Search Results 1-20 of 494

  • Devastation of Coral Reef Coasts due to Artificial Alteration in Developing Countries  [in Japanese]

    宇多 高明 , 大中 晋

    土木技術資料 = Civil engineering journal : 土木技術の総合情報誌 63(1), 56-59, 2021-01

  • Estimation of artificial reef effect range in the waters of Tsushima Islands, Nagasaki, Japan  [in Japanese]

    井上 誠章 , 桑原 久実 , 南部 亮元 , 石丸 聡 , 橋本 研吾 , 桑本 淳二 , 増渕 隆仁 , 金岩 稔

    水産海洋研究 = Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography 84(3), 187-199, 2020-08

  • CURRENT CONDITIONS OF ARTIFICIAL MODIFICATIONS AND THEIR IMPACT ON SHORE AND CORAL REEFS IN MALDIVES  [in Japanese]

    大中 晋 , 三波 俊郎 , 市川 真吾 , 粟津 裕太 , 森 智弘 , 宇多 高明

    海洋開発シンポジウム講演集 45, 6p, 2020

  • FIELD EXPERIMENT TO CREATE AN ARTIFICIAL FISH REEF FOR Tridentiger obscurus IN THE AMAGASAKI CANAL  [in Japanese]

    上月 康則 , 山中 亮一 , 岩見 和樹 , 田辺 尚暉 , 橋上 和生 , 戸田 涼介 , 齋藤 稔 , 松重 摩耶

    海洋開発シンポジウム講演集 45, 6p, 2020

  • FOLLOW-UP COMPUTATION OF HYDRAULIC EXPERIMENT OUTPUT OF CURRENT AND BEACH CHANGE AROUND ARTIFICIAL REEF SYSTEM BY THREE-DIMENSIONAL NUMERICAL MODEL  [in Japanese]

    田中 和広 , 山部 道 , 平石 哲也

    海洋開発シンポジウム講演集 45, 6p, 2020

  • Field Investigation on Coral Growth and Environmental Factors in Artificial Reef at Hamasaki Coast  [in Japanese]

    松本 範子 , 安田 誠宏 , 山中 亮一 , 松下 紘資 , 田島 佳征 , 佐藤 裕則 , 岡本 玄洋 , 中西 敬

    沿岸域学会誌 = Journal of coastal zone studies 33(3), 37-47, 2020

  • IMPROVING THE SEDIMENT TRANSPROT DISTRIBUTION FORMULA IN THE DEPTH DIRECTION TO PREDICT LONG TERM AND WIDE-AREA TOPOGRAPHIC CHANGE IN THE COASTAL EROSION  [in Japanese]

    NOGUCHI Kenji , SATO Tatsuaki , SATO Makoto , KATO Fuminori , FUKUHARA Naoki , NIKAIDO Ryuji , IWASA Takahiro , NAKAMICHI Makoto , HIRANO Giichi , NIHEI Isao , IGARASHI Yusuke

    <p> 海岸侵食対策の計画立案に多用される等深線変化モデルでは,沿岸漂砂量の水深方向分布が必要となる.しかし,現地海岸で沿岸漂砂量の把握が困難なことや人工リーフの影響の考慮が課題である.本研究では,移動床水理模型実験と現地地形変化再現計算より,水深方向沿岸漂砂量分布が二山型の分布となる場合があることを確認し宇多ら1)の分布式を拡張した.さらに,人工リーフ周辺の水深方向沿岸漂砂分布式の係 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_445-I_450, 2020

    J-STAGE 

  • IMPROVEMENT OF ARTIFICIAL REEF USING CADMAS-SURF AND BOUSSINESQ MODEL  [in Japanese]

    TAKAGI Toshimitsu , MATSUSHIMA Saburo , ZAHA Takehito

    <p> 人工リーフは水面下の構造物であることから景観に配慮した海岸保全施設として一時広く普及した.しかし,波浪は低減できるものの,天端上での砕波によって誘発される流れのため背後の土砂の安定性に対しては効果が発揮しずらいことが,その後の事例等で明らかとなってきた.そのことから人工リーフの構造改善のためクレスト型人工リーフなど,様々な改善が試みられているが必ずしも効果が発現されていない.こ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_715-I_720, 2020

    J-STAGE 

  • EXPERIMENTAL AND NUMERICAL STUDY ON THE STRUCTUAL TYPE AND THE EFFECTS OF THE IMPROVEMENT OF THE ARTIFICIAL REEF TO OFFSHORE BREAKWATER  [in Japanese]

    NAKAMICHI Makoto , IWASA Takahiro , TAKAYAMA Yasufumi , YAMAMOTO Jyunya , KUBO Takayuki , OKABAYASHI Fukuyoshi , NAKAYAMA Masato , NIIYA Daigo , OKAZAKI Satoshi

