Search Results 1-20 of 25

  • 1 / 2
  • Critical Review of the Theory of Publicness of Education : Oppression and Exclusion of Differences  [in Japanese]

    藤根 雅之 , Fujine Masayuki

    … This study considers Fujita Hidenori's theory of the publicness of education and reveals the connection between the sociology of education and nationalism and biopower. … In conclusion, this study found that these shortcomings of the theory of the publicness of education relate to the intersection of the sociology of education and nationalism and biopower. …

    大阪大学大学院人間科学研究科紀要 (47), 1-23, 2021-03-08

    IR  DOI 

  • A resistant nature of romanticism in exploration  [in Japanese]

    田渕 義英

    日本山岳文化学会論集 = Journal of mountain culture research (18), 13-22, 2021-03

  • <Article>"On the life of animals and independent things". Giacomo Leopardi's Ecophilosophy

    LUISETTI Federico

    … In the context of contemporary global environmental change and debates on biopower and geopower, Leopardiʼs thought can now be rediscovered as a radical ecophilosophy. …

    ディアファネース -- 芸術と思想 = Diaphanes: Art and Philosophy (7), 7-19, 2020-03-29

    IR 

  • Examining the Relation of Relations through Gaps in the Domus:Ethnography of Pig Rearing among the Embera of Eastern Panama  [in Japanese]

    Kondo Hiroshi

    <p>本論では、パナマ東部に暮らす先住民エンベラによるブタ飼育のなかでも、ブタと人のみならずジャガーや吸血性のコウモリなど、複数の存在がかかわる状況の民族誌的記述を、とりわけ飼育活動の場であるブタ小屋に注目して行なう。異なる身体をもつ諸存在が織りなすその状況の記述を通して、関係性の関係という論点から複合的状況を考える視点を示すことを目的とする。その状況にはいくつかの関係性が生じ、関係項 …

    Japanese Journal of Cultural Anthropology 85(3), 416-435, 2020

    J-STAGE 

  • Aiming at "Living World Decolonization" by Art : Oaxaca's Popular Holy Statue Worship and Resonance of "Actuality"  [in Japanese]

    山越 英嗣 , Hidetsugu Yamakoshi

    … In recent years, some "participatory art" has come to be used by administratorsas a biopower system for revitalizing declining areas and helpingpeople who suffered economically. …

    国立民族学博物館研究報告 = Bulletin of the National Museum of Ethnology 45(2), 359-382, 2020

    IR  DOI 

  • Governmentality and Biocapital:The Utilization of Fetal Tissue and Women's Reproduction  [in Japanese]

    YAMAMOTO Yumiko

    <p> 胎児組織の研究利用の規制は,各国でも胚の場合に比べて緩い規制となっている.とくに日本では胎児組織の利用に特化した規制はなく,死亡胎児や中絶胎児は現実に無防備の状況にある.また,日本では中絶が比較的自由に実施されてきたのにもかかわらず,中絶の実態や中絶胎児の処遇について議論されにくい.国際的には,ES細胞やiPS細胞の利用によって,胎児組織利用を代替しようとする傾向にある.一方で …

    Journal of Science and Technology Studies 17(0), 104-117, 2019

    J-STAGE 

  • Smart Devices and Bio-Political Governmentality  [in Japanese]

    MORI Masato

    本稿は、日本における「スマートなるもの」の流通が、人間の行為を物質化しプログラム化すること、それによって特定の空間性と時間性が形成されること、さらにそれがそこに存在しうる人としえない人を作り出していく可能性があることを検討する。「スマートなるもの」の例としては、ポケモンGO、スマート・ゲート、スマート・シティを取り上げた。これらの分析により、「スマートなるもの」はデジタル技術によって「非人間」的に …

    Tourism Studies Review 6(1), 53-67, 2018

    J-STAGE 

  • A study on the establishment of the modern education system and the discovery of childhood : Biopower and Homo Sacer  [in Japanese]

    今井 伸和

    熊本大学教育学部紀要 = Bulletin of the Faculty of Education, Kumamoto University (67), 107-116, 2018

    IR 

  • Liberal Democratic Party's Constitutional Reform Draft and Sexual Minorities in Japan  [in Japanese]

    新ヶ江 章友

    日本の科学者 52(7), 368-373, 2017-07

  • Biopower and Bioethics in the Contemporary Healthcare  [in Japanese]

    松島 哲久

    倫理学研究 (47), 54-64, 2017

  • How eugenics studies can stand outside of the concept of biopower  [in Japanese]

    TAKEMOTO Niina

    The Japanese Journal of the History of Biology 95(0), 72-75, 2017

    J-STAGE 

  • The Drawing of Mine That Tells:An Inquiry into the Line and the Invention of a New Possibility of Life  [in Japanese]

