Search Results 1-20 of 30

  • 1 / 2
  • Analysis of Listening and Study on Narratives of Survivor's Disaster Experience as Inquiry Based Learning by Middle School Students: Case of Disaster Tradition Activity of the 2011 Great East Japan Earthquake Disaster in Hashikami Junior High School  [in Japanese]

    SATO Shosuke

    … This study performed to evaluate the leaning outcome and to find factors affecting their modifications based on questionnaire survey. … 1) 82.7% of students have realized some changes related cognitive, affective and action domain after the program. … The action examples are updating emergency bag and starting activity as disaster story teller. …

    Journal of Social Safety Science 37(0), 79-87, 2020

    J-STAGE 

  • Effects of information provision and safety education for improving environment of child transport bicycle use:Evaluation based on a theory of attitude and behavioral modification  [in Japanese]

    Ohmori Nobuaki , Okayasu Rika , Osada Teppei , Aono Sadayasu

    本研究は,子ども乗せ自転車に関する情報提供および安全教育を通して,子ども乗せ自転車利用者が,より安全な運転を行うようになり,周囲の人々が子ども乗せ自転車利用者に対して,より配慮するようになることで,より安全・安心・快適な子ども乗せ自転車利用環境が形成されるという仮説の下で、情報提供および安全教育の効果を明らかにすることを目的とする.東京および北関東居住者計1,100名に対する子ども乗せ自転車に関す …

    Journal of the City Planning Institute of Japan 53(3), 1420-1426, 2018

    J-STAGE 

  • Relationships between Community Consciousness and Health of the Middle-Aged in Rural Area  [in Japanese]

    NISHIZAWA Mika , HOSHINO Akiko , KATSURA Toshiki

    本研究の目的は, 農山村地域に居住する壮年期の人々のコミュニティ意識と健康との関連を明らかにし, 壮年期の人々の健康行動を実践するための支援方法について検討することである。対象者はA市B町の30~64歳のうち, 自治会長を通じて調査票を配布できた2,336名で, 有効回答は763名 (有効回答率32.7%) である。 調査は自記式質問紙調査を行ない, 調査票の回収は郵送法とした。調査項目は, 対象 …

    JOURNAL OF THE JAPANESE ASSOCIATION OF RURAL MEDICINE 63(5), 734-746, 2015

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web 

  • THE CONTINUED EFFECTIVENESS ANALYSIS OF MOBILITY MANAGEMENT IN A PROVINCIAL URBAN AREA  [in Japanese]

    ODAKA Shinji , KANDA Yusuke , NISHINOHARA Masashi , IINO Kimio , TANIGUCHI Mamoru

    松江都市圏では,平成19年度から職場モビリティ・マネジメント(MM)を5年間継続的に実施してきている.また,平成21年度からは市民全体の取り組みとして「ノーマイカーウィーク」へと発展させてMMを展開している.本稿では,職場MMの継続効果として,交通現象面へ与える集計的効果,「まつエコ宣言(職場交通プラン)」策定による意識・行動変容に与える効果,取り組みの継続・定着状況によるまちづくり意識へ及ぼす効 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 69(5), I_753-I_760, 2013

    J-STAGE 

  • Effects of Mother's Behavioral Modification Process on Children's Eating Habit/Dietary Life  [in Japanese]

    岡本 美紀 , 武藤 慶子 , OKAMOTO Miki , MUTO Keiko

    … A survey study on actual statuses of mother's and children's dietary lives was made with mothers during child care. …

    長崎県立大学看護栄養学部紀要 12, 1-10, 2013

    IR  Ichushi Web 

  • Effects of Portfolio Learning Approach on Students' Social Skill Modification in University Physical Education Classes  [in Japanese]

    SHIMIZU Yasuo , MIYAZAKI Mitsuji , TAKEDA Hajime , TANAKA Chiaki , KAWAI Akira , AKUNE Hideaki , KEMURIYAMA Chihiro , AMAZAKI Mitsuhiro

    … 理解(Comprehension of Interpersonal Relationship:CIR)」,「対人共感能力(Attitude of Interpersonal Sympathy:AIS)」,「自己主張能力(Self-Assertion Ability:SAA)」は,授業開始段階よりも授業終了段階において,有意に低下する結果が示された.一方,SRSUPECの下位尺度である「情動的反応(Emotional Stress Response:ESR),「心理的反応(Psychological Stress Response:PSR),「行動的反応(Behavioral Stress Response:BSR)は,授業終了段階において,授業開始段階よりも …

