Search Results 1-20 of 562

  • The illegality of choking in judo : learned by the judgment of civil action seeking compensation for damages of a junior high school student caused by a judo coach's corporal punishment in Fukuoka  [in Japanese]

    南部 さおり

    本件は,民間の柔道教室で中学生の男子生徒が,指導者より絞め落とされた事案である。その指導者は,当該生徒が「小学生に絞め技を掛けてはならない」という規則を破っていると考えたため,その制裁名目として,絞め技による体罰を行ったのである。生徒はその指導者の絞め技により,二度落ちた。被害生徒とその親権者はその行為が違法であるとして,指導者に対する損害賠償請求を行った。福岡地裁は,本件の絞め落し行為が指導方法 …

    日本体育大学紀要 48(2), 113-121, 2019-03-30

    IR 

  • Memory and Records on the Boshin Civil War and the Consciousness of the Social Status  [in Japanese]

    吉岡 拓

    日本史研究 = Journal of Japanese history (679), 157-185, 2019-03

  • Civil consciousness of medical treatment for mentally disordered offenders  [in Japanese]

    山崎 優子 , 山田 直子

    立命館人間科学研究 (39), 13-24, 2019-03

    IR 

  • Analyzing Moral Consciousness and Travel Behavior by Functional Magnetic Resonance Imaging

    MUROMACHI Yasunori

    … <p>I conducted functional magnetic resonance imaging (fMRI) experiments to examine the relationship between moral consciousness and travel behavior by monitoring the activation of the participant's brain areas in a situation where questions in relation to moral consciousness were indicated. …

    Asian Transport Studies 5(3), 470-479, 2019

    J-STAGE 

  • The Condition of Societal Well-Being : A Comparison of Indonesia and South Korea

    Paulus Wirutomo , Evelyn Suleeman , Daisy Indira Yasmine , Riena J. Surayuda

    … However, this "perception-based" measurement may lead to subjective feelings or false consciousness or even a paradox. … and the processual, indicated by social dynamics such as trust in political parties, the local community, and civil organizations. …

    The Senshu social well-being review (5), 37-49, 2018-12

    IR 

  • STUDY ON COMPREHENDING ACTUAL CONDITION OF DAILY MOBILE ENVIRONMENT IN BETWIXT MOUNTAINOUS AREAS –CASE STUDY IN HIDAKAGAWA TOMN, WAKAYAMA–  [in Japanese]

    HIYAMA Mayuko , NARUMI Daisuke

    我が国の農山村地域では過疎高齢化に伴う地域衰退が深刻化しており,地域・生活の質の維持を可能とする地域再設計が求められている.本論文では日常移動環境の現状調査を行うことで,農山村における移動を中心とした日常生活上の課題整理を試みた.また,再設計効果の予測に資するPTデータの収集を行った.得られた結果として,自動車の交通分担率は90%を占め,公共交通の利用分担率は徒歩よりも低い2%であり,利用頻度およ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. G (Environmental Research) 74(6), II_245-II_253, 2018

    J-STAGE 

  • A STUDY ON THE RELATIONSHIP BETWEEN CONSCIOUSNESS OF SUPPORTING COMMUNITY BASED PUBLIC TRANSPORT AND SUBJECTIVE WELL-BEING—FOCUS ON RELINQUISHMENT OF DRIVER'S LICENSE—  [in Japanese]

    HASHIMOTO Seiji , TSUNEFUJI Yusuke

    地域住民が生活交通の運営に参加もしくは主体となって運営を行うという取り組みが全国的に行われている.本研究では,このような住民主体の生活交通運営を行ている地域において,現時点では最も多く利用する交通手段が自動車である住民に着目した.その住民にとってこの取り組み自体が,暮らしにおける満足度,ひいては主観的幸福感とどのように関係しているか,近年関心が高まっている運転免許返納意向と関連させたうえで意識やそ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 74(5), I_1291-I_1299, 2018

    J-STAGE 

  • TRAFFIC SAFETY AWARENESS AND MENTALITY OF INBOUND TOURISTS TRAVELING WITH RENT-A-CAR  [in Japanese]

    INOI Hiroto , MORIKAWA Miku , DOI Kenji , YOH Kento

    本研究は増加する訪日外国人の我が国における自動車の運転や交通安全への意識に着目した研究である.訪日外国人のレンタカー利用中の事故の増加などが指摘されているものの,訪日外国人がどのような交通安全に対する意識を有し,レンタカーを運転しているかほとんど分かっておらず,対策を立てるにも知見が不十分である.そこで,関西空港でレンタカーを利用した訪日外国人を対象に交通安全に関する意識を調査し,その特性を明らか …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 74(5), I_1169-I_1177, 2018