    <p> 高知海岸南国工区では,人工リーフが有する漂砂制御機能を増強させるため,既設人工リーフの天端上に消波ブロックを設置して離岸堤化する極めて例が少ない構造への改良を計画している.そのため,本研究では,今後の施設設計に当たり整備効果及び安定性の高い施設の平面形状を決定することを目的として,平面実験と波浪・流況解析を実施した.これより,既設人工リーフを消波ブロックにより離岸堤に改良する場 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_721-I_726, 2020

    J-STAGE 

  • THREE-DIMENSIONAL MORPHOLOGICAL MODEL WITH SHORELINE CHANGE IN CONSIDERATION OF SEDIMENT TRANSPORT IN SWASH ZONE  [in Japanese]

    MIKI Shuhei , KUROIWA Masamitsu , KAJIKAWA Yuki

    <p> 近年の海岸保全事業においては,台風の強大化に伴う高波や海岸構造物周辺に発生する複雑な流れによる突発的な砂浜の決壊,将来の海面上昇や波浪特性の変化などによる汀線後退などの問題がある.そのため,構造物周辺や汀線近傍での局所的で複雑な波と流れを計算し,より精度のよい海浜変形予測を行うことが必要不可欠である.そこで本研究では,遡上域における漂砂量を考慮した新たな3次元海浜変形モデルを構 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_499-I_504, 2020

    J-STAGE 

  • STUDY ON HYDRAULIC CHARACTERISTICS OF ARTIFICAL REEFS WITH HIGH CROWN HEIGHT  [in Japanese]

    IWASA Takahiro , MIZUNO Yuzou , YAMASHITA Toshihiko , KIMURA Katsutoshi , KATO Fuminori , HIRAI Yasuyuki , NIKAIDO Ryuji , HIRAMA Fumiyasu , TADOKORO Masaya , IIJIMA Naoki , SAITO Koji , YOSHIKAWA Keitaro , NAKATSU Takafumi , KUMAGAI Naoya

    <p> 所定の波浪低減・海浜安定効果を満足したうえで,漁業への影響を抑制する沖合消波施設として,岸に近く設置地盤高の高い箇所への高天端の人工リーフの設置が有効と考えられる.しかし,高天端人工リーフの知見は限られており,その水理特性の解明は不十分である.本検討では高天端人工リーフを対象に平面実験を実施するとともに,既往知見と比較することで,その水理特性を分析した.その結果,水位上昇量は, …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_757-I_762, 2020

    J-STAGE 

  • WAVE TRANSMITION, REFLECTION AND SET-UP PROPERTIES OF A NEWLY DEVELOPED PERMEABLE ARTIFICIAL REEF  [in Japanese]

    MIYAZATO Nobutoshi , NAKAZA Eizo , TANAKA Satoshi , FUKUMORI Masahiro , SCHAAB Carolyn

    <p> 人工リーフの多くは,その内部を捨て石などで満たされている場合が多く,波や流れに対してほぼ不透過として作用している.そのため,その規模の大きさなども相まって潮流や沿岸流に及ぼす影響も大きいことが指摘されている.したがって,人工リーフの波の減勢効果を保持した上で,内部構造に流水機能を持たせて潮流や沿岸流などに強い影響を及ぼさないような構造を持つ人工リーフの開発が期待される.そうした …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_763-I_768, 2020

    J-STAGE 

  • FISHERIES COOPERATIVE EFFECT OF ARTIFICIAL REEF MODELED WITH HALIOTIS DISCUS HANNAI  [in Japanese]

    NAKATANI Yo , SETO Masabumi , MAKIGUCHI Norito

    <p> 本研究は,アワビ類の中で最多の種苗放流数を有するエゾアワビ人工種苗を対象として,室内実験より本種の移動特性や摂餌行動に及ぼす波浪流の影響をモデル化した.さらに,北海道白老地先に設置されたタンデム型人工リーフをモデルケースとして,放流適地を選定し増殖場としての水産協調効果を推定した.エゾアワビ人工種苗の固着力は,生息下限水温に近い5℃,および生息上限水温に相当する25℃で有意に低 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_1063-I_1068, 2020

    J-STAGE 

  • FOLLOW-UP COMPUTATION OF HYDRAULIC EXPERIMENT OUTPUT OF CURRENT AND BEACH CHANGE AROUND ARTIFICIAL REEF SYSTEM BY THREE-DIMENSIONAL NUMERICAL MODEL  [in Japanese]

    TANAKA Kazuhiro , YAMABE Toru , HIRAISHI Tetsuya

    <p> 3次元海浜流・海浜変形数値モデルによる人工リーフ周辺の流況および海浜変形シミュレーションについて,野口ら<sup>1)</sup>が行った水理模型実験の再現計算を実施し,数値モデルの適用性を検討した.数値モデルは,波浪変形解析はSWAN,3次元海浜流場の解析はPOM,地形変化解析は波・流れ共存場の漂砂モデルで構成される.海浜流の駆動力として砕波帯砕波エネ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 76(2), I_79-I_84, 2020

