Search Results 1-20 of 82

  • 1 / 5
  • Solving congestion : The case of Kyoto University

    Kanai Ryogo

    Academe : first forays into academic writing : a journal on the art of academic writing 3(1), 12-33, 2020-01

  • Statistical Analysis of Spatial Spreading of Bicycling on the Left Side of Streets by Introducing Bicycle Marking at Residential Streets  [in Japanese]

    YAMANAKA Hideo , NAKAGAWA Ryoichiro , MIKUNI Shigeko , ONO Kaoru , OKANO Reina

    <p><tt>我が国では歩道上の双方向通行の習慣から細街路を含めて双方向通行が常態のため,自転車・自動車が交差する大半の箇所で自転車が両方向から現れる状況が交通安全上の問題として指摘されている.その中,金沢市では細街路で自転車走行指導帯の整備と街頭指導を集中して実施し,自転車の左側通行の徹底を進めている.これにより,整備路線,地区全体で自転車事故が減少していることが明らかに …

    JSTE Journal of Traffic Engineering 6(4), A_22-A_27, 2020

    J-STAGE 

  • COMPARISON OF BICYCLE VOLUMES AND ACCIDENTS CONCERNING DIRECTION OF BICYCLE ON SPACE FOR CYCLING  [in Japanese]

    HAGITA Kenji , YOKOZEKI Toshiya

    平成29年の全国の交通事故統計により,自転車専用走行空間や歩道,横断歩道,路側帯等における通行方向別(右側通行/左側通行)の自転車事故発生割合を集計し,先行研究で調査された通行方向別自転車交通量と比較した.交差点では通行方向別の自転車事故件数に大きな差はなかったが,単路の歩道では,自転車交通量は左側通行がやや多い傾向にあったものの,自転車事故は右側通行の割合が非常に高かった.また,自転車の左側通行 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 75(5), I_493-I_506, 2019

    J-STAGE 

  • A Comparative Analysis of Types and Identification Methods of Road Space for Bicycle Traffic on Bicycle Traffic Network Plans in Local Cities  [in Japanese]

    OGAWA Keiichi , ITO Misako , AHN Yoongho

    <p><tt>国土交通省・警察庁による「安全で快適な自転車利用環境創出ガイドライン」の発出にともない、多くの自治体で自転車ネットワーク計画が策定されるようになっている。しかしながら、自転車通行空間の整備形態にはさまざまなものがあり、各々の自治体における整備形態の種類や選定基準は必ずしも国土交通省・警察庁によるガイドラインと同一ではない。これは、各々の地域における道路状況や自 …

    JSTE Journal of Traffic Engineering 5(4), A_51-A_57, 2019

    J-STAGE 

  • Influences of bicycle on Roadway on Vehicle behavior  [in Japanese]

    MIZUSHIRI Tsubasa , Hiroshi TATSUMI , YOSHIKI Syuji , TSUTSUMI Kayoko , MUKAI Yasuhiro

    <p><tt>「安全で快適な自転車利用環境創出ガイドライン」が制定され、自転車走行環境は車道を基本として整備が行われている。中でも自転車専用通行帯が整備されることが多くなっているが、自転車専用通行帯は自転車道とは異なり工作物等による物理的な分離が自転車交通と自動車交通の間に存在しないこともあり、これまで以上に両交通はお互いに影響を及ぼし合いながら走行することになる。そこで本 …

    JSTE Journal of Traffic Engineering 5(2), A_64-A_72, 2019

    J-STAGE 

  • Research on Driving Assist System on a Narrow Road:(Fundamental Research by the Experiments)  [in Japanese]

    YOSHINAGA Kotaro , OGINO Hirohiko

    … The present lane keep system controls a rudder so that a vehicle runs the center of the road. … However, a dropping accident may be generated when a walker or a bicycle reach the narrow road. …

    The Proceedings of Mechanical Engineering Congress, Japan 2018(0), G1001003, 2018

    J-STAGE 

  • ACTUAL CONDITION OF COMPLIANCE WITH TRAFFIC REGULATIONS AND SAFETY BEHAVIOR ANALYSIS OF BICYCLE USERS CHANGING COURSE ON A ROADWAY  [in Japanese]

    KAWAI Ryota , KIN Toshiaki

    近年,警察庁と国土交通省により自転車レーンや車道混在といった車道部の自転車通行空間の整備が推進されており,車道を通行する自転車の増加が見込まれる.車道を通行する自転車には駐停車車両の回避等の際に他車両と接触する危険性があり,後方確認や後方合図といった安全挙動の必要性が考えられるが,現行の交通規則は実効性に乏しい.そこで,本研究では,車道通行自転車の進路変更時における安全挙動に関してビデオ観測調査を …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 74(5), I_1091-I_1100, 2018