    J-STAGE 

  • A STUDY OF BUS USERS' CONSCIOUSNESS ON UNFAMILIAR LAND  [in Japanese]

    YOSHIKI Syuji , TATSUMI Hiroshi , TSUTSUMI Kayoko , NISHIYAMA Syota

    我が国における路線バスは,はじめて利用する路線やそもそも普段からバスの利用に慣れていない人にとってはしばしば使いにくい公共交通機関となってしまっている.その原因の一つとして,バスの乗り方には地域性が存在することが考えられ,この多様化した乗り方について適切に利用者に案内していくことが必要と考えられる.<br>そこで本研究では,バスの乗り方にローカルルールが存在することを考慮した案内を実施 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 74(5), I_935-I_946, 2018

    J-STAGE 

  • POLICY AND MODEL OF MIGRATION TO RURAL AREAS ACTIVATED CONSIDERING THE VIEW OF “SOCIETY 5.0”  [in Japanese]

    KAWASAKI Kaoru , KATAYAMA Akane , TANIGUCHI Mamoru

    近年,子育て世代の農村部への移住意識が高まる中で,移住できるなら子の数を増やしたいという意向を有する子育て世代が一定数いることが既存調査より明らかになっている.本研究では,新しい社会像であるSoceity5.0が農村部で優先的に普及することで移住意識が活性化される可能性があることに着目し,その影響を独自に実施したwebアンケート調査の分析を通じて明らかにした.分析として,12の主成分,8の個人グル …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 74(5), I_409-I_417, 2018

    J-STAGE 

  • ANALYSIS ON THE COMMUNICATION, ASSISTANCE AND INHERITANCE EFFECTED BY SPATIAL STRUCTURES OF MULTI-HOUSEHOLD FAMILIES  [in Japanese]

    CHENG Fei , YAMANAKA Hideo , KURODA Shinya , ONO Kaoru

    家族が比較的近距離に住み,相互に支援・交流する「近居」の社会構造は,介護・病気・災害などの緊急時に強い支援機能を発揮し,地域の持続や強靱さにとって欠かせない要素であるが,従来の地域・都市計画はこうした家族の空間構造を考慮しておらず.実態すら把握されていない.本研究では,複数世帯の「家族」の空間分布(近居構造)と交流・支援行動,家族の住む地域へ移住意向(地域継承性),さらに大規模災害からのリジリエン …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 74(5), I_475-I_482, 2018

    IR  J-STAGE 

  • ANALYSIS OF RESIDENTS' CONSCIOUSNESS FOR TRAFFIC SAFETY MEASURES ON A NARROW SCHOOL LOAD  [in Japanese]

    KATOH Tamio , KIN Toshiaki

    生活道路での事故の減少率は未だに低く,通学児童は日常的に事故のリスクに晒されているといえるが,対策は十分には広がっていない.その理由には対策に積極的でない住民の存在が考えられ,その層についての知見は不足している.そこで本研究では,そのような住民の意識を構造的に明らかにすることを目的に,水戸市において抜け道通行が発生している狭隘な通学路の一つにて周辺住民の意識調査を行った.結果,交通安全に対する意識 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 74(5), I_1339-I_1348, 2018

    J-STAGE 

  • Vital records program in the United States and the National Records Management Council  [in Japanese]

    SAKAGUCHI Takahiro

    <p> 米国における記録管理制度の確立とその全国的な展開の過程で、全米記録管理評議会(National Records Management Council(NAREMCO))の果たした役割の大きさを見過ごすことはできない。本稿では1950年代におけるNAREMCOの活動について、バイタル記録プログラムに焦点を当てつつ考察する。その際、米国国立公文書館や議会図書館の所蔵資料に基づき、N …

    Records Management 75(0), 32-47, 2018

    J-STAGE 

  • CONSIDERATION OF QUESTIONNAIRE SURVEY OF MOUND TYPE TSUNAMI EVACUATION FACILITY “INOCHIYAMA” —CONSCIOUSNESS IN NAKASHINDEN DISTRICT AFTER THE GREAT EAST EARTHQUAKE 7 YEARS—  [in Japanese]

    SEO Naoki , HARADA Kenji , KAZAMA So

    東日本大震災では,津波からの避難において,盛土への避難者が被災から免れたことから,盛土式津波避難施設が注目された.静岡県袋井市では,東日本大震災以降,巨大津波に対して何としても生命を守る対策を実施し,そのひとつに盛土式津波避難施設がある.当市の盛土式津波避難施設は有事の際の生命を守る施設のみならず,平時においては公園としての利用が可能であり,住民からの要望を踏まえて建設された.本論文は,建設後2年 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F5 (Professional Practices in Civil Engineering) 74(1), 11-26, 2018

    J-STAGE 

  • Research about issue and the condition town planning from a child's viewpoint  [in Japanese]

    Soejima Shuhei , Iwasaki Yoshikazu

    本研究では、子供視点による暮らしのまちに対する自由意見から認識構造と潜在的な要因を明らかにすることを目的としている。収集した情報から子供の意識を汲み取るアイテムとカテゴリーに沿ってコーディングを行った。そこから、子供たちの問題意識から考えられる一般的対策と子供の解決意識との間には、一部相違はあるものの共通点が多く、よって子供が持っている潜在的意識は、大人と大きな違いはないことがわかった。このことか …

    Proceedings of The City Planning Institute of Japan, Kansai Branch 16(0), 81-84, 2018

    J-STAGE 

  • ANALYSIS OF THE IMPACT OF STUDY GROUP OF BRIDGE THAT TOOK PART IN ELEMENTARY SCHOOL LIFE FOR 6 YEARS ON CIVIL ENGINEERING EVALUATION  [in Japanese]

    YAMANAKA Hisao

    昭和初期に建設された富山大橋の架替にあたり,富山県は解体撤去される旧橋の記憶・記録の継承等を目的に「富山大橋架替記念事業」を実施した.この一環として,起工時に小学1年生であった児童を対象に,新橋完成と同時に卒業するまでの6年間,橋に関する勉強会を継続した.本研究では,この貴重な実施例を活用し,勉強会受講者が高校2年生に成長した2016年夏に,勉強会未受講の同学年の高校生も含めて,富山大橋の記憶や, …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. H (Engineering Education and Practice) 74(1), 11-19, 2018

    J-STAGE 

  • DEVELOPMENT OF REFLECTIVE MATERIAL GOODS TO REDUCE TRAFFIC ACCIDENTS WITH VERSATILITY AND ECONOMIC PROMOTION  [in Japanese]

    見寺 貞子 , 瀬能 徹 , 谷口 文保 , 見明 暢 , 吉田 尚美 , 町田 奈実 , 丹羽 真由美 , 菊池 園 , 宮谷 直子 , Sadako MITERA , Toru SENOU , Fumiyasu TANIGUCHI , Nobu MIAKE , Naomi YOSHIDA , Nami MACHIDA , Mayumi NIWA , Sono KIKUCHI , Naoko MIYATANI

    … To reduce the number of traffic accident, the Civil Service distributes the reflective material goods to the citizens and advises to wear them to enlighten their conscious of traffic safety. … However, due to their low consciousness of necessity, the effect has been unknown, or because the goods are not fashionable enough, the wearing rate of the reflective material goods is still so low that more educational activity is required. …

    芸術工学2017, 2017-11-25

    IR 

  • The grass-roots conservative against gender equality : The case study of antifeminism local movement in Japan

    Suzuki Ayaka

    … Oguma and Ueno (2003) suggested that the contemporary conservatives are similar to civil movements by analyzing the Japanese Society for History Textbook Reform. … From the aspect of gender, I analyzed a case of a civil association against gender equality in local city in Japan. …

    Osaka Human Sciences 3, 117-135, 2017-03

    IR  DOI 

  • Estimation of the number of the license holder of the old vehicle driver  [in Japanese]

    DOGAKI Eisuke , MATSUYAMA Masayuki , YANASE Norihiko , FUJISHIMA Hirohide

    本研究の目的は、高齢者の免許保有者数の推計と、年齢による運転意識の変化を知ることにある。65歳以上の高齢者人口が減少する一方、免許保有率は増加し、結果として高齢の免許保有者数は今後25〜30年増加を続ける。高齢運転者による事故は繰り返されるが、交通手段の転換は容易ではない。種々の啓発活動も模索されるが、啓発には効果的な年齢があるはずである。例えば若年では高齢者運転は未だ自身の問題とは意識されない。 …

    Journal of the Japanese Council of Traffic Science 17(1), 32-40, 2017

    J-STAGE 

Page Top