Search Results 1-20 of 247

  • Lacustrine bedded chert formation in paleo-alkaline sediments  [in Japanese]

    Kuma Ryusei , Hasegawa Hitoshi , Yamamoto Koshi , Yoshida Hidekazu , Ikeda Masayuki , Katsuta Nagayoshi , Whiteside J.

    <p>海成層中には層状チャートが普遍的に見られ,放散虫などの珪質な生物遺骸により形成されていることが知られている.一方,湖成層にも層状チャートが存在し,湖水の蒸発作用とアルカリ度の変化がその形成に関わっていると考えられている.本研究では,米国中西部に広く分布する始新世前期の湖成層であるグリーンリバー層中に特徴的に見られる層状・団塊状チャートに着目し,その形成メカニズムを検討した.採取し …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 66(0), 58, 2019

    J-STAGE 

  • Conodont-based age calibration of the Middle Triassic Anisian radiolarian biozones in pelagic deep-sea bedded chert

    Muto Shun , Takahashi Satoshi , Yamakita Satoshi , Soda Katsuhito , Onoue Tetsuji

    <p>超海洋パンサラッサの遠洋域深海で堆積した層状チャートは,放散虫化石層序により年代が決められてきた.一方で,三畳系の放散虫化石帯は国際基準の地質年代との厳密な対比には用いられない場合が多い.本研究は,放散虫化石帯が確立され,中部三畳系アニシアン階に対比されていた大分県津久見地域の網代島セクションと愛知県犬山地域の栗栖セクションの珪質粘土岩・層状チャートにおいてコノドント化石層序を検 …

    BULLETIN OF THE GEOLOGICAL SURVEY OF JAPAN 70(1-2), 43-89, 2019

    J-STAGE 

  • Multivariate analysis of geochemical compositions of bedded chert during the Middle Triassic (Anisian) oceanic anoxic events in the Panthalassic Ocean

    Soda Katsuhito , Onoue Tetsuji

    … In this study, we applied multivariate analysis to extract geochemical components controlling chemical compositional changes on the high resolution geochemical stratigraphy of the Middle Triassic (Anisian) bedded chert sequence in central Japan, which deposited in a pelagic deep seafloor in a low- to mid-latitude zone of the Panthalassic Ocean. …

    GEOCHEMICAL JOURNAL 53(2), 91-102, 2019

    J-STAGE 

  • Mathematical Model of Time-record on Bedded Chert  [in Japanese]

    小出 良幸

    層状チャートは,粘土岩の薄層と厚いチャートが繰り返すという特徴的な産状をもつ岩石である。可能性のある成因として,生物大絶滅説,生物大発生説,珪質軟泥タービダイト説,粘土タービダイト説,混合タービダイト説の5つの仮説がある。それぞれの仮説の基づく数理モデルを作成し,各モデルの特徴を整理した。論文Articles

    札幌学院大学人文学会紀要 = Journal of the Society of Humanities (104), 1-17, 2018-10-31

    IR 

  • Integrated Upper Triassic conodont and radiolarian biostratigraphies of the Panthalassa Ocean

    Yamashita Daisuke , Kato Hikaru , Onoue Tetsuji , Suzuki Noritoshi

    Paleontological Research 22(2), 167-197, 2018-04

    DOI 

  • Study of Time Recording Styles of the Models based on Various Origins of Bedded Cherts  [in Japanese]

    小出 良幸

    層状チャートには,さまざまな成因が古くから提唱されてきた。これらの成因の中から,可能性の高いものを選定していく方法を考え実施した。その結果,生物大絶滅説と生物大発生説,タービダイト流説が残った。成因ごとに層状チャートの構成岩石の堆積様式が異なってくるので,時間記録の様式に関する記録媒体,記録期間,記録速度などをモデル化してシミュレーションをして検討をおこない特徴と差異をまとめた。論文Article

    札幌学院大学人文学会紀要 = Journal of the Society of Humanities (103), 1-27, 2018-02

    IR 

  • Estimates of aeolian dust supply variation in the Inuyama bedded chert sequence: Evidence of Pangean mega-monsoon  [in Japanese]