    J-STAGE 

  • AN ANALYSIS OF BEHAVIORAL CHARACTERISTICS OF BICYCLE USERS AT SIGNALIZED INTERSECTIONS FOR THE BICYCLE LANE  [in Japanese]

    SHIMADA Yoshiaki , INOUE So

    わが国の自転車関連事故の約7割は交差点内で発生している.本研究は,近年愛知県内で整備された3路線の自転車専用通行帯(自転車レーン)を対象として,それらの信号交差点における自転車利用者の行動特性を把握し,交差点隅角部の整備のための検討材料に資することを目的としている.各調査交差点におけるビデオ観測映像をもとに,自転車利用者の交差点隅角部での通行経路,滞留位置,および他の交通との錯綜状況を計測し,それ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 74(5), I_981-I_989, 2018

    J-STAGE 

  • Analysis of Effects by Bicycle Lanes at Residential Streets from Viewpoints of Bicycle Behavior at Junctions  [in Japanese]

    YAMANAKA Hideo , HAMAGUCHI Keisuke , MIKUNI Shigeko , KOJIMA Takuro

    <p>日本では交差点での自転車事故の割合が高く,他国にない交差部での自転車の双方向通行がその要因として着目されている.このため,自転車の左側通行を誘導する自転車専用通行帯や自転車走行指導帯の整備が進められている.本研究では,金沢市の細街路型自転車走行指導帯での安全性向上効果を確認するため,交差点における自転車の進入挙動に着目した.具体的には,5 箇所の交差点において走行指導帯整備前後の …

    JSTE Journal of Traffic Engineering 4(3), A_34-A_39, 2018

    J-STAGE 

  • Evaluation of Method for Coloring Bicycle Lane based on Landscape and Visibility -Case Study on Takeshita Street in Fukuoka City-  [in Japanese]

    YOSHIKI Syuji , TATSUMI Hiroshi , TSUTSUMI Kayoko , HAJI Kensuke

    <p><tt>「安全で快適な自転車利用環境創出ガイドライン」が制定されたことを受け、自転車専用通行帯の整備が進められている。そして、その路面着色方法については、基本的な整備方針は示されているもののそれ以外の整備も可能としており、実際に全国で様々な路面着色方法が検討、実施されている。そこで本研究では、自転車利用者に対するドライバーからの視認性を確保しつつも景観にも配慮した自転 …

    JSTE Journal of Traffic Engineering 4(1), A_80-A_87, 2018

    J-STAGE 

  • Analysis of Cyclists Characteristics influenced by Structure of Bicycle Running Space  [in Japanese]

    NISHIHARA Daiki , TATSUMI Hiroshi , YOSHIKI Syuji , MORI Ryota , HATANAKA Kotaro

    <p><tt>本研究では、車道端部における路面構造の異なる自転車走行空間を対象に自転車走行実験を実施し、側溝のエプロン幅が自転車利用者の意識や挙動に及ぼす影響について走行空間の幅員や交通状況を加味しつつ分析を行った。まず、走行時の意識については、幅員 </tt>1.15m <tt>であればエプロン幅が狭くなると有意に安心感が向上する傾向がみられた。ま …

    JSTE Journal of Traffic Engineering 4(1), A_138-A_146, 2018

    J-STAGE 

  • Temporal and Spatial Variation of On-street Parking in Hakusan-dori, Sugamo district planned to install Bicycle Lane  [in Japanese]

    谷下 雅義 , 大野 暁彦

    交通工学研究発表会論文集 37, 395-398, 2017

  • Relationships between Landscape Evaluation, Visibility Evaluation, and Bicycle Lane  [in Japanese]

    吉城 秀治 , 辰巳 浩 , 堤 香代子 , 土師 健介

    交通工学研究発表会論文集 37, 291-296, 2017

  • Bicycle Lane and Intersection Facility Planning Methodology based on Safety, Comfort and Attractiveness Criteria in Motorist Dominated Traffic Condition

    DIRGAHAYANI Puspita , RACHMAT Shanty Yulianti , NASUTION Mirakania , FAUZI M.

