021-01

  • ユーザを内包したCPSによる新たなものづくり (「フレキシブル・オートメーション」総合特集号)  [in Japanese]

    貝原 俊也

    システム・制御・情報 = Systems, control and information : システム制御情報学会誌 65(3), 91-96, 2021

  • The Value of Practicing a Protocol for Emergency Cesarean Sections  [in Japanese]

    KUROKI Masahiro , OKADA Masayuki , SUZUKI Hiroto , KAWAMAE Kaneyuki

    <p>超緊急帝王切開では母体の安全を確保しつつ,迅速な児娩出を目指す.そのために当院では超緊急帝王切開に対し多職種共通のプロトコールを作成し,手術決定から児娩出まで(Decision-to-Delivery Interval:DDI)の短縮を目指した.今回,この共通プロトコール運用の前後において,DDIとその内訳を検討した.共通プロトコールの運用後でDDIは有意に短縮し,特に手術室入室 …

    THE JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR CLINICAL ANESTHESIA 41(2), 127-133, 2021

    J-STAGE 

  • Summary of Special Issue "Tourism and Community Resources"

    Tanno Shintaro , Morito Chihiro , Shibuta Kazuo , Tanaka Shoji

    Serviceology 7(2), 74-76, 2021

    J-STAGE 

  • Organization Development Evaluation Through Workshop to Discover and Share Emotive Stories  [in Japanese]

    ISHIDA Yasuhiro , MAENO Takashi , IHARA Kumiko , KITAMURA Yuki

    感動のある人生は幸せであり、またビジネスにおいてもコモディティ化からの脱却、イノベーションによる成長が求められる中で、差別化要素として企業経営の中に感動を科学的かつ体系的にデザインすることが必要となっている。これまで筆者らは、感動の構成要素であるSTAR(Sense、Think、Act、Relate)フレームワークを用い、感動する製品やサービス設計の研究を行ってきた。一方で、個々の組織構成員レベル …

    Journal of Japan Creativity Society 24(0), 15-38, 2021

    J-STAGE 

  • Project Design and P2M:A Study on the Practice of the Graduate School of Project Design  [in Japanese]

    SHIGETO Sawako

    複雑かつ不確実性がますます高まる社会において、理想を描き、自らの経営資源を生かした事業を構想し実現することで、低迷する社会に新たな活路をひらき、未来を担う人材の育成が求められている。事業構想大学院大学は、そのような人材育成を目的に開学し、多くの修了生が幅広い分野で活躍を始めている。ただし、理想の姿という多義的であいまいな目標を、具体的な価値創出として表現し、理想と現実のギャップを埋めながら事業とし …

    Proceedings of International Association of P2M 2021.Spring(0), 15-31, 2021

    J-STAGE 

  • A Trial Study on Effective Learning in PBL of Design Education:- The Impact of an Assessment Process Using Rubrics on Learning Effectiveness -  [in Japanese]

    HOSOKAWA Hajime , AKAZAWA Chizuko , NISHIDA Ayako

    大学の教育現場では広くPBL(Project Based Learning)が実施されている。企業における価値創造の取り組みとして、デザイン領域において小学生向け学習イベントの企画・運営を行った。この事例ではプロジェクトチームがデザインプロセスの理解と着実な実行を行うことを目的とし、ルーブリックを活用した評価ワークを取り入れ、達成度合いの計測を行った。その結果、複数のプロジェクトにおいて達成度合い …

    Proceedings of International Association of P2M 2021.Spring(0), 174-184, 2021

    J-STAGE 

Page Top