    Cho Tenichi , Ohta Tohru

    Annual Meeting of the Geological Society of Japan 2018(0), 475, 2018

    J-STAGE 

  • Kiaman Reverse Superchron recorded in the Carboniferous to Permian bedded chert sequences from Sasayama area, Hyogo Prefecture, Japan  [in Japanese]

    Yamashita Daisuke , Uno Koji , Onoue Tetsuji

    Annual Meeting of the Geological Society of Japan 2018(0), 326, 2018

    J-STAGE 

  • Enhanced flux of extraterrestrial <sup>3</sup>He across the Permian-Triassic boundary  [in Japanese]

    Onoue Tetsuji , Takahata Naoto , Miura Mitsutaka , Sato Honami , Ishikawa Akira , Sano Yuji , Isozaki Yukio

    【災害のためプログラム中止】 平成30年北海道胆振東部地震により学術大会のプログラムが大幅に中止となりました.中止となったプログラムの講演要旨については,著者のプライオリティ保護の見地からJ-STAGEに公開し,引用可能とします.ただし,学術大会においては専門家による議論には供されていませんので「災害のためプログラム中止」との文言を付記します.(日本地質学会行事委員会)

    Annual Meeting of the Geological Society of Japan 2018(0), 330, 2018

    J-STAGE 

  • Ore deposit formed on a paleo-seafloor in the Japanese accretionary complex  [in Japanese]

    Nozaki Tatsuo , Fujinaga Koichiro , Kato Yasuhiro

    <p>日本列島は主に過去4億年以降の付加体から構成されており,付加体中には古海洋底で生成した様々な鉱床が胚胎している.本論文では,別子型硫化物鉱床,層状鉄マンガン・マンガン鉱床に関する成因論の進展と未解明の課題をレビューする.三波川帯に分布する別子型鉱床は遠洋域の中央海嶺で生成し,ジュラ紀後期海洋無酸素事変によって保存された.現地性緑色岩を伴う四万十帯北帯の別子型鉱床は,白亜紀後期の海 …

    The Journal of the Geological Society of Japan 124(12), 995-1020, 2018

    J-STAGE 

  • Sedimentary process of the bedded chert in the Mino Belt, central Japan: Three problems  [in Japanese]

    Onoue Tetsuji

    <p>日本列島のジュラ紀付加体中には,パンサラサ海の遠洋域で堆積した三畳系〜ジュラ系層状チャートが広く分布する.層状チャートは,一般に泥質部と珪質部の互層から構成され,主に大陸起源の風成塵からなる泥質部の堆積と,生物源(放散虫)シリカの深海底へのフラックス増加による珪質部の堆積が,ある一定周期で繰り返し起こり有律互層が形成されたと考えられている.しかしながら珪質部において生物起源シリカ …

    The Journal of the Geological Society of Japan 124(12), 1021-1032, 2018

    J-STAGE 

  • Geochemical characterization of large impact event recorded in the bedded chert sequence from Japan  [in Japanese]

    Sato Honami

    <p>地球科学の最も重要な発見のひとつである白亜紀/古第三紀(K/Pg)境界の白金族元素の異常濃集が報告されてから30年以上が経過した.それ以降,世界中のK/Pg境界層から白金族元素の異常濃集が検出されている.日本の付加体である三畳紀-ジュラ紀の層状チャートは,非常に遅い堆積速度(1000年で数mm以下)をもつ遠洋性深海堆積物であり,大陸起源物質の混入が少ないという特徴を持つ.層状チャ …

    The Journal of the Geological Society of Japan 124(12), 983-993, 2018

    J-STAGE 

  • Astronomical cycles recorded in the sedimentary rhythms of deep-sea bedded chert and its significance on biogeochemical cycle  [in Japanese]

    Ikeda Masayuki

    <p>地球軌道要素変化のミランコビッチ・サイクルは地球環境変化のペースメーカーである.この周期性を万年オーダーの時間目盛とする天文年代学により,新生代の年代学や古環境学は飛躍的に発展し,さらに古い時代へと展開している.中古生代の層状チャートはチャートと頁岩のリズミカルな互層からなり,この堆積リズムがミランコビッチ・サイクルに起因した可能性が古くから指摘されてきた.近年,ペルム-白亜系層 …

