Search Results 1-6 of 6

  • Acquisition Process of Speech, Phonological Awareness, and Reading in Expressive Language Disorder  [in Japanese]

    柴 玲子 , 藤原 加奈江 , 井上 勝夫 , 和田 真理子 , 大石 敬子

    コミュニケーション障害学 36(1), 1-9, 2019-04

    Ichushi Web 

  • Application of AAC System in Speech-Language Interventions of Children with Delayed Speech  [in Japanese]

    CHINEN Hiromi

    多発奇形や気管切開に知的障害を伴う重複障害児1例と,〈S-S法〉で音声発信困難と分類される言語発達遅滞児1例の数年間にわたる訓練経過について報告した.両症例とも訓練開始時には発語がなく,AACアプローチを取り入れて包括的な訓練プログラムを実施した.前者は発語を代替するコミュニケーション手段として文字を習得し,後者は身ぶりを媒介として約20語の発語を獲得し,なお訓練を継続している.発信行動習得モデル …

    THE JAPANESE JOURNAL OF COMMUNICATION DISORDERS 16(1), 32-39, 1999-04-30

    J-STAGE  Ichushi Web  References (12) Cited by (2)

  • Training Processes in Two Children with Delayed Language : Applications of Comprehensive Intervention Programs Based on Sign-Significate Relations Model  [in Japanese]

    SATAKE Tsuneo

    国リハ式〈S-S法〉言語発達遅滞検査を中心とする評価方法と, 包括的訓練プログラムによる訓練アプローチ (総称して〈S-S法〉) を適用した2症例について述べた.1症例は症状分類A群 (音声記号未習得) から移行群 (音声記号受信可, 発信不可) へ, 他の1症例はB群 (音声発信困難) からC群 (生活年齢に比し遅れ) へと変化していた. (1) 音声記号末習得から言語記号の獲得への評価・訓練プ …

    The Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics 39(2), 236-244, 1998-04-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (22) Cited by (2)

  • Development of Expressive Language in a Cerebral-Palsied Child  [in Japanese]

    CHINEN Hiromi , SATAKE Tsuneo

    知的障害を有するアテトーゼ型脳性麻痺児の4歳から9歳の5年間の発信面を中心とした訓練経過と発信行動の習得を援助するための働きかけについて報告した.音声発信困難な状態から身振り記号の習得により発信行動の体制が確立した.またこれが図形・絵記号を機能的に使用する基礎となった.図形・絵記号の使用により発信語彙数, 語連鎖表現が拡大し, 文字記号の習得を容易にした.文字記号を媒介に音声発信を獲得した.< …

    The Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics 37(2), 196-205, 1996-04-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (38) Cited by (3)

  • Language Development in Children at Risk for Severe Expressive Language Delay.  [in Japanese]

    Iizuka Naomi , Satake Tsuneo , Itoh Junko , Tohkawa Takeshi

    3歳前後の初診時に音声記号の受信 (理解) 面は正常範囲で有意語が数語以下であった3症例を, 国リハ式〈S-S法〉言語発達遅滞検査の症状分類B群 (音声発信困難) のリスク児として把握し, 3年間の経過を報告した.<BR>3症例とも初診時にコミュニケーション手段として身振りを使用しており, その後, 音声模倣により単音節の発信を, 次に文字などを補助にしながら主として音声模倣により異音 …

    The Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics 35(3), 240-254, 1994

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Subtype of Severe Expressive Language Delay: Analysis of Speechless Children Using Acquisition Model of Expressive Language.:Analysis of Speechless Children Using Acquisition Model of Expressive Language  [in Japanese]

    Satake Tsuneo , Iizuka Naomi , Itoh Junko , Tohkawa Takeshi

    音声記号の受信 (理解) 面に比し発信 (表現) 面に極端な遅れがみられ, 国リハ式〈S-S法〉言語発達遅滞検査で症状分類B群 (音声発信困難) と分類された, 自閉症を伴う精神発達遅滞児4症例の発信行動の習得経過を, 発信行動の習得過程を分析するため作成した発信行動習得モデルを用いて分析した.<BR>その結果, B群のサブタイプa (文字・身振り記号・音声模倣による訓練が有効) の中 …

    The Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics 34(4), 354-373, 1993

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top