    J-STAGE 

  • FIELD EXPERIMENT TO CREATE AN ARTIFICIAL FISH REEF FOR <i>Tridentiger obscurus</i> IN THE AMAGASAKI CANAL  [in Japanese]

    KOZUKI Yasunori , YAMANAKA Ryoichi , IWAMI Kazuki , TANABE Naoki , HASHIGAMI Kazuki , TODA Ryosuke , SAITO Minoru , MATSUSHIGE Maya

    <p> 過栄養化した尼崎運河の環境を改善するために,付着藻類から上位の生物にまで及ぶ食物網の経路を創出することを考えた.本研究では,まずその端緒の検討として,底生魚のハゼ科チチブの保全を目的にした魚礁の構造と設置方法を把握することを目的に現地実験を行った.3種類の生息場をつくり,酸素不足が生じない水面付近の上層,中層,下層の3つの水深に沈設した.</p><p>  …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 76(2), I_768-I_773, 2020

    J-STAGE 

  • CURRENT CONDITIONS OF ARTIFICIAL MODIFICATIONS AND THEIR IMPACT ON SHORE AND CORAL REEFS IN MALDIVES  [in Japanese]

    ONAKA Susumu , SAN-NAMI Toshiro , ICHIKAWA Shingo , AWAZU Yuta , MORI Tomohiro , UDA Takaaki

    <p> サンゴ砂礫が長年の波の作用により堆積して形成された低平かつ狭小な土地を持つモルディブは,気候変動に対する脆弱性が極めて高い国の1つであり,その検討や対策が実施または計画中である.一方,近年の経済発展に伴って沿岸域での様々な開発が行われており,これによる海岸やリーフの人為的改変が顕在化している.本研究では,モルディブにおけるいくつかの住民島での現地調査結果をもとに,海浜やリーフの …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 76(2), I_774-I_779, 2020

    J-STAGE 

  • BEACH EROSION OF ARAHA BEACH IN CHATAN TOWN IN OKINAWA  [in Japanese]

    UDA Takaaki , MAEZATO Yoshitaka , TERUYA Hiroyuki , KOHAGURA Ken , IGARASHI Tatsuyuki

    <p> 沖縄北谷町では,両端を突堤に挟まれた長さ630mの人工海浜が造られた.養浜後,この海浜では斜め入射波の作用により著しい海浜変形が起きた.リーフの掘削により人工海浜の前面には深い溝が南北方向に伸びていたが,人工海浜の北部沖には浅いリーフが残されていた.このためそれによる波の遮蔽が起き,波の遮蔽域外の南部海浜から遮蔽域内の北部海浜へと向かう北向きの沿岸漂砂が生じ,これにより南部では …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 76(2), I_270-I_275, 2020

    J-STAGE 

  • Comparison of Artificial Rock Using Dredged Soil and Steel Slag with Natural Rock on the Effect of Biological Gathering  [in Japanese]

    Miyamukai Tomoki , Imao Kazumasa , Tasaki Tomoaki , Akashi Yuuzou , Suzuki Teruaki , Tanaka Yoshito

    … <p>In order to evaluate the effect of artificial rock solidified dredged soil on the organisms, we observed the appearance of diatoms, seaweeds, sessile/mobile animals, and fishes for about 2 years after setting the reef making a comparison with natural stone. …

    Journal of Fisheries Engineering 57(1), 11-25, 2020

    J-STAGE 

  • ENVIRONMENTAL SURVEY OF ARTIFICIAL REEF AND DISCUSSION ON CORAL DISTRIBUTION CHARACTERISTICS IN HAMASAKI COAST  [in Japanese]

    安田 誠宏 , 濵 明日香 , 中西 敬 , 松下 紘資 , 長田 紀晃

    沿岸部では高潮・高波や津波に対する安全・安心確保のため,防波堤や護岸の新設,既設構造物の強靭化が図られてきた.これまで「防災」と「環境」は往々にして対立関係として位置づけられてきたが,今後の海岸保全事業においては共存関係にあることが望ましい.本研究では,沖縄県本部町浜崎海岸に整備された人工リーフに着目し,サンゴの生育状況が近接する構造物に比べて良好な要因を絞り込むことを目的に,水質およびサンゴ被度 …

    土木学会論文集B2(海岸工学) 75(2), I_1141-I_1146, 2019-10-01

    IR 

  • A study on Marine Algal Succession and Community in Pyramid–shaped Artificial Reef

    CHOI Chang Geun , JUNG Seung Wook , AHN Jung Kwan , SHIMASAKI Yohei , KANG Ik Joon

    … We propose a marine ecosystem restoration means to build marine ecosystems and restore marine forests by introducing ecological engineering concepts to oceans that have lost habitats and include dysfunctional marine ecosystems using pyramid–shaped artificial reefs during 2016 to 2017 at Mundong, Busan, Korea. … The marine algal succession in the artificial reefs was as follows: in January of 2016, two months after the reef installment, only Ulva spp. …

    Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University 64(1), 95-99, 2019-02-28

    IR  DOI 

Page Top