    Japan Journal for Health, Physical Education, Recreation, and Dance in Universities 9.1(0), 23-41, 2012

    J-STAGE 

  • Analysis of changes in the attitude and behavior of urban residents caused by provision of information regarding suburban agriculture  [in Japanese]

    Kadobayashi Atsushi , Matsumura Nobuhiko

    本研究では、都市近郊農業を維持・振興していくためのひとつの手段として、都市住民の態度や行動をより地域の農業を支持するものへと変容させていくことが重要であると考え、リーフレットと地図を用いて地域の農業に関する情報提供を行い、情報提供の前後のアンケート結果を分析することでその効果を測定した。結果として以下のようなことが明らかになった。・「過去農経験」や「地場農業の知識」が豊富である人ほど、「地場農業の …

    Journal of the City Planning Institute of Japan 45(0), 135-135, 2010

    J-STAGE 

  • A Study on Influence of Traffic and Environmental Education Program on Parents through school children  [in Japanese]

    TANIGUCHI Ayako , IMAI Yui , ISHIDA Haruo

    本研究では、神奈川県秦野市の小学校におけるMMとして、児童を対象に実施した交通・環境教育が、授業を直接受講していない保護者に与えた影響を定量的に検証することを試みた。その結果、交通・環境教育は、児童のみならず保護者の交通に関する心理指標に統計的に有意な影響を及ぼしていることが示された。一方で、保護者の「車への態度」については、交通・環境教育が意図していない方向に活性化されており、授業の中で二面提示 …

    Journal of the City Planning Institute of Japan 44(3), 127-132, 2009-10-25

    J-STAGE  References (13) Cited by (1)

  • A Study on Influence of Traffic and Environmental Education Program on Parents through school children  [in Japanese]

    Taniguchi Ayako , Imai Yui , Ishida Haruo

    本研究では,神奈川県秦野市の小学校におけるMMとして,児童を対象に実施した交通・環境教育が,授業を直接受講していない保護者に与えた影響を定量的に検証することを試みた.その結果,交通・環境教育は,児童のみならず保護者の交通に関する心理指標に統計的に有意な影響を及ぼしていることが示された.一方で,保護者の「車への態度」については,交通・環境教育が意図していない方向に活性化されており,授業の中で二面提示 …

    Journal of the City Planning Institute of Japan 44(0), 22-22, 2009

    J-STAGE 

  • An Empirical Study of Relationships between Travel Behavioral Modification and Place Attachment

    Matsumura Nobuhiko

    本研究では,モビリティ・マネジメントによる交通行動変容による二酸化炭素削減効果と地域への愛着の関係性を明らかにすることを目的とした。ケーススタディ地域は,大阪府枚方市楠葉地域とし,コミュニケーションシートを配布した群と制御群に分けて実験を行った。その結果,モビリティ・マネジメントによってバスの利用頻度の増加が確認され,自動車利用頻度が高い人ほど地域への愛着指標が低く,徒歩や公共交通利用頻度が高いほ …

    Papers on Environmental Information Science ceis22(0), 127-132, 2008

    J-STAGE  Cited by (1)

  • EVALUATION OF THE EFFECT OF ATTITUDE AND TRAVEL BEHAVIOR MODIFICATION BY ONE-SHOT TFP FOR INCOMER AND RESIDENTS  [in Japanese]

    MATSUMURA Nobuhiko

    これまで数多く実施されてきた住民を対象としたモビリティ・マネジメントの広がりとして本研究では,既存住民と転入者を対象としたワンショットTFPによる態度・交通行動変容効果の持続性を評価した.2002年11月に大阪府吹田市役所の転入者窓口および既存住民世帯へのポスティングにて,事前調査票を配布し,その後,公共交通に関する情報提供や,行動プラン法を実施し,直後,1年後,3年後に事後調査を行って心理指標, …

    Doboku Gakkai Ronbunshuu D 64(1), 77-85, 2008

    J-STAGE 

  • AN ANALYSIS OF THE DIFFERENCE OF EFFECT FOR MOBILITY MANAGEMENT BETWEEN DIFFERENT FOCUS POINT  [in Japanese]

    TANIGUCHI Ayako , SHIMADA Kinuko , NAKAMURA Fumihiko , FUJII Satoshi

    本研究では,モビリティ·マネジメント(MM)施策の二大目標「自動車利用抑制」と「公共交通利用促進」に着目し,これら二つが人々の交通行動の意思決定のフレームとフォーカス·ポイントに与える影響の差が態度·行動変容効果の差として表れるか否かという視点で,龍ケ崎市におけるコミュニティ·バス利用促進MMプロジェクトの効果分析を行った.その結果,施策とし …