    … One of the measures is to promote the use of bicycle. … This study suggests that in a city where cycling demand hardly exists and with traffic being dominated by motorists, bicycle facilities planning methodology will be more supply-based rather than demand-based. … However, the methodology should also produce the most "desired" pathway to induce more bicycle users. …

    Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies 12(0), 1279-1298, 2017

    J-STAGE 

  • Measurement of road crossing behavior of elderly cyclist using bicycle simulator and investigation of induction factor of traffic accident  [in Japanese]

    HANDA Naoto , ZULFADHLI MOHD , MATSUI Yasuhiro , OIKAWA Shoko , MITOBE Kazutaka

    平成27年中の状況別交通事故死傷者において、歩行中の事故により死亡する割合が37.3%と最も高く、次いで自動車乗車中が32.1%、自転車乗車中が13.9%の順に多い。さらに、平成27年中の自転車乗車中の死者数に占める高齢者の割合は65.0%であり、自転車乗車中の致死率は高齢者が最も高い。以上より、高齢者ほど交通事故に遭った時に致命傷になり得るため、安全に自転車を乗用するための対策が必要である。本研 …

    Journal of the Japanese Council of Traffic Science 16(2), 19-28, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • AN ANALYSIS OF THE EFFECT OF ON-STREET WARNING DEVICE FOR WRONG WAY CYCLING ON BICYCLE LANE  [in Japanese]

    YAMANAKA Hideo , TAKEHIRA Seiji , DOHKO Toshio , IKEDA Norihiro

    我が国の自転車事故は交差点で発生する割合が高く,しかも,自動車の挙動によって衝突する自転車の進行方向に偏りが見られ,世界的に希な双方向通行の常態化が安全性の課題と考えられる.歩道での双方向通行が認められていることから,車道部でも左側通行を遵守しない自転車が多く,通行空間が確保された自転車レーンを逆走する自転車も見られる.本研究では,逆走自転車を自転車センサで感知してLED文字表示板を点灯させること …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 73(5), I_711-I_715, 2017

    IR  J-STAGE 

  • A Case of Spaghetti-dependent Exercise-induced Anaphylaxis that was Suggested to have been Caused by a Water-soluble Albumin Antigen  [in Japanese]

    IIJIMA Shigeruko , TSUDA Takehiko , MORIYAMA Tatsuya , OGINO Ryouhei , YOKOOJI Tomoharu , MATSUO Hiroaki

    <p> 17歳, 男子高校生。冷凍スパゲッティによる小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの1例を報告した。アスピリン内服後にスパゲッティを摂取し運動負荷試験を行ったところ, 15分後にアナフィラキシー症状が出現したため, 確定診断とした。なお, パン食摂取後の自転車通学では症状は出なかった。小麦粉 (鳥居) のプリックテストは陽性, パン小麦 (薄力粉・強力粉) およびデュラム小麦粉を用 …

    Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology 11(3), 259-265, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Study on the Consciousness and Behavior of Cyclists on Bicycle run space  [in Japanese]

    NISHIHARA Daiki , TATSUMI Hiroshi , YOSHIKI Syuji , TSUTSUMI Kayoko , YOSHITSUGU Syogo

    <p>本研究では、幅員の異なる路肩と自転車専用通行帯において自転車走行実験を実施し、自動車交通が自転車利用者の意識と走行挙動に及ぼす影響について分析した。まず、走行が不安と回答した被験者が 一定割合存在した路肩幅員 1.0m のケースや自転車専用通行帯の幅員 1.85m のケースにおいて、幅員の狭さだけでなく、走行中の自動車との距離の近さや駐車車両が不安の原因として挙げられることがわか …

    JSTE Journal of Traffic Engineering 3(2), A_116-A_124, 2017

    J-STAGE 

  • Development of Bicycle Simulator and Study of The Factors Which Cause Traffic Accident of Elderly People  [in Japanese]

    HANDA Naoto , OMAR BAHARUDDIN BIN , MATSUI Yasuhiro , OIKAWA Shoko , MITOBE Kazutaka

    平成26年度10月1日現在、国内総人口は1億2708万人と、平成23年から4年連続の減少であった。しかし、65歳以上人口は過去最高の3300万人となっており、総人口に占める割合も、26%と過去最高となった。国内総人口が減少していることから、今後も高齢者の割合が増加し続けると予想されている。一方、状況別交通事故死者数において、自転車乗用中に交通事故に遭い亡くなっている人は、歩行中、自動車運転中に次い …

    Journal of the Japanese Council of Traffic Science 15(3), 44-51, 2016

    J-STAGE 

  • EVOLVEMENT OF CROSS SECTION IN STREET STRUCTURE ORDINANCE IN THE LIGHT OF EVOLVING MIXED TRAFFIC  [in Japanese]

    KIKUCHI Masahiko , YAJIMA Takashi , KANDA Masayuki

    近年自転車の通行空間について,自動車との混在通行への対応が課題となっているが,戦前から戦後においても荷車,自転車,自動車等の混合交通へ対応する幅員構成の変遷があり,これらの取り組みは今日においても参考になると考えられる.本研究では街路/道路構造令の幅員構成に焦点をあて,当時の政省令,改正案,解説書や教科書から設計思想の変遷を整理分析した.その結果,1)混在通行(広幅員車道を規定)と分離(高速/緩速 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 72(5), I_889-I_901, 2016

    J-STAGE 

  • 1 / 5
Page Top