    Nakatani Kazuto

    ミシェル・フーコーの生権力(生政治)論は、我々の生をとりまく今日の社会政治的布置を批判的に記述・分析するための有効な視座を提供してきた。しかし他方で、フーコー自身は、生がそうした特定の権力布置から絶えず「逃れ去る」ものであることも鋭く指摘していた。本論ではこの指摘を踏まえつつ、デンマークの障害者美術学校「虹の橋」に所属していた一人の男性生徒のドローイングに焦点をあて、その「線を描く …

    Japanese Journal of Cultural Anthropology 81(3), 431-449, 2016

    J-STAGE 

  • The Critical State of Biopower : Anthropologizing a University Police Department in the United States  [in Japanese]

    Inoue Masamichi

    帝国の時代にあって、生-権力は、多様な身体・意識・行為によって構成されるマルチチュードとの交渉の中で、いかにセキュリティを構築し自らを形成しているのか。本稿では、現実の世界がさまざまな出来事を通じて演劇的に構成される仕方を分析する「ドラマトゥルギー」の手法=視点を用いながら、アメリカの大学警察(ケンタッキー大学警察部)の史的かつ民族誌的記述を通してこの問いを考察したい。この目標に向けまず、大学警察 …

    Japanese Journal of Cultural Anthropology 77(4), 499-522, 2013

    J-STAGE 

  • An Analysis of "Law" by the Methodology of Michel Foucault  [in Japanese]

    綾部 六郎 , Rokuro Ayabe

    本稿は,ミシェル・フーコーによる権力・法概念の分析を手がかりとして,現代の日本における性と法をめぐる諸問題について検討するための基本的な視座を提示することを目的とする.フーコーが法的権利モデルを徹底的に批判したことの理論的意義を論じたのちに,かれの議論が現代の家族法が直面している課題の分析のためにも有益であるということを,中期の代表作の一つである『知への意志』での議論を参照しながら明らかにした.

    同志社法学 64(3), 1065-1087, 2012-09

    IR  DOI 

  • Induced Stress, Social Health, and The Biopsychosocial Way

    Day Stacey B.

    Japanese Journal of Psychosomatic Medicine 51(4), 296-305, 2011

    J-STAGE  Ichushi Web  References (31)

  • <b>Problems with the doctor-patient relationship in modern medicine</b>  [in Japanese]

    Sameshima Terumi

    本研究は、現代医療の欠陥として、医師-患者関係における2つの問題点を指摘した上で、フィールドワークで接した医師と住民の姿を理論的に考察することを通じて、それら2つの問題点を克服する方途を提言しようとするものである。まず、第1節では、現代医療の2つの問題点として、①患者という人間ではなく、患者の「病気」だけが医療の対象とされる傾向があること、②病気の専門家である医師と患者の間に、「強者-弱者」の関係 …

    Journal of 'Group Dynamics' 27(0), 33-61, 2010

    J-STAGE 

  • The community of spirit possession: religious practices of a grouping of spirit mediums that worships the tutelary spirit of city pillar in Chiang Mai, northern Thailand  [in Japanese]

    福浦 一男

    一般に,民衆の文化実践には,現代世界の生権力に支配されない,固有の時聞や空間をつくり出す能力がある。北タイ,チェンマイの霊媒集団による宗教実践はその典型である。彼らは,20世紀初頭まで独立王朝を擁した古都チェンマイにおける「都市の基柱」の守護精霊に纏わる数々の年中行事を主催している。霊媒たちのなかには,地縁・血縁に基づく伝統的な共同体の守護精霊に憑依される者が多い。彼らは,「基柱」の守護精霊の崇拝 …

    Journal of humanities (98), 229-267[含 英語文要旨], 2009

    IR  DOI 

  • Psychoanalysis and biopower: reconsideration on the myth of "primal father"  [in Japanese]

    十川 幸司

    Japanese bulletin of pathography (76), 68-76, 2008

    Ichushi Web 

  • The Camp as a Space of Exception in Contemporary Geopolitics: Biopower of 'Hospitality' in Camps for 'Illegal Immigrants' in Italy  [in Japanese]

    Kitagawa Shinya

    … <p>The purpose of this article is to examine a form of biopower that operates for geopolitical reasons in the contemporary globalized world. … People held in the camp are abandoned by the ordinary juridical order and become 'human beings in excess' and 'bare life'.</p><p>In this paper, I analyze a mechanism of biopower at a Center for Temporary Stay and Assistance (CPT) for 'illegal immigrants' in Italy as a pertinent example of one of these camps. …

    Japanese Journal of Human Geography 59(2), 111-129, 2007

    J-STAGE 

  • 1 / 2
Page Top