    Doboku Gakkai Ronbunshuu D 64(1), 65-76, 2008

    J-STAGE 

  • An empirical study of the effect of a leaflet for promoting eco-drive on behavioral modification

    MATSUMURA Nobuhiko

    本研究では, 車載器を用いたエコドライブ支援のための動機付けシートをポジショニング技法を適用して作成し, そのエコドライブの態度・行動変容効果を実証することを目的とする.動機付けシートをあらかじめ渡されたうえで, 車載器をつけて業務を行うドライバーのグループと動機付けシートを読まずに, 車載器をつけて業務を行うドライバーのグループにわけて実験した.その結果, 車載器による音声支援は, エコドライブ …

    INFRASTRUCTURE PLANNING REVIEW (24), 629-635, 2007

    J-STAGE 

  • Dietary behavioral modification of knowledge and attitude in young women

    HARASHIMA Emiko , UBUKATA Eriko , NAKAGAWA Yasue

    <B>目的</B> 生涯にわたり健全な食生活を実現するためには、ライフステージに応じた食に関する適切な判断力の育成が望まれる。本研究では、女子大生を対象に日常の食生活に関する意識と実際の食事記録に基づく認識との相違から、青年期女子の食行動の特徴を明らかにするとともに、適正な栄養素(食物)摂取および行動変容に関わる知識・態度レベルについて解析を行い、若干の知見が得られたので報 …

    Abstracts of Annual Congress of The Japan Society of Home Economics 58(0), 138-138, 2006

    J-STAGE 

  • Factors associated with the smoking behavior of university students  [in Japanese]

    本多 妙 , 福島 倫子 , ホンダ タエ , フクシマ リンコ

    … The aims were to search the behavioral modification of smoking and to explain psychological and environmental factors affecting it. … The participants were 323 college students,and a questionnaire-based design was applied. … Results were as follows: attitude toward smoking,the smoking of friends and the sensitivity of denial influenced the behavior of smoking. …

    生老病死の行動科学 (10), 47-59, 2005

    IR  DOI 

  • EFFECT OF BUS USE MONITOR EXPERIMENT FOR ATTITUDE AND BEHAVIORAL MODIFICATION OF BUS NON-USERS  [in Japanese]

    KANAI Masanobu , AOSHIMA Naojiro , SUGIKI Nao , YANAGISAWA Kazuki

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (737), 67-78, 2003-07-20

    References (12) Cited by (3)

  • ATTITUDE AND BEHAVIOR MODIFICATION STUDIES FOR TRANSPORTATION PLANNING : FUNDAMENTAL TECHINIQUES AND PLACTICAL PERSPECTIVES  [in Japanese]

    FUJII Satoshi

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (737), 13-26, 2003-07-20

    References (37) Cited by (3)

  • EFFECTS ON ATTITUDE AND BEHAVIOR CHANGE BY TRAVEL FEEDBACK PROGRAM IN A SHORT PERIOD  [in Japanese]

    MATSUMURA Nobuhiko , NITTA Yasutsugu , TANIMURA Kazunori

    本研究では, 交通行動変容の心理的方略のTFPの課題の一つである手続き簡略化について取り上げた. TFPはこれまで1週間のダイアリーデータに基づいたアドヴァイスの提示を行ってきた. これを1日間のダイアリーデータに簡略化したときの態度, 行動変容に及ぼす影響を大阪市西淀川区の住民を被験者とした心理学的実験 (N=103) を通して検証した. その結果, 1日間に短縮した場合でも平日の自動車の利用削 …

    Doboku Gakkai Ronbunshu 2003(737), 89-100, 2003

    J-STAGE 

  • EFFECT OF BUS USE MONITOR EXPERIMENT FOR ATTITUDE AND BEHAVIORAL MODIFICATION OF BUS NON-USERS  [in Japanese]

    KANAI Masanobu , AOSHIMA Naojiro , SUGIKI Nao , YANAGISAWA Kazuki

    近年のモータリゼーションの進展により, 地方都市においては公共交通, 特にバスの利用率は年々低下し, 日頃全くバスを利用しない人が増加している. そしてこれらの人は情報の不足からバスを利用可能交通手段として認識していない場合があることが考えられる. そのため今後のバス路線活性化のためには, まず地域住民にバス交通に対して関心を持たせるような心理的方略を行うことが重要であると言える. そこで本研究で …

    Doboku Gakkai Ronbunshu 2003(737), 67-78, 2003

    J-STAGE 

  • 1 / 2
Page Top