    The Journal of the Geological Society of Japan 124(12), 1033-1048, 2018

    J-STAGE 

  • Permian–Cretaceous radiolarians from Ie Island, Okinawa Prefecture, Japan

    Ito Tsuyoshi , Matsuoka Atsushi

    … The bedded cherts of the Gusukuyama Formation in Mt. Gusuku in the central part of Ie Island have yielded radiolarians ranging from the Neoalbaillella optima Zone (Changhsingian, Lopingian, Permian) to the Kilinora spiralis Zone (JR6: Oxfordian, Upper Jurassic). … Red chert clasts are contained in the Pleistocene Ryukyu Group at Waji on the north coast of Ie Island, and Permian radiolarians have been obtained from chert clasts. …

    Science reports of Niigata University. (Geology) = Science reports of Niigata University. (Geology) (32(Supplement)), 125-136, 2017-10

    IR 

  • Birgus latro (Linnaeus, 1767) from Izenajima Island, central Ryukyus, Japan  [in Japanese]

    藤田 喜久 , 渡久地 健

    … latro at Izenajima Island, which is formed by Permian bedded chert formation (Izena Formation) and Middle Triassic to Early Jurassic turbidite alternation (Shomi Formation). …

    Fauna Ryukyuana (34), 9-10, 2017-03-01

    IR 

  • Various Formation Models of Bedded Chert  [in Japanese]

    小出 良幸

    層状チャートは,主たるシリカ部と境界となる粘土の薄層によって層構造が形成されている。顕生代の付加体中には層状チャートがよく産出し,地質学的にも重要な素材である。層状チャートは,どの地域,どの時代でも単調な岩相の繰り返しをもった類似した産状となっている。多数の成因が提唱されているが,まだ定まったものはない。本稿では,提唱されてきた多様な成因を概観して評価していき,層状チャートの研究の現状をまとめてい …

    札幌学院大学人文学会紀要 = Journal of the Society of Humanities (101), 31-61, 2017-02

    IR 

  • Depositional setting of the Upper Triassic siliceous micrite of the Mino-Tamba Belt  [in Japanese]

    Sano Hiroyoshi , Takano Atsushi , Miyamoto Kazuki , Onoue Tetsuji

    <p>美濃帯西部のジュラ紀中期〜白亜紀最前期メランジュ中の九合石灰岩の産状,鏡下での特徴,年代を記載した.本石灰岩(層厚約80m)は最上部カーニアン〜下部ノーリアンの珪質ミクライトのみからなる.珪質ミクライトは放散虫と薄殻二枚貝で特徴づけられ,粗粒陸源砕屑物を欠く.これらの特徴は本石灰岩が大洋域の遠洋環境で堆積したことを示す.</p><p>九合石灰岩と美濃・丹波 …

    The Journal of the Geological Society of Japan 123(3), 163-178, 2017

    J-STAGE 

  • Paleoenvironmental analysis on the Middle Triassic bedded chert sequences in the accretionary complexes, southwest Japan  [in Japanese]

    Soda Katsuhito , Onoue Tetsuji , Yasukawa Kazutaka

    Annual Meeting of the Geological Society of Japan 2017(0), 286, 2017

    J-STAGE 

  • A Triassic-Jurassic boundary sequence of bedded chert from the Chichibu Belt, Ehime Prefecture, Shikoku, Japan  [in Japanese]

    Hori Rie S. , Yoshida Natsuko , Kuroda Junichiro , Ogawa Nanako O.

    Annual Meeting of the Geological Society of Japan 2017(0), 238, 2017

    J-STAGE 

  • Biosiliceous facies and flux change of Early Triassic bedded chert from Arrow Rocks, New Zealand, Panthalassa ocean  [in Japanese]

    Aita Yoshiaki , Kubota Yoshimi , Sporli Bernhard K. , Campbell Hamish J. , Kikuchi Natsuko , Kusaba Kenta , Maruyama Takumi , Yamakita Satoshi , Takemura Atsushi , Hori Rie Sakakibara , Takahashi Satoshi , Saito Megumi

    Annual Meeting of the Geological Society of Japan 2017(0), 236, 2017

    J-STAGE